著者
津田 智史 井上 史雄 高丸 圭一 中西 太郎 山下 暁美 林 青樺 梁 敏鎬 椎名 渉子 斎藤 敬太
出版者
宮城教育大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2015-04-01

災害時および防災時にいかなる語彙が必要になるのかの調査を、自治体の防災パンフレットや自治体ホームページ、また「平成28年熊本地震」後の地元新聞紙を対象として実施した。そこから、災害時に必要になる語彙およそ110語を選定した。当初、研究期間内でのデータベース構築を目標としていたが、地震以外の災害語彙についての収集もおこなったこともあり、現在もデータベース構築・公開のための作業を継続中である。

言及状況

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

外国人が言い換えた「もっとやさしい日本語」というのは、山下の災害時命綱カード(方言訳付き)https://t.co/CZFdHEordI とかそれを受けたhttps://t.co/Aoh96ZXyzP などがあるが、一向に話題に上… https://t.co/kBoisyCqy0

収集済み URL リスト