the hash (@yosuke_hash)

投稿一覧(最新100件)

これを言っちゃうキャラか…。大好きだわ。https://t.co/3VhjEas0Hg 「仮説実験の関係者は今日、かなりの方が来ておられますけれども、その人たちは仮説実験授業の理解はかなり怪しげでも、子どもたちがこの授業を好きになってくれる、それで続けられるのですね。」
@DirtyTeacher 教えていただいたキーワードで検索して、いまこれ(https://t.co/3VhjEas0Hg)を読んでます。めちゃくちゃ面白いです。ありがとうございます!
こういうのをUDフォントでも試した研究があったら読みたい。 https://t.co/Io6rnrYBpZ
https://t.co/dnNLJvjxxe p.63より「このような他国の先行事例を見た時、言語政策の実際においてだけでなく、言語政策の研究においても、言語権が基本的人権の一つであるという立脚点だけは忘れてはならないだろう。」
あと、今度の発表に絡む話だと、記事のタイトルとラベルから上手い具合に階層構造というか、階層を持ったネットワーク構造を作れないかな、みたいなことを考えている。ググったらこういうのが出てきた。https://t.co/Gioi3WxkkO 面白そう。
キャリア云々は、どういうスキルや業務経験が、どういう待遇に結びついているかを基礎データに話したほうがいい。カネの話をしなければ意味がない。基礎文献の候補が丸山(2015) https://t.co/m9COcAKpb8
ひらがなとカタカナの習得には、日本人のディスレクシア児童でhttps://t.co/F0s8ynhuksの方法が有効でした。留学生であっても、理屈上、有効だと考えられます。私もディスレクシアの留学生に紹介しましたが、これで成功しました。ただ、その後の問題も解決すべき問題は多いです
@ayakira22 この方法を紹介してみるのはいかがでしょう。前提条件がありますが、私の担当した学生では効果が大きかったです。ただ、仮名習得後も読字スピードの問題とそこから生じるワークロードの問題がついてまわります。目下の課題です。https://t.co/F0s8ynhuks
結構あるんだなあ。 「オーサーシップの考え方を変えるときだ」https://t.co/NAc2ipqeho 「発表倫理からのアプローチ」https://t.co/PaFWC86JwO
結構あるんだなあ。 「オーサーシップの考え方を変えるときだ」https://t.co/NAc2ipqeho 「発表倫理からのアプローチ」https://t.co/PaFWC86JwO
https://t.co/c5A6ZBJ29w https://t.co/x38476jV30 https://t.co/1rUjQpRvPk https://t.co/05UseUWEjP タイトルからのみ判断。最後のが一番関係ある?
https://t.co/c5A6ZBJ29w https://t.co/x38476jV30 https://t.co/1rUjQpRvPk https://t.co/05UseUWEjP タイトルからのみ判断。最後のが一番関係ある?
https://t.co/c5A6ZBJ29w https://t.co/x38476jV30 https://t.co/1rUjQpRvPk https://t.co/05UseUWEjP タイトルからのみ判断。最後のが一番関係ある?

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(1207ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

15 2 1 1 OA 〔雑字類書〕

「ー(左)道〈乏少義也。言悪事入左耳也〉」 https://t.co/DRvTutmjA7 「古書曰吉キ事ハ右ノ耳ヨリ入悪キコトハ左ノ耳ヨリ入ト云ヘリ悪事ハ外道ノコトトテ左リニ留ルト云」… https://t.co/37I774ZhmD

8 2 2 2 OA 計数の統計学

RT @Paul_Painleve: 単独のツイートだけだと何言ってるか分らなくなっていた。統計学において"parameter"を「母数」と訳した本のうち、初期のものと思われるのが 近藤忠雄「計数の統計学」岩波書店、昭和19, p.3 https://t.co/MyrgyLh9…
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOBluv
https://t.co/3OPbf7zaJR https://t.co/UXSmbGNMg7
他参考 『細菌の氷核活性とその食品工業への応用』 https://t.co/W24PCn07ET Cochet N, Widehem P (2000) . 『Ice crystallization by Pseudomonas s… https://t.co/DsyMOA5xvQ
PseudomonasやErwinia、Xanthomonasなどの一部の種から得られる細菌由来の氷核タンパク質(INP:Ice-Nucleation Proteins)であるInaは、人工雪の作成 (既に商品化… https://t.co/Cn3oYLYRJR
J-STAGE Articles - 京都方言における2拍+2拍和語複合名詞のアクセントについて(<特集>京阪式アクセントと京阪系アクセント) https://t.co/k156wgzJKz
RT @monogragh: 三宅一郎氏の最初期のレビュー論文「アメリカにおける日本近代史研究の動向」(1961)。冒頭、日本近代化に関する箱根会議の話から始まる。 https://t.co/HJF1wpHM1o
黒田史彦,尾関史,古屋憲章,宮崎七湖,李羽喆(2013年3月).「留学生の自律的漢字学習を支援するためのワークショップの試み」第40回日本語教育方法研究会(東京大学). https://t.co/Nx7k7gXFp8
[日本語教育関連の論文・資料 014] ◇ 日本語学習者を対象とした読解支援サイト『JL文庫』の作成『インターネット図書館青空文庫』を題材として https://t.co/EOvqmy3PMG #日本語教師 #日本語教育 #日本語学校
鉄道計画の答申資料 交通調整の戦前・戦後と都市交通審議会 ── 大阪市の市内交通機関市営主義の形骸化をめぐって ── https://t.co/yaPcTpVGMx 東京の通勤鉄道路線網計画に関する研究 https://t.co/XXCFFxcfCz
鉄道計画の答申資料 交通調整の戦前・戦後と都市交通審議会 ── 大阪市の市内交通機関市営主義の形骸化をめぐって ── https://t.co/yaPcTpVGMx 東京の通勤鉄道路線網計画に関する研究 https://t.co/XXCFFxcfCz
[日本語教育関連の論文・資料 013] ◇ 小学校国語教科書に見るオノマトペと日本語教育 https://t.co/KW3Go0wQGZ #CiNii #日本語教師 #日本語教育 #日本語学校
J-STAGE Articles - 声楽家の声道形状制御 : ソプラノの高音域におけるフォルマント同調(<小特集>歌声の科学) https://t.co/Ldti73l3hY
古屋憲章(2004).協働的コミュニティーの設計,運営者としての日本語教師――私にとって総合活動型日本語教育とは何か『早稲田大学日本語教育実践研究』1,139-145. https://t.co/7ye5ys0azl
で、この論文に戻る。 https://t.co/DLyRrZY9Us 細かいことがいろいろ書いてあって内容を全て理解したわけではないが、 就学前の子ども、つまりおかしな算数教育の影響を受けていないと思われる子どもに関しては、… https://t.co/daFPYowA9B
と思っていたところでこのような論文を見つけた。 https://t.co/DLyRrZY9Us
備忘録 CiNii 論文 -  いわゆる"反訓"について https://t.co/OZum6LyK6c #CiNii
RT @chitosepress: 日本教育心理学会総会ハラスメント防止委員会企画シンポジウム「学校現場でのハラスメント:部活動に焦点を当てて」に尾見康博先生、内田良先生が登壇されます。https://t.co/EXgNYHpEW4
RT @chitosepress: 日本教育心理学会総会ハラスメント防止委員会企画シンポジウム「学校現場でのハラスメント:部活動に焦点を当てて」に尾見康博先生、内田良先生が登壇されます。https://t.co/EXgNYHpEW4
今日の午後は学校のハラスメントシンポ。 生内田先生初めてみた。リアル金髪。 https://t.co/ytBZmd18PD

13 9 9 0 OA 生活習慣

RT @SaltyDog_wow: @shutozennin 昭和16年の広東市内の広東料理店のメニューにも載ってます。 https://t.co/W27zoq07zc あと、昭和5年ごろの横浜聘珍楼のメニューにも「辦麵(ばんみん)」が載ってます。当時は割と普及していた広東料…
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOBluv
[日本語教育関連の論文・資料 012] ◇ 終助詞「っと」「っけ」の機能 : 「っと」「っけ」で表現される私的領域内情報と目に見えない聞き手 https://t.co/OViYm5qVJh #CiNii #日本語教師 #日本語教育 #日本語学校
@kingtutmystery ちなみに、5世紀に白の修道院の修道院長シェヌーテの後を受け継いだコプト教父のベーサの名前は、ベス神のコプト語形と同形です。シェヌーテ(シェヌーダ)もベーサ(ウィッサ)もコプト正教会の聖人です。このよ… https://t.co/WcZHJYZ2GU
下記の論文は2017年。上記の英語論文は2014年。吉宗の庶民強化政策に対する評価が大きく異なるのも宜なるかな。 https://t.co/U9Ble4rVtz #CiNii
次はポジティブ生徒指導のシンポジウム。 https://t.co/6wJPC3FUKc
RT @asarin: 明日の教心総会ではこんなシンポもあるそうです. 「SEMは心理学に何をもたらしたか?」 個人的にはちょっと何様?なタイトルな気もする(何ももたらしてない,むしろ悪いことはあった,だとしたら,それは心理学者の責任だから). https://t.co/IOZ…
午後はこれに参加。通常学級のインクルーシブ教育シンポ。 https://t.co/U33Tt7gHPH
守谷智美・尾関史・坂田麗子・田中敦子・福池秋水・小高葉子「留学生支援システムにおける行動指針とスタッフ・ディベロプメントに関する検討」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,39-54 https://t.co/TdAcomvpWS
RT @asarin: 明日の教心総会ではこんなシンポもあるそうです. 「SEMは心理学に何をもたらしたか?」 個人的にはちょっと何様?なタイトルな気もする(何ももたらしてない,むしろ悪いことはあった,だとしたら,それは心理学者の責任だから). https://t.co/IOZ…
[日本語教育関連の論文・資料 011] ◇ 言語類型論,文法化からみた日本語の「ニ格」についての一考察 https://t.co/BVfX0WbKrC #CiNii #日本語教師 #日本語教育 #日本語学校
CiNii 論文 -  学習者発話における intelligibility に関する一考察 https://t.co/U5mVEQX6g6 #CiNii
CiNii 論文 -  日本人英語における実践的コミュニケーション能力の発達段階の分析 : 誤りが通じやすさに及ぼす影響を指標として https://t.co/awmtIc1EJ7 #CiNii
RT @asarin: 明日の教心総会ではこんなシンポもあるそうです. 「SEMは心理学に何をもたらしたか?」 個人的にはちょっと何様?なタイトルな気もする(何ももたらしてない,むしろ悪いことはあった,だとしたら,それは心理学者の責任だから). https://t.co/IOZ…
RT @takemiwa: こういうのでやります。明日は@asarin 先生はいないので、ファンの方は私で我慢してください。 https://t.co/CK94GUDKY6
RT @asarin: 明日の教心総会ではこんなシンポもあるそうです. 「SEMは心理学に何をもたらしたか?」 個人的にはちょっと何様?なタイトルな気もする(何ももたらしてない,むしろ悪いことはあった,だとしたら,それは心理学者の責任だから). https://t.co/IOZ…
RT @asarin: 明日の教心総会ではこんなシンポもあるそうです. 「SEMは心理学に何をもたらしたか?」 個人的にはちょっと何様?なタイトルな気もする(何ももたらしてない,むしろ悪いことはあった,だとしたら,それは心理学者の責任だから). https://t.co/IOZ…
明日の教心総会ではこんなシンポもあるそうです. 「SEMは心理学に何をもたらしたか?」 個人的にはちょっと何様?なタイトルな気もする(何ももたらしてない,むしろ悪いことはあった,だとしたら,それは心理学者の責任だから). https://t.co/IOZUh4FGtn
中山英治(2012)「留学生支援システムにおける日本語チュートリアルの実施概要とその意義―2011年度5月から8月の実施記録を資料として―」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,25-37 https://t.co/TLSmEOcLjt
RT @asarin: J-STAGE Articles - 統計的仮説検定を用いる心理学研究におけるサンプルサイズ設計 https://t.co/TCzSk8emkG 村井さんに書いていただいた心理学評論の論文はこれ
CiNii 論文 -  スピンモデルによる単語の感情極性抽出 https://t.co/psGLHCHjFD #CiNii
金龍男,武一美,古屋憲章(2010).人と人の間にことばが生まれるとき――教師自身による実践研究の意義『早稲田日本語教育学』7,25-42.https://t.co/7LJS42Rv6T
RT @k_inamasu: 南風原 (1986) 相関係数を用いる研究において被験者数を決めるための簡便な表 https://t.co/ildM5mq4iW
RT @asarin: J-STAGE Articles - 統計的仮説検定を用いる心理学研究におけるサンプルサイズ設計 https://t.co/TCzSk8emkG 村井さんに書いていただいた心理学評論の論文はこれ
RT @asarin: J-STAGE Articles - 統計的仮説検定を用いる心理学研究におけるサンプルサイズ設計 https://t.co/TCzSk8emkG 村井さんに書いていただいた心理学評論の論文はこれ
J-STAGE Articles - 統計的仮説検定を用いる心理学研究におけるサンプルサイズ設計 https://t.co/TCzSk8emkG 村井さんに書いていただいた心理学評論の論文はこれ
こうした説明はよく用いられるが、単純な管理の難しさでいえば地域資料の方が高い(ここでは優先順位という理由が背後にある)。マンガジャンル全体をBANしているのには、別の理由があるだろうということは、こちらに書いた。… https://t.co/vB1FdTfOZS
RT @drinami: 岐阜大木島先生が #VR学会 論文賞を取られた総説論文『仮想空間における視力』 https://t.co/4tUsFt4xU8 これは必読
RT @kenmetrics: 関連して,去年の教心企画チュートリアルセミナー「いかに研究結果を有意にみせるか?」の記録を書いた年報が公開されていました。 https://t.co/2Sn6Y8NzDN
RT @asarin: また渡辺先生が!と思ったがこれだな。 https://t.co/lBbClN05jm
この日本語のものだと、統計が不適切ということになると思う。 https://t.co/h8TQsL20UU https://t.co/1nCLg9gZci
RT @asarin: また渡辺先生が!と思ったがこれだな。 https://t.co/lBbClN05jm
また渡辺先生が!と思ったがこれだな。 https://t.co/lBbClN05jm
https://t.co/sDVtImJkBk あー、でも、「貞治年間初期の『河海抄』成立時の注釈」でわなくて、こーじんの ぞーほした 「かなり後の注釈」かもしれないんだなあ。
#超算数 まだ全部は読んでいないが、「求残より求差が難しい」と言うこと自体は事実のようだ。文章問題を分類して、子どもがどのように解くのか、研究するのは真っ当なことだろう。 https://t.co/DLyRrZY9Us それがな… https://t.co/nY8PN24jld
RT @egamiday: 嬉しいアナウンスです。日文研のOCLC目録登録&海外ILLの経緯・実際・効果を報告する論文が『大学図書館研究』の最新記事としてOA公開されました。NC書誌をMARCに投入、海外ILL受付の現実等、目録メタデータ界隈の方にも海外日本研究界隈の方にもご笑…
RT @drinami: 岐阜大木島先生が #VR学会 論文賞を取られた総説論文『仮想空間における視力』 https://t.co/4tUsFt4xU8 これは必読
岐阜大木島先生が #VR学会 論文賞を取られた総説論文『仮想空間における視力』 https://t.co/4tUsFt4xU8 これは必読
古屋憲章,古賀和恵,三代純平(2012).クラス担当者の実践観,教室観,教師観はどのように変容したか――5学期にわたる「イベント企画プロジェクト」のリフレクションから『早稲田日本語教育実践研究』発刊記念号,85-105. https://t.co/Q7o6cPvNz9
RT @webjapaneseJ: [日本語教育関連の論文・資料 009] ◇ 複合語のタイポロジーと日本語の特質 : 「日本語は特殊でない」というけれど https://t.co/7cOY8908pg #CiNii #日本語教師 #日本語教育 #日本語学校
@murmurmia パーソナリティ研究だとこちらの論文がとてもよくまとまっています。動物パーソナリティ心理学と行動シンドローム研究における動物の性格概念の統合的理解 https://t.co/IKwLK4Sl72
RT @psycle44: 山田先生のランダマイゼーション検定の解説論文。https://t.co/kulgrAqLsn
[日本語教育関連の論文・資料 009] ◇ 複合語のタイポロジーと日本語の特質 : 「日本語は特殊でない」というけれど https://t.co/7cOY8908pg #CiNii #日本語教師 #日本語教育 #日本語学校
@shomotsubugyo 媒体変換でOKというのは、言われてはいたかと(常識とまではなっていない?)。 2.2 「なお,この法改正を提言した報告書では…損傷,紛失の防止等のためにデジタル化すること…新しい媒体の移し替えのために… https://t.co/cFmmrWg3vl
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
古屋憲章(2004).協働的コミュニティーの設計,運営者としての日本語教師――私にとって総合活動型日本語教育とは何か『早稲田大学日本語教育実践研究』1,139-145. https://t.co/7ye5ys0azl

2 2 2 0 OA 図書紹介

RT @bigarrow_tmk: 普通にめちゃめちゃ面白そう…中古しかない…kindle希望( ̄д ̄) https://t.co/CVJn3vHMUE https://t.co/PUFUDMBQSK
黒田史彦,尾関史,古屋憲章,宮崎七湖,李羽喆(2013年3月).「留学生の自律的漢字学習を支援するためのワークショップの試み」第40回日本語教育方法研究会(東京大学). https://t.co/Nx7k7hfgNI
J-STAGE Articles - 日本本土諸方言アクセントの系譜と分布 (1) (昭和五十九年三月十二日 服部四郎会員紹介) https://t.co/WHr3kfy5KT
J-STAGE Articles - 日本本土諸方言アクセントの系譜と分布(2) (昭和五十九年三月十二日 服部四郎会員紹介) https://t.co/u8KcfuYOAE
なかなか難しいところですが、こちらのサーベイを見ると、典型例が右利きと左利きで違うという話みたいですね。https://t.co/aHVxveR6yQ この話、後で、もうちょっと落ち着いてみてみようと思います。 https://t.co/TPLfVdv8kB
RT @kohske: iPhone関連で #集合体恐怖症 がトレンドに入ってたので、ガチで気になる勢は天才心理学者、佐々木キョウシロウ先生によるレビュー(認知科学ホモクオリタス特集号)をぜひ読んでみてください https://t.co/dfN8whxjvF トライポフォビア―…
RT @kohske: iPhone関連で #集合体恐怖症 がトレンドに入ってたので、ガチで気になる勢は天才心理学者、佐々木キョウシロウ先生によるレビュー(認知科学ホモクオリタス特集号)をぜひ読んでみてください https://t.co/dfN8whxjvF トライポフォビア―…

フォロワー(640ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

15 2 1 1 OA 〔雑字類書〕

「ー(左)道〈乏少義也。言悪事入左耳也〉」 https://t.co/DRvTutmjA7 「古書曰吉キ事ハ右ノ耳ヨリ入悪キコトハ左ノ耳ヨリ入ト云ヘリ悪事ハ外道ノコトトテ左リニ留ルト云」… https://t.co/37I774ZhmD
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOBluv
J-STAGE Articles - 京都方言における2拍+2拍和語複合名詞のアクセントについて(&lt;特集&gt;京阪式アクセントと京阪系アクセント) https://t.co/k156wgzJKz
黒田史彦,尾関史,古屋憲章,宮崎七湖,李羽喆(2013年3月).「留学生の自律的漢字学習を支援するためのワークショップの試み」第40回日本語教育方法研究会(東京大学). https://t.co/Nx7k7gXFp8
J-STAGE Articles - 声楽家の声道形状制御 : ソプラノの高音域におけるフォルマント同調(<小特集>歌声の科学) https://t.co/Ldti73l3hY
古屋憲章(2004).協働的コミュニティーの設計,運営者としての日本語教師――私にとって総合活動型日本語教育とは何か『早稲田大学日本語教育実践研究』1,139-145. https://t.co/7ye5ys0azl
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOBluv
@kingtutmystery ちなみに、5世紀に白の修道院の修道院長シェヌーテの後を受け継いだコプト教父のベーサの名前は、ベス神のコプト語形と同形です。シェヌーテ(シェヌーダ)もベーサ(ウィッサ)もコプト正教会の聖人です。このよ… https://t.co/WcZHJYZ2GU
RT @asarin: 明日の教心総会ではこんなシンポもあるそうです. 「SEMは心理学に何をもたらしたか?」 個人的にはちょっと何様?なタイトルな気もする(何ももたらしてない,むしろ悪いことはあった,だとしたら,それは心理学者の責任だから). https://t.co/IOZ…
守谷智美・尾関史・坂田麗子・田中敦子・福池秋水・小高葉子「留学生支援システムにおける行動指針とスタッフ・ディベロプメントに関する検討」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,39-54 https://t.co/TdAcomvpWS
RT @asarin: 明日の教心総会ではこんなシンポもあるそうです. 「SEMは心理学に何をもたらしたか?」 個人的にはちょっと何様?なタイトルな気もする(何ももたらしてない,むしろ悪いことはあった,だとしたら,それは心理学者の責任だから). https://t.co/IOZ…
CiNii 論文 -  学習者発話における intelligibility に関する一考察 https://t.co/U5mVEQX6g6 #CiNii
CiNii 論文 -  日本人英語における実践的コミュニケーション能力の発達段階の分析 : 誤りが通じやすさに及ぼす影響を指標として https://t.co/awmtIc1EJ7 #CiNii
中山英治(2012)「留学生支援システムにおける日本語チュートリアルの実施概要とその意義―2011年度5月から8月の実施記録を資料として―」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,25-37 https://t.co/TLSmEOcLjt
金龍男,武一美,古屋憲章(2010).人と人の間にことばが生まれるとき――教師自身による実践研究の意義『早稲田日本語教育学』7,25-42.https://t.co/7LJS42Rv6T
RT @k_inamasu: 南風原 (1986) 相関係数を用いる研究において被験者数を決めるための簡便な表 https://t.co/ildM5mq4iW
RT @asarin: J-STAGE Articles - 統計的仮説検定を用いる心理学研究におけるサンプルサイズ設計 https://t.co/TCzSk8emkG 村井さんに書いていただいた心理学評論の論文はこれ
RT @kenmetrics: 関連して,去年の教心企画チュートリアルセミナー「いかに研究結果を有意にみせるか?」の記録を書いた年報が公開されていました。 https://t.co/2Sn6Y8NzDN
https://t.co/sDVtImJkBk あー、でも、「貞治年間初期の『河海抄』成立時の注釈」でわなくて、こーじんの ぞーほした 「かなり後の注釈」かもしれないんだなあ。
RT @egamiday: 嬉しいアナウンスです。日文研のOCLC目録登録&海外ILLの経緯・実際・効果を報告する論文が『大学図書館研究』の最新記事としてOA公開されました。NC書誌をMARCに投入、海外ILL受付の現実等、目録メタデータ界隈の方にも海外日本研究界隈の方にもご笑…
古屋憲章,古賀和恵,三代純平(2012).クラス担当者の実践観,教室観,教師観はどのように変容したか――5学期にわたる「イベント企画プロジェクト」のリフレクションから『早稲田日本語教育実践研究』発刊記念号,85-105. https://t.co/Q7o6cPvNz9
RT @webjapaneseJ: [日本語教育関連の論文・資料 009] ◇ 複合語のタイポロジーと日本語の特質 : 「日本語は特殊でない」というけれど https://t.co/7cOY8908pg #CiNii #日本語教師 #日本語教育 #日本語学校
RT @psycle44: 山田先生のランダマイゼーション検定の解説論文。https://t.co/kulgrAqLsn
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
古屋憲章(2004).協働的コミュニティーの設計,運営者としての日本語教師――私にとって総合活動型日本語教育とは何か『早稲田大学日本語教育実践研究』1,139-145. https://t.co/7ye5ys0azl
黒田史彦,尾関史,古屋憲章,宮崎七湖,李羽喆(2013年3月).「留学生の自律的漢字学習を支援するためのワークショップの試み」第40回日本語教育方法研究会(東京大学). https://t.co/Nx7k7hfgNI
J-STAGE Articles - 日本本土諸方言アクセントの系譜と分布 (1) (昭和五十九年三月十二日 服部四郎会員紹介) https://t.co/WHr3kfy5KT
J-STAGE Articles - 日本本土諸方言アクセントの系譜と分布(2) (昭和五十九年三月十二日 服部四郎会員紹介) https://t.co/u8KcfuYOAE
なかなか難しいところですが、こちらのサーベイを見ると、典型例が右利きと左利きで違うという話みたいですね。https://t.co/aHVxveR6yQ この話、後で、もうちょっと落ち着いてみてみようと思います。 https://t.co/TPLfVdv8kB