著者
亀崎 直樹 源 利文 高橋 亮雄 鈴木 大
出版者
岡山理科大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2015-04-01

岡山平野において淡水カメ相の遷移について研究を行った。文献・芸術資料や遺跡から出土する骨の分析によって、少なくとも中世から1900年頃まではニホンイシガメが優占していたが、1990年になるとクサガメが置き換わったことが明らかとなった。今回の225ヶ所の捕獲調査で、クサガメ:1267個体(70.5%)、アカミミガメ:484個体(26.9%)、イシガメ:35個体(1.9%)等が捕獲され、環境DNAの調査結果も含め現在でもクサガメが優占し、イシガメは急激に減少し絶滅寸前である。また、河川を中心にアカミミガメの個体数も増加しており、その分布の状態から、海から川を介して侵入しているものと考えられた。

言及状況

Twitter (9 users, 10 posts, 15 favorites)

クサガメのセッション、会場にいたんだけど、時間が足りなくて質問できなかった。あれからどうなったんでしょ? >本種の日本への移入が先史時代までさかのぼる可能性を示唆した。 KAKEN: 日本の淡水カメ相の遷移に関する研究 岡山平野を例にして 2017研究成果報告書(PDF) https://t.co/lASIjM7vVQ
@kameken20180211 クサガメが江戸期以前に生息していたことは遺跡から出土した遺存体からも明らかになりつつあります。岡山理科大の先生方が14C-AMS年代測定で確認済みのようですから。次の局面に入ったのでは。 ☆日本の淡水カメ相の遷移に関する研究 岡山平野を例にして https://t.co/aeyT604wXt

収集済み URL リスト