著者
立原 一憲 大城 直雅 林田 宜之 西村 美桜 伊藤 茉美
出版者
琉球大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2015-04-01

琉球列島におけるバラフエダイ、バラハタ、ドクウツボの年齢と成長を解析し、各年齢と体重におけるシガテラ毒の含有量を分析した。その結果、寿命は、バラフエダイ79歳、バラハタ20歳、オジロバラハタ15歳、ドクウツボ25歳であった。いずれの種も高齢魚・大型魚ほどシガトキシンの含有量が多い傾向が認められた。バラフエダイでは、体長500㎜、体重4kg、年齢20歳以上になると強毒個体が出現し、宮古諸島のものが特に高い値を示した。バラハタとオジロバラハタでは、強毒個体は、いずれも1個体のみであった。ドクウツボでは、強毒個体は出現せず、大量摂取しなければ中毒を発症する恐れは少ないと判断された。

言及状況

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

“シガトキシンが検出された個体は、バラハタでは全体の 55.4%(82/148)を占めた。 体重 500g以上になると強毒個体も 出現した。” バラハタ小さいやつは持って帰ってたけど結構シガテラあることに驚き! https://t.co/yy7bEBjUOz

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト