著者
岸岡 史郎 雑賀 史浩 深澤 洋滋 木口 倫一 小林 大地
出版者
和歌山県立医科大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2015-04-01

マクロファージのフェノタイプ制御に及ぼすニコチン性アセチルコリン受容体(nAChR)シグナルの影響を精査し、神経障害性疼痛を含む慢性炎症疾患の治療に繋がる研究を行った。神経障害性疼痛を担う炎症性マクロファージにはnAChRが発現しており、nAChRリガンドの処置により炎症性因子の産生が抑制されることをin vivoおよびin vitroにおける各種解析から証明した。さらにnAChRリガンドを投与することで、神経障害性疼痛病態が改善することも明らかにしている。従って、nAChRシグナルを介した炎症性マクロファージの制御は慢性炎症疾患の治療に有用な薬物療法として期待される。

言及状況

Twitter (6 users, 19 posts, 0 favorites)

#ニコチンシグナル #マクロファージ依存的炎症性疾患 研究 岸岡史郎先生 https://t.co/vQAvfj3PQP Chronicinflammation platelets phenotype cytokine nic… https://t.co/1Ip6zmz9j5
@polymorphyem 研究の進展に期待は変わらないです。 岸岡先生が熱心に話されていたキーワードはニコチンです。正にmitさんがおっしゃっている研究です。 ニコチンシグナルを介したマクロファージ依存的炎症性疾患の新規治療… https://t.co/RBdKxUR8uH
Professor Kishioka Shiro https://t.co/XQgq6SFhGK #Acetylcholinereceptor #Macrophages #Cytokine #Chemokine… https://t.co/sXP9Iak20l
#和歌山県立医科大学医学部 岸岡史郎教授 #神経障害性疼痛 患者様の痛みの緩和に向け脳を通さず末梢神経から #ニコチン が効く薬も探しながら研究を重ねています #アセチルコリン受容体 #マクロファージ #サイトカイン… https://t.co/7HrBoRMRrn
#Noveltherapeuticstrategies for #macrophagedependent inflammatory diseases via nicotine signal… https://t.co/6bTInv29ST
#ニコチンシグナル を介した #マクロファージ依存的炎症性疾患 の新規治療戦略 岸岡史郎教授 #nAChRシグナル は #マクロファージ および #ミクログリアのM1フェノタイプ転化 を抑制し #炎症性疾患 を改善する可能性が… https://t.co/jh2lHJKh8S
#神経障害性疼痛 岸岡史郎教授 和歌山県立医科大学医学部 #リポソーム化クロドロン酸 https://t.co/SQEK40AenF https://t.co/spoxBUxQdq 傷害神経周囲に局所投与で 神経傷害に起因… https://t.co/5HTRSWwo8k
←続き 岸岡史郎先生 #マクロファージ枯渇薬 である #リポソーム化クロドロン酸 を #傷害神経周囲 に局所投与すると、 #神経傷害 に起因する #機械的アロディニア が改善され、 #マクロファージ の機能的意義が立証された… https://t.co/A8JnwxlCHd
#ニコチンシグナル を介した #マクロファージ依存的炎症性疾患 の新規治療戦略 岸岡史郎先生 #傷害末梢神経 において #マクロファージ の集積が認められ多くが #ニコチン性アセチルコリン受容体(#nAChR)… https://t.co/yaor0aTfHe
#ニコチンシグナル を介した #マクロファージ依存的炎症性疾患 新規治療戦略 岸岡史郎先生 和歌山県立医科大学 https://t.co/aW6fsOAdkh #慢性炎症 を伴う #難治性疾患 として #坐骨神経部分結紮 による… https://t.co/jDHtEQaEhP

収集済み URL リスト