著者
遠藤 保子 八村 広三郎 小島 一成 崔 雄
出版者
立命館大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2004

無文字社会であったアフリカにおける身体芸術(特にダンス)の研究は、舞踊の原点を知る上で重要である。またジャズやブルースの誕生に深くかかわっているため、現在の芸術を知る上でも必要である。そこで本研究は、アフリカの身体芸術とアフリカの今日の社会に焦点をあてて以下を行った。I研究目的:I・1.アフリカ(特にナイジェリアとケニア)における身体芸術と文化社会の現状I・2.身体芸術をモーションキャプチャによる記録・解析I・3.2の動作特性と文化・社会との関連性とその意味・構造を明らかにする。II研究方法:II・1.アフリカに関する文献研究II・2.アフリカにおける文化人類学的フィールドワークII・3.アフリカ人ダンサー(日本へ招聘)によるダンスのデジタル記録・解析である。III研究対象:III・1.ナイジェリアの代表的な舞踊:Kabulu,Bata,Maliki,Swange,Iri-Agha(ナイジェリア国立舞踊団抽出)III・2.ケニアの代表的な舞踊:Gonda,Orutu,Borana,Sukuti,SamburuSengenya,Kikuyu(ボーマス・オブ・ケニア抽出)である。IVモーションキャプチャの記録プロセス:立命館大学アート・リサーチセンターにおける光学式モーションキャプチャを利用してIV・1.カメラ設置IV・2.キャリブレーションIV・3.被験者にマーカー付着IV・4.計測IV・5.データ編集を行った。V研究結果の主な点:V・1.トルソー(肩と腰)の動かし方に特徴が見られるV・2.ダンスの熟練と非熟練者の違いは、トルソーの動かし方にみられる等。本研究は、現地のダンサーやダンス関係者にコンピュータ解析によって新しい見方を可能するなど、有益であると思われる。

言及状況

Twitter (2 users, 6 posts, 0 favorites)

こんな研究ありました:今日のアフリカにおける身体芸術と社会-モーションキャプチャを利用した学際研究-(遠藤 保子) http://t.co/0fL7N2KCA1
こんな研究ありました:今日のアフリカにおける身体芸術と社会-モーションキャプチャを利用した学際研究-(遠藤 保子) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/16602020
こんな研究ありました:今日のアフリカにおける身体芸術と社会-モーションキャプチャを利用した学際研究-(遠藤 保子) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/16602020
こんな研究ありました:今日のアフリカにおける身体芸術と社会-モーションキャプチャを利用した学際研究-(遠藤 保子) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/16602020
RT @kakentter: こんな研究ありました:今日のアフリカにおける身体芸術と社会-モーションキャプチャを利用した学際研究-(遠藤 保子) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/16602020
こんな研究ありました:今日のアフリカにおける身体芸術と社会-モーションキャプチャを利用した学際研究-(遠藤 保子) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/16602020

収集済み URL リスト