著者
臼田 春樹 和田 孝一郎 岡本 貴行 田中 徹也 新林 友美
出版者
島根大学
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2016-04-01

腸粘膜バリアの慢性的な低下(leaky gut syndrome: LGS)は全身疾患の発症に深く関与することが示唆されている。しかし、ヒトに使用可能で適切にLGSを評価する方法は確立していない。本研究では、軽度、中等度、重度のLGSを呈するマウスモデルを確立し、これらを用いてLGSの新規診断指標(試薬K)を確立した。また、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)とクローン病を誘発したマウスでは、発症初期の段階でLGSが生じることが試薬Kによって判明した。特にクローン病の小腸ではLGS状態と炎症の両方に関連する内因性因子の発現が増加しており、LGSがクローン病の発症に関与する可能性が示唆された。

言及状況

Twitter (4 users, 4 posts, 2 favorites)

これなんかも研究費の無駄遣いとか言いそう。 https://t.co/viLDkIHyq1

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

編集者: 121.85.217.65
2019-05-27 22:00:22 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト