著者
大澤 稔 菊地 章子 沼田 健裕 金子 聡一郎 高山 真
出版者
東北大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2017-04-01

この1年は「化学物質過敏症」患者のリクルーティング・ピックアップ準備の年であった。まずはpilot的に化学物質過敏症診断で高名な病院の「化学物質過敏症・環境アレルギー外来」で診断済みの患者を紹介してもらい評価の方法を探った。化学物質過敏症に伴う症状と治療(漢方薬)効果との関係にある程度の再現性が確認できたため、次に評価基準を設定する作業に入った。当初の実施計画の通りスクリーニングシートの作成を進めているが、内容としてはたいへん高名な診断ツールとして確立しているQuick Environmental Exposure Sensitivity Inventory(QEESI(R) )をベースにする方向で調整に入った。また個々の症状(頭痛・めまい他)もNSR(Numerical Rating Scale)で数値化を図ることとした。幸いこのQEESIの開発者に指導を仰ぐ機会に恵まれ、研究趣旨を汲んでいただけたため、今後連携研究者としての登録をいただく方向で準備をしている。また診断の信憑性を高めるため精神科の連携研究者の協力も今後仰ぐ予定でいる。化学物質過敏症は環境医学の領域でも大きなトピックである。この1年の間に化学、工学、看護学、衛生学を専門とする研究者のメーリングリストにも登録させていただいた。この課題に取り組むにあたり日本臨床環境医学会にも属することとなり、本研究代表者も医学の立場で情報交流をすることになり、治療実績発表の準備中である。この人事交流は本研究の大きな礎になることが予想される。

言及状況

Twitter (7 users, 8 posts, 3 favorites)

近くに過敏症の専門医がいないので苦肉の策です。 治す方向ならどんな情報でも欲しい。 研究機関を調べて、そこの系列なら若干でも理解あるかなということで病院を選びました。 https://t.co/SfUazoslwB https://t.co/kmbYhVxw5Q
化学物質過敏症に効く漢方薬ってあるのかなって検索したら研究中だった https://t.co/pLKgJzHqHc
#化学物質過敏症 に対する#漢方薬 による根治療法の開発と機序の解明 研究代表者 大澤稔先生 医学系研究科, 助教 研究分担者 菊地章子先生 医学系研究科, 助教 沼田健裕先生 医学系研究科, 非常勤講師 金子聡一郎先生 医学系研究科, 助教 高山真先生 大学病院, 准教授 引用元 https://t.co/ijAoV9hscz https://t.co/J8NLaPTyiW
#化学物質過敏症 研究へのメタボロミクスの応用 https://t.co/e5ylQPG2sT 化学物質過敏症 ―歴史,疫学と機序― 加藤貴彦先生 熊本大学大学院生命科学研究部 https://t.co/1YCRrAoaN6 化学物質過敏症に対する漢方薬による根治療法の開発と機序の解明 大澤稔先生 東北大 https://t.co/ijAoV9hscz

収集済み URL リスト