著者
大藪 多可志 木村 春彦
出版者
金沢星稜大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2006 (Released:2006-04-01)

植物は様々な環境要因を認識する能力を有している。また, 移動することは困難なため環境適応能力に優れている。本研究においては, 植物の環境認識能力を生体電位を用いて明らかにすると共にその癒し効果を表現するインタフェースを構築した。インターフェースとしては, 植物にとって良い環境状態であるとき微笑んでいることを顔表現で示す。暑さや寒さを顔表現で示し, 人間からの問いかけに対して環境状態を音声で知らせる。成果を書籍として出版した。

言及状況

Twitter (1 users, 3 posts, 1 favorites)

こんな研究ありました:植物環境情報を知らせる知的インターフェースの開発とその癒し効果に関する研究(大藪 多可志) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/18310062
こんな研究ありました:植物環境情報を知らせる知的インターフェースの開発とその癒し効果に関する研究(大藪 多可志) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/18310062
こんな研究ありました:植物環境情報を知らせる知的インターフェースの開発とその癒し効果に関する研究(大藪 多可志) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/18310062

収集済み URL リスト