著者
五十嵐 誠 望月 優子 高橋 和也 中井 陽一 本山 秀明 馬場 彩 望月 優子 高橋 和也 中井 陽一 本山 秀明
出版者
独立行政法人理化学研究所
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2006

研究成果の概要:南極ドームふじ基地において掘削された氷床コアおよそ100m分についてイオン濃度分析を実施し、硝酸イオン濃度プロファイル中の十数箇所に超新星爆発起源と思われる高濃度スパイクを検出した。本研究ではこれらの発現年代を正確に推定するため、ドームふじ氷床コアの硫酸イオン濃度測定結果と大規模火山噴火年代との関連性を考慮して、誤差1年以内の氷の堆積年代(深度と年代の関係)を求めた。

言及状況

Twitter (1 users, 2 posts, 0 favorites)

こんな研究ありました:南極氷床に刻み込まれた超新星爆発の痕跡探査とその解析(五十嵐 誠) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/18549002
こんな研究ありました:南極氷床に刻み込まれた超新星爆発の痕跡探査とその解析(五十嵐 誠) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/18549002

収集済み URL リスト