著者
杉本 和弘
出版者
東北大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2019-04-01

本研究は、大学教育の質保証をいかに機能させ効果を高めるかを明らかにするため、「同僚制原理とそれを担保する組織・制度は歴史的にいかに変容しつつあるか、その考察から得られた知見を前提とするとき、大学を支えるアカデミック・リーダーはいかに育成されるべきなのか」を中核的な学術的問いに設定した上で、「ガバナンス」「同僚制原理」「アカデミック・リーダー育成」の3つの視点から、理念-実態-実践を接続させながら総合的に解明し、その知見を現場に還元しようとするものである。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[KAKEN][高等教育研究][質保証][SD]

Twitter (1 users, 2 posts, 0 favorites)

“KAKEN — 研究課題をさがす | 同僚制原理に基づく大学教育の質保証とアカデミック・リーダー育成に関する比較研究 (KAKENHI-PROJECT-19K02856)” https://t.co/Sffqq20o74 #KAKEN #高等教育研究 #質保証 #SD
“KAKEN — 研究課題をさがす | 同僚制原理に基づく大学教育の質保証とアカデミック・リーダー育成に関する比較研究 (KAKENHI-PROJECT-19K02856)” https://t.co/Sffqq20o74 #KAKEN #高等教育研究 #質保証 #SD

収集済み URL リスト