high190 (@high190)

投稿一覧(最新100件)

RT @Y3suburb: KAKEN — 研究課題をさがす | 高等教育「後背地」理論モデル構築への挑戦的研究:オルタナティブな理論を目指して (KAKENHI-PROJECT-19K21742) https://t.co/LI0H2JZ3gX
深堀 聡子 九州大学, 教育改革推進本部, 教授 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 学修成果アセスメント・ツールの活用を通した学習システム・パラダイムへの転換 (KAKENHI-PROJECT-18H01033)”… https://t.co/31UtbT7bmp
安部 有紀子 (小貫) 大阪大学, 全学教育推進機構, 准教授 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 日本の高等教育における学寮の教育的展開と質保証を基盤としたプログラム開発 (KAKENHI-PROJECT-19H0168… https://t.co/RScZG7Aaxi
鳥居 朋子 立命館大学, 教育開発推進機構, 教授 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 大学の質保証を支える教育プログラムの評価と改善の好循環システムに関する研究 (KAKENHI-PROJECT-19H01693)”… https://t.co/O867pLDxst
林 隆之 政策研究大学院大学, 政策研究科, 教授 (30342629) ” / “KAKEN — 研究課題をさがす | 研究力が低成長・縮小する時代における科学技術政策の在り方の実証的分析 (KAKENHI-PROJECT-19… https://t.co/G6xArzNDC5
関沢 和泉 東日本国際大学, 総合企画部, 准教授 / “KAKEN — 研究課題をさがす | イタリアにおける高等教育のガバナンス改革――日本での改革との対比で躓きの石を探る (KAKENHI-PROJECT-19K02869… https://t.co/UcZWAaCTtC
杉原 真晃 聖心女子大学, 現代教養学部, 准教授 / “KAKEN — 研究課題をさがす | サービス・ラーニングを通した教授・学習理論と実質的な教養教育カリキュラムの構築 (KAKENHI-PROJECT-19K02870)”… https://t.co/tbZuYSyzyi
橋本 智也 四天王寺大学, 教育学部, 講師 / “KAKEN — 研究課題をさがす | IRの専門性活用と大学の文脈の相互構造に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-19K02874)”… https://t.co/8iPDvs75sW
堀井 祐介 金沢大学, 高等教育開発・支援系, 教授 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 英国大学評価における<学生エンゲージメント>の実証的研究 (KAKENHI-PROJECT-19K02884)”… https://t.co/kBuqbmm5M1
阿曽沼 明裕 名古屋大学, 教育発達科学研究科, 教授 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 研究大学の構造と存立基盤に関する日米比較 (KAKENHI-PROJECT-19K02885)” https://t.co/xMJECYOj47 #KAKEN #高等教育研究
八神 寿徳 三重大学, 地域イノベーション推進機構, 助教 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 戦略的な商標出願と契約形態を軸にした大学ブランド商品の展開を支援する手法の開発 (KAKENHI-PROJECT-19K028… https://t.co/xKV0Iknm6N
齊藤 貴浩 大阪大学, 経営企画オフィス, 教授 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 社会の要請に応える高等教育改革成果のエビデンスの生成 (KAKENHI-PROJECT-19K02888)”… https://t.co/41SRuoDyUg
吉田 香奈 広島大学, 教育本部, 准教授 / “KAKEN — 研究課題をさがす | アメリカ合衆国における公立大学の授業料無償化政策に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-19K02889)”… https://t.co/8OTB2L8Eww
加藤 かおり 国立教育政策研究所, 生涯学習政策研究部, 総括研究官 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 「教育構成の整合」理論とその実効化を促進する大学教育開発の研究 (KAKENHI-PROJECT-19K02901… https://t.co/eqok7cPVY8
岡崎 玲子 福井大学, 保健管理センター, 講師 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 縦断的アンケート調査を用いた外国人留学生の適応予測指標の探索 (KAKENHI-PROJECT-19K14257)”… https://t.co/pKOtmcVwCJ
日本人の非伝統的海外留学の拡大とそのメカニズム解明 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 日本人の非伝統的海外留学の拡大とそのメカニズム解明 (KAKENHI-PROJECT-19K14258)” https://t.co/wNAtrAsEnT #KAKEN #高等教育研究
石倉 佑季子 大阪大学, 高等教育・入試研究開発センター, 特任講師(常勤) / “KAKEN — 研究課題をさがす | 非英語圏における学部英語コースの進展に関する国際比較研究 (KAKENHI-PROJECT-19K1425… https://t.co/xlmtfDETWL
メイソン シャネン 長崎大学, 教育学部, 助教 (90756181) / “KAKEN — 研究課題をさがす | A study of the use of Academic Social Networks by resear… https://t.co/xsxEIFkaqv
斎藤 有吾 新潟大学, 経営戦略本部, 准教授 (50781423) / “KAKEN — 研究課題をさがす | カリキュラム・マップを基盤とした学習成果の可視化方法の提案とその検討 (KAKENHI-PROJECT-19K142… https://t.co/uYjGizoDuh
中島 剛 大阪大学, 主任 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 国立大学における運営費交付金と寄附金の実証分析 ―クラウディング・インの検証― (KAKENHI-PROJECT-19H00024)”… https://t.co/mT1o6072WD
福益 孝行 奈良県立医科大学, 大学職員 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 医科大学が地域医療にもたらす影響の地域比較研究 (KAKENHI-PROJECT-19H00026)” https://t.co/owcgTaVeJR #KAKEN #大学職員 #医学部
一ノ瀬 大一 九州産業大学, 大学職員 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 突発的中退者に対する職員の効果的アプローチに関する研究-消極的中退者に着目して- (KAKENHI-PROJECT-19H00039)”… https://t.co/TrUEkDhI0d
木元 麻里 文部科学省, 調査官 / “KAKEN — 研究課題をさがす | フランス高等教育における日本語教育の現在及び日本思想研究への進学者に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-19H00046)” https://t.co/5oTs0gGaPZ #KAKEN
内橋 一恵 神戸常盤大学, 大学事務職員 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 外国につながる児童への対応力を持った新しい教育人材育成のためのカリキュラム開発 (KAKENHI-PROJECT-19H00059)”… https://t.co/6Icj137Yge
南澤 武蔵 東京大学, 教諭 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 大学の教育研究資源を用いた高校世界史の教材開発 (KAKENHI-PROJECT-19H00065)” https://t.co/70ewCyXQoy #KAKEN #高大接続
鬼塚 淳子 中村学園大学, 学生相談室常勤カウンセラー / “KAKEN — 研究課題をさがす | 配慮を要する学生を対象とした産学福連携就労支援クラス創出の試み (KAKENHI-PROJECT-19H00142)”… https://t.co/6qoy0Q0Ebc
砂田 寛雅 愛媛大学, 副課長 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 理論と実践を融合するカリキュラムにおける学生の学習の変化 (KAKENHI-PROJECT-19H00160)”… https://t.co/omhodjvI9A
丸山 浩平 信州大学, 技術職員(特定雇用) / “KAKEN — 研究課題をさがす | 学習者の主体的な学びを支援する声かけを行う学習支援エージェントの開発 (KAKENHI-PROJECT-19H00181)”… https://t.co/m9D2ExOvVP
村上 郁磨 久留米大学, 事務職員(係長職) / “KAKEN — 研究課題をさがす | 大学事務女性職員のメンタルヘルスとモチベーション向上のための午睡・運動比較研究 (KAKENHI-PROJECT-19H00469)”… https://t.co/xU6RYo40cV
“CiNii 博士論文 - 工学系大学発ベンチャーを中心とする産学官連携コミュニケーションの研究” https://t.co/IM1BmA2Uev #博士論文 #産学官連携
“KAKEN — 研究課題をさがす | 外国学歴・資格認証における国際同等性の比較研究 (KAKENHI-PROJECT-16H03784)” https://t.co/ZJ5iW8QG3Q #KAKEN #NQF
“KAKEN — 研究課題をさがす | 知識外交における外国分校の機能に関する実証的研究 (KAKENHI-PROJECT-16K17426)” https://t.co/pNbZDmyQvH #KAKEN #高等教育研究
RT @hatano1113: 山形大学のデータで、論文数に対して性別や家庭状況は有意でなく、出張日数が有意に正で出張支援が重要と。が、生産性の高い人は論文も出張も多いだけか。または論文が多いと報告を頼まれやすいか。坂無淳(2014)「大学教員の研究業績に対する性別の影響」『社…
“KAKEN — 研究課題をさがす | 日本のディスタンクシオンと社会構成意識 ー新しい文化資本と実践・意識の多元性 (KAKENHI-PROJECT-17H02597)” https://t.co/kfZDoH9LiT #KAKEN #教育社会学 #ブルデュー
"共通教育マネジメントにおける実施運営体制・組織文化の役割" / “WEKO - 東北大学機関リポジトリTOUR” https://t.co/PqqbJ5OFZz #高等教育研究 #教養教育
国立国会図書館「データで見る議会-欧米主要国の議会と我が国の国会-」調査と情報-ISSUE BRIEF-No.1065(2019.8.1) / “https://t.co/py6KPRGKc5” https://t.co/LVdLb2KZFF #政治 #統計
RT @oshio_at: 何年か前にこの論文で「自尊感情の低下が社会的弱者の排除や政治的保守化,周辺諸国との対立などに結びつくことを示唆する」と書いたのですがどんどん実現されつつある印象 J-STAGE Articles - 日本における自尊感情の時間横断的メタ分析 htt…
RT @mikakoiwatake: とても良い博士論文。 「PTA親会員の不満とその要因構造に関する研究」(放送大学) 歴史的考察、社会学の計量的アプローチ、二次分析、インター ネット調査等から、PTAを多面的に論じている。 https://t.co/5IYaLM8P6Q
“KAKEN — 研究課題をさがす | 同僚制原理に基づく大学教育の質保証とアカデミック・リーダー育成に関する比較研究 (KAKENHI-PROJECT-19K02856)” https://t.co/Sffqq20o74 #KAKEN #高等教育研究 #質保証 #SD
田中信一郎"質問主意書の答弁書作成過程" https://t.co/wYNHtZMOad
田中信一郎さんの博士論文"国会における質問制度の意義 : 質問主意書と口頭質問に対する制度・運用・政策過程からの検証" https://t.co/FgAwAPpvPr
“ 定期的な人事異動が大学職員の職務遂行向上に与える効果―人事異動を通じて得られる「成長経験」とそこからの「学び」に着目して― ” / “桜美林大学学術機関リポジトリ” https://t.co/si2zcBaaPR #大学職員 #人事
“ イギリスの部課長職の業務領域及び役割分担の変化と今後の日本の大学職員の職員像について ” / “桜美林大学学術機関リポジトリ” https://t.co/70UyDzLBcc #大学職員 #マネジメント
“ 大学職員経験を有する大学教員(ハイブリッド型マネジメント人材)のライフコースとその特性 ” / “桜美林大学学術機関リポジトリ” https://t.co/tLYFwSlDbj #大学職員 #教員
“ 大学職員の能力開発における大学院教育の位置づけ : -大学人事部への調査からの考察- ” / “桜美林大学学術機関リポジトリ” https://t.co/kqw7P8tn9W #大学職員 #大学院
“ 桜美林大学大学院大学アドミニストレーション研究科の10年の歩み : 黎明期からカリキュラム(授業科目)の変遷を含めて ” / “桜美林大学学術機関リポジトリ” https://t.co/NDWHGnvUrM #大学職員 #大学院
"(評者)東北大学羽田貴史 有本章[著]『大学教育再生とは何か 大学教授職の日米比較』" / “https://t.co/UqzwfCruKn” https://t.co/GzZGbSEXn0 #高等教育研究 #書評
“KAKEN — 研究課題をさがす | 大学職員の経営企画能力養成に関する社会人大学院での学び-人事部への調査から- (KAKENHI-PROJECT-25907043)” https://t.co/6vJU889qoC #KAKEN #大学職員 #大学院
原圭寛「1860-70年代アメリカの研究大学における学士課程の編成―ジョンズ・ホプキンス大学及びコーネル大学におけるグループ・システムの導入とその背景―」日本の教育史学61巻 (2018) / “1860-70年代アメリカの研究大… https://t.co/3VOPEWDOIK
RT @yoshi_h19870507: 教育史学会の学会誌に昨年秋に掲載された論文がJ-STAGEで公開されました。ご興味ある方はご覧ください。 https://t.co/qHbIaHVjRG
"階層的地位の影響の仕方が父親と母親で異なること,可処分時間に限界がある以上,学習時間を「努力」の指標とみる見方に限界があることが示唆" / “中学生の生活時間と社会階層” https://t.co/quwC6OOkOG #教育社会学 #学習 #社会階層
“戦後日本の「内閣官僚」の形成” https://t.co/pjMAUsZxxB #行政学 #官僚 #行政研究
“「官房」の理論とその論理構造” https://t.co/hZMezt1mSo #行政学 #官僚 #行政研究
RT @skrnmr: CiNii 論文 -  工業教育における「ものづくり」の受容過程 https://t.co/pmkMCae4i9 #CiNii 片山先生の論文。バーンスティンで「ものづくり」言説を解読していてめちゃくちゃおもしろい。「修養」や「人間形成」が重視されるよう…
鳥居朋子「大学の教育改善に向けたプログラム・レビュー アメリカの経験に基づいて」高等教育研究17巻(2014) / “大学の教育改善に向けたプログラム・レビュー” https://t.co/mvNuIBLkPk #高等教育研究 #内部質保証
末冨芳「東京都所在大学の立地と学部学生数の変動分析−東京都所在大学の立地と学部学生数の変動分析」高等教育研究11巻(2008) / “東京都所在大学の立地と学部学生数の変動分析” https://t.co/3ObhDmOJSz #高等教育研究 #高等教育政策
鳥居朋子, 夏目達也, 近田政博, 中井俊樹「大学におけるカリキュラム開発のプロセスに関する考察 Diamond のモデルとその適用事例を中心に」高等教育研究10巻(2007) / “大学におけるカリキュラム開発のプロセスに関する… https://t.co/3Bs1MnjgTl
中島英博「大学における職員の管理運営能力獲得プロセスと業務を通じた育成」高等教育研究14巻(2011) / “大学における職員の管理運営能力獲得プロセスと業務を通じた育成” https://t.co/e4Gs7B2hOX #大学職員 #高等教育研究 #SD
“組織としての高等教育学会” https://t.co/EwrGEomb09 #高等教育研究
RT @Y3suburb: CiNii 論文 -  大学設置基準の大綱化と大学の変貌(I 論説<規制緩和と大学の将来>) https://t.co/nSKEll1JrO
“高大接続改革と教育現場の断層—「善意」の帰結を問う—” https://t.co/QSnD5jOJdt #高大接続 #高等教育政策
“KAKEN — 研究課題をさがす | 近現代日本における新宗教系高等教育機関の社会的機能に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-16H07481)” https://t.co/X2umMD78xw #KAKEN #高等教育研究 #教育社会学
“KAKEN — Research Projects | 研究大学の構造と存立基盤に関する日米比較 (KAKENHI-PROJECT-19K02885)” https://t.co/IEeTe37XEe #KAKEN #高等教育研究 #比較教育学
“KAKEN — Research Projects | IRの専門性活用と大学の文脈の相互構造に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-19K02874)” https://t.co/rYgKAYOFo9 #KAKEN #IR #組織変革
“KAKEN — Research Projects | イタリアにおける高等教育のガバナンス改革――日本での改革との対比で躓きの石を探る (KAKENHI-PROJECT-19K02869)”… https://t.co/vcVyn4UaEf
“KAKEN — Research Projects | 研究力が低成長・縮小する時代における科学技術政策の在り方の実証的分析 (KAKENHI-PROJECT-19K02857)” https://t.co/H5Hpju0UmN #KAKEN #高等教育政策 #科学技術政策
“KAKEN — Research Projects | 大学教育後援会の事業と成果を指標として実施する大学評価の可能性をめぐる実証的研究 (KAKENHI-PROJECT-19K02855)” https://t.co/OQ8VBk0dQP #KAKEN #大学評価
“KAKEN — Research Projects | 大学の質保証を支える教育プログラムの評価と改善の好循環システムに関する研究 (KAKENHI-PROJECT-19H01693)” https://t.co/l4EhcRWBQK #KAKEN #質保証
“KAKEN — Research Projects | 教学マネジメントを支援する大学の専門的職員のあり方に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-18K02729)” https://t.co/I11Mmqy4qI #KAKEN #大学職員 #教学マネジメント
“KAKEN — Research Projects | 外部環境に対応する大学の組織変革の促進要因と阻害要因の解明 (KAKENHI-PROJECT-18K02724)” https://t.co/3UaP2eiwEP #KAKEN #高等教育研究 #組織変革
“KAKEN — Research Projects | Organizational Analysis on "Why Japanese Universities cannot Reform Themselves" (KAKEN… https://t.co/xDQhqC2YGy
“KAKEN — Research Projects | 大学における現場主体の教育改善を促進する組織学習プロセスの明示化 (KAKENHI-PROJECT-18K02701)” https://t.co/pleUpYCKYw #KAKEN #高等教育研究 #組織開発
“KAKEN — Research Projects | 「教育構成の整合」理論とその実効化を促進する大学教育開発の研究 (KAKENHI-PROJECT-19K02901)” https://t.co/miTKlREy54 #KAKEN #カリキュラム #高等教育研究
“KAKEN — Research Projects | 社会の要請に応える高等教育改革成果のエビデンスの生成 (KAKENHI-PROJECT-19K02888)” https://t.co/ZJiPML6Bzh #KAKEN #高等教育研究 #高等教育政策
“KAKEN — Research Projects | 国立大学事務職員のキャリア形成とモチベーション (KAKENHI-PROJECT-19K14278)” https://t.co/sAQSujpVFz #KAKEN #国立大学法人 #大学職員
“KAKEN — Research Projects | 大学評価への計量書誌指標の導入のもたらす社会科学研究への逆機能性に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-19K14279)” https://t.co/BCf9qkWenU #KAKEN #高等教育研究 #大学評価
“KAKEN — Research Projects | カリキュラム・マップを基盤とした学習成果の可視化方法の提案とその検討 (KAKENHI-PROJECT-19K14275)” https://t.co/qkUMCLJdch #KAKEN #教学マネジメント
“KAKEN — Research Projects | 近現代日本における大学学長職の地位・役割・動態に関する歴史社会学的研究 (KAKENHI-PROJECT-19K14268)” https://t.co/COOJNnAoyT #KAKEN #高等教育研究
“KAKEN — Research Projects | 購読型学術雑誌のオープンアクセスジャーナル化が教育研究機関へ及ぼす影響 (KAKENHI-PROJECT-18H00062)” https://t.co/L8yPYxfd4R #KAKEN #オープンアクセス
“KAKEN — 研究課題をさがす | 学問に根ざした大学教育の学修成果向上のための教授法・人材・組織の一体的な開発研究 (KAKENHI-PROJECT-18H01028)” https://t.co/EFLvkVXtsf #KAKEN #高等教育研究
“KAKEN — 研究課題をさがす | 同僚制原理に基づく大学教育の質保証とアカデミック・リーダー育成に関する比較研究 (KAKENHI-PROJECT-19K02856)” https://t.co/Sffqq20o74 #KAKEN #高等教育研究 #質保証 #SD
“KAKEN — 研究課題をさがす | e-Legislationに基づく法制執務方法論の情報科学的基礎付けと検証 (KAKENHI-PROJECT-24240040)” https://t.co/eRrOd1zChI #KAKEN #法制執務
“KAKEN — 研究課題をさがす | 大学における学術管理職と経営管理職の相互作用システムに関する国際比較研究 (KAKENHI-PROJECT-24243074)” https://t.co/Gkg1hJnH75 #KAKEN #大学経営 #大学職員
“KAKEN — 研究課題をさがす | 大学政策に対する世論の構造と形成 (KAKENHI-PROJECT-25590234)” https://t.co/bC9xJgahxi #KAKEN #高等教育研究 #高等教育政策 #政策形成過程 #文部科学省 #パブリックコメント
“KAKEN — 研究課題をさがす | 教学マネジメントにおける大学の有効性の研究 (KAKENHI-PROJECT-25381083)” https://t.co/zcGXjg7Fl8 #KAKEN #高等教育研究 #質保証 #教学マネジメント
“KAKEN — 研究課題をさがす | 日本の大学経営におけるデータに裏付けされた意思決定支援の適応可能性に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-25590223)” https://t.co/K47yyDL3Qk #KAKEN #大学経営 #IR
“KAKEN — 研究課題をさがす | 近年成長が著しい国における学術政策、大学政策、学校教育を通じた人材育成政策に関する調査研究 (KAKENHI-PROJECT-25900001)” https://t.co/cauRYUnPdp #高等教育研究 #高等教育政策 #KAKEN
@kaiki_sakigake ちなみにこれが該当の奨励研究です。「今後は、「専門」としての教務事務の確立のため、体系的に編まれた教務事務の標準テキストの作成が必要」 "日本の大学の教務担当職員の新たな役割に関する研究" https://t.co/bEqamCl4fH
RT @tbmhryk: 「いまだ研究もせない前にまずその利益を知ろうとする好奇心ほど有害なるものはない」(西田幾多郎、1916、智山学報、3、11-14)https://t.co/NvBq5PiDNk 西田幾多郎記念館で貰ったカードに書いてあった。
RT @tbmhryk: 「いまだ研究もせない前にまずその利益を知ろうとする好奇心ほど有害なるものはない」(西田幾多郎、1916、智山学報、3、11-14)https://t.co/NvBq5PiDNk 西田幾多郎記念館で貰ったカードに書いてあった。
RT @daigaku23: IR データによる学生層と大学層の形成と評価のシミュレーション - https://t.co/OgjtbdTZU5 #ScholarAlerts
RT @HashimotoTomoya: 木村正則(2017).私立大学における「建学の精神」の役割 教養・外国語教育センター紀要.外国語編 8(1),71-82.[PDF]https://t.co/GB9JnBgVrS
“地方大学の経営戦略としての留学生獲得と就職支援 : 地方活性化のための産官学連携の意義と役割” / “関西学院大学リポジトリ” https://t.co/D2tMxcP6kG #大学職員 #高等教育研究
“わが国の大学経営における国際競争力向上のためのレピュテーション・マネジメントの役割と意義 : 九州大学と広島大学の事例研究による分析” / “関西学院大学リポジトリ” https://t.co/0bealVS1V3 #大学職員 #高等教育研究
RT @nakaharajun: 興味深い研究。面白い>中堅社員の業務環境や振り返りの捉え方が,内省を「問題解決の経緯の想起」にとどめ,内面的特徴を検討する「深い内省」を妨げている恐れがある 廣松ちあき*1・尾澤重知*2「内省支援が必要な中堅社員の内省プロセスの特徴の質的研究」…
“KAKEN — 研究課題をさがす | 教育目標の達成に重要な教学データを自動選択する ASモデル生成システム (KAKENHI-PROJECT-17H01998)” https://t.co/Cw1whCoON9 #KAKEN #高等教育研究
"オンタリオ州議会における新しい情報パラダイムに向けての革新的,協働的アプローチ" / “https://t.co/5CITtOaxUT” https://t.co/JgfwinCsna #行政 #オープンデータ
“KAKEN — 研究課題をさがす | ソーシャルネットワーク・インセンティブは地域の身体活動量と社会参加を増やすか? (KAKENHI-PROJECT-17K01810)” https://t.co/g6R24XZVYm #KAKEN
"大学評価・学位研究 第19号 平成30年 3 月(研究ノート・資料)" / “教育の内部質保証に対するIRによる支援の現状と課題” https://t.co/NI5RqIYIuZ #内部質保証 #IR #国立大学法人
「アメリカ合衆国の議会制度」国⽴国会図書館調査と情報―ISSUE BRIEF―No. 1045(2019. 3.7) / “https://t.co/UH9PskDKeG” https://t.co/ofC5wrewp2 #政治 #行政 #法制執務

お気に入り一覧(最新100件)

金沢大学における携帯型パソコン必携化に関する 12 年間の取組 - https://t.co/DeDAU7MlIa #ScholarAlerts
大学の情報発信を強化する動画番組のライフサイクルについての考察 - https://t.co/LpxF8zWp9y #ScholarAlerts
KAKEN — 研究課題をさがす | 高等教育「後背地」理論モデル構築への挑戦的研究:オルタナティブな理論を目指して (KAKENHI-PROJECT-19K21742) https://t.co/LI0H2JZ3gX
KAKEN — 研究課題をさがす | CIE文書に基づく占領下の教師教育・教員免許制度改革に関する実証的研究 (KAKENHI-PROJECT-20530742) https://t.co/ViT6gEzeHU
CiNii 論文 -  1990年代以降における大学立地の変化:大学再編に関する空間的研究のための予備的考察 https://t.co/zidQXKyl52
CiNii 論文 -  大学院生等を対象とした大学教員養成プログラム(プレFD)の動向と東北大学における取組み https://t.co/msa52oXbA2
https://t.co/tiK9dExiBR 「大学評価への計量書誌指標の導入のもたらす社会科学研究への逆機能性に関する研究」
CiNii 論文 -  実践の記述としての「当事者」の概念分析 https://t.co/K2SHUatFtt #CiNii 「社会学的記述」と概念分析の関連が書かれていた
https://t.co/30oZMM0sly 松下良平「エビデンスに基づく教育の逆説—教育の失調から教育学の廃棄へ—」 https://t.co/9XLPvLKkjY 今井康雄「教育にとってエビデンスとは何か—エビデンス批判をこ… https://t.co/HeFg6db08v
https://t.co/30oZMM0sly 松下良平「エビデンスに基づく教育の逆説—教育の失調から教育学の廃棄へ—」 https://t.co/9XLPvLKkjY 今井康雄「教育にとってエビデンスとは何か—エビデンス批判をこ… https://t.co/HeFg6db08v
2019 年度審査結果の所見「戦後日本の教育労働運動の構造とそれが教育政治に与えた影響に関する実証的研究」 https://t.co/8PAjRsqkij
教育史学会の学会誌に昨年秋に掲載された論文がJ-STAGEで公開されました。ご興味ある方はご覧ください。 https://t.co/qHbIaHVjRG
ラーニングピラミッドについて、久々に愉快な記事を見たので、こういう論文を思い出してがら貼っておきます。 https://t.co/rg7VhqxYAX
CiNii 論文 -  工業教育における「ものづくり」の受容過程 https://t.co/pmkMCae4i9 #CiNii 片山先生の論文。バーンスティンで「ものづくり」言説を解読していてめちゃくちゃおもしろい。「修養」や「人間形成」が重視されるようになる経緯。
CiNii 論文 -  総合検査SPIの開発経緯 : 1960年代から1990年代までを対象として https://t.co/iSr9BpPH1z #CiNii
https://t.co/uEL28uw1YW「自己責任論を規定する要因は、高い生活水準と保守イデオ ロギーであるということができる。」 https://t.co/277nRcKhlB 「所得が低いほど、社会保障政策を支持することが示された。」
興味深い研究。面白い>中堅社員の業務環境や振り返りの捉え方が,内省を「問題解決の経緯の想起」にとどめ,内面的特徴を検討する「深い内省」を妨げている恐れがある 廣松ちあき*1・尾澤重知*2「内省支援が必要な中堅社員の内省プロセスの特… https://t.co/OJ7k3zXjQk
山本義隆「カッシーラーと二〇世紀科学史学」みすず no.679 [2019年3月] p.2-14. https://t.co/CynQHyBwJj 読んだ。カッシーラーの著作が、様々な形で20世紀における科学史研究に影響を与えたこ… https://t.co/txg3GAkFFV
拙稿「『教育政治学』の射程――『政治/政治的なるもの』と『教育/教育的なるもの』との区別の導入を通じて」『法政論集』(名古屋大学)第280号、2018年12月、が大学リポジトリで公開されました。こちらからどうぞ →https://t.co/rjWh1HbQd6
https://t.co/evbUTdX9dU 「トランスローカリティの社会学:条件不利地域と地方中枢拠点都市の生活とキャリア」
計量テキスト分析およびKH Coderの利用状況と展望 https://t.co/VvCCYqTiAp KH Coderを使ってどのように研究を進めたらよいかを,興味深い研究事例の紹介を通して解説。
https://t.co/WHYgFkX1tQ 「URAはどこに向うのか : 大学における専門的職員という視座からの検討」
この論文、学生の時に読んでもいまいちピンと来なかったんやけど、今読むと最初から最後までめっちゃ刺さってくる。凄い論文です。 J-STAGE Articles - 行動修正のコンテクスト https://t.co/TRUub4Jy3t
https://t.co/F2LgWRTMSo 「解説:我が国へのURAの導入-その経緯、活動と課題-」
KAKEN — 研究課題をさがす | 社会人大学院修了者はなぜ評価されないのか―院生・大学院教育・労働市場のトリレンマ (KAKENHI-PROJECT-25285239) https://t.co/urkPkNIMKu
https://t.co/Nsc4XBs2og 「大学における新しい専門職のキャリアと働き方 ―聞き取り調査の結果から」『大学評価・学位研究』20
この望月先生のスライドの最後に出てくる「なぜ宣言するのか」については,以下の論文が念頭にあるのだろうと思います。 出口 光 (1987.) 行動修正のコンテクスト. 行動分析学研究. 2, 48-60.… https://t.co/7IgCs6271e
CiNii 論文 -  大学生の看取する「働くことの意味」をめぐる探索的研究 : 大学中退直後のある男性のインタビューを通して (秋元浩一教授 退職記念号) https://t.co/TftbmA9oa9 #CiNii
J-STAGE Articles - 投稿論文の査読をめぐる不満とコンセンサスの不在 https://t.co/oCUdlUhOpB
CiNii 論文 -  東京教師養成塾と「大学における教員養成」 (特集 岐路に立つ戦後教員養成) https://t.co/Oi0pw5OanD #CiNii 研究というよりは運動家による「情勢分析」なんだなあ。
〈研究ノート〉ワークショップにおけるアイスブレイク分類の試み https://t.co/E0kWfiKLXP
https://t.co/xnExKphJUN とても古い国際調査だと(その後、広島大学では大学教授職調査を継続しているけれども)、大学教授職の再生産構造はある程度示されてきました。言うまでもなく、家庭の経済的豊かさに加えて文化的… https://t.co/NGtUNCzIj0
CiNii 論文 - 「生活保護バッシング」のレトリック : 貧困報道にみる〈家族主義を纏った排除〉現象 https://t.co/lZUBX5qzDn
J-STAGE Articles - 学業場面における誘惑対処方略の有効性の検討 https://t.co/gpL97K0elq
MOOCと反転学習を組み合わせて高度な思考力を育成する研究について、論文が掲載されました。 https://t.co/TYPsd0fQdU
「デザイン」という概念で大学・学校の成立・改革過程を見る見方は興味深い。 谷岡, 郁子 1998 CiNii 博士論文 - 近代女子高等教育機関の成立と学校デザイン https://t.co/kfZY7OD2MY
「統計検定を理解せずに使っている人のためにIII」(池田郁男先生/東北大学大学院)https://t.co/2eewrfFSxh
https://t.co/RLtiOWNyx8 基盤研究(B)「戦後教育社会学の学的基盤形成と理論的課題に関する総合的研究」
高橋洋『内閣官房の研究:‐副長官補室による政策の総合調整の実態‐』(年報行政研究 2010(45), 119-138, 2010) https://t.co/sPzzFMm9vz
「社会人大学院修了者はなぜ評価されないのか―院生・大学院教育・労働市場のトリレンマ」 https://t.co/urkPkNIMKu 大学院でのリカレント的な何かがうまくいかないみたいな話し、刊行はいつになるかなあ。
専門的職員の先駆けともいえる図書館職員の育成はどうあるべきを検討。吉武博通(2017).大学組織のマネジメントと人材育成 情報の科学と技術,67(8),400-404.[PDF]https://t.co/LBMcafuTen
拙稿「日本における総合行政の起源」が『法と政治』のリポジトリでダウンロード可能となりました。現在進行中の本の一部となる予定です。ご意見やご批判いただければ、幸いです。https://t.co/NgcfBji20u
私は昔、クロス表だけで投稿論文を書いたことがあり、これが学生の統計的論文の導入には大いに役立っています。 https://t.co/ROSnGucHzj https://t.co/QEKo2Gx7tY
CiNii 論文 -  大学・学部運営への個人貢献度評価についての検討 : 諸委員会委員の職務分析・職務評価を中心として https://t.co/Z4Ox371tjg #CiNii おそろしい論文を見つけたよ!問題意識はわかる、しかし、これでみんなが「幸せ」になれるか。
https://t.co/YksP7qAU1I https://t.co/bu52vLqnBd 大学設置認可行政の特徴へ言及する前に、こういうのを読んでおいたほうがいいと思う。法が弱い(?)からこその「行政指導」みたいな。 #ステマ
(https://t.co/YTtHNmoPGf 基盤B「教育領域における専門業務のアウトソーシングと教育専門職の変容に関する実証的研究」、学会でいろいろな方に仕事を依頼し、そして、仕事を依頼される(今回は2勝2敗だった?)なかで話題になったのってこれかあ)
「いまだ研究もせない前にまずその利益を知ろうとする好奇心ほど有害なるものはない」(西田幾多郎、1916、智山学報、3、11-14)https://t.co/NvBq5PiDNk 西田幾多郎記念館で貰ったカードに書いてあった。
CiNii 論文 -  メリトクラシーの再帰性について--後期近代における「教育と選抜」に関する一考察 https://t.co/G6rBeVCiLy 「運用されるメリトクラシー(とその代理指標)は、抽象的で実は実体がないかもしれない「本当の能力」というものとの関係性をつねに問」
男子は文化資本があっても学校での成功につながりにくいが、女子は文化資本が成績に効く。男子は通塾の方が効果的…。片岡栄美2001教育達成過程における家族の教育戦略 : 文化資本効果と学校外教育投資効果のジェンダー差を中心に https://t.co/9DokTq3B3r #文化資本
重要な論文:綾井桜子2015「『教養』研究の現状と課題—学校化された教養を問うために—」「教養」概念の変容を大学と歴史社会学の文脈でレビュー。教養が「学校知」に縮減された過程を見て、現代の教養教育を省みる視座を得ることが重要と主張。 https://t.co/3cGCFUkN2y
大学職員論の中で感情労働が取り上げられることは少ない。ガバナンス論と併せて検討する必要があるはず。それとも頭脳・肉体労働だけで大学を運営できるのか…。  2008,感情労働が職務満足感・バーンアウトに及ぼす影響についての研究動向 https://t.co/j10DGmn2yA
恋愛関係崩壊後の関係についての個人別態度構造分析 https://t.co/H8YHmXqYFC
設置認可行政の窓口相談もね。法や省令の根拠はない。けど重要。かつてであれば、学校法人関係者が文部省の職員さんに顔を覚えてもらうとか、お茶を出してもらえるようになるとか。窓口相談についてはこちらにさらりと。 https://t.co/O3mxrRn47s
CiNii 論文 -  プロジェクトベースドラーニングにおける自発的行動分析(<特集>大学教育の改善・FD) http://t.co/Nw3v214qnh #CiNii

フォロー(392ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @yokogawa12: J-STAGE Articles - 近代日本における植物図鑑の発達とその背景 https://t.co/HCHqLGpKjk 植物誌や図鑑の歴史って案外研究されてない?マニアックな情報を知ってる人はそれなりにいるんやけどしっかりまとめた人は少…
RT @nakaharajun: リーダーシップ開発の効果を測定する尺度としてご自由にご利用いただけますと幸いです。>大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・中原 淳)https:…
リーダーシップ開発の効果を測定する尺度としてご自由にご利用いただけますと幸いです。>大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・中原 淳)https://t.co/bN7wkWmSRc
CiNii 論文 -  教員文化とその変容 (特集 ゆらぐ教員世界と教職の現在) https://t.co/fq8Tj4dKv0 #CiNii こういうときこそ「教員文化論」を復習しよう。
「リーダーシップ教育」の評価指標にお使いいただけると思います。 大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討 木村 充, 舘野 泰一, 松井 彩子, 中原 淳 https://t.co/bN7wkWmSRc
RT @satoshi_0630: 大学生のリーダーシップ行動に関する尺度がついにリリース!!著者のみなさま、採録おめでとうございます! 大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・…
メモ。佐藤隆春, 大滝ダム試験湛水で発生した地すべりの地質学的背景(<特集>ダム問題を考える), 地学教育と科学運動, 2008, 58.59 巻, p. 85-93 https://t.co/rS9IXsyy4A
RT @satoshi_0630: 大学生のリーダーシップ行動に関する尺度がついにリリース!!著者のみなさま、採録おめでとうございます! 大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・…
RT @satoshi_0630: 大学生のリーダーシップ行動に関する尺度がついにリリース!!著者のみなさま、採録おめでとうございます! 大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・…
RT @zumix30contacts: @simaji02 ツナ缶から失礼します 実はカツオの身に電気を流すと余分な脂が落ち、美味しいカツオ節ができます 論文もあります https://t.co/CN4vs7Gppj https://t.co/Yo76K7rtXk
割と最近の大学生のモラトリアム研究。CiNii 論文 -  大学生活の重点からみた現代青年のモラトリアムの様相:「リスク回避型モラトリアム」の概念提起 https://t.co/vMVlKP92Cg #CiNii
RT @MinatoNakazawa: The Ohsaki Cohort 2006 Studyという大規模なコホート研究があって,そのデータを解析した結果らしい。 https://t.co/OauaD1SYlg
RT @livresque2: @omochiwaoishii 一見「ヒステリー」のみ太字にて強調せられたる風なるも、いま『生殖器の研究と其疾病療法』を国立国会図書館デジタルコレクションに確認するにhttps://t.co/cb51b8z9zX/https://t.co/OnI…
RT @livresque2: @omochiwaoishii 一見「ヒステリー」のみ太字にて強調せられたる風なるも、いま『生殖器の研究と其疾病療法』を国立国会図書館デジタルコレクションに確認するにhttps://t.co/cb51b8z9zX/https://t.co/OnI…
RT @tikutaku: 信玄堤はすごいテクニカルに作られていて、単純に堤防じゃなく、水の流れを考えてつくられている(水の流れをぶつけて威力殺すとか)という話はしっていたんだけど、今調べたら、そんなものじゃなかった 卓上水理模型を用いた信玄堤の流水 コン トロール技術検証の…

フォロワー(3346ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @akamonmr: 『赤門マネジメント・レビュー』新規コンテンツをJ-STAGEにて早期公開いたしました! <経営学輪講>不正行為はなぜ常態化するのか―経営学輪講 Ashforth and Anand (2003), 會澤綾子 https://t.co/4q5uCQO…
J-STAGE Articles - アドルノにおける否定弁証法とミメーシスの問題 https://t.co/pWZiaJyBLI
新田 孝行 J-STAGE Articles - 読解と音楽 : ポール・ド・マンの「盲目性のレトリック」と「汚損されたシェリー」について https://t.co/HuBYCg2TbS
新田 孝行 J-STAGE Articles - ポストモダンのオルフェウス  ステファン・ヘアハイムのオペラ演出について https://t.co/OuMdYsTO3e
J-STAGE Articles - エルネスト・アンセルメの音楽美学における解釈と身体――現象学的身体論としてのアンセルメの音楽美学―― https://t.co/uPn9mHXrYA
J-STAGE Articles - ヘルマン・シェルヘンによるシューベルト解釈 ―─未刊行の原稿「シューベルト・ブック」を手がかりに─― https://t.co/X96nEl4v5Q
赤塚先生! 赤塚 健太郎 J-STAGE Articles - バロック時代のヴァイオリンの運弓法とメヌエットの舞踏リズムの関係について:ゲオルク・ムッファトの証言を手がかりとして https://t.co/6x3q2lKXzF
J-STAGE Articles - 黛敏郎《涅槃交響曲》と《曼荼羅交響曲》の成立過程比較 ――「Campanology資料」の分析を中心に―― https://t.co/7n22xA8uhA
J-STAGE Articles - 近衞直麿・秀麿による《越天楽》の管弦楽編曲と1930~40年代における演奏 https://t.co/zHOXMEVOIC
あとで読もう。 J-STAGE Articles - 現代オペラ演出,あるいはニュー・ミュジコロジーの劇場:ローレンス・クレイマーの音楽解釈学再考 https://t.co/u5KuI0nPJq
RT @yokogawa12: J-STAGE Articles - 近代日本における植物図鑑の発達とその背景 https://t.co/HCHqLGpKjk 植物誌や図鑑の歴史って案外研究されてない?マニアックな情報を知ってる人はそれなりにいるんやけどしっかりまとめた人は少…
RT @yokogawa12: J-STAGE Articles - 近代日本における植物図鑑の発達とその背景 https://t.co/HCHqLGpKjk 植物誌や図鑑の歴史って案外研究されてない?マニアックな情報を知ってる人はそれなりにいるんやけどしっかりまとめた人は少…
RT @hituzinosanpo: “CiNii 論文 -  教育を受ける権利主体としての「国民」の意味--外国人の教育を受ける権利について” https://t.co/dy5wi3HQf2

1 1 1 0 OA 反省と漂泊

RT @katouyujin: 講演内容はまとめないので先程挙げた本を読まれるか発表者の下記論文でも読んでください。https://t.co/AqC3P54qGQ 研究者の概要。 https://t.co/Zuw4JllLOP

1 1 1 0 OA 反省と漂泊

講演内容はまとめないので先程挙げた本を読まれるか発表者の下記論文でも読んでください。https://t.co/AqC3P54qGQ 研究者の概要。 https://t.co/Zuw4JllLOP
RT @nakagawa09: メモ:基盤研究B「ロシア・アヴァンギャルドにおける文化現象としての音」 https://t.co/6jCxJ9CHnc https://t.co/6jCxJ9CHncロシア・アヴァンギャルドにおける文化現象としての音
RT @nakaharajun: リーダーシップ開発の効果を測定する尺度としてご自由にご利用いただけますと幸いです。>大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・中原 淳)https:…
RT @moroshigeki: (19) 師茂樹『論理と歴史―東アジア仏教論理学の形成と展開』(ナカニシヤ出版、2015年) https://t.co/S7UuNq5wYe (20) 師茂樹「お坊さんが伝記を書くということ: 宗教行為としての伝記叙述」(『仏教史学研究』59/…
RT @tomo_int: 倉田悠子作品を含む富士見文庫(富士見美少女文庫)については、『コンテンツ文化史研究Vol.10&11』所収の拙稿「〈富士見文庫〉検証 : ライトノベルとジュブナイルポルノの"源流"をめぐって」に詳しいので、ご興味のある方はご参照頂けましたら~。htt…
“岡本健「資料のえじき ― ゾンビな文献収集」奈良県立大学リポジトリ” https://t.co/eNinPRTLfa
CiNii 論文 -  教員文化とその変容 (特集 ゆらぐ教員世界と教職の現在) https://t.co/fq8Tj4dKv0 #CiNii こういうときこそ「教員文化論」を復習しよう。
RT @nakaharajun: 「リーダーシップ教育」の評価指標にお使いいただけると思います。 大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討 木村 充, 舘野 泰一, 松井 彩子, 中原 淳 https://t.c…
メモ。佐藤隆春, 大滝ダム試験湛水で発生した地すべりの地質学的背景(<特集>ダム問題を考える), 地学教育と科学運動, 2008, 58.59 巻, p. 85-93 https://t.co/rS9IXsyy4A
RT @nya2460: 素粒子の音楽らしい https://t.co/LGKPpnuwXv 宇宙の音:ミューオン検出器を用いた素粒子楽器のアートディレクション
RT @satoshi_0630: 大学生のリーダーシップ行動に関する尺度がついにリリース!!著者のみなさま、採録おめでとうございます! 大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・…
RT @satoshi_0630: 大学生のリーダーシップ行動に関する尺度がついにリリース!!著者のみなさま、採録おめでとうございます! 大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・…
RT @SUAsianHistory: 岡本健「資料のえじき:ゾンビな文献収集」(同『ゾンビ学』(人文書院、2017年)の付録として、株式会社人文書院のウェブページで発表された論考。先行研究や資料のリサーチ方法を解説したもの。) https://t.co/lGlFx60KTS
RT @animemitarou: 卒論やレポートに取り組んでいる学生の皆さん。「背景」の先行研究のまとめの部分、苦労してませんか? 「先行研究探せったって、調べても無いもの!!」という方、以下の「資料のえじき」という文章を読んで、探してみてください。きっといい先行研究、見つ…
RT @santetsuzoku: 利根川増水で威力を発揮した茨城県・千葉県境の田中調節池・稲戸井調節池・菅生調節池に関して、しっかりとした情報がわかりそうな文献を発見。利根川河道沿い三調節池群の洪水調節量の算定 https://t.co/bXRTzGReD6 …
RT @zumix30contacts: @simaji02 ツナ缶から失礼します 実はカツオの身に電気を流すと余分な脂が落ち、美味しいカツオ節ができます 論文もあります https://t.co/CN4vs7Gppj https://t.co/Yo76K7rtXk
RT @animemitarou: 卒論やレポートに取り組んでいる学生の皆さん。「背景」の先行研究のまとめの部分、苦労してませんか? 「先行研究探せったって、調べても無いもの!!」という方、以下の「資料のえじき」という文章を読んで、探してみてください。きっといい先行研究、見つ…
RT @livresque2: @omochiwaoishii 一見「ヒステリー」のみ太字にて強調せられたる風なるも、いま『生殖器の研究と其疾病療法』を国立国会図書館デジタルコレクションに確認するにhttps://t.co/cb51b8z9zX/https://t.co/OnI…
RT @livresque2: @omochiwaoishii 一見「ヒステリー」のみ太字にて強調せられたる風なるも、いま『生殖器の研究と其疾病療法』を国立国会図書館デジタルコレクションに確認するにhttps://t.co/cb51b8z9zX/https://t.co/OnI…
RT @rotemeister: @TksmaU 糸井先生といえば2012年11月に開催された日本ロールシャッハ学会第16回大会シンポジウムでの内容も私には衝撃的でした。ぜひ読ませていただきたいと思います。ご紹介ありがとうございます。 CiNii 論文 -  発達障害特性を持…
RT @TksmaU: これからWAISやWISCに触れられる公認心理師や臨床心理士の先生方に是非とも読んでいただきたい論文記事。 すんごくすんごく大事なことばかり書かれています。知能検査でASDやADHDを診断しちゃうような専門家の方々へも… 糸井岳史先生 臨床に活かすウェ…
RT @tikutaku: 信玄堤はすごいテクニカルに作られていて、単純に堤防じゃなく、水の流れを考えてつくられている(水の流れをぶつけて威力殺すとか)という話はしっていたんだけど、今調べたら、そんなものじゃなかった 卓上水理模型を用いた信玄堤の流水 コン トロール技術検証の…