high190 (@high190)

投稿一覧(最新100件)

「大学職員業務の標準化・効率化を目的とした : プロジェクトマネジメント体系に準拠した業務運営環境の構築」立命館大学大学行政研究・研修センター,大学行政研究10巻,2015-3 / “立命館学術成果リポジトリ”… https://t.co/yLIpa355s0
大森不二雄 / “CiNii 論文 -  学習成果に基づく学位課程のシステム的統合モデル--学士課程教育の構築と大学院教育の実質化の本質 (特集 FDの新しい動向)” https://t.co/BesFBa8xbh #高等教育研究 #質保証 #ID
RT @ikthr: 小林信一2019「高等教育政策の研究」『教育社会学研究』104を年を跨いで読んだ。"研究者の政策貢献は、常に反省的でなければならない。"こちらも高等教育研究の学徒必読。大学職員は研究が生業でないので、バイアスを排した政策形成に寄り添わない研究を自由にしやす…
"複数教科指導という独自性を持つ小学校教員養成を取り上げ、現行の養成教育や教員研修システムが持つ「得意教科主義」を、高等教育論の視点から批判的に考察することを目的" / “CiNii 論文 -  大学の教育組織が教員養成に及ぼす影… https://t.co/OOm7fhHm3r
RT @Y3suburb: CiNii 論文 -  大学の教育組織が教員養成に及ぼす影響と課題 : 小学校教員の複数教科指導に着目して https://t.co/D6ayMTEgMv
“インストラクショナルデザイン ―学びの「効果・効率・魅力」の向上を目指した技法―” https://t.co/BXQyODZhDk #ID #高等教育研究
“インストラクショナルデザイン研究の今後に寄せて” https://t.co/ZN21XYX8iK #IR #高等教育研究
“CiNii 論文 -  文系学部卒男性がもたらす若年層の権威主義化” https://t.co/CGJDQpDLBm #教育社会学 #高等教育研究 #社会階層
@arisawafoxhound @yasusensho 佐藤禎一さんはGRIPSで博士号を取られてますよ。論文博士ですけど。 https://t.co/5Sg9eaG3Ns
"現在は,高等教育進学率の地域間格差の是正を意図するような政策が再び必要となる状況へと変化しつつあることが示唆" / “高等教育進学率における地域間格差の再検証” https://t.co/LvXC9RfPWD #高等教育研究 #教育社会学 #社会階層
“新制大学の質保証制度の成立過程 : CI&Eによる大学行政権の地方委譲構想に焦点をあてて(【一般A-2】教育史(2),一般研究発表【A】,発表要旨)” https://t.co/Jv2vXnBfGc #質保証 #大学設置認可制度
“サービス・ラーニングと社会変容の ための評価枠組みの構築” https://t.co/2MOlkojfIU #サービスラーニング
@K0Ei なので、最近「教育政策の借用理論」に関心があります。 https://t.co/BqiNpalpv0 https://t.co/0pPY3q5Q8Y
マージンソン・サイモン(翻訳:米澤彰純)「高等教育の新しい地政学 ワールドクラス大学セクターにおけるグローバルな協力・国家間競争と社会的不平等」 / “東北大学機関リポジトリTOUR” https://t.co/f1bSGgde8J #高等教育研究 #高等教育政策
“国立大学を学校法人化した場合の財源不足額の試算” https://t.co/GmO8O4Wg23 #国立大学法人 #学校法人 #財政 #高等教育研究
RT @HashimotoTomoya: 林隆之(2018).内部質保証システムの概念と要素:先行研究のレビューと「教育の内部質保証ガイドラインの定位」 大学評価・学位研究,19,1-22.[PDF]https://t.co/DALeMZStTR(@daigaku23さんのブロ…
「国立国会図書館 調査と情報―ISSUE BRIEF―大学入試改革の動向」No.1073(2019.11.28) / “https://t.co/AhFeEaiuoM” https://t.co/qgQDbD9Ddc #高大接続 #入試
“Charles W. EliotとAbraham Flexnerのカレッジ・大学論 : 「何のための質保証か」を考えるために(【テーマB-4】高等教育改革と質保証,テーマ型研究発表【B】,発表要旨)” https://t.co/Syet5BBhb1 #高等教育研究 #質保証
RT @Y3suburb: CiNii 論文 -  ポスト・ボイヤーのスカラーシップ論 https://t.co/rFpDimWYcD
(承前)塩野宏「日本の行政過程の特色--大学設置認可過程(平成24年)を素材として」https://t.co/JLsW2EHz6l
(参考情報1)花田(2016)「国際教育政策の借用メカニズムに関する一考察 ─カナダ国際教育戦略を事例に─」https://t.co/0pPY3qnrxy
長崎短期大学、後で読む「2040年に向けた高等教育のグランドデザイン(答申)」と地方の短期大学 / “リポジトリ - 長崎短期大学学術機関リポジトリ” https://t.co/MCXKCN2sty #高等教育研究
RT @yishii_0207: 科学技術への市民の関与 : 市民参加・市民科学の可能性 https://t.co/SBRlZ0tK97
RT @yishii_0207: 米国におけるオープンアクセスと研究データ管理 https://t.co/LQxDbmYd9H
田中孝男「自治体における法務研修と立法支援」名古屋大學法政論集252巻,2013 / “検索 - 名古屋大学学術機関リポジトリ” https://t.co/6uDFdOlgee #法制執務
RT @massa_kim: というわけで、自分の迷いとともに、学生相談のこれまでを振り返っています。こちらの文献も修論書くときからお世話になってます。 CiNii 論文 -  高等教育論から見た学生相談 https://t.co/v57pCWoWi1 #CiNii
“CiNii 博士論文 - 近代日本高等教育体制の黎明 : 交錯する地域と国と宣教界” https://t.co/mddFv2e5w9 #高等教育研究 #博士論文 #歴史
“CiNii 博士論文 - 米国高等教育における学習成果アセスメント : 背景・論理・政治プロセス” https://t.co/Y4pGXgHkZp #高等教育研究 #政策形成過程 #博士論文 #学習成果
“CiNii 博士論文 - 中国における大学立地の進展と周辺地域の変容” https://t.co/mmIPUZqtcc #高等教育研究 #博士論文 #都市計画
“CiNii 博士論文 - Do English-medium programs make Japanese universities and key stakeholders international? : examining… https://t.co/1TLSLv9YZa
“CiNii 博士論文 - Empirical Analysis of Educational Outcomes Emphasizing the Role of Higher Education”… https://t.co/jGNuqvLUfs
“CiNii 博士論文 - 高等教育機関で活用できるeラーニング普及推進モデルの構築に関わる実践研究” https://t.co/8XgNg0kEwg #高等教育研究 #博士論文 #ID
“CiNii 博士論文 - 高学歴社会の教育効果に関する実証研究 : 高等教育の効果と学歴ミスマッチの影響” https://t.co/mAluQnpLSd #高等教育研究 #博士論文 #レリバンス #トランジション
“CiNii 博士論文 - 高等教育におけるチュートリアルの伝播と変容 : イギリスからオーストラリアへ” https://t.co/qRQmZv6Q8f #高等教育研究 #博士論文
“CiNii 博士論文 - 現代オーストラリアの高等教育システム改革 : ドーキンズ改革による全国一元制への移行を中心に” https://t.co/9knBQidBo9 #高等教育研究 #質保証システム #博士論文
“CiNii 博士論文 - マレーシアにおける留学生の教育から職業・移民への移行 ――国境を越える高等教育の役割の再検討――” https://t.co/OkTC83nFaU #高等教育研究 #博士論文 #トランジション
“CiNii 博士論文 - アメリカ高等教育におけるラーニング・コミュニティ : 思想史的研究(本文)” https://t.co/Z5vJwf68a3 #高等教育研究 #博士論文 #SoTL
“CiNii 博士論文 - 日本の高等教育における学生参画型支援プログラムの「質保証」体制構築に関する実践的研究 -学習支援の取組みに焦点を当てて-” https://t.co/g3Sfj504xo #高等教育研究 #教職学協働 #質保証 #博士論文
“CiNii 博士論文 - 「大綱化」前後における大学設置認可過程の実証的研究 : 私立大学学部設置のケーススタディを中心に” https://t.co/NK4pLNWhN2 #大学設置認可制度 #博士論文
"業務の効率化を目指して導入されたPDCAの発想がその本来の意図とは正反対の極端な非効率と不経済をもたらす可能性" / “CiNii 論文 -  大学教育の「PDCA化」をめぐる創造的誤解と破滅的誤解(第2部)”… https://t.co/M8UHYlAoKC
「価値観を備えない有能な人間を育てるのが大学教育の目的と誤解されないか。それが本当に再構築の名に値するのか。」 https://t.co/X3zzQtVnhw
RT @Y3suburb: KAKEN — 研究課題をさがす | 高等教育「後背地」理論モデル構築への挑戦的研究:オルタナティブな理論を目指して (KAKENHI-PROJECT-19K21742) https://t.co/LI0H2JZ3gX
深堀 聡子 九州大学, 教育改革推進本部, 教授 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 学修成果アセスメント・ツールの活用を通した学習システム・パラダイムへの転換 (KAKENHI-PROJECT-18H01033)”… https://t.co/31UtbT7bmp
安部 有紀子 (小貫) 大阪大学, 全学教育推進機構, 准教授 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 日本の高等教育における学寮の教育的展開と質保証を基盤としたプログラム開発 (KAKENHI-PROJECT-19H0168… https://t.co/RScZG7Aaxi
鳥居 朋子 立命館大学, 教育開発推進機構, 教授 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 大学の質保証を支える教育プログラムの評価と改善の好循環システムに関する研究 (KAKENHI-PROJECT-19H01693)”… https://t.co/O867pLDxst
林 隆之 政策研究大学院大学, 政策研究科, 教授 (30342629) ” / “KAKEN — 研究課題をさがす | 研究力が低成長・縮小する時代における科学技術政策の在り方の実証的分析 (KAKENHI-PROJECT-19… https://t.co/G6xArzNDC5
関沢 和泉 東日本国際大学, 総合企画部, 准教授 / “KAKEN — 研究課題をさがす | イタリアにおける高等教育のガバナンス改革――日本での改革との対比で躓きの石を探る (KAKENHI-PROJECT-19K02869… https://t.co/UcZWAaCTtC
杉原 真晃 聖心女子大学, 現代教養学部, 准教授 / “KAKEN — 研究課題をさがす | サービス・ラーニングを通した教授・学習理論と実質的な教養教育カリキュラムの構築 (KAKENHI-PROJECT-19K02870)”… https://t.co/tbZuYSyzyi
橋本 智也 四天王寺大学, 教育学部, 講師 / “KAKEN — 研究課題をさがす | IRの専門性活用と大学の文脈の相互構造に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-19K02874)”… https://t.co/8iPDvs75sW
堀井 祐介 金沢大学, 高等教育開発・支援系, 教授 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 英国大学評価における<学生エンゲージメント>の実証的研究 (KAKENHI-PROJECT-19K02884)”… https://t.co/kBuqbmm5M1
阿曽沼 明裕 名古屋大学, 教育発達科学研究科, 教授 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 研究大学の構造と存立基盤に関する日米比較 (KAKENHI-PROJECT-19K02885)” https://t.co/xMJECYOj47 #KAKEN #高等教育研究
八神 寿徳 三重大学, 地域イノベーション推進機構, 助教 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 戦略的な商標出願と契約形態を軸にした大学ブランド商品の展開を支援する手法の開発 (KAKENHI-PROJECT-19K028… https://t.co/xKV0Iknm6N
齊藤 貴浩 大阪大学, 経営企画オフィス, 教授 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 社会の要請に応える高等教育改革成果のエビデンスの生成 (KAKENHI-PROJECT-19K02888)”… https://t.co/41SRuoDyUg
吉田 香奈 広島大学, 教育本部, 准教授 / “KAKEN — 研究課題をさがす | アメリカ合衆国における公立大学の授業料無償化政策に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-19K02889)”… https://t.co/8OTB2L8Eww
加藤 かおり 国立教育政策研究所, 生涯学習政策研究部, 総括研究官 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 「教育構成の整合」理論とその実効化を促進する大学教育開発の研究 (KAKENHI-PROJECT-19K02901… https://t.co/eqok7cPVY8
岡崎 玲子 福井大学, 保健管理センター, 講師 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 縦断的アンケート調査を用いた外国人留学生の適応予測指標の探索 (KAKENHI-PROJECT-19K14257)”… https://t.co/pKOtmcVwCJ
日本人の非伝統的海外留学の拡大とそのメカニズム解明 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 日本人の非伝統的海外留学の拡大とそのメカニズム解明 (KAKENHI-PROJECT-19K14258)” https://t.co/wNAtrAsEnT #KAKEN #高等教育研究
石倉 佑季子 大阪大学, 高等教育・入試研究開発センター, 特任講師(常勤) / “KAKEN — 研究課題をさがす | 非英語圏における学部英語コースの進展に関する国際比較研究 (KAKENHI-PROJECT-19K1425… https://t.co/xlmtfDETWL
メイソン シャネン 長崎大学, 教育学部, 助教 (90756181) / “KAKEN — 研究課題をさがす | A study of the use of Academic Social Networks by resear… https://t.co/xsxEIFkaqv
斎藤 有吾 新潟大学, 経営戦略本部, 准教授 (50781423) / “KAKEN — 研究課題をさがす | カリキュラム・マップを基盤とした学習成果の可視化方法の提案とその検討 (KAKENHI-PROJECT-19K142… https://t.co/uYjGizoDuh
中島 剛 大阪大学, 主任 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 国立大学における運営費交付金と寄附金の実証分析 ―クラウディング・インの検証― (KAKENHI-PROJECT-19H00024)”… https://t.co/mT1o6072WD
福益 孝行 奈良県立医科大学, 大学職員 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 医科大学が地域医療にもたらす影響の地域比較研究 (KAKENHI-PROJECT-19H00026)” https://t.co/owcgTaVeJR #KAKEN #大学職員 #医学部
一ノ瀬 大一 九州産業大学, 大学職員 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 突発的中退者に対する職員の効果的アプローチに関する研究-消極的中退者に着目して- (KAKENHI-PROJECT-19H00039)”… https://t.co/TrUEkDhI0d
木元 麻里 文部科学省, 調査官 / “KAKEN — 研究課題をさがす | フランス高等教育における日本語教育の現在及び日本思想研究への進学者に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-19H00046)” https://t.co/5oTs0gGaPZ #KAKEN
内橋 一恵 神戸常盤大学, 大学事務職員 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 外国につながる児童への対応力を持った新しい教育人材育成のためのカリキュラム開発 (KAKENHI-PROJECT-19H00059)”… https://t.co/6Icj137Yge
南澤 武蔵 東京大学, 教諭 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 大学の教育研究資源を用いた高校世界史の教材開発 (KAKENHI-PROJECT-19H00065)” https://t.co/70ewCyXQoy #KAKEN #高大接続
鬼塚 淳子 中村学園大学, 学生相談室常勤カウンセラー / “KAKEN — 研究課題をさがす | 配慮を要する学生を対象とした産学福連携就労支援クラス創出の試み (KAKENHI-PROJECT-19H00142)”… https://t.co/6qoy0Q0Ebc
砂田 寛雅 愛媛大学, 副課長 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 理論と実践を融合するカリキュラムにおける学生の学習の変化 (KAKENHI-PROJECT-19H00160)”… https://t.co/omhodjvI9A
丸山 浩平 信州大学, 技術職員(特定雇用) / “KAKEN — 研究課題をさがす | 学習者の主体的な学びを支援する声かけを行う学習支援エージェントの開発 (KAKENHI-PROJECT-19H00181)”… https://t.co/m9D2ExOvVP
村上 郁磨 久留米大学, 事務職員(係長職) / “KAKEN — 研究課題をさがす | 大学事務女性職員のメンタルヘルスとモチベーション向上のための午睡・運動比較研究 (KAKENHI-PROJECT-19H00469)”… https://t.co/xU6RYo40cV
“CiNii 博士論文 - 工学系大学発ベンチャーを中心とする産学官連携コミュニケーションの研究” https://t.co/IM1BmA2Uev #博士論文 #産学官連携
“KAKEN — 研究課題をさがす | 外国学歴・資格認証における国際同等性の比較研究 (KAKENHI-PROJECT-16H03784)” https://t.co/ZJ5iW8QG3Q #KAKEN #NQF
“KAKEN — 研究課題をさがす | 知識外交における外国分校の機能に関する実証的研究 (KAKENHI-PROJECT-16K17426)” https://t.co/pNbZDmyQvH #KAKEN #高等教育研究
RT @hatano1113: 山形大学のデータで、論文数に対して性別や家庭状況は有意でなく、出張日数が有意に正で出張支援が重要と。が、生産性の高い人は論文も出張も多いだけか。または論文が多いと報告を頼まれやすいか。坂無淳(2014)「大学教員の研究業績に対する性別の影響」『社…
“KAKEN — 研究課題をさがす | 日本のディスタンクシオンと社会構成意識 ー新しい文化資本と実践・意識の多元性 (KAKENHI-PROJECT-17H02597)” https://t.co/kfZDoH9LiT #KAKEN #教育社会学 #ブルデュー
"共通教育マネジメントにおける実施運営体制・組織文化の役割" / “WEKO - 東北大学機関リポジトリTOUR” https://t.co/PqqbJ5OFZz #高等教育研究 #教養教育
国立国会図書館「データで見る議会-欧米主要国の議会と我が国の国会-」調査と情報-ISSUE BRIEF-No.1065(2019.8.1) / “https://t.co/py6KPRGKc5” https://t.co/LVdLb2KZFF #政治 #統計
RT @oshio_at: 何年か前にこの論文で「自尊感情の低下が社会的弱者の排除や政治的保守化,周辺諸国との対立などに結びつくことを示唆する」と書いたのですがどんどん実現されつつある印象 J-STAGE Articles - 日本における自尊感情の時間横断的メタ分析 htt…
RT @mikakoiwatake: とても良い博士論文。 「PTA親会員の不満とその要因構造に関する研究」(放送大学) 歴史的考察、社会学の計量的アプローチ、二次分析、インター ネット調査等から、PTAを多面的に論じている。 https://t.co/5IYaLM8P6Q
“KAKEN — 研究課題をさがす | 同僚制原理に基づく大学教育の質保証とアカデミック・リーダー育成に関する比較研究 (KAKENHI-PROJECT-19K02856)” https://t.co/Sffqq20o74 #KAKEN #高等教育研究 #質保証 #SD
田中信一郎"質問主意書の答弁書作成過程" https://t.co/wYNHtZMOad
田中信一郎さんの博士論文"国会における質問制度の意義 : 質問主意書と口頭質問に対する制度・運用・政策過程からの検証" https://t.co/FgAwAPpvPr
“ 定期的な人事異動が大学職員の職務遂行向上に与える効果―人事異動を通じて得られる「成長経験」とそこからの「学び」に着目して― ” / “桜美林大学学術機関リポジトリ” https://t.co/si2zcBaaPR #大学職員 #人事
“ イギリスの部課長職の業務領域及び役割分担の変化と今後の日本の大学職員の職員像について ” / “桜美林大学学術機関リポジトリ” https://t.co/70UyDzLBcc #大学職員 #マネジメント
“ 大学職員経験を有する大学教員(ハイブリッド型マネジメント人材)のライフコースとその特性 ” / “桜美林大学学術機関リポジトリ” https://t.co/tLYFwSlDbj #大学職員 #教員
“ 大学職員の能力開発における大学院教育の位置づけ : -大学人事部への調査からの考察- ” / “桜美林大学学術機関リポジトリ” https://t.co/kqw7P8tn9W #大学職員 #大学院
“ 桜美林大学大学院大学アドミニストレーション研究科の10年の歩み : 黎明期からカリキュラム(授業科目)の変遷を含めて ” / “桜美林大学学術機関リポジトリ” https://t.co/NDWHGnvUrM #大学職員 #大学院
"(評者)東北大学羽田貴史 有本章[著]『大学教育再生とは何か 大学教授職の日米比較』" / “https://t.co/UqzwfCruKn” https://t.co/GzZGbSEXn0 #高等教育研究 #書評
“KAKEN — 研究課題をさがす | 大学職員の経営企画能力養成に関する社会人大学院での学び-人事部への調査から- (KAKENHI-PROJECT-25907043)” https://t.co/6vJU889qoC #KAKEN #大学職員 #大学院
原圭寛「1860-70年代アメリカの研究大学における学士課程の編成―ジョンズ・ホプキンス大学及びコーネル大学におけるグループ・システムの導入とその背景―」日本の教育史学61巻 (2018) / “1860-70年代アメリカの研究大… https://t.co/3VOPEWDOIK
RT @yoshi_h19870507: 教育史学会の学会誌に昨年秋に掲載された論文がJ-STAGEで公開されました。ご興味ある方はご覧ください。 https://t.co/qHbIaHVjRG
"階層的地位の影響の仕方が父親と母親で異なること,可処分時間に限界がある以上,学習時間を「努力」の指標とみる見方に限界があることが示唆" / “中学生の生活時間と社会階層” https://t.co/quwC6OOkOG #教育社会学 #学習 #社会階層
“戦後日本の「内閣官僚」の形成” https://t.co/pjMAUsZxxB #行政学 #官僚 #行政研究
“「官房」の理論とその論理構造” https://t.co/hZMezt1mSo #行政学 #官僚 #行政研究
RT @skrnmr: CiNii 論文 -  工業教育における「ものづくり」の受容過程 https://t.co/pmkMCae4i9 #CiNii 片山先生の論文。バーンスティンで「ものづくり」言説を解読していてめちゃくちゃおもしろい。「修養」や「人間形成」が重視されるよう…
鳥居朋子「大学の教育改善に向けたプログラム・レビュー アメリカの経験に基づいて」高等教育研究17巻(2014) / “大学の教育改善に向けたプログラム・レビュー” https://t.co/mvNuIBLkPk #高等教育研究 #内部質保証
末冨芳「東京都所在大学の立地と学部学生数の変動分析−東京都所在大学の立地と学部学生数の変動分析」高等教育研究11巻(2008) / “東京都所在大学の立地と学部学生数の変動分析” https://t.co/3ObhDmOJSz #高等教育研究 #高等教育政策
鳥居朋子, 夏目達也, 近田政博, 中井俊樹「大学におけるカリキュラム開発のプロセスに関する考察 Diamond のモデルとその適用事例を中心に」高等教育研究10巻(2007) / “大学におけるカリキュラム開発のプロセスに関する… https://t.co/3Bs1MnjgTl
中島英博「大学における職員の管理運営能力獲得プロセスと業務を通じた育成」高等教育研究14巻(2011) / “大学における職員の管理運営能力獲得プロセスと業務を通じた育成” https://t.co/e4Gs7B2hOX #大学職員 #高等教育研究 #SD
“組織としての高等教育学会” https://t.co/EwrGEomb09 #高等教育研究

お気に入り一覧(最新100件)

藤原将人(2017).戦後「適格認定」制度の実施と私立大学:大学基準協会「会員資格審査」をめぐる関西四大学の活動過程 高等教育研究,20,219-238.(CiNii Articles「大学基準協会」で知る)[PDF]https://t.co/IG4SjkRmJa
大学改革支援・学位授与機構学術機関リポジトリ 「早期公開日:平成30年10月29日 大学における新しい専門職のキャリアと働き方―聞き取り調査の結果から」 https://t.co/hJkGvFJq2R
小林信一2019「高等教育政策の研究」『教育社会学研究』104を年を跨いで読んだ。"研究者の政策貢献は、常に反省的でなければならない。"こちらも高等教育研究の学徒必読。大学職員は研究が生業でないので、バイアスを排した政策形成に寄り… https://t.co/QbknSblM1D
CiNii 論文 -  大学の教育組織が教員養成に及ぼす影響と課題 : 小学校教員の複数教科指導に着目して https://t.co/D6ayMTEgMv
@arisawafoxhound @yasusensho 佐藤禎一さんはGRIPSで博士号を取られてますよ。論文博士ですけど。 https://t.co/5Sg9eaG3Ns
林隆之(2018).内部質保証システムの概念と要素:先行研究のレビューと「教育の内部質保証ガイドラインの定位」 大学評価・学位研究,19,1-22.[PDF]https://t.co/DALeMZStTR(@daigaku23さんのブログ記事で知る)
CiNii 論文 -  ポスト・ボイヤーのスカラーシップ論 https://t.co/rFpDimWYcD
米国におけるオープンアクセスと研究データ管理 https://t.co/LQxDbmYd9H
科学技術への市民の関与 : 市民参加・市民科学の可能性 https://t.co/SBRlZ0tK97
教育財政と「エビデンスに基づいた政策」 https://t.co/XQc3LLcbAI
教育支出における生産性と効率性──セミパラメトリック確率的フロンティアモデルによる計量的実証── https://t.co/k0T4fnQnSH
というわけで、自分の迷いとともに、学生相談のこれまでを振り返っています。こちらの文献も修論書くときからお世話になってます。 CiNii 論文 -  高等教育論から見た学生相談 https://t.co/v57pCWoWi1 #CiNii
金沢大学における携帯型パソコン必携化に関する 12 年間の取組 - https://t.co/DeDAU7MlIa #ScholarAlerts
大学の情報発信を強化する動画番組のライフサイクルについての考察 - https://t.co/LpxF8zWp9y #ScholarAlerts
KAKEN — 研究課題をさがす | 高等教育「後背地」理論モデル構築への挑戦的研究:オルタナティブな理論を目指して (KAKENHI-PROJECT-19K21742) https://t.co/LI0H2JZ3gX
KAKEN — 研究課題をさがす | CIE文書に基づく占領下の教師教育・教員免許制度改革に関する実証的研究 (KAKENHI-PROJECT-20530742) https://t.co/ViT6gEzeHU
CiNii 論文 -  1990年代以降における大学立地の変化:大学再編に関する空間的研究のための予備的考察 https://t.co/zidQXKyl52
CiNii 論文 -  大学院生等を対象とした大学教員養成プログラム(プレFD)の動向と東北大学における取組み https://t.co/msa52oXbA2
https://t.co/tiK9dExiBR 「大学評価への計量書誌指標の導入のもたらす社会科学研究への逆機能性に関する研究」
CiNii 論文 -  実践の記述としての「当事者」の概念分析 https://t.co/K2SHUatFtt #CiNii 「社会学的記述」と概念分析の関連が書かれていた
https://t.co/30oZMM0sly 松下良平「エビデンスに基づく教育の逆説—教育の失調から教育学の廃棄へ—」 https://t.co/9XLPvLKkjY 今井康雄「教育にとってエビデンスとは何か—エビデンス批判をこ… https://t.co/HeFg6db08v
https://t.co/30oZMM0sly 松下良平「エビデンスに基づく教育の逆説—教育の失調から教育学の廃棄へ—」 https://t.co/9XLPvLKkjY 今井康雄「教育にとってエビデンスとは何か—エビデンス批判をこ… https://t.co/HeFg6db08v
2019 年度審査結果の所見「戦後日本の教育労働運動の構造とそれが教育政治に与えた影響に関する実証的研究」 https://t.co/8PAjRsqkij
教育史学会の学会誌に昨年秋に掲載された論文がJ-STAGEで公開されました。ご興味ある方はご覧ください。 https://t.co/qHbIaHVjRG
ラーニングピラミッドについて、久々に愉快な記事を見たので、こういう論文を思い出してがら貼っておきます。 https://t.co/rg7VhqxYAX
CiNii 論文 -  工業教育における「ものづくり」の受容過程 https://t.co/pmkMCae4i9 #CiNii 片山先生の論文。バーンスティンで「ものづくり」言説を解読していてめちゃくちゃおもしろい。「修養」や「人間形成」が重視されるようになる経緯。
CiNii 論文 -  大学設置基準の大綱化と大学の変貌(I 論説<規制緩和と大学の将来>) https://t.co/nSKEll1JrO
CiNii 論文 -  総合検査SPIの開発経緯 : 1960年代から1990年代までを対象として https://t.co/iSr9BpPH1z #CiNii
https://t.co/uEL28uw1YW「自己責任論を規定する要因は、高い生活水準と保守イデオ ロギーであるということができる。」 https://t.co/277nRcKhlB 「所得が低いほど、社会保障政策を支持することが示された。」
興味深い研究。面白い>中堅社員の業務環境や振り返りの捉え方が,内省を「問題解決の経緯の想起」にとどめ,内面的特徴を検討する「深い内省」を妨げている恐れがある 廣松ちあき*1・尾澤重知*2「内省支援が必要な中堅社員の内省プロセスの特… https://t.co/OJ7k3zXjQk
山本義隆「カッシーラーと二〇世紀科学史学」みすず no.679 [2019年3月] p.2-14. https://t.co/CynQHyBwJj 読んだ。カッシーラーの著作が、様々な形で20世紀における科学史研究に影響を与えたこ… https://t.co/txg3GAkFFV
拙稿「『教育政治学』の射程――『政治/政治的なるもの』と『教育/教育的なるもの』との区別の導入を通じて」『法政論集』(名古屋大学)第280号、2018年12月、が大学リポジトリで公開されました。こちらからどうぞ →https://t.co/rjWh1HbQd6
https://t.co/evbUTdX9dU 「トランスローカリティの社会学:条件不利地域と地方中枢拠点都市の生活とキャリア」
計量テキスト分析およびKH Coderの利用状況と展望 https://t.co/VvCCYqTiAp KH Coderを使ってどのように研究を進めたらよいかを,興味深い研究事例の紹介を通して解説。
https://t.co/WHYgFkX1tQ 「URAはどこに向うのか : 大学における専門的職員という視座からの検討」
この論文、学生の時に読んでもいまいちピンと来なかったんやけど、今読むと最初から最後までめっちゃ刺さってくる。凄い論文です。 J-STAGE Articles - 行動修正のコンテクスト https://t.co/TRUub4Jy3t
https://t.co/o0PMVvJGVW / “高等教育機関に関する公表情報について Information provision of higher education institutions 井田 正明 Masaaki…” https://t.co/qo9oSPz9Di
https://t.co/F2LgWRTMSo 「解説:我が国へのURAの導入-その経緯、活動と課題-」
KAKEN — 研究課題をさがす | 社会人大学院修了者はなぜ評価されないのか―院生・大学院教育・労働市場のトリレンマ (KAKENHI-PROJECT-25285239) https://t.co/urkPkNIMKu
https://t.co/Nsc4XBs2og 「大学における新しい専門職のキャリアと働き方 ―聞き取り調査の結果から」『大学評価・学位研究』20
この望月先生のスライドの最後に出てくる「なぜ宣言するのか」については,以下の論文が念頭にあるのだろうと思います。 出口 光 (1987.) 行動修正のコンテクスト. 行動分析学研究. 2, 48-60.… https://t.co/7IgCs6271e
学修到達度可視化システムの開発に関する基礎調査―学生及び教員を対象としたアンケート調査を通して― / “宇都宮大学教育学部教育実践紀要 第5号 別刷 2 0 1 8 年 8 月 3 日 丸山 剛史・橋本  啓・石井 和也・桑島英…” https://t.co/O5EfRxLZFQ
CiNii 論文 -  大学生の看取する「働くことの意味」をめぐる探索的研究 : 大学中退直後のある男性のインタビューを通して (秋元浩一教授 退職記念号) https://t.co/TftbmA9oa9 #CiNii
J-STAGE Articles - 投稿論文の査読をめぐる不満とコンセンサスの不在 https://t.co/oCUdlUhOpB
宮本淳ほか(2018)教職員協働による教学に関するIR(Institutional Research)勉強会 高等教育ジャーナル:高等教育と生涯学習,25,49-54."勉強会において議論した5つのテーマ"の掲載あり。[PDF]… https://t.co/psNqCiXCFa
CiNii 論文 -  東京教師養成塾と「大学における教員養成」 (特集 岐路に立つ戦後教員養成) https://t.co/Oi0pw5OanD #CiNii 研究というよりは運動家による「情勢分析」なんだなあ。
〈研究ノート〉ワークショップにおけるアイスブレイク分類の試み https://t.co/E0kWfiKLXP
https://t.co/xnExKphJUN とても古い国際調査だと(その後、広島大学では大学教授職調査を継続しているけれども)、大学教授職の再生産構造はある程度示されてきました。言うまでもなく、家庭の経済的豊かさに加えて文化的… https://t.co/NGtUNCzIj0
CiNii 論文 - 「生活保護バッシング」のレトリック : 貧困報道にみる〈家族主義を纏った排除〉現象 https://t.co/lZUBX5qzDn
J-STAGE Articles - 学業場面における誘惑対処方略の有効性の検討 https://t.co/gpL97K0elq
MOOCと反転学習を組み合わせて高度な思考力を育成する研究について、論文が掲載されました。 https://t.co/TYPsd0fQdU
「デザイン」という概念で大学・学校の成立・改革過程を見る見方は興味深い。 谷岡, 郁子 1998 CiNii 博士論文 - 近代女子高等教育機関の成立と学校デザイン https://t.co/kfZY7OD2MY
データサイエンス概観-教育を中心にして- https://t.co/jtOP6Edle0
「統計検定を理解せずに使っている人のためにIII」(池田郁男先生/東北大学大学院)https://t.co/2eewrfFSxh
データサイエンス・オンライン講座の実績 (特集 社会人の統計教育 : 現状と課題) https://t.co/WOXizIwkmU
https://t.co/RLtiOWNyx8 基盤研究(B)「戦後教育社会学の学的基盤形成と理論的課題に関する総合的研究」
高橋洋『内閣官房の研究:‐副長官補室による政策の総合調整の実態‐』(年報行政研究 2010(45), 119-138, 2010) https://t.co/sPzzFMm9vz
「社会人大学院修了者はなぜ評価されないのか―院生・大学院教育・労働市場のトリレンマ」 https://t.co/urkPkNIMKu 大学院でのリカレント的な何かがうまくいかないみたいな話し、刊行はいつになるかなあ。
専門的職員の先駆けともいえる図書館職員の育成はどうあるべきを検討。吉武博通(2017).大学組織のマネジメントと人材育成 情報の科学と技術,67(8),400-404.[PDF]https://t.co/LBMcafuTen
拙稿「日本における総合行政の起源」が『法と政治』のリポジトリでダウンロード可能となりました。現在進行中の本の一部となる予定です。ご意見やご批判いただければ、幸いです。https://t.co/NgcfBji20u
私は昔、クロス表だけで投稿論文を書いたことがあり、これが学生の統計的論文の導入には大いに役立っています。 https://t.co/ROSnGucHzj https://t.co/QEKo2Gx7tY
CiNii 論文 -  大学・学部運営への個人貢献度評価についての検討 : 諸委員会委員の職務分析・職務評価を中心として https://t.co/Z4Ox371tjg #CiNii おそろしい論文を見つけたよ!問題意識はわかる、しかし、これでみんなが「幸せ」になれるか。
https://t.co/YksP7qAU1I https://t.co/bu52vLqnBd 大学設置認可行政の特徴へ言及する前に、こういうのを読んでおいたほうがいいと思う。法が弱い(?)からこその「行政指導」みたいな。 #ステマ
(https://t.co/YTtHNmoPGf 基盤B「教育領域における専門業務のアウトソーシングと教育専門職の変容に関する実証的研究」、学会でいろいろな方に仕事を依頼し、そして、仕事を依頼される(今回は2勝2敗だった?)なかで話題になったのってこれかあ)
「人文社会科学系の研究分野に応じた研究機関の客観的な研究力・研究業績評価指標の策定」<https://t.co/mZa7tKmV5S>
「いまだ研究もせない前にまずその利益を知ろうとする好奇心ほど有害なるものはない」(西田幾多郎、1916、智山学報、3、11-14)https://t.co/NvBq5PiDNk 西田幾多郎記念館で貰ったカードに書いてあった。
CiNii 論文 -  メリトクラシーの再帰性について--後期近代における「教育と選抜」に関する一考察 https://t.co/G6rBeVCiLy 「運用されるメリトクラシー(とその代理指標)は、抽象的で実は実体がないかもしれない「本当の能力」というものとの関係性をつねに問」
男子は文化資本があっても学校での成功につながりにくいが、女子は文化資本が成績に効く。男子は通塾の方が効果的…。片岡栄美2001教育達成過程における家族の教育戦略 : 文化資本効果と学校外教育投資効果のジェンダー差を中心に https://t.co/9DokTq3B3r #文化資本
重要な論文:綾井桜子2015「『教養』研究の現状と課題—学校化された教養を問うために—」「教養」概念の変容を大学と歴史社会学の文脈でレビュー。教養が「学校知」に縮減された過程を見て、現代の教養教育を省みる視座を得ることが重要と主張。 https://t.co/3cGCFUkN2y
大学職員論の中で感情労働が取り上げられることは少ない。ガバナンス論と併せて検討する必要があるはず。それとも頭脳・肉体労働だけで大学を運営できるのか…。  2008,感情労働が職務満足感・バーンアウトに及ぼす影響についての研究動向 https://t.co/j10DGmn2yA
IR関連の科研費。「日本の大学IRにおいて重要な役割を有する「教学データ」の分析手法モデルの構築」(清水強志先生/創価大学、2016~2019年度)https://t.co/74pjxcDjxw
IR関連の科研費。「IRが支援する大学マネジメント・モデル・EMの現状と社会的課題」(福島真司先生/山形大学、2016~2019年度)https://t.co/tBVa8K2nYI
IR関連の科研費。「学生のアカデミックな意志決定を支援する教学IR情報提示システムの開発と評価」(松田岳士先生/首都大学東京、2016~2019年度)https://t.co/UTfmUFUPLc
恋愛関係崩壊後の関係についての個人別態度構造分析 https://t.co/H8YHmXqYFC
設置認可行政の窓口相談もね。法や省令の根拠はない。けど重要。かつてであれば、学校法人関係者が文部省の職員さんに顔を覚えてもらうとか、お茶を出してもらえるようになるとか。窓口相談についてはこちらにさらりと。 https://t.co/O3mxrRn47s
CiNii 論文 -  プロジェクトベースドラーニングにおける自発的行動分析(<特集>大学教育の改善・FD) http://t.co/Nw3v214qnh #CiNii

フォロー(386ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

CiNii 論文 -  オンライン大学のメンターによる学生への支援の実態 (情報モラル教育の実践/一般) https://t.co/sNRtMdlcxJ #CiNii
J-STAGE Articles - 大学生における身近な友人の抑うつ症状への情緒的巻き込まれの恐れ https://t.co/nJzooIkpKU
J-STAGE Articles - 援助要請スタイル間の差異に関する探索的検討 https://t.co/qkGAf8OLwz
J-STAGE Articles - 小学校教師の職場における援助要請に関連する要因の検討 https://t.co/T9kJi6IDbr
RT @farewell_rabaul: 陸軍将校の選抜・昇進構造(武石典史) https://t.co/0ZSEySQ0Wv 陸幼組は中学組に比べて都会出身で裕福、早くから軍に馴染んだため陸士・陸大でも好成績で、結果的に出世も早かった、ということを調査した論文。武石先生のご…
RT @farewell_rabaul: 陸軍将校の選抜・昇進構造(武石典史) https://t.co/0ZSEySQ0Wv 陸幼組は中学組に比べて都会出身で裕福、早くから軍に馴染んだため陸士・陸大でも好成績で、結果的に出世も早かった、ということを調査した論文。武石先生のご…
藤原将人(2017).戦後「適格認定」制度の実施と私立大学:大学基準協会「会員資格審査」をめぐる関西四大学の活動過程 高等教育研究,20,219-238.(CiNii Articles「大学基準協会」で知る)[PDF]https://t.co/IG4SjkRmJa
青木博史(2012).(書評)山田昌裕著『格助詞「ガ」の通時的研究』 日本語の研究,8(1),110-115.[PDF]https://t.co/VlGhx65ME0
J-STAGE Articles - 日本人とアメリカ人の会話マネージメントはなぜ異なるのか―教師と学生による会話の日英対照― https://t.co/iRNf4Tkmht
RT @shosira: なお、"アーカイブを開く"ためのデザインプロセスの話は、まだ端緒でしかないけれども @zerobase_inc の五十嵐さんと昨年のDA学会でポスターにしています。よろしければそちらもご参照を(これもJ-STAGEというアーカイブの恩恵)。他の専門家の…
@yoshi_mjm 心理学のイメージに関する研究は高校生との比較 https://t.co/yxK2IuMmVm や大学生のもあって https://t.co/vpxoysbCCs それこそ後期の日本語表現は自分でテーマ選んで文献レビューするから誰かやってほしいです
RT @langstat: 宇都雅輝 (2020). 「テスト理論と人工知能に基づくパフォーマンス評価の新技術」『教育システム情報学会誌』37(1), 8-18. https://t.co/4fCBaZt7eh "item response theory models that…
吉見毅彦・小谷克則 (2020). 「外国語学習者の習熟度に適した文の聴解の容易さと正確さを推定する非線形回帰モデル」『教育システム情報学会誌』37(1), 44-49. https://t.co/y7im40TpwF
宇都雅輝 (2020). 「テスト理論と人工知能に基づくパフォーマンス評価の新技術」『教育システム情報学会誌』37(1), 8-18. https://t.co/4fCBaZt7eh "item response theory m… https://t.co/f5qGNGIsqf
1990年代以降の教員養成カリキュラムの変容──市場化と再統制化── https://t.co/6I1Ua9Zi5y
教職を支援する教育社会学は可能か? https://t.co/h7klG8uRE0
教育社会学は教育実践にいかに貢献しうるか―教師・学校をとらえる視角と方法― https://t.co/9rNf9LSfoN
CiNii 論文 -  中学校体育における生徒の勤勉さから見た援助要請と失敗観の関係 https://t.co/GUjarTe95R #CiNii
CiNii 論文 -  児童期の社会経済的地位とアタッチメントおよび援助要請の関連 https://t.co/TKJeMe2IIk #CiNii
【主任著者らとウケる】 某国に嫁いだ元部下が主任著者のこの共著論文、じわじわ読者が増え愉しい♪調査記録で時々これを書いてくる受講生が居りその度に某国に近況報告を兼ね通報して当時のスタッフ全員でウケてる。あの時形に残させてやはりいい… https://t.co/P2aGNvbdhS
あなたは、どのくらいスマホ中毒か?>本研究の目的は,スマートフォンの使い方を大学生が自ら評価できるスマートフォン行動嗜癖自己評価尺度を開発することである.https://t.co/4YqHt8NXZD
RT @shoemaker_levy: 戦争神経症/PTSDを題材に、病のとらえ方が文化によって異なるということを、バークを援用しつつ明快に論じたのが高林陽展(2016)「戦争神経症の「歴史」から「文化史」へ : 戦争と神経症はなぜ結びついたのか」『精神医学史研究』20(1)で…
RT @senryoAIIT: 国立国会図書館 調査と情報―ISSUE BRIEF― 第1078号 No. 1078(2020. 1. 9) サイバーセキュリティ政策の現状(PDF) https://t.co/d3qEPHY184
RT @hybrid_rainbows: 年一回は読み返す、師匠として勝手にお慕いしている横田利久さん(元中央大学・現関西国際大学)の講演録。中大を退職される際には、本学の自主勉強会で講師もしていただきました。 時代の違いはあれど、根っこの部分て変わらないなと思います。自分の職…
設計はル コルビジェの弟子の坂倉準三。随所にミッドセンチュリー感が漂っていました。 https://t.co/VAo1h2qrZX
RT @HattoriM: 私が関わった中国の科学事情の閲覧フリー記事をまとめました(URL更新)。 中国でラボをはじめるということ(生物物理学会) https://t.co/XCANkh8jOI 大学メシからみえてくる中国の大学の強み (JST) https://t.co…
RT @genki27: 【論文公開】2019年4月に投稿した論文がウェブ上で公開されました。 ▼小林元気, 2019, 「日本人学生の留学経験の職業的レリバンス」『留学生教育』第24号, pp. 33-41. https://t.co/lULUV6I7jZ

フォロワー(3430ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

PSW,CPの現場での悩み (病院 34巻9号) | 医書.jp https://t.co/KaEumt1TmQ
オンライン英会話についての研究(例:https://t.co/aH7tSPUvgS)は緒に就いたばかりですが、何らかの正の効果は期待できるでしょう。 オフラインと比べて効果があるか、は不明ですが、多忙な先生には現実的な選択肢と思… https://t.co/atQntDsUUg
CiNii 論文 -  オンライン大学のメンターによる学生への支援の実態 (情報モラル教育の実践/一般) https://t.co/sNRtMdlcxJ #CiNii
J-STAGE Articles - 大学生における身近な友人の抑うつ症状への情緒的巻き込まれの恐れ https://t.co/nJzooIkpKU
J-STAGE Articles - 援助要請スタイル間の差異に関する探索的検討 https://t.co/qkGAf8OLwz
J-STAGE Articles - 小学校教師の職場における援助要請に関連する要因の検討 https://t.co/T9kJi6IDbr
RT @nov_saturday: @kn_socio_ftfc すみません。サイニーから貼ります。 CiNii 論文 -  我国における社会福祉施設の展開と公私関係 https://t.co/tAzX8HQTq9 #CiNii
RT @farewell_rabaul: 陸軍将校の選抜・昇進構造(武石典史) https://t.co/0ZSEySQ0Wv 陸幼組は中学組に比べて都会出身で裕福、早くから軍に馴染んだため陸士・陸大でも好成績で、結果的に出世も早かった、ということを調査した論文。武石先生のご…
RT @nov_saturday: @kn_socio_ftfc 既に知ってたら、流してください。 CiNii 論文 -  社会福祉の新自由主義的改革と社会福祉施設・事業の経営をめぐる言説の推移 https://t.co/23xcleggQE #CiNii 現在、外部委託は…
RT @demauyo_tadaimo: 慰安婦問題で強制連行は無かったなんてことないの。1936年長崎地裁判決では、兵隊相手の食堂仕事と偽って勧誘した業者は国外移送誘拐罪を適用されたんだよ。慰安所制度の非合法性の裏付けじゃん https://t.co/TWg3bS51dQ h…
「!祝! 熱化学方程式の廃止」(2019/9/6)。日本の高校理科化学だけが地球上で世界線が違う学習指導だったのだそうだ。わたしも熱化学方程式で学んだ世代。 https://t.co/HDHMajrIrr https://t.co/jttS452hXv
RT @tmrowing: 続いて2019年のもの。 こちらは簡易コーパスを構築して語彙を分析し、英検2級のものとの比較もしています。 https://t.co/ys1PLOrxns
RT @tmrowing: 近年での「センター試験」そのものを扱った論文というと、こちらの実践女子大のアーカイブにあるものくらいですかね? まず2018年のもの https://t.co/9ZmAH7RIDp
藤原将人(2017).戦後「適格認定」制度の実施と私立大学:大学基準協会「会員資格審査」をめぐる関西四大学の活動過程 高等教育研究,20,219-238.(CiNii Articles「大学基準協会」で知る)[PDF]https://t.co/IG4SjkRmJa
ジャカルタの進学校の高校には華人が多いわけだが 「5〜10 %しか存在しないプリブミの生徒の中には、福建 語を覚える者が少なくないという。覚えなければ孤立して しまうからである」 とこの論文にあり驚き。土着のインドネシア人の見た目… https://t.co/fKU9rrVnYy
RT @tmrowing: 続いて2019年のもの。 こちらは簡易コーパスを構築して語彙を分析し、英検2級のものとの比較もしています。 https://t.co/ys1PLOrxns
青木博史(2012).(書評)山田昌裕著『格助詞「ガ」の通時的研究』 日本語の研究,8(1),110-115.[PDF]https://t.co/VlGhx65ME0
紙芝居のこと。 最近松永健哉『子供の自治生活』 https://t.co/JLen7GNDQ0 に触れる機会があって、ちょっと感動したんだけど、この人も戦争に協力するんだよなあ。
RT @langstat: 宇都雅輝 (2020). 「テスト理論と人工知能に基づくパフォーマンス評価の新技術」『教育システム情報学会誌』37(1), 8-18. https://t.co/4fCBaZt7eh "item response theory models that…
RT @khargush1969: 家島彦一(2006)『海域から見た歴史 : インド洋と地中海を結ぶ交流史』名古屋大学出版会 https://t.co/PT7QrVOlii 第4部4章「インド洋を渡る馬の交易」 西アジアからインドへの馬の運び方(専用船や秣など)が具体的に明ら…
今日のゼミ課題は教育学年報は篠原さんが担当する「教育経営学」の章、追加で山住さんの論文「拡張的学習とノットワークする主体の形成」。教育経営学の、学校の自律性を求めながらそれらが公教育を担うという構図が、どう成り立ちうるのかという研… https://t.co/3pAcDIpsTo
@yoshi_mjm 心理学のイメージに関する研究は高校生との比較 https://t.co/yxK2IuMmVm や大学生のもあって https://t.co/vpxoysbCCs それこそ後期の日本語表現は自分でテーマ選んで文献レビューするから誰かやってほしいです
RT @nana77rey1: 何十点も差っ引かれてもなお、合格した女性医師。 なのに。 子育て中の女性医師が診療しながら「週35時間」家事にあてる中、下駄履かせてもらってる男性医師は 子供いないとき週2時間 子どもできても週3時間 しか家事しないんだよ? 優秀な女性医師のほう…
RT @langstat: 宇都雅輝 (2020). 「テスト理論と人工知能に基づくパフォーマンス評価の新技術」『教育システム情報学会誌』37(1), 8-18. https://t.co/4fCBaZt7eh "item response theory models that…
RT @libinfomedia: 当会代表の論文が『現代の図書館』に掲載されました。 後藤敏行「図書館法、著作権法等の改正と図書館」『現代の図書館』2019, vol.57, no. 3, p. 176-183. 「図書館法の改正」 「何が変わったか」 「何が期待され、何…
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(1月分)】幼児が不正確な言語情報に従う傾向への情報提供者の観察の影響 https://t.co/wnYlH4neyl
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(1月分)】訪問看護師の困難の捉え直しがケアリングの相互性を経て看護観に及ぼす影響 https://t.co/EOBLO2no0A
1990年代以降の教員養成カリキュラムの変容──市場化と再統制化── https://t.co/6I1Ua9Zi5y
教職を支援する教育社会学は可能か? https://t.co/h7klG8uRE0
教育社会学は教育実践にいかに貢献しうるか―教師・学校をとらえる視角と方法― https://t.co/9rNf9LSfoN
CiNii 論文 -  ナルシシズムとマゾヒズム--大衆文化と男性性 https://t.co/2ySDqOgiAh #CiNii これこれ
CiNii 論文 -  中学校体育における生徒の勤勉さから見た援助要請と失敗観の関係 https://t.co/GUjarTe95R #CiNii
CiNii 論文 -  児童期の社会経済的地位とアタッチメントおよび援助要請の関連 https://t.co/TKJeMe2IIk #CiNii
【主任著者らとウケる】 某国に嫁いだ元部下が主任著者のこの共著論文、じわじわ読者が増え愉しい♪調査記録で時々これを書いてくる受講生が居りその度に某国に近況報告を兼ね通報して当時のスタッフ全員でウケてる。あの時形に残させてやはりいい… https://t.co/P2aGNvbdhS
RT @tcv2catnap: どんだけ深刻な溝があったという話では、戦後予科練の慰霊碑建立で、主導権とったのが「慰霊碑建立を主導したのは乙種であった」。 「記念空間造成事業における担い手の軍隊経験予科練の戦友会と地域婦人会に焦点を当てて」清水亮(東大社会学評論 69(3)…
RT @nakaharajun: あなたは、どのくらいスマホ中毒か?>本研究の目的は,スマートフォンの使い方を大学生が自ら評価できるスマートフォン行動嗜癖自己評価尺度を開発することである.https://t.co/4YqHt8NXZD
RT @shoemaker_levy: 戦争神経症/PTSDを題材に、病のとらえ方が文化によって異なるということを、バークを援用しつつ明快に論じたのが高林陽展(2016)「戦争神経症の「歴史」から「文化史」へ : 戦争と神経症はなぜ結びついたのか」『精神医学史研究』20(1)で…
RT @shoemaker_levy: 戦争神経症/PTSDを題材に、病のとらえ方が文化によって異なるということを、バークを援用しつつ明快に論じたのが高林陽展(2016)「戦争神経症の「歴史」から「文化史」へ : 戦争と神経症はなぜ結びついたのか」『精神医学史研究』20(1)で…
CiNii 論文 -  夜勤交代制勤務職場における勤務形態別の睡眠障害と抑うつに関する検討 https://t.co/J4XFChsg9d
CiNii 論文 -  日本における看護師の16時間夜勤の健康被害と対策 (韓日独米4ケ国国際セミナー報告) https://t.co/5RbC283YRq #CiNii
RT @senryoAIIT: 国立国会図書館 調査と情報―ISSUE BRIEF― 第1078号 No. 1078(2020. 1. 9) サイバーセキュリティ政策の現状(PDF) https://t.co/d3qEPHY184
RT @hybrid_rainbows: 年一回は読み返す、師匠として勝手にお慕いしている横田利久さん(元中央大学・現関西国際大学)の講演録。中大を退職される際には、本学の自主勉強会で講師もしていただきました。 時代の違いはあれど、根っこの部分て変わらないなと思います。自分の職…
RT @hwtnv: この本で論じられている「レコード・コンティニュアム(記録連続体)」については「ナガサキ・アーカイブ」の論文で,かなり粗っぽく参照しています。 https://t.co/JbyGmsdwvC
RT @genki27: 【論文公開】2019年4月に投稿した論文がウェブ上で公開されました。 ▼小林元気, 2019, 「日本人学生の留学経験の職業的レリバンス」『留学生教育』第24号, pp. 33-41. https://t.co/lULUV6I7jZ
私が思うに、NISTEPや文科省が学界・企業の意見ばかり聞いており、そのせいで科学技術人材政策がアンバランスになっていると思う。研究公正についても、NISTEPの松澤孝明が論文を書いているが、… https://t.co/3LAmitu31o