high190 (@high190)

投稿一覧(最新100件)

“KAKEN — 研究課題をさがす | 大学職員の経営企画能力養成に関する社会人大学院での学び-人事部への調査から- (KAKENHI-PROJECT-25907043)” https://t.co/6vJU889qoC #KAKEN #大学職員 #大学院
原圭寛「1860-70年代アメリカの研究大学における学士課程の編成―ジョンズ・ホプキンス大学及びコーネル大学におけるグループ・システムの導入とその背景―」日本の教育史学61巻 (2018) / “1860-70年代アメリカの研究大… https://t.co/3VOPEWDOIK
RT @yoshi_h19870507: 教育史学会の学会誌に昨年秋に掲載された論文がJ-STAGEで公開されました。ご興味ある方はご覧ください。 https://t.co/qHbIaHVjRG
"階層的地位の影響の仕方が父親と母親で異なること,可処分時間に限界がある以上,学習時間を「努力」の指標とみる見方に限界があることが示唆" / “中学生の生活時間と社会階層” https://t.co/quwC6OOkOG #教育社会学 #学習 #社会階層
“戦後日本の「内閣官僚」の形成” https://t.co/pjMAUsZxxB #行政学 #官僚 #行政研究
“「官房」の理論とその論理構造” https://t.co/hZMezt1mSo #行政学 #官僚 #行政研究
RT @skrnmr: CiNii 論文 -  工業教育における「ものづくり」の受容過程 https://t.co/pmkMCae4i9 #CiNii 片山先生の論文。バーンスティンで「ものづくり」言説を解読していてめちゃくちゃおもしろい。「修養」や「人間形成」が重視されるよう…
鳥居朋子「大学の教育改善に向けたプログラム・レビュー アメリカの経験に基づいて」高等教育研究17巻(2014) / “大学の教育改善に向けたプログラム・レビュー” https://t.co/mvNuIBLkPk #高等教育研究 #内部質保証
末冨芳「東京都所在大学の立地と学部学生数の変動分析−東京都所在大学の立地と学部学生数の変動分析」高等教育研究11巻(2008) / “東京都所在大学の立地と学部学生数の変動分析” https://t.co/3ObhDmOJSz #高等教育研究 #高等教育政策
鳥居朋子, 夏目達也, 近田政博, 中井俊樹「大学におけるカリキュラム開発のプロセスに関する考察 Diamond のモデルとその適用事例を中心に」高等教育研究10巻(2007) / “大学におけるカリキュラム開発のプロセスに関する… https://t.co/3Bs1MnjgTl
中島英博「大学における職員の管理運営能力獲得プロセスと業務を通じた育成」高等教育研究14巻(2011) / “大学における職員の管理運営能力獲得プロセスと業務を通じた育成” https://t.co/e4Gs7B2hOX #大学職員 #高等教育研究 #SD
“組織としての高等教育学会” https://t.co/EwrGEomb09 #高等教育研究
RT @Y3suburb: CiNii 論文 -  大学設置基準の大綱化と大学の変貌(I 論説<規制緩和と大学の将来>) https://t.co/nSKEll1JrO
“高大接続改革と教育現場の断層—「善意」の帰結を問う—” https://t.co/QSnD5jOJdt #高大接続 #高等教育政策
“KAKEN — 研究課題をさがす | 近現代日本における新宗教系高等教育機関の社会的機能に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-16H07481)” https://t.co/X2umMD78xw #KAKEN #高等教育研究 #教育社会学
“KAKEN — Research Projects | 研究大学の構造と存立基盤に関する日米比較 (KAKENHI-PROJECT-19K02885)” https://t.co/IEeTe37XEe #KAKEN #高等教育研究 #比較教育学
“KAKEN — Research Projects | IRの専門性活用と大学の文脈の相互構造に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-19K02874)” https://t.co/rYgKAYOFo9 #KAKEN #IR #組織変革
“KAKEN — Research Projects | イタリアにおける高等教育のガバナンス改革――日本での改革との対比で躓きの石を探る (KAKENHI-PROJECT-19K02869)”… https://t.co/vcVyn4UaEf
“KAKEN — Research Projects | 研究力が低成長・縮小する時代における科学技術政策の在り方の実証的分析 (KAKENHI-PROJECT-19K02857)” https://t.co/H5Hpju0UmN #KAKEN #高等教育政策 #科学技術政策
“KAKEN — Research Projects | 大学教育後援会の事業と成果を指標として実施する大学評価の可能性をめぐる実証的研究 (KAKENHI-PROJECT-19K02855)” https://t.co/OQ8VBk0dQP #KAKEN #大学評価
“KAKEN — Research Projects | 大学の質保証を支える教育プログラムの評価と改善の好循環システムに関する研究 (KAKENHI-PROJECT-19H01693)” https://t.co/l4EhcRWBQK #KAKEN #質保証
“KAKEN — Research Projects | 教学マネジメントを支援する大学の専門的職員のあり方に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-18K02729)” https://t.co/I11Mmqy4qI #KAKEN #大学職員 #教学マネジメント
“KAKEN — Research Projects | 外部環境に対応する大学の組織変革の促進要因と阻害要因の解明 (KAKENHI-PROJECT-18K02724)” https://t.co/3UaP2eiwEP #KAKEN #高等教育研究 #組織変革
“KAKEN — Research Projects | Organizational Analysis on "Why Japanese Universities cannot Reform Themselves" (KAKEN… https://t.co/xDQhqC2YGy
“KAKEN — Research Projects | 大学における現場主体の教育改善を促進する組織学習プロセスの明示化 (KAKENHI-PROJECT-18K02701)” https://t.co/pleUpYCKYw #KAKEN #高等教育研究 #組織開発
“KAKEN — Research Projects | 「教育構成の整合」理論とその実効化を促進する大学教育開発の研究 (KAKENHI-PROJECT-19K02901)” https://t.co/miTKlREy54 #KAKEN #カリキュラム #高等教育研究
“KAKEN — Research Projects | 社会の要請に応える高等教育改革成果のエビデンスの生成 (KAKENHI-PROJECT-19K02888)” https://t.co/ZJiPML6Bzh #KAKEN #高等教育研究 #高等教育政策
“KAKEN — Research Projects | 国立大学事務職員のキャリア形成とモチベーション (KAKENHI-PROJECT-19K14278)” https://t.co/sAQSujpVFz #KAKEN #国立大学法人 #大学職員
“KAKEN — Research Projects | 大学評価への計量書誌指標の導入のもたらす社会科学研究への逆機能性に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-19K14279)” https://t.co/BCf9qkWenU #KAKEN #高等教育研究 #大学評価
“KAKEN — Research Projects | カリキュラム・マップを基盤とした学習成果の可視化方法の提案とその検討 (KAKENHI-PROJECT-19K14275)” https://t.co/qkUMCLJdch #KAKEN #教学マネジメント
“KAKEN — Research Projects | 近現代日本における大学学長職の地位・役割・動態に関する歴史社会学的研究 (KAKENHI-PROJECT-19K14268)” https://t.co/COOJNnAoyT #KAKEN #高等教育研究
“KAKEN — Research Projects | 購読型学術雑誌のオープンアクセスジャーナル化が教育研究機関へ及ぼす影響 (KAKENHI-PROJECT-18H00062)” https://t.co/L8yPYxfd4R #KAKEN #オープンアクセス
“KAKEN — 研究課題をさがす | 学問に根ざした大学教育の学修成果向上のための教授法・人材・組織の一体的な開発研究 (KAKENHI-PROJECT-18H01028)” https://t.co/EFLvkVXtsf #KAKEN #高等教育研究
“KAKEN — 研究課題をさがす | 同僚制原理に基づく大学教育の質保証とアカデミック・リーダー育成に関する比較研究 (KAKENHI-PROJECT-19K02856)” https://t.co/Sffqq20o74 #KAKEN #高等教育研究 #質保証 #SD
“KAKEN — 研究課題をさがす | e-Legislationに基づく法制執務方法論の情報科学的基礎付けと検証 (KAKENHI-PROJECT-24240040)” https://t.co/eRrOd1zChI #KAKEN #法制執務
“KAKEN — 研究課題をさがす | 大学における学術管理職と経営管理職の相互作用システムに関する国際比較研究 (KAKENHI-PROJECT-24243074)” https://t.co/Gkg1hJnH75 #KAKEN #大学経営 #大学職員
“KAKEN — 研究課題をさがす | 大学政策に対する世論の構造と形成 (KAKENHI-PROJECT-25590234)” https://t.co/bC9xJgahxi #KAKEN #高等教育研究 #高等教育政策 #政策形成過程 #文部科学省 #パブリックコメント
“KAKEN — 研究課題をさがす | 教学マネジメントにおける大学の有効性の研究 (KAKENHI-PROJECT-25381083)” https://t.co/zcGXjg7Fl8 #KAKEN #高等教育研究 #質保証 #教学マネジメント
“KAKEN — 研究課題をさがす | 日本の大学経営におけるデータに裏付けされた意思決定支援の適応可能性に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-25590223)” https://t.co/K47yyDL3Qk #KAKEN #大学経営 #IR
“KAKEN — 研究課題をさがす | 近年成長が著しい国における学術政策、大学政策、学校教育を通じた人材育成政策に関する調査研究 (KAKENHI-PROJECT-25900001)” https://t.co/cauRYUnPdp #高等教育研究 #高等教育政策 #KAKEN
@kaiki_sakigake ちなみにこれが該当の奨励研究です。「今後は、「専門」としての教務事務の確立のため、体系的に編まれた教務事務の標準テキストの作成が必要」 "日本の大学の教務担当職員の新たな役割に関する研究" https://t.co/bEqamCl4fH
RT @tbmhryk: 「いまだ研究もせない前にまずその利益を知ろうとする好奇心ほど有害なるものはない」(西田幾多郎、1916、智山学報、3、11-14)https://t.co/NvBq5PiDNk 西田幾多郎記念館で貰ったカードに書いてあった。
RT @tbmhryk: 「いまだ研究もせない前にまずその利益を知ろうとする好奇心ほど有害なるものはない」(西田幾多郎、1916、智山学報、3、11-14)https://t.co/NvBq5PiDNk 西田幾多郎記念館で貰ったカードに書いてあった。
RT @daigaku23: IR データによる学生層と大学層の形成と評価のシミュレーション - https://t.co/OgjtbdTZU5 #ScholarAlerts
RT @HashimotoTomoya: 木村正則(2017).私立大学における「建学の精神」の役割 教養・外国語教育センター紀要.外国語編 8(1),71-82.[PDF]https://t.co/GB9JnBgVrS
“地方大学の経営戦略としての留学生獲得と就職支援 : 地方活性化のための産官学連携の意義と役割” / “関西学院大学リポジトリ” https://t.co/D2tMxcP6kG #大学職員 #高等教育研究
“わが国の大学経営における国際競争力向上のためのレピュテーション・マネジメントの役割と意義 : 九州大学と広島大学の事例研究による分析” / “関西学院大学リポジトリ” https://t.co/0bealVS1V3 #大学職員 #高等教育研究
RT @nakaharajun: 興味深い研究。面白い>中堅社員の業務環境や振り返りの捉え方が,内省を「問題解決の経緯の想起」にとどめ,内面的特徴を検討する「深い内省」を妨げている恐れがある 廣松ちあき*1・尾澤重知*2「内省支援が必要な中堅社員の内省プロセスの特徴の質的研究」…
“KAKEN — 研究課題をさがす | 教育目標の達成に重要な教学データを自動選択する ASモデル生成システム (KAKENHI-PROJECT-17H01998)” https://t.co/Cw1whCoON9 #KAKEN #高等教育研究
"オンタリオ州議会における新しい情報パラダイムに向けての革新的,協働的アプローチ" / “https://t.co/5CITtOaxUT” https://t.co/JgfwinCsna #行政 #オープンデータ
“KAKEN — 研究課題をさがす | ソーシャルネットワーク・インセンティブは地域の身体活動量と社会参加を増やすか? (KAKENHI-PROJECT-17K01810)” https://t.co/g6R24XZVYm #KAKEN
"大学評価・学位研究 第19号 平成30年 3 月(研究ノート・資料)" / “教育の内部質保証に対するIRによる支援の現状と課題” https://t.co/NI5RqIYIuZ #内部質保証 #IR #国立大学法人
RT @tyuusyo: 萩原淳平著『明代蒙古史研究』(東洋史研究叢刊之三十二) 岡田 英弘 https://t.co/k9D5kuvr8B 冒頭から京大名誉教授に誤字指摘の嵐である。コワイ。 https://t.co/6SrAjJJrP5
RT @tyuusyo: うわー、史学雑誌で岡田先生これを書いていたのか。なお、ボコボコにされた相手は京都大学名誉教授の萩野淳平であるが、岡田先生の若い頃(外大の教授だった)は呉座先生が優しく見えるほどで、マジで怖い。ここで読めるけど恐ろしいわ… https://t.co/k9…
「アメリカ合衆国の議会制度」国⽴国会図書館調査と情報―ISSUE BRIEF―No. 1045(2019. 3.7) / “https://t.co/UH9PskDKeG” https://t.co/ofC5wrewp2 #政治 #行政 #法制執務
“教育委員会制度改革と教育行政の専門性” https://t.co/VIQnZtUY6o #教育行政学
“子どもの貧困に対して教育社会学に期待すること” https://t.co/0LAmLa7lDL #教育社会学 #社会階層
“学力格差は幼児期から始まるか?” https://t.co/zIfeAyYKv0 #教育社会学
“中学生の生活時間と社会階層” https://t.co/izxx8DlUEu #教育社会学 #学習 #社会階層
“官僚の選抜・配分構造” https://t.co/ZF5QLltevX #教育社会学 #官僚
“日本社会における教育政策への人々の選好に関する研究” https://t.co/34mQbw5Uia #教育社会学 #文化資本
“縦断データを用いた文化資本相続過程の実証的検討” https://t.co/G8Vd2K8Z3I #教育社会学 #教育経済学 #社会階層 #文化資本
“教育達成過程における家族の教育戦略 : 文化資本効果と学校外教育投資効果のジェンダー差を中心に” https://t.co/uU770zPP24 #文化資本 #教育社会学
"「アメリカ合衆国の議会制度」国⽴国会図書館調査と情報―ISSUE BRIEF―No. 1045(2019. 3.7)" / “https://t.co/UH9PskDKeG” https://t.co/ofC5wrewp2 #政治 #行政 #法制執務
“ガバナンス改革と教育の質保証に関する理論的実証的研究 ” / “KAKEN — 研究課題をさがす | ガバナンス改革と教育の質保証に関する理論的実証的研究 (KAKENHI-PROJECT-26245075)”… https://t.co/3KyIHeZD4o
“計量テキスト分析およびKH Coderの利用状況と展望” https://t.co/Eh67WuL1Ki #データサイエンス #分析 #研究 #テキストマイニング
“データアーカイブの教育研究への活用” https://t.co/0we42KdsEa #統計 #データサイエンス #高等教育研究
“大学におけるインスティチューショナル・リサーチ (IR) に関する論点の整理” https://t.co/tFZDz9cjRX #IR #高等教育研究
“大学における寄り添い型学生支援体制の構築” https://t.co/4mgg0llIeG #学生支援
“CiNii 論文 -  〈FD講演会〉大綱化以降の中教審答申と大学改革の軌跡:個人的メモワール” https://t.co/BxJoFOoArS #高等教育政策 #大学改革
“CiNii 論文 -  教育の組織化、教育課程の体系化・可視化による質保証 : コース・ナンバリングの意味と意義” https://t.co/N2mKngGLHd #高等教育研究 #教学マネジメント #質保証
“CiNii 論文 -  米国における大学教育の質保証と教育改革の動向 : 米国訪問調査の報告” https://t.co/D9HDTlV6H5 #高等教育研究 #質保証
RT @daigaku23: “三つのポリシーとJABEE基準に基づく質保証枠組と学修成果の客観的評価法” / 1件のコメント https://t.co/SU3zx7DVAL “三つのポリシーとJABEE基準に基づく質保証枠組と学修成果の客観的評価法” (1 user) htt…
RT @daigaku23: “三つのポリシーとJABEE基準に基づく質保証枠組と学修成果の客観的評価法” / 1件のコメント https://t.co/SU3zx7DVAL “三つのポリシーとJABEE基準に基づく質保証枠組と学修成果の客観的評価法” (1 user) htt…
“国際教育政策の借用メカニズムに関する一考察 ─カナダ国際教育戦略を事例に─” https://t.co/1otukJz8Mk #高等教育政策 #比較教育学
“KAKEN — 研究課題をさがす | アジア太平洋地域の学生交流促進に向けた実証的研究-UMAPの活性化をめざして- (KAKENHI-PROJECT-17H01025)” https://t.co/rFcBx3khaX #KAKEN #UMAP #比較教育学 #高等教育政策
“KAKEN — Research Projects | Panel survey on the vocational relevance of university education of humanities and soc… https://t.co/3vtcYLzNxO
RT @skrnmr: https://t.co/WHYgFkX1tQ 「URAはどこに向うのか : 大学における専門的職員という視座からの検討」
"筑波大学大学会館における退席時の群集流動に関する研究" / “Microsoft Word - 06和文目次.doc” https://t.co/WqUwlIDSMt #学生 #組織行動論
“標準化フォーマットに基づく大学情報の公開 アメリカ州立大学団体の試行から” https://t.co/3F569f5k77 #情報公開 #コモンデータセット #質保証
RT @TakaMuto_Kyoto: この望月先生のスライドの最後に出てくる「なぜ宣言するのか」については,以下の論文が念頭にあるのだろうと思います。 出口 光 (1987.) 行動修正のコンテクスト. 行動分析学研究. 2, 48-60. https://t.co/LTA…
RT @kenichi_ohkubo: この論文、学生の時に読んでもいまいちピンと来なかったんやけど、今読むと最初から最後までめっちゃ刺さってくる。凄い論文です。 J-STAGE Articles - 行動修正のコンテクスト https://t.co/TRUub4Jy3t
“CiNii 論文 -  学校法人会計基準に基づく図書の受入と払出” https://t.co/AkP01gfHwD #学校法人会計基準 #図書館
“CiNii 論文 -  大学改革と工学教育” https://t.co/VAe5KV489b #大学改革
“KAKEN — 研究課題をさがす | 戦後改革期における公立大学の成立過程に関する実証的研究 (KAKENHI-PROJECT-15K04220)” https://t.co/dvse08VSM8 #KAKEN #高等教育研究 #公立大学法人
“KAKEN — 研究課題をさがす | 公共非営利組織としての私立小学校の経営問題に関する日英比較教育社会学的研究 (KAKENHI-PROJECT-25381149)” https://t.co/0xaX6xEIHM #KAKEN #学校法人 #教育社会学
“KAKEN — 研究課題をさがす | 高等教育構造の地域間格差の形成過程に関する比較地域史的研究 (KAKENHI-PROJECT-23530998)” https://t.co/4rfacYEZwD #KAKEN #高等教育研究
RT @daigaku23: 大学図書館における外部研究費活用試論 / “_pdf” https://t.co/5ueXUR6MpK
@materry2525 教育研究についても同じことが言えると思います。改善すべきところを特定して、良いものを残し、さらに質を高めていくことが大切ですよね。 https://t.co/JrdKOqcmfC
"非営利組織の内部留保 : 公益法人、学校法人の収支バランスの視点から" / “40021738585” https://t.co/7uPs55gE7G #学校法人 #財政
“人口減少期における大学・短大法人の研究ー高等教育機関の収容力調整ー” / “東北大学機関リポジトリTOUR” https://t.co/rpiNtUQAHI #高等教育研究 #学校法人
塩野宏 / “行政法における「公益」について : 公益法人制度改革を機縁として” https://t.co/5MCsabB4tW #行政法
塩野宏 / “国立大学法人について (平成一七年六月一四日 提出)” https://t.co/a5n0kDw0hP #国立大学法人 #高等教育研究 #行政法
“日本教育社会学会大会発表要旨集録 - 国立国会図書館デジタルコレクション” https://t.co/xDppVgQHUC #教育社会学 #研究
“KAKEN — 研究課題をさがす | 市場化時代における大学法人の研究:経営ユニットとしての法人組織の連携・統合・解体 (KAKENHI-PROJECT-20330170)” https://t.co/jM6MckoMV0 #KAKEN #学校法人 #大学経営 #高等教育研究
"留学価値が留学生活適応感・充実感に及ぼす影響 -在日中国人私費留学生を対象に-" / “早稲田大学リポジトリ” https://t.co/oSbbhGHe1E #高等教育研究 #留学生
"私立大学が付属校を設置する経緯とそのタイプ -戦後から1960 年代の動向に着目して-" / “早稲田大学リポジトリ” https://t.co/XEYyVTO0zH #高等教育研究 #私立大学
“JAIRO | 大学進学における文系理系の決定要因に関する分析” https://t.co/y5SCJoJiSf #高等教育論
学識としての教育のとらえ直しと教師集団による組織的な教育実践の改善-米国インディアナ大学における Scholarship of Teaching and Learning (SOTL)- / “- 39…” https://t.co/c9IFnZ8IRF #SoTL #高等教育論
“有床義歯患者の教育水準と歯科に対する行動・態度との関係について” / “松本歯科大学リポジトリ” https://t.co/KZm9YvLtBC #医療 #社会階層

お気に入り一覧(最新100件)

ラーニングピラミッドについて、久々に愉快な記事を見たので、こういう論文を思い出してがら貼っておきます。 https://t.co/rg7VhqxYAX
CiNii 論文 -  工業教育における「ものづくり」の受容過程 https://t.co/pmkMCae4i9 #CiNii 片山先生の論文。バーンスティンで「ものづくり」言説を解読していてめちゃくちゃおもしろい。「修養」や「人間形成」が重視されるようになる経緯。
CiNii 論文 -  大学設置基準の大綱化と大学の変貌(I 論説<規制緩和と大学の将来>) https://t.co/nSKEll1JrO
PPP/PFI のプログラム評価とエビデンス活用に関する現状と課題 - https://t.co/TQVaZfI9yO #ScholarAlerts
CiNii 論文 -  総合検査SPIの開発経緯 : 1960年代から1990年代までを対象として https://t.co/iSr9BpPH1z #CiNii
J-STAGE Articles - 「職場の『働きやすさ』評価尺度-病院スタッフ看護師用-」の開発 https://t.co/znTt36IYrv
https://t.co/uEL28uw1YW「自己責任論を規定する要因は、高い生活水準と保守イデオ ロギーであるということができる。」 https://t.co/277nRcKhlB 「所得が低いほど、社会保障政策を支持することが示された。」
IR データによる学生層と大学層の形成と評価のシミュレーション - https://t.co/OgjtbdTZU5 #ScholarAlerts
高等教育のユニバーサル化とアメリカの授業料無償化政策 - https://t.co/Ui15Ijnj0e #ScholarAlerts
木村正則(2017).私立大学における「建学の精神」の役割 教養・外国語教育センター紀要.外国語編 8(1),71-82.[PDF]https://t.co/GB9JnBgVrS
ラーニングコモンズにおける学生スタッフの社会人基礎力と学びの志向性-課外活動経験が及ぼす影響の検討 - https://t.co/JRBer1AZxl #ScholarAlerts
興味深い研究。面白い>中堅社員の業務環境や振り返りの捉え方が,内省を「問題解決の経緯の想起」にとどめ,内面的特徴を検討する「深い内省」を妨げている恐れがある 廣松ちあき*1・尾澤重知*2「内省支援が必要な中堅社員の内省プロセスの特… https://t.co/OJ7k3zXjQk
萩原淳平著『明代蒙古史研究』(東洋史研究叢刊之三十二) 岡田 英弘 https://t.co/k9D5kuvr8B 冒頭から京大名誉教授に誤字指摘の嵐である。コワイ。 https://t.co/6SrAjJJrP5
うわー、史学雑誌で岡田先生これを書いていたのか。なお、ボコボコにされた相手は京都大学名誉教授の萩野淳平であるが、岡田先生の若い頃(外大の教授だった)は呉座先生が優しく見えるほどで、マジで怖い。ここで読めるけど恐ろしいわ…… https://t.co/2jbNpqfgQA
CiNii 論文 -  自殺に対するスティグマ尺度日本語版作成の試み https://t.co/hqTTmcVNyx #CiNii
山本義隆「カッシーラーと二〇世紀科学史学」みすず no.679 [2019年3月] p.2-14. https://t.co/CynQHyBwJj 読んだ。カッシーラーの著作が、様々な形で20世紀における科学史研究に影響を与えたこ… https://t.co/txg3GAkFFV
学会事務センターの破綻とその後(<特集>20周年記念) https://t.co/LiOYGOSPRN
拙稿「『教育政治学』の射程――『政治/政治的なるもの』と『教育/教育的なるもの』との区別の導入を通じて」『法政論集』(名古屋大学)第280号、2018年12月、が大学リポジトリで公開されました。こちらからどうぞ →https://t.co/rjWh1HbQd6
https://t.co/evbUTdX9dU 「トランスローカリティの社会学:条件不利地域と地方中枢拠点都市の生活とキャリア」
計量テキスト分析およびKH Coderの利用状況と展望 https://t.co/VvCCYqTiAp KH Coderを使ってどのように研究を進めたらよいかを,興味深い研究事例の紹介を通して解説。
“三つのポリシーとJABEE基準に基づく質保証枠組と学修成果の客観的評価法” / 1件のコメント https://t.co/SU3zx7DVAL “三つのポリシーとJABEE基準に基づく質保証枠組と学修成果の客観的評価法” (1… https://t.co/UGs36LooIy
“三つのポリシーとJABEE基準に基づく質保証枠組と学修成果の客観的評価法” / 1件のコメント https://t.co/SU3zx7DVAL “三つのポリシーとJABEE基準に基づく質保証枠組と学修成果の客観的評価法” (1… https://t.co/UGs36LooIy
大山牧子・松田岳士(2018).アクティブラーニングにおけるICT活用の動向と展望,日本教育工学会論文誌,42(3),211-220.[PDF]https://t.co/DmZ6znofsN(Google Scholar「プログラミング教育」で知る)
日本の学士課程における英語による学位プログラムの発展と可能性 / 1件のコメント https://t.co/3BOULkPZeN “https://t.co/HaAi58RWFm” (1 user) https://t.co/ojreL1Gkax
日本の学士課程における英語による学位プログラムの発展と可能性 / 1件のコメント https://t.co/3BOULkPZeN “https://t.co/HaAi58RWFm” (1 user) https://t.co/ojreL1Gkax
https://t.co/WHYgFkX1tQ 「URAはどこに向うのか : 大学における専門的職員という視座からの検討」
“これからの「体育科教育学」教育:教職課程の見直し(教職課程の再課程認定)を踏まえて” https://t.co/C68dhfC57V
この論文、学生の時に読んでもいまいちピンと来なかったんやけど、今読むと最初から最後までめっちゃ刺さってくる。凄い論文です。 J-STAGE Articles - 行動修正のコンテクスト https://t.co/TRUub4Jy3t
https://t.co/o0PMVvJGVW / “高等教育機関に関する公表情報について Information provision of higher education institutions 井田 正明 Masaaki…” https://t.co/qo9oSPz9Di
大学改革と「教養的なもの」 Reform of University and those Things which are Cultural / “?action=repository_action_common_downloa…” https://t.co/o7JNCGo06s
https://t.co/F2LgWRTMSo 「解説:我が国へのURAの導入-その経緯、活動と課題-」
【定期】古市さんがボロカス叩かれるのは仕方ないのかなとも思うけど、この論文は面白い。切り口が → https://t.co/WQvQxAoDBj
大学図書館における外部研究費活用試論 / “_pdf” https://t.co/5ueXUR6MpK
KAKEN — 研究課題をさがす | 社会人大学院修了者はなぜ評価されないのか―院生・大学院教育・労働市場のトリレンマ (KAKENHI-PROJECT-25285239) https://t.co/urkPkNIMKu
というわけで、「べき論」が歴史的にどう「であった」のかをテーマ(の一つ)としている以下の科研には期待しています。JUAM総会では出席者少なくて、あまり知られていなそうなのが残念ですが。 https://t.co/I32OUitOlq
https://t.co/Nsc4XBs2og 「大学における新しい専門職のキャリアと働き方 ―聞き取り調査の結果から」『大学評価・学位研究』20
この望月先生のスライドの最後に出てくる「なぜ宣言するのか」については,以下の論文が念頭にあるのだろうと思います。 出口 光 (1987.) 行動修正のコンテクスト. 行動分析学研究. 2, 48-60.… https://t.co/7IgCs6271e
↓人文系で著書が大事な件については京大のC-PIERの過去の調査や今の調査にはっきり出てるのだが、結果が閲覧しづらいですね。 https://t.co/6DQWM6Wgmb 著書を評価するための国外の取り組み含めた全容については標… https://t.co/OnMolq04aB
「富山大学の構成員に対する情報セキュリティ教育の効果把握」 / “_pdf” https://t.co/m4zeHK6l3T
学修到達度可視化システムの開発に関する基礎調査―学生及び教員を対象としたアンケート調査を通して― / “宇都宮大学教育学部教育実践紀要 第5号 別刷 2 0 1 8 年 8 月 3 日 丸山 剛史・橋本  啓・石井 和也・桑島英…” https://t.co/O5EfRxLZFQ
CiNii 論文 -  大学生の学業におけるストレス対処がひきこもり親和性に及ぼす影響 : コーピング方略と援助要請行動を取り上げて https://t.co/7fsDSHWldz #CiNii
CiNii 論文 -  大学生の看取する「働くことの意味」をめぐる探索的研究 : 大学中退直後のある男性のインタビューを通して (秋元浩一教授 退職記念号) https://t.co/TftbmA9oa9 #CiNii
J-STAGE Articles - 投稿論文の査読をめぐる不満とコンセンサスの不在 https://t.co/oCUdlUhOpB
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/B1P7QzTRVV
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/B1P7QzTRVV
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/B1P7QzTRVV
日本の学術政策とオープンアクセス政策を活かした将来観 : 世界のオープン化の流れとJSTの推進方策 (特集 世界のオープンアクセス政策と日本 : 研究と学術コミュニケーションへの影響) https://t.co/Xam3gqSdss
この論文、因果推論(一般化傾向スコア)を「どうやって使ったか?」について詳しく書いてあって、チュートリアルみたいになっててすごくいい → ソフトニュースへの接触は政治的関心を高めるか https://t.co/1eR4OYXVOF
下村英雄(1996).大学生の職業選択における情報探索方略:職業的意思決定理論によるアプローチ 教育心理学研究,44(2),145-155.[PDF]https://t.co/ZAgGQgdS0m(進路選択を行う過程を学習すること… https://t.co/8cn7zbTNoM
姉川恭子(2017).ベンチマークを通じて明らかにする早稲田大学の学生調査の課題 早稲田教育評論,31(1),73-83.[PDF]https://t.co/5hbJGaS19I(早稲田大学で実施されている学生関連の各種調査を整理… https://t.co/d4Jzpc7NBX
応急仮設住宅制度の現状と課題『ISSUE BRIEF』966号, 2017.06.08. https://t.co/BIrei4rfbB #NDL調査局今月のトピック #地震 #防災
比治山大学・比治山大学短期大学部におけるインスティテューショナル・リサーチ活動の現状と課題(4) https://t.co/VP9mtHRG08
宮本淳ほか(2018)教職員協働による教学に関するIR(Institutional Research)勉強会 高等教育ジャーナル:高等教育と生涯学習,25,49-54."勉強会において議論した5つのテーマ"の掲載あり。[PDF]… https://t.co/psNqCiXCFa
国立大学法人の財務諸表を用いた研究活動の実態把握に向けた試行的な分析 NowBrowsing: NISTEP_DP_157_Full_J: https://t.co/txgloMmoTE
細川敏幸・山田邦雅・宮本淳(2018).アセスメント・ポリシーの考え方:アセスメント・ポリシー研究会報告 高等教育ジャーナル:高等教育と生涯学習,25,69-73.[PDF]https://t.co/jAMsO7E3St(Twit… https://t.co/gPBqyUJoiv
NowBrowsing: CiNii 論文 -  アクティブラーニングが要請される社会的背景の考察: https://t.co/wXFheiur9f
次期JAIRO Cloud開発共同タスクフォース報告 : 次世代リポジトリの機能に関する提案 https://t.co/2ehZmFa8TE
評価書分析による「単位制度の実質化」に係る指標・エビデンスの可視化 なお対象データは機構であり、JUAAはないので私学はあまり分析に含まれていない https://t.co/aDQy6hd1dG
残念ながら本書は在庫切れ状態が続いているが、大学での意思決定とケースに関心のある方はぜひ図書館で借りてみてもらえればと思う。 https://t.co/dwiz85H5K9
CiNii 論文 -  東京教師養成塾と「大学における教員養成」 (特集 岐路に立つ戦後教員養成) https://t.co/Oi0pw5OanD #CiNii 研究というよりは運動家による「情勢分析」なんだなあ。
アイデア生成に関する創造性研究論文。 山川ほか(2017)共通点の探索を通した創造的な着眼点の発見 : 対象間の関連性に着目した検討 (特集 若手研究者の認知科学) https://t.co/uU0DkwxQol #CiNii
https://t.co/m6iNbU9LGl パワポ資料はここに。動画はゆっくり話されているので、2倍速で見れば1講義分くらいで見終わりそう(1章だけ見た)
2017 二宮祐他 / “CiNii 論文 -  高等教育機関における新しい「専門職」 : 政策・市場・職能の観点から” https://t.co/d8UZxvZzSY
CiNii 論文 -  「助けて」と言えない教師の理解と援助 : 援助要請の心理学 (教師のSOS : メンタルヘルスを守る・支える) -- (教師とつながる・こころを支える) https://t.co/eJ0DymW7pN #CiNii
CiNii 論文 -  オンライン大学の学生のメンターに対する学業的援助要請態度とつまずき対処方略 (アクティブラーニング・評価方法/一般) https://t.co/lysOCm6Xrz #CiNii
〈研究ノート〉ワークショップにおけるアイスブレイク分類の試み https://t.co/E0kWfiKLXP
CiNii 論文 -  高校生の学業的援助授与および抑制態度における検討 ― 達成目標志向性およびコンピテンスの認知による因果モデルの構築 ― https://t.co/bLn3BcTHaz #CiNii
https://t.co/xnExKphJUN とても古い国際調査だと(その後、広島大学では大学教授職調査を継続しているけれども)、大学教授職の再生産構造はある程度示されてきました。言うまでもなく、家庭の経済的豊かさに加えて文化的… https://t.co/NGtUNCzIj0
CiNii 論文 - 「生活保護バッシング」のレトリック : 貧困報道にみる〈家族主義を纏った排除〉現象 https://t.co/lZUBX5qzDn
J-STAGE Articles - 学業場面における誘惑対処方略の有効性の検討 https://t.co/gpL97K0elq
MOOCと反転学習を組み合わせて高度な思考力を育成する研究について、論文が掲載されました。 https://t.co/TYPsd0fQdU
ITOモデルに関してメモ。 「学校組織の存立メカニズムに関する研究-高等学校の階層構造と学校組織-」 https://t.co/OWAa0pk9s7 「高等学校における学習活動の組織と生徒の進路意識 : 高校生の生徒文化と学校経… https://t.co/Z0B9Bltt29
ITOモデルに関してメモ。 「学校組織の存立メカニズムに関する研究-高等学校の階層構造と学校組織-」 https://t.co/OWAa0pk9s7 「高等学校における学習活動の組織と生徒の進路意識 : 高校生の生徒文化と学校経… https://t.co/Z0B9Bltt29
@Y3suburb 私はよく理解できていないのですが、琉球大はランドグラント大学であることを以前ならいました。ちなみにこの辺りの研究にふれると理解が深まりそうでしょうか。 https://t.co/M4akQFKbMA
JPCOARスキーマについて大変よくわかった(激しく今更 / “JPCOARスキーマの策定:日本の学術成果の円滑な国際的流通を目指して” https://t.co/0uwd7Hf37y #図書館 #science #university #エレクトリック #オープンアクセス
「デザイン」という概念で大学・学校の成立・改革過程を見る見方は興味深い。 谷岡, 郁子 1998 CiNii 博士論文 - 近代女子高等教育機関の成立と学校デザイン https://t.co/kfZY7OD2MY
ピアアセスメントにおける異質評価者に頑健な項目反応理論 https://t.co/w5X0DRJ0Az
データサイエンス概観-教育を中心にして- https://t.co/jtOP6Edle0
NowBrowsing: 成人教育と大学: https://t.co/XD4tfZZuXQ
J-STAGE Articles - 教育実践の論理から「エビデンスに基づく教育」を問い直す—教育の標準化・市場化の中で— https://t.co/09yFtDnnXB
「統計検定を理解せずに使っている人のためにIII」(池田郁男先生/東北大学大学院)https://t.co/2eewrfFSxh
データサイエンス・オンライン講座の実績 (特集 社会人の統計教育 : 現状と課題) https://t.co/WOXizIwkmU
「コントロールのトランスファー」「学びの主導権を学生に委ねる」 / “視点 米国における協働学習とアクティブラーニング:Social Aspects of Information Technologyの教…” https://t.co/uozgLuRmlo #アクティブラーニング
https://t.co/RLtiOWNyx8 基盤研究(B)「戦後教育社会学の学的基盤形成と理論的課題に関する総合的研究」
知られざる医療系学生の横顔 : 教務事務職員が困ると感じる学生対応から見えるもの https://t.co/ULPy3jXx0o
高橋洋『内閣官房の研究:‐副長官補室による政策の総合調整の実態‐』(年報行政研究 2010(45), 119-138, 2010) https://t.co/sPzzFMm9vz
小方直幸2016「教育社会学研究における能力の飼いならし」を読む。教育社会学の個性的なレビュー論文。大学のIR業務の思想に関係するのは「政治算術」の概念。「薄っぺらい汎用的能力」「解釈は自由、解決は不自由」の言説も印象深い。 https://t.co/wh5BCG9xHa
「社会人大学院修了者はなぜ評価されないのか―院生・大学院教育・労働市場のトリレンマ」 https://t.co/urkPkNIMKu 大学院でのリカレント的な何かがうまくいかないみたいな話し、刊行はいつになるかなあ。
専門的職員の先駆けともいえる図書館職員の育成はどうあるべきを検討。吉武博通(2017).大学組織のマネジメントと人材育成 情報の科学と技術,67(8),400-404.[PDF]https://t.co/LBMcafuTen
CiNii 論文 -  不登校経験者における被援助志向性とソーシャルサポートの関連性についての研究 一サポート内容・サポート源からの検討- https://t.co/b0seMW4af4 #CiNii
成員の間の等質性・異質性と集団による問題解決パフォーマンス: https://t.co/yjONYI2OAy
拙稿「日本における総合行政の起源」が『法と政治』のリポジトリでダウンロード可能となりました。現在進行中の本の一部となる予定です。ご意見やご批判いただければ、幸いです。https://t.co/NgcfBji20u
私は昔、クロス表だけで投稿論文を書いたことがあり、これが学生の統計的論文の導入には大いに役立っています。 https://t.co/ROSnGucHzj https://t.co/QEKo2Gx7tY
CiNii 論文 -  大学・学部運営への個人貢献度評価についての検討 : 諸委員会委員の職務分析・職務評価を中心として https://t.co/Z4Ox371tjg #CiNii おそろしい論文を見つけたよ!問題意識はわかる、しかし、これでみんなが「幸せ」になれるか。

フォロー(376ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

貢献可能性感覚が高くないとかロイヤルティが高くないとか。(拙著):https://t.co/mYDrNrcpof https://t.co/CKgl6ckEkt
RT @high190: “KAKEN — 研究課題をさがす | 大学職員の経営企画能力養成に関する社会人大学院での学び-人事部への調査から- (KAKENHI-PROJECT-25907043)” https://t.co/6vJU889qoC #KAKEN #大学職員 #大…
RT @high190: “KAKEN — 研究課題をさがす | 大学職員の経営企画能力養成に関する社会人大学院での学び-人事部への調査から- (KAKENHI-PROJECT-25907043)” https://t.co/6vJU889qoC #KAKEN #大学職員 #大…
RT @high190: “KAKEN — 研究課題をさがす | 大学職員の経営企画能力養成に関する社会人大学院での学び-人事部への調査から- (KAKENHI-PROJECT-25907043)” https://t.co/6vJU889qoC #KAKEN #大学職員 #大…
RT @high190: “KAKEN — 研究課題をさがす | 大学職員の経営企画能力養成に関する社会人大学院での学び-人事部への調査から- (KAKENHI-PROJECT-25907043)” https://t.co/6vJU889qoC #KAKEN #大学職員 #大…
《日本とイランの二国間の経済関係は1920年代から30年代にかけて急速に拡大し、日本は1930年代の後半に初めてイランから原油を輸入するに至った。》 ———出光石油協定に見る1950年代のイランと日本のエネルギー外交 https://t.co/EvDA7E3ti1
教育史学会の学会誌に昨年秋に掲載された論文がJ-STAGEで公開されました。ご興味ある方はご覧ください。 https://t.co/qHbIaHVjRG
RT @yearman: たぶん「ラジ」はキテレツ大百科のコロ助のナリと同じでコピュラの性質(「です」的)を持っているから「か」が後ろに続くというので説明できるのかなあと(コロ助のナリも疑問では「ナリか」)(定延利之2007「キャラ助詞が現れる環境」 https://t.co/…
たぶん「ラジ」はキテレツ大百科のコロ助のナリと同じでコピュラの性質(「です」的)を持っているから「か」が後ろに続くというので説明できるのかなあと(コロ助のナリも疑問では「ナリか」)(定延利之2007「キャラ助詞が現れる環境」… https://t.co/YPoQlF8Ebq
RT @o_ob: 立教大学 経営学部 助教 田中聡先生の講演素晴らしい https://t.co/b3oaVUJTo8 論文「新規事業創出経験を通じた中堅管理職の学習に関する実証的研究」 東京大学 田中聡 中原淳 An empirical study on learning…
φ(..)メモメモ> CiNii 論文 -  読者の意見 公立図書館の独法化で福音の実践機創出を図れ https://t.co/qdyUTcsyjx
RT @NICHIBUNKENkoho: 【蔵書紹介】"古地図と絵はがきでみる富士山" https://t.co/B2RGuMsXsO で富士山の資料を紹介しています。写真は「横浜写真アルバム」の中のひとつ、富士山と湖を写したもの。(※センター外の方の利用案内 https://…
RT @negadaikon: みんなこれも読むんだ!CiNii 論文 -  メディア史とメディアの歴史社会学 https://t.co/mqTY9u0Po8 #CiNii
RT @humanworld_kuri: 舞城王太郎さんの小説執筆における「推敲」を、タイプトレース(タイピング行為を時間情報と共に記録したもの)から分析し、文芸誌の〆切が与える影響を示した工藤彰さんの研究は、素材も手法も前代未聞で初めて読んだとき感動しました。こんな作家研究が…
RT @humanworld_kuri: 舞城王太郎さんの小説執筆における「推敲」を、タイプトレース(タイピング行為を時間情報と共に記録したもの)から分析し、文芸誌の〆切が与える影響を示した工藤彰さんの研究は、素材も手法も前代未聞で初めて読んだとき感動しました。こんな作家研究が…
RT @humanworld_kuri: 舞城王太郎さんの小説執筆における「推敲」を、タイプトレース(タイピング行為を時間情報と共に記録したもの)から分析し、文芸誌の〆切が与える影響を示した工藤彰さんの研究は、素材も手法も前代未聞で初めて読んだとき感動しました。こんな作家研究が…

96 96 96 0 OA 知識を書こう

RT @y8o: 研究者としての私の思いです。これを書いた時点ですでに退職を決めていました。当時、ちょうどいいタイミングで執筆依頼をいただいたなと思っていました。 山本 和英. 知識を書こう. 自然言語処理, Vol.24, No.4, pp.521-522, 言語処理学会 (…
RT @yam_cpp: 渡邉先生追悼記事.涙なしには読めない….本当に惜しい人をなくしてしまったhttps://t.co/dk0rxlMdsh

フォロワー(3200ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @nekonoizumi: PDFあり。「合衆国」という訳語の起源考察。「合衆国」の初出は1844年、望厦条約の前段階のアメリカからの書簡の清朝の官僚による翻訳なのか。 ⇒高原正之 「なぜUnited States を合衆国と訳したのか? 「衆」はどこから来たのか」 『大…
貢献可能性感覚が高くないとかロイヤルティが高くないとか。(拙著):https://t.co/mYDrNrcpof https://t.co/CKgl6ckEkt
RT @monogragh: 私には思いつかないタイプのタイトル。 水田洋「冨国論という酒――アダム・スミス翻訳史」(『日本學士院紀要』64(2), 2010) https://t.co/Is01AKpu6K
RT @high190: “KAKEN — 研究課題をさがす | 大学職員の経営企画能力養成に関する社会人大学院での学び-人事部への調査から- (KAKENHI-PROJECT-25907043)” https://t.co/6vJU889qoC #KAKEN #大学職員 #大…
RT @high190: “KAKEN — 研究課題をさがす | 大学職員の経営企画能力養成に関する社会人大学院での学び-人事部への調査から- (KAKENHI-PROJECT-25907043)” https://t.co/6vJU889qoC #KAKEN #大学職員 #大…
RT @high190: “KAKEN — 研究課題をさがす | 大学職員の経営企画能力養成に関する社会人大学院での学び-人事部への調査から- (KAKENHI-PROJECT-25907043)” https://t.co/6vJU889qoC #KAKEN #大学職員 #大…
RT @high190: “KAKEN — 研究課題をさがす | 大学職員の経営企画能力養成に関する社会人大学院での学び-人事部への調査から- (KAKENHI-PROJECT-25907043)” https://t.co/6vJU889qoC #KAKEN #大学職員 #大…
@bunkajin_kobe このあたりの成果が論文になっていれば,放虫の影響も分かるかも知れませんね.https://t.co/BRGngSUPGB
#宮島の鹿 に関連して,ダニに関する感染症についての日本語の新しいレビューです.-> 佐藤(大久保)梢・高野 愛・高娃・安藤秀二・川端寛樹. 2019. ダニ媒介性感染症—国内に常在する感染症を主に—. 衛生動物 70(1):… https://t.co/I3V4yxCXgP
@saitobokujo アシダカグモの文献はこちら.-> 大利昌久. 1975. わが国におけるアシダカグモの地理的分布. 衛生動物 26(4): 255-256. https://t.co/9nMe0CL1N5
これは興味深い研究。 「授業評価アンケートの設計と実施に関する学生参加の可能性の検討」辻義人 2014 小樽商科大学人文研究127 https://t.co/jNDnt6tPXo
RT @yoshi_h19870507: 教育史学会の学会誌に昨年秋に掲載された論文がJ-STAGEで公開されました。ご興味ある方はご覧ください。 https://t.co/qHbIaHVjRG
RT @ryu_software: Unscented Kalman Filterの名前の由来が書いてる論文があった https://t.co/ZKVIx5bvKc
教育史学会の学会誌に昨年秋に掲載された論文がJ-STAGEで公開されました。ご興味ある方はご覧ください。 https://t.co/qHbIaHVjRG
RT @naoyukinkhm: 昆虫研究者のための博物館資料論・資料保存論 (2) 昆虫標本の活用:データベース構築の実際(日本語論文、オープンアクセス)https://t.co/qSSCTnyFVc 標本のデータベースを構築する際に気をつけるべきことが詳しく紹介されています…
たぶん「ラジ」はキテレツ大百科のコロ助のナリと同じでコピュラの性質(「です」的)を持っているから「か」が後ろに続くというので説明できるのかなあと(コロ助のナリも疑問では「ナリか」)(定延利之2007「キャラ助詞が現れる環境」… https://t.co/YPoQlF8Ebq
φ(..)メモメモ> CiNii 論文 -  読者の意見 公立図書館の独法化で福音の実践機創出を図れ https://t.co/qdyUTcsyjx
RT @humanworld_kuri: 舞城王太郎さんの小説執筆における「推敲」を、タイプトレース(タイピング行為を時間情報と共に記録したもの)から分析し、文芸誌の〆切が与える影響を示した工藤彰さんの研究は、素材も手法も前代未聞で初めて読んだとき感動しました。こんな作家研究が…
RT @satoru_miyamoto: 2013年9 月に高村正彦・自由民主党副総裁 が日本総理特使としてイランを訪問した日に、イランを訪問した様子をまとめたコラムです。安倍政権すごいよ。 「イラン・イスラム共和国への訪問 : 米国との関係改善を模索し始めた中東の大国」『聖…
RT @negadaikon: みんなこれも読むんだ!CiNii 論文 -  メディア史とメディアの歴史社会学 https://t.co/mqTY9u0Po8 #CiNii
RT @humanworld_kuri: 舞城王太郎さんの小説執筆における「推敲」を、タイプトレース(タイピング行為を時間情報と共に記録したもの)から分析し、文芸誌の〆切が与える影響を示した工藤彰さんの研究は、素材も手法も前代未聞で初めて読んだとき感動しました。こんな作家研究が…
“「ナツヅタの樹液による再現実験」 - 富山大学学術情報リポジトリ” https://t.co/mawDuGyYsh
これはWeb公開されてない(遡行的に公開されるといいのだけれど) 薬師院仁志(1992)「社会的事実の問題構成」『京都大学教育学部紀要』(38) https://t.co/LJpGLDjtdZ
再読。 薬師院仁志(1998)「研究ノート 『自殺論』の問題構成  反常識の社会学」『ソシオロジ』43(1) https://t.co/RTQ8wIkX5s 薬師院仁志(1998)「自殺論の再構成 フィリップ・ベナールによる… https://t.co/8ycZ73gUq8
再読。 薬師院仁志(1998)「研究ノート 『自殺論』の問題構成  反常識の社会学」『ソシオロジ』43(1) https://t.co/RTQ8wIkX5s 薬師院仁志(1998)「自殺論の再構成 フィリップ・ベナールによる… https://t.co/8ycZ73gUq8
RT @humanworld_kuri: 舞城王太郎さんの小説執筆における「推敲」を、タイプトレース(タイピング行為を時間情報と共に記録したもの)から分析し、文芸誌の〆切が与える影響を示した工藤彰さんの研究は、素材も手法も前代未聞で初めて読んだとき感動しました。こんな作家研究が…
RT @Cristoforou: この論文、大変面白いですね。パンプスやミュールにより女性が被っている健康被害の調査結果が詳しく書かれています。/CiNii 論文 -  大学生の足や爪のトラブルとフットケアに関する実態調査 https://t.co/FoBO5Bpkpq
RT @humanworld_kuri: 舞城王太郎さんの小説執筆における「推敲」を、タイプトレース(タイピング行為を時間情報と共に記録したもの)から分析し、文芸誌の〆切が与える影響を示した工藤彰さんの研究は、素材も手法も前代未聞で初めて読んだとき感動しました。こんな作家研究が…

96 96 96 0 OA 知識を書こう

RT @y8o: 研究者としての私の思いです。これを書いた時点ですでに退職を決めていました。当時、ちょうどいいタイミングで執筆依頼をいただいたなと思っていました。 山本 和英. 知識を書こう. 自然言語処理, Vol.24, No.4, pp.521-522, 言語処理学会 (…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? クワングワ語動詞アクセント試論(湯川 恭敏ほか),2004 https://t.co/qF53TAZEe3 クワングワ語((é)sikwangwa)というのは、ザンビアの西部…

214 214 214 1 IR 纏足とハイヒール

RT @Cristoforou: 纏足とハイヒールって学術研究でも比較対象にされるレベルでメジャーな連想なんで、せいぜい筑波大学にケンカ売ってください。 https://t.co/2g3ZEKWXzZ https://t.co/U8OG2FbdJM
RT @N3502E13544: 拙稿の論点は地図リテラシーとか地理的知識の面に集中していたけど、正直甘かったかと思っている。イージスアショアのあれは、地理とか以前に基礎的な科学リテラシーとか倫理の問題で、そこまで十分に論究することができなかった。 ちなみに拙稿はこちらで見られ…
RT @monogragh: 山下晃一「教育学としての教育政策研究の可能性──方法論をめぐる問題を中心に」(『日本教育政策学会年報』25巻、2018年) https://t.co/rYeMf5WuYV 拙論文に言及いただいてました。
RT @humanworld_kuri: 舞城王太郎さんの小説執筆における「推敲」を、タイプトレース(タイピング行為を時間情報と共に記録したもの)から分析し、文芸誌の〆切が与える影響を示した工藤彰さんの研究は、素材も手法も前代未聞で初めて読んだとき感動しました。こんな作家研究が…
RT @Cristoforou: ちなみにこの文章は筑波のリポジトリからダウンロードできます。 https://t.co/rzPiwlAWO9

214 214 214 1 IR 纏足とハイヒール

RT @Cristoforou: 纏足とハイヒールって学術研究でも比較対象にされるレベルでメジャーな連想なんで、せいぜい筑波大学にケンカ売ってください。 https://t.co/2g3ZEKWXzZ https://t.co/U8OG2FbdJM
RT @humanworld_kuri: 舞城王太郎さんの小説執筆における「推敲」を、タイプトレース(タイピング行為を時間情報と共に記録したもの)から分析し、文芸誌の〆切が与える影響を示した工藤彰さんの研究は、素材も手法も前代未聞で初めて読んだとき感動しました。こんな作家研究が…

214 214 214 1 IR 纏足とハイヒール

RT @Cristoforou: 纏足とハイヒールって学術研究でも比較対象にされるレベルでメジャーな連想なんで、せいぜい筑波大学にケンカ売ってください。 https://t.co/2g3ZEKWXzZ https://t.co/U8OG2FbdJM
RT @Cristoforou: 「パンプスなどファッション性の高い靴は,足をスマートに見せるように前足部が狭窄している.これは現代の纏足ともいえ,足を障害する靴になっている」、「大学生の足や爪のトラブルとフットケアに関する実態調査」(p. 33)https://t.co/qM…
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  日本型ポピュリズムの論理と心情--2007年東京都知事選における有権者の投票行動の分析 https://t.co/vTJETJtFWS #CiNii
RT @tcv2catnap: 【再】「維新の会支持態度の分析」善教将大, 坂本治也 https://t.co/5VS0uUWjVI

96 96 96 0 OA 知識を書こう

RT @y8o: 研究者としての私の思いです。これを書いた時点ですでに退職を決めていました。当時、ちょうどいいタイミングで執筆依頼をいただいたなと思っていました。 山本 和英. 知識を書こう. 自然言語処理, Vol.24, No.4, pp.521-522, 言語処理学会 (…
RT @yam_cpp: 渡邉先生追悼記事.涙なしには読めない….本当に惜しい人をなくしてしまったhttps://t.co/dk0rxlMdsh
トップページ - 甲南大学機関リポジトリ https://t.co/Ay5JZ5tBxx
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  日本型ポピュリズムの論理と心情--2007年東京都知事選における有権者の投票行動の分析 https://t.co/vTJETJtFWS #CiNii

13 11 11 0 OA 庭園植栽の禁忌

RT @sakumad2003: メモ。庭にびわを植えない話は大阪でも時々出て来ますね。面白い。→ J-STAGE Articles - 庭園植栽の禁忌 https://t.co/538tWV5FL7