著者
野村 大成 梁 治子 足立 成基 藤川 和男 本行 忠志 中島 裕夫 奥村 明之進
出版者
独立行政法人医薬基盤研究所
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2008

N5雄親マウスへの原子炉放射線(中性子0.2Gy+γ線0.2Gy/時間)、0.2、0.4、0.8、1.2 Gy精原細胞期照射により、F1マウスのマイクロサテライト突然変異が対照群に比べほぼ直線的に増加し、突然変異率は、3.5x10^<-2>/Gy/遺伝子座であり、60Coガンマ線と比較し、原子炉中性子線のRBE は約16 になった。変異はメンデル遺伝し、白血病も有意に増加した。遺伝子発現の異常も子孫マウスに見られた。

言及状況

Twitter (8 users, 11 posts, 0 favorites)

「 60Coガンマ線と比較し、原子炉中性子線のRBE は約16 になった。変異はメンデル遺伝し、白血病も有意に増加した。遺伝子発現の異常も子孫マウスに見られた。」https://t.co/LQ1PdTQVul
例えばマウスの遺伝子の経世代影響については野村大成らの研究をみよ。 「0.2、0.4、0.8、1.2 Gy精原細胞期照射により、F1マウスのマイクロサテライト突然変異が対照群に比べほぼ直線的に増加」https://t.co/LQ1PdTQVul
変異はメンデル遺伝し、白血病も有意に増加した。遺伝子発現の異常も子孫マウスに見られた。 http://t.co/F0OmBnMCsm
N5雄親マウスへの原子炉放射線(中性子0.2Gy+γ線0.2Gy/時間)、0.2、0.4、0.8、1.2 Gy精原細胞期照射により、F1マウスのマイクロサテライト突然変異が対照群に比べほぼ直線的に増加し、… http://t.co/F0OmBnMCsm
放射線、化学物質の継世代的(遺伝的)影響-マイクロサテライト突然変異誘発と疾病 http://t.co/F0OmBnMCsm
“N5雄親マウスへの原子炉放射線(中性子0.2Gy+γ線0.2Gy/時間)”。中性子線を0.2Gy一発にプラスしてγ線を0.2Gy/hの線量率で当てる実験かよ。こんなの広島・長崎のLSSとか福島の事故と関連付けるようなレベルじゃねーぞ http://t.co/O7RWCVuoiM
野村大成「放射線、化学物質の継世代的(遺伝的)影響-マイクロサテライト突然変異誘発と疾病」 http://t.co/TK4OhdSlbj “N5雄親マウスへの原子炉放射線(中性子0.2Gy+γ線0.2Gy/時間)、0.2、0.4、0.8、1.2 Gy精原細胞期照射”←これ?

収集済み URL リスト