著者
中村 和利 土屋 康雄 斎藤 トシ子
出版者
新潟大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2008

本研究の目的は、閉経後女性の骨密度低下抑制に有効なカルシウム付加量を明らかにすることであった。女性ボランティア450人を1)カルシウム250mg、2)カルシウム500mg、3)プラセボを毎日服用する群、の3群に割付け、2年間の腰椎および大腿骨頸部骨密度の低下を3群間で比較した。カルシウム250mg/日および500mg/日付加群の腰椎骨密度の低下がプラセボ群より有意に小さかった。カルシウム250mg/日の摂取増加は腰椎の骨密度の低下を遅らせる。

言及状況

Twitter (1 users, 2 posts, 0 favorites)

こんな研究ありました:カルシウムサプリメントのランダム化比較試験(中村 和利) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/20390183
こんな研究ありました:カルシウムサプリメントのランダム化比較試験(中村 和利) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/20390183

収集済み URL リスト