著者
竹内 瑞希 斎藤 トシ子
出版者
公益社団法人 日本栄養士会
雑誌
日本栄養士会雑誌 (ISSN:00136492)
巻号頁・発行日
vol.62, no.3, pp.145-150, 2019 (Released:2019-02-28)
参考文献数
12

対象者に適切な栄養の指導を実施するためには、経験則や標準的なマニュアルのみに偏った手法ではなく、エビデンスに基づく栄養学を実践していく必要がある。しかしながら、エビデンスをどのように習得・有効活用しているかについては個人による差が大きく、エビデンスギャップへの対策についても十分とはいえない。当大学では2017年度より栄養学の知識データベースであり、エビデンスに基づく実践ガイダンスへの簡単なアクセスを提供するPEN(Practice-based Evidence in Nutrition)システムを導入し、学部教育や大学院教育に活用している。今回は、当大大学院を修了し臨床現場に勤務する管理栄養士にPENシステムを試験的に使用してもらい、PEN活用の有効性やエビデンスを得る上での要望について聞き取りを行った。その結果、PENはエビデンス習得方法の学習ツールとして有効である一方、研究を主体に専門性を深く極めている管理栄養士からは、日本のエビデンスや診療ガイドの情報量が不足している等の意見が挙がった。そのため、今後は日本全体の栄養や食に関する情報を集約・整備しPENに組み込むことができれば、全職域の管理栄養士・栄養士が円滑にエビデンスを入手・活用できることが示唆された。
著者
入山 八江 串田 修 村山 伸子 斎藤 トシ子
出版者
特定非営利活動法人 日本栄養改善学会
雑誌
栄養学雑誌 (ISSN:00215147)
巻号頁・発行日
vol.76, no.6, pp.139-155, 2018-12-01 (Released:2019-01-21)
参考文献数
34

【目的】社員食堂を通して減塩に関する食環境と栄養教育を併用した介入を1年間実施し,勤労者の食塩摂取量の変化と,行動変容の要因に及ぼす効果を明らかにする。【方法】研究デザインは,施設単位の無作為化比較試験である。8施設を施設単位で環境教育群,環境群,対照群の3群に振分けた。社員食堂にトランスセオレティカルモデルに基づく健康情報を載せた卓上メモと滴下型醤油差しを設置し,また,調理従事者にみそ汁と麺つゆの食塩濃度を,初回の濃度を基準に1年かけて徐々に減らすよう指示した群を環境群とした。環境群の介入に加えて,栄養教育を年4~6回実施した群を環境教育群とした。解析対象者は男性216人,女性161人であった。食塩摂取量は簡易型自記式食事歴法質問票から推定した。行動変容ステージ及びその他の要因を自記式質問票で調べた。【結果】食塩摂取量は,女性の環境教育群においては1年間で平均 0.4 g/1,000 kcal有意に減少し対照群との間に群間差が認められた。食塩摂取量が減少した要因として,女性は醤油,調味食塩の減少に加えて,食態度(減塩の意識),情報・食物へのアクセスが有意に向上し,男性では,食塩摂取量の変化はみられなかったが,前後比較において環境群の行動変容ステージが有意に前進した。【結論】減塩には,食環境介入に栄養教育を加えることが女性勤労者で有効であると示唆された。
著者
中村 和利 土屋 康雄 斎藤 トシ子
出版者
新潟大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2008

本研究の目的は、閉経後女性の骨密度低下抑制に有効なカルシウム付加量を明らかにすることであった。女性ボランティア450人を1)カルシウム250mg、2)カルシウム500mg、3)プラセボを毎日服用する群、の3群に割付け、2年間の腰椎および大腿骨頸部骨密度の低下を3群間で比較した。カルシウム250mg/日および500mg/日付加群の腰椎骨密度の低下がプラセボ群より有意に小さかった。カルシウム250mg/日の摂取増加は腰椎の骨密度の低下を遅らせる。