著者
川野 徳幸 大瀧 慈 原田 結花 小池 聖一 大瀧 慈 小池 聖一 原田 結花 原田 浩徳
出版者
広島大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2008

(1)セミパラチンスク核実験場近郊住民を対象にアンケート調査及び証言収集調査を実施した。3年間で計459件のアンケート及び252点の証言を回収した。(2)従来収集したアンケート回答結果を用い、地区住民の核実験体験及び体験と被曝線量・爆心地からの距離との相関を検討した。同地区住民の核実験体験の有無は、爆心地からの距離に左右されている可能性が極めて高いことを明らかにした。(3)セミパラチンスク地区在住骨髄異形成症候群(MDS)患者の遺伝子変異を解析し、AML1変異が被曝線量依存性に高頻度であることを明らかにした。

言及状況

Twitter (3 users, 10 posts, 0 favorites)

こんな研究ありました:セミパラチンスク地区の核被害実態調査研究:アンケート・証言・遺伝子解析を通して(川野 徳幸) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/20510232
こんな研究ありました:セミパラチンスク地区の核被害実態調査研究:アンケート・証言・遺伝子解析を通して(川野 徳幸) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/20510232
こんな研究ありました:セミパラチンスク地区の核被害実態調査研究:アンケート・証言・遺伝子解析を通して(川野 徳幸) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/20510232
こんな研究ありました:セミパラチンスク地区の核被害実態調査研究:アンケート・証言・遺伝子解析を通して(川野 徳幸) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/20510232
こんな研究ありました:セミパラチンスク地区の核被害実態調査研究:アンケート・証言・遺伝子解析を通して(川野 徳幸) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/20510232
こんな研究ありました:セミパラチンスク地区の核被害実態調査研究:アンケート・証言・遺伝子解析を通して(川野 徳幸) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/20510232
こんな研究ありました:セミパラチンスク地区の核被害実態調査研究:アンケート・証言・遺伝子解析を通して(川野 徳幸) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/20510232
こんな研究ありました:セミパラチンスク地区の核被害実態調査研究:アンケート・証言・遺伝子解析を通して(川野 徳幸) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/20510232

収集済み URL リスト