著者
荒牧 英治
出版者
東京大学
雑誌
若手研究(A)
巻号頁・発行日
2008

電子カルテが急速に普及しつつある現在,電子カルテ文章からの情報抽出技術が待ち望まれている.しかし,カルテ文章は自然言語で記述されるため,現状では扱いが困難である.本プロジェクトでは,カルテに特化した情報抽出システムの開発を目指す.また,同時に研究利用可能な模擬カルテデータの構築も行い,研究材料として利用可能にする.

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

非文法的かつ断片化したテキストからの情報抽出に関する研究. 若手研究(A). 研究代表者荒牧英治. https://t.co/C1M4y5LoMW [PDF]
こんな研究ありました:非文法的かつ断片化したテキストからの情報抽出に関する研究(荒牧 英治) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/20680006

収集済み URL リスト