著者
吉田 聡 立花 義裕 小松 幸生 山本 雄平 藤田 実季子
出版者
京都大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2020-04-01

日本に豪雨をもたらす水蒸気は熱帯・亜熱帯の暖かい海から蒸発し、陸上へ流入する。しかし、極軌道衛星搭載マイクロ波放射計による鉛直積算水蒸気量(可降水量)の1日2回の観測では数時間で数kmの範囲に局所的な豪雨をもたらす降雨帯への水蒸気流入を把握することはできない。本研究では、船舶に搭載したGNSS受信機及び雲カメラ付きマイクロ波放射計と、新世代静止気象衛星ひまわり8号の多チャンネル熱赤外センサとの高頻度同時観測を元にした、海上可降水量の微細構造を水平解像度2kmかつ10分毎にリアルタイム推定する高解像度海上可降水量マップ作製手法を開発し、豪雨災害予測の定量化と早期警戒情報の高精度化に貢献する。

言及状況

Twitter (3 users, 7 posts, 8 favorites)

これは、科研費基盤B「船舶搭載可降水量センサーと静止気象衛星による海洋上水蒸気量微細構造推定手法の開発」のお仕事。 https://t.co/nyY4MYKvCu
水蒸気計はマイクロ波放射計なので、自らは射出せず受け取るのみです。私が代表の科研費基盤研究(B)「船舶搭載可降水量センサーと静止気象衛星による海洋上水蒸気量微細構造推定手法の開発」の一環で、勢水丸には通年で設置し、洋上可降水量を観測してもらいます。 https://t.co/k32yA8gqT0 https://t.co/aRUpVXjdMk
科研費データベースに4月採択分の情報がアップ。私は今年度から、基盤研究(B)「船舶搭載可降水量センサーと静止気象衛星による海洋上水蒸気量微細構造推定手法の開発」の研究代表者。研究船舶の運航が再開されないと商売あがったり。 https://t.co/k32yA8gqT0

収集済み URL リスト