著者
石井 源信 小谷 泰則
出版者
東京工業大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2010

本研究では、アスリートは緊張時になぜパフォーマンスが崩壊するのかを明らかにするために、磁気共鳴画像法を用いた実験やテニスのサーブ・コースを予測するCGを用いた行動実験を行い、脳のどの様な要因がパフォーマンスの崩壊を発生させるのかを明らかにすることを目指した。また、パフォーマンス崩壊の要因を探るためにソフトテニスを対象として、質問紙を作成し、どのような心理的要因がパフォーマンス崩壊に関与しているかも検討した。その結果、心理的な阻害要因としては、競技場面での過度な感情の惹起が「視線注意散漫」という状態を生じさせ、最終的に「知覚運動スキル」に影響を与えることが示された。また、脳内のメカニズムとしては、島皮質からの実行系の注意システムへのコントロールが阻害されることが示された。本研究では、これらの他に、スポーツ科学の脳機能研究を支援するプログラムの開発や、アスリート支援のためのスマートフォンアプリなどの開発も行った。

言及状況

Twitter (1 users, 5 posts, 0 favorites)

こんな研究ありました:緊張時のパフォーマンス崩壊メカニズムの解明と公開型スポーツ脳機能解析施設の構築(石井 源信) http://t.co/ufEdR2I2FQ
こんな研究ありました:緊張時のパフォーマンス崩壊メカニズムの解明と公開型スポーツ脳機能解析施設の構築(石井 源信) http://t.co/ufEdR2I2FQ
こんな研究ありました:緊張時のパフォーマンス崩壊メカニズムの解明と公開型スポーツ脳機能解析施設の構築(石井 源信) http://t.co/ufEdR2qZDQ
こんな研究ありました:緊張時のパフォーマンス崩壊メカニズムの解明と公開型スポーツ脳機能解析施設の構築(石井 源信) http://t.co/ufEdR2qZDQ
こんな研究ありました:緊張時のパフォーマンス崩壊メカニズムの解明と公開型スポーツ脳機能解析施設の構築(石井 源信) http://t.co/ufEdR2I2FQ

収集済み URL リスト