著者
高倉 伸有 矢嶌 裕義 高山 美歩 川瀬 明子 KAPTCHUK Ted J. JIAN Kong
巻号頁・発行日
2010-04-01 (Released:2010-08-23)

鍼治療の適応として最もよく知られる肩こりに対し、鍼治療は本当に効果があるのかを証明するために、治療者と患者に治療の真偽を知らせずに治療する「ダブルブラインド法(二重盲検法)」を用いた無作為化プラセボ対照臨床研究を実施した。その結果、治療しない場合よりも、鍼治療を施した方が肩こり感は改善したが、鍼が刺さっても刺さらなくても一定の肩こり改善効果が認められた。また肩こりの部位に鍼を刺して治療した場合にのみ、皮下血流に変化が認められた。これらのことは、「鍼治療を受ける」ことによって肩こり感は和らぎ、特に鍼を刺す治療であれば血流改善の効果も期待できることを示唆する。

言及状況

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

“「鍼治療を受ける」ことによって肩こり感は和らぎ”

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

過去の研究だと,主観評価ではプラセボ群と差は無し.一応血流がよくなる効果がある可能性が示唆されているけど,元データ見てないのでなんとも. https://t.co/5nMrnSfIrP

収集済み URL リスト