著者
齋藤 和也
出版者
熊本大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2010

日常生活における歩行は、 周囲の環境に応じて方向転換や歩行停止などに切り替えられる。本研究の目的はこの変換の神経機序を調べることによりパーキンソン氏病で観られる歩行障害の病態生理を解明することである。メダカ成魚において仮想遊泳中の脳活動を光計測することに成功した。また実験モデルとしてメダカ成魚の脳眼球脊髄摘出標本の作製も試みたが、網膜機能の低下などの課題が残った

言及状況

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

こんな研究ありました:曲がれない、止まらない - ゼブラフィッシュを利用した歩行障害の病態生理解明(齋藤 和也) http://t.co/IKUOg2pXpi

収集済み URL リスト