著者
大形 徹
出版者
大阪府立大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2010

中国の文様、雲気文は雲だとみなされてきた。しかしその初期のものは中央アジアのヘラ鹿等の角の形状に似る。ヘラ鹿は中央アジアの代表的動物である。その特徴は長くて大きな角にある。鹿の角は毎年、落ちてはまた生えかわる。このことが復活再生観念と結びつけられた。墓葬に描かれる鹿の角の文様は、死者があの世に生まれ変わることを助ける役割を担った。中国ではヘラ鹿類は少ないため、その文様は雲気とみなされるようになった。

言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 0 favorites)

@tos 中央アジアで鹿の角が復活再生の象徴としてお墓に描かれたものが、中国で雲の模様(雲気文)になったとする説があるようで。https://t.co/ulQZBEtx9N
こんな研究ありました:中国古代の文様、雲気文などがもつ復活再生観念の研究(大形 徹) http://t.co/kvwiX7n45H
こんな研究ありました:中国古代の文様、雲気文などがもつ復活再生観念の研究(大形 徹) http://t.co/kvwiX7E77H

収集済み URL リスト