著者
若山 照彦 水谷 英二
出版者
山梨大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2011-04-01

絶滅あるいは絶滅危惧種を復活させることができれば、失われた遺伝子の機能解析や産物利用が可能となる。研究代表者らはそのための基礎研究として、核移植技術を根本から見直し改善するのと同時に、クローン個体の大量生産の方法や、凍結死体、毛皮、糞や尿に含まれる細胞からクローン個体の作出を目指した。その結果、最新の技術を用いればクローン動物からクローン動物を作りだすことで無限生産の可能性を示し、また、尿に含まれている細胞からクローンを作りだすことに成功した。

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

こんな研究ありました:絶滅動物の細胞再生および有用遺伝子回収方法の確立(若山 照彦) http://t.co/jmcbZJff41

Wikipedia (1 pages, 2 posts, 1 contributors)

編集者: Assemblykinematics
2018-03-31 23:20:01 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト