著者
上野 健一 鈴木 啓助 山崎 剛 井田 秀行 南光 一樹
出版者
筑波大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2011 (Released:2011-08-05)

簡易レーザー式・自動雨雪判別装置を開発し、中部山岳域における冬季の降雨発生の気象学的メカニズムと積雪構造への影響を明らかにした。降雨の長期発現傾向は10年規模スケールの低気圧活動に依存し、単調な増減傾向は見られない。雨雪変化は低気圧通過時の南北に走る大地形に沿った暖域と寒気団の交換過程に依存する。積雪の堆積期における降雨発現は積雪内に氷板を形成し、融雪時期まで記録される。一方で、全層ザラメ化した融雪機の降雨は積雪水量の急増と排水に寄与する。全層濡れザラメへの移行は春一番を伴う温暖な低気圧の発生に依存する。2014年2月に発生した大雪は、2014年2月の大雪は、本来、降雨となるべき降水が降雪でもたらされ、引き続く降雨も排水されず山岳域で記録的な積雪水量の増加を導いた。

言及状況

Twitter (2 users, 4 posts, 0 favorites)

こんな研究ありました:中部山岳域における冬期の降雨発生と積雪構造への影響評価(上野 健一) http://t.co/hkIQTn9L1B
こんな研究ありました:中部山岳域における冬期の降雨発生と積雪構造への影響評価(上野 健一) http://t.co/QGVI0q6bIh
こんな研究ありました:中部山岳域における冬期の降雨発生と積雪構造への影響評価(上野 健一) http://t.co/QGVI0qneKh

収集済み URL リスト