著者
石井 晴之 中田 光 田澤 立之 似鳥 俊明 後藤 元 横山 健一 平岡 祥幸
出版者
杏林大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2011

本研究の目的は高分解能CTのdensitometryを用いて、肺胞蛋白症(PAP)病変のCT値を分析することである。5症例のPAPを対象とし、重症度別に肺全体のCT値や肺volumeを客観的に評価することができた。また継時的変化も含めてPAP病巣を反映するCT値は-850HU~-750HU領域のすりガラス影であること、そしてこの領域でのvolumeは血清KL-6およびCEA値と有意に強い正の相関(0.867, 0.616)をみとめていた。稀少疾患であるPAPの早期診断は困難な場合が多いが、本研究成果はPAP診断アプローチに役立つ情報になると思われる。

言及状況

Twitter (2 users, 4 posts, 1 favorites)

こんな研究ありました:Densitometryを用いた肺胞蛋白症における高分解能CT所見の意義(石井 晴之) http://t.co/hEZ2pEQXXP
こんな研究ありました:Densitometryを用いた肺胞蛋白症における高分解能CT所見の意義(石井 晴之) http://t.co/hEZ2pEQXXP

収集済み URL リスト