著者
久保 博子 木佐貫 美穂 金澤 麻梨子 川西 美和
出版者
奈良女子大学
雑誌
挑戦的萌芽研究
巻号頁・発行日
2011

硬さと弾性の異なるマットレス4種類を用い、短時間臥位実験、終夜睡眠実験、日常連続睡眠実験により、寝姿勢、体圧分布、睡眠解析、生理・心理反応をおこない 「寝転び心地」「眠り心地」 を検討した。その結果、短時間睡眠では、柔らかく反発弾性が小さい方が評価は良く、終夜睡眠実験では、寝姿勢や変換回数に差がみとめられたが、睡眠の質には有意な差は無かった。

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

寝具の違いが睡眠の質に影響を及ぼすか? https://t.co/5937cj52ZQ
https://t.co/fMFsZCUbLO 差は無いんですか…
こんな研究ありました:寝具の違いが睡眠の質に影響を及ぼすか?(久保 博子) http://t.co/YTMoNTti17

収集済み URL リスト