著者
菊水 健史 茂木 一孝
出版者
麻布大学
雑誌
挑戦的萌芽研究
巻号頁・発行日
2011

本研究では以下の知見を得た。1)求愛歌を聞いたメスは自身の系統とは異なるオスマウスの発した求愛歌に対して高い嗜好性を示した。2)メスの求愛歌への嗜好性は、発達期の父子間の関わりが重要であることが明らかとなった。3)メスの求愛歌への嗜好性は雌性ホルモンの存在が必要であることを示した。4)求愛歌を呈するオスでは数回の出産を認めたが、求愛歌を呈さないオスマウスのペアではほとんど出産を認めることがなかった。5)メスマウスの歌嗜好性はオスフェロモンとの共提示により顕著に観察され、感覚統合された表現型であることがわかった。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

オスマウスはメスマウスに遭遇すると、歌構造を持つ超音波を発声するそうで、その超音波(求愛歌)についての研究をさらっと読んでました。 「求愛歌」でググるとショウジョウバエや他の動物の求愛行動での歌も出てきて面白い。 マウス求愛歌の生物学的意義の解明(KAKEN) https://t.co/L2IVaSwWqg

収集済み URL リスト