著者
難波 美帆 林 衛
出版者
北海道大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2012-04-01 (Released:2013-05-31)

本研究では、東日本大震災及び原発事故における「専門家・科学者と市民の信頼感の崩壊」という問題意識を元に、サイエンスメディアセンターでの研究成果を踏まえ、震災以降のクライシス時にどのような科学情報の提供が行われたかを明らかにした。また原発事故後一ヶ月程度の緊急時を経過したのち、被災地への帰還やエネルギー選択の決定のために、どのような科学情報提供のためのチャンネルが活用されているかを調査した。緊急時はtwitterのようなITを使ったソーシャルメディアが情報の拡散に大きな役割を果たした。一方、多様な情報提供のチャンネルが求められていることが明らかになってきた。

言及状況

Twitter (9 users, 14 posts, 6 favorites)

科学革命家の活動に、科研費から390万円も出てたのか。福島の風評加害と偏った理科教育のために税金を使うなんて、無駄というか害しかないわ。 https://t.co/yXUUmpZSHA
Twitterで執拗に早野先生を批判してたよね? https://t.co/sITv9UbN4V https://t.co/rBa0kbL0xb https://t.co/bn72ucnNGx
たった5人の話聞いただけなの? はぁー? → https://t.co/oZ5WtkgSPt
ふーん https://t.co/U1t2AyyUbB https://t.co/mtextp0Jbx 結構いい金額ですねw
@amaotom @monstar81053 https://t.co/U1t2AyyUbB これですよね。まぁ、意義のある論文をお書きになることでしょう 棒

収集済み URL リスト