著者
満倉 靖恵 神崎 晶 浜田 望
出版者
慶應義塾大学
雑誌
挑戦的萌芽研究
巻号頁・発行日
2012-04-01 (Released:2013-05-31)

耳鳴りの音を外部から推定することは困難である.耳鳴り患者は医師にその音を"キーン","ジイジイ"と鳴る,などの表現で伝えるが,医師にその音は判らない.これまではピッチマッチ法装置を用いて音の推定を行って来たが,ピッチマッチ法は病院のみで扱える特殊機械であり,音が日によって変化する耳鳴りを正確に知る方法としては相応しくなかった.そこで本研究課題では,簡易に計測できる脳波計を用いてスマートフォン上で取得した脳波を用いて耳鳴り音の特定を行うことを第一の目的とした.また,耳鳴り音として聞こえている周波数の逆位相を持つ音を出すことで,耳鳴りを軽減することができるかどうか,検証する事を第二の目的とした.

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (4 users, 4 posts, 2 favorites)

“KAKEN — 研究課題をさがす | 脳波による耳鳴り音の周波数特定とマスキング音声の生成 (KAKENHI-PROJECT-24650087)” https://t.co/fP8RDurInh
1 1 https://t.co/weqof0nt9J
脳波による耳鳴り音の周波数特定とマスキング音声の生成 https://t.co/oMCkysz6qX 先行研究ありました

収集済み URL リスト