著者
ナカル エルダド
出版者
慶應義塾大学
雑誌
哲學 (ISSN:05632099)
巻号頁・発行日
vol.117, pp.89-123, 2007-03

特集記憶の社会学投稿論文はじめに2. 第二次世界大戦を題材とする日本のマンガ 2.1. 1950年代後半から1960年代後半まで 2.1.1. 英雄的な戦闘 : 羅憲的語り 2.1.2 プロットの構成に見られる類似点 2.1.3. 単純なプロット,可愛らしい登場人物,歴史的リアリズム 2.1.4. 悲惨な戦争 : 拒絶された語り 2.2. 1960年代後半から1970年代後半まで 2.2.1. 悲惨な戦争 : 羅憲的語り 2.2.2 プロットの構成の類似点 2.2.3. 個人の証言と女性の記憶 2.2.4. 英雄的な戦闘 : 薄れゆく語り3. 自己を映す鏡 3.1. 1945年~1954年 : 時間の隔たり 3.2. 1950年代後半から1960年代後半まで : 肯定的な過去のイメージの出現 3.3. 1960年代後半から1970年代後半まで : 忌まわしい過去の記憶4. マンガの社会的枠組As the literature on collective memory acknowledges, when individuals recall their past, their memory is a collaborative product, influenced by society, and modeled by the collective frame of the day. Collective memory, scholars agree, is substantiated through multiple forms of communication. To infer on how a certain society remembers its past, scholars, thus, take on the task of investigating various mediums and different cultural productions. In Japan, it seems, however, that scholars failed to include manga into the above comprehension. As if manga is not a medium of communication that abide by the collective memory frame of the day, whenever the issue of collective memories of World War II in Japan has been addressed-and there were ample investigations on the issue so far-only few scholars looked at Japanese manga. Responding to the above tendency, in my paper, I choose to concern myself solely with the fictional representation of WW II over the manga. I seek to put manga tales of WW II against the social environment from which I argue they draw their ideas and worldview. I apt to demonstrate that manga narration of WW II is also a reflection of the different times in which it was produced.
著者
金子 國吉
出版者
慶應義塾大学
雑誌
体育研究所紀要 (ISSN:02866951)
巻号頁・発行日
vol.15, no.1, pp.25-39, 1975-12

1. はじめに2. 古代末期の剣技について3. 鎌倉時代の剣技についての概説4. 南北朝時代の剣技について5. まとめ
著者
丸島 和洋
出版者
慶應義塾大学
雑誌
史学 (ISSN:03869334)
巻号頁・発行日
vol.77, no.2, pp.221-246, 2008-12

論文はじめに一 取次の検出二 取次の構成とその意義 1 当主側近 2 一門・宿老三 取次になることの意味おわりに
著者
丸島 和洋
出版者
慶應義塾大学
雑誌
史学 (ISSN:03869334)
巻号頁・発行日
vol.75, no.2, pp.181-209, 2007-01

論文はじめに一 天文~弘治期の諏方郡支配 1 武田氏の諏方侵攻と「諏方郡司」 2 「高島城代」の設置二 奉書式朱印状の創出と「諏方郡司」 1 「諏方郡司」の不正 2 永禄~天正期の「諏方郡司」 3 当該期「諏方郡司」の権限三 武田領国における「郡司」 1 「郡司」の検出 2 「郡司」が奉じる龍朱印状おわりに
著者
小谷 俊彦
出版者
慶應義塾大学
雑誌
史学 (ISSN:03869334)
巻号頁・発行日
vol.50, pp.155-172, 1980-11

国史第五〇巻記念号The Ashikaga family produced a great many branch families from the end of the Heian period through the Kamakura period. These branch families can be broadly divided into two groups according to their character. One group comprised families such as the Kira, the Shiba, and the Momonoi, who became independent gokenin serving the Kamakura shogunate in the same way as the main family but possessing different territories. The other group comprised families such as the Nikki who remained under the protection of the main house, from whom they received their lands, and were in effect little better than vassals. In this way, relationships of the Ashikaga family developed during the Kamakura period had a lot of influence in various fields in the subsequent Nanbokucho period.
著者
浅見 雅一
出版者
慶應義塾大学
雑誌
史学 (ISSN:03869334)
巻号頁・発行日
vol.59, no.2, pp.219-261, 1990-07

論文一 はじめに二 教会史料を中心とした史料系統三 四川支配の経緯 (一) 四川侵攻と大西政権の成立 (二) 漢中後略の失敗 (三) 四川破壊 : いわゆる「屠蜀」について (四) 四川放棄から壊滅迄四 結び
著者
桃崎 有一郎
出版者
慶應義塾大学
雑誌
史学 (ISSN:03869334)
巻号頁・発行日
vol.76, no.1, pp.1-37, 2007-06

論文はじめに一 未拝賀の常態化と廷臣の経済的困窮 I 室町後期の未拝賀常態化 II 拝賀の負担感と廷臣の困窮 A 拝賀の負担感 B 洞院家の困窮と拝賀困難二 負担の内実と公家社会の経済構造 : 人件費と装束調達費 A 人件費の負担と訪に群がる人々 B 車・装束用意の負担三 廷臣の自衛策と負担回避の論理 A 拝賀先の省略 B 公事参仕の回避 C 拝賀回数の間引き D 複数の拝賀の「通用」 E 人員・装束の共有 F 人員・装束の削減・省略 G 任官・昇叙を所望せずおわりに
著者
桃崎 有一郎
出版者
慶應義塾大学
雑誌
史学 (ISSN:03869334)
巻号頁・発行日
vol.73, no.2, pp.195-223, 2004

論文はじめに一 南北朝・室町期の陣中とその存続下限 A 土御門内裏における陣中・陣口 B 牛車宣旨と陣中通行 C 陣口と「置石」二 陣中に対する公家社会の意識と慣行・治安おわりに
著者
磯崎 達朗
出版者
慶應義塾大学
雑誌
史学 (ISSN:03869334)
巻号頁・発行日
vol.61, no.3, pp.317-338, 1992

はじめに一 高師冬・上杉憲顕の地位と権限 1 高師冬の東国下向の経緯と背景 2 師冬軍の分析とその三類型 3 小結二 「鎌倉府執事」発給の奉書についておわりに
著者
淺子 勝二郎
出版者
慶應義塾大学
雑誌
史学 (ISSN:03869334)
巻号頁・発行日
vol.31, no.1, pp.32-52, 1958

慶應義塾創立百年記念論文集In the eleventh and the twelveth century, Japanese Buddhism was characterized by the pessimism of the Mappo teachings (the theory of the latter days of Buddhism), and the diffusion of the Pure Land Sect of Buddhism 浄土宗 which taught men how to cope with these pessimistic teachings. Due to the diffusion of the Pure Land Sect many halls which were dedicated to Amida were built throughout the country. The Tohoku district (the north-eastern section of Japan) was by no means an exception. Even now, some Buddhist Halls and Images enshrined in them built in that period remain in the Tohoku district. They are : the Konjiki-do of Chuson-ji 中尊寺金色堂 the Amida Hall in Shiramizu 白水, the Amida Hall of Kozo-ji 高藏寺, and the Yakushi (Bhesajaguru) Hall in Kanago 金郷. These Halls and Images in the Tohoku district have a common character distinct in style from those Buddhist Halls and Images in other districts of this country. The writer of this article would call the district where the Buddhist Halls and Images of the Tohoku style are distributed the "Hiraizumi Culture Range" and studies the artistic style common in the Amida Halls and Images remaining in the Tohoku district.
著者
伊木 壽一
出版者
慶應義塾大学
雑誌
史学 (ISSN:03869334)
巻号頁・発行日
vol.1, no.3, pp.351-379, 1922-05

口繪:大内義隆の遺詠(赤間宮所藏)一 文化の曙光二 大内氏の歴代三 時勢の影響四 和歌連歌
著者
加藤岡 知恵子
出版者
慶應義塾大学
雑誌
史学 (ISSN:03869334)
巻号頁・発行日
vol.73, no.4, pp.371-396, 2005

論文はじめに一 入室年齢二 入室尼寺 1 足利義持期の入室 2 足利義教期の入室 3 比丘尼御所と権門子女三 比丘尼五山次第と禅林相伴衆四 入室後のくらしおわりに
著者
漆原 徹
出版者
慶應義塾大学
雑誌
史学 (ISSN:03869334)
巻号頁・発行日
vol.54, no.2, pp.179-196, 1985-03

論文
著者
松本 一夫
出版者
慶應義塾大学
雑誌
史学 (ISSN:03869334)
巻号頁・発行日
vol.57, no.3, pp.453-474, 1987-11

論文一 はじめに二 建武四年末~尊氏の東国下向までの守護沿革考証について a 建武四年末~貞和年間 b 観応二年八月二五日付高階某奉書をめぐって三 尊氏東国在陣期における守護沿革考証について a 仁木頼章の下野国守護在職説について b 宇都宮氏綱の下野国守護在職説について c 小山氏政の文和二年における下野国守護在職の可能性について四 観応撹乱期における宇都宮・小山両氏の勢威五 東国の伝統的守護の存在形態 : むすびにかえて
著者
小川 剛生
出版者
慶應義塾大学
雑誌
三田國文 (ISSN:02879204)
巻号頁・発行日
vol.25, pp.1-16, 1997-03-31

はじめに一 摂関家の存在証明 : 日本紀神話と大嘗会神膳供進作法二 二条師忠と即位灌頂三 二条家の印明説と寺家即位法四 二条良基と即位灌頂(1)五 二条良基と即位灌頂(2)六 結語
著者
峰岸 純夫
出版者
慶應義塾大学
雑誌
史学 (ISSN:03869334)
巻号頁・発行日
vol.34, no.3, pp.379-417, 1962-03

はしがきI 新田庄の地檢目録の分析II 岩松氏の一族と家臣あとがき
著者
磯田 道史
出版者
慶應義塾大学
雑誌
史学 (ISSN:03869334)
巻号頁・発行日
vol.71, no.2, pp.137-176, 2002

論文はじめに一 ペリー来航と門閥制度 1 ペリー来航以降 2 門閥世襲批判 3 人才挙用論二 諸士皆学制の施行 1 鳥取藩の藩校教育 2 藩校への出席強制 3 登校拒否の理由三 藩校による人材選抜 1 藩校の改革 2 役人選挙制の導入 3 門地格禄の廃絶へおわりに
著者
三上 真理子
出版者
慶應義塾大学
雑誌
哲學 (ISSN:05632099)
巻号頁・発行日
vol.114, pp.223-258, 2005-03

特集都市・公共・身体の歴史社会学-都市社会学誕生100年記念-B編 身体と公共の歴史社会学論文1. はじめに 兵役忌避者のイメージ2. 大正・昭和の『読売新聞』にみる兵役忌避報道 2-1. 大正・昭和の『読売新聞』 2-2. 報道件数の推移と報道内容の特徴3. 兵役忌避者の肖像 : 大正・昭和の『読売新聞』報道から 3-1. 兵役の不平等 : 国民と兵役をめぐる議論 (1) 兵役という"貧乏くじ" (2) 兵役は「名誉」か「苦痛」か 3-2. 二つの忌避者像 : 大正の忌避者たち (1) 減らない兵役忌避 (2) 学生への猶予問題再び (3) 都市のインテリに忌避の傾向 (4) 児戯に類した嘘をつく 3-3. 兵役法の公布から総動員体制へ : 昭和の忌避者たち (1) 物語の復活 : 転落のストーリー (2) 姿を消す忌避者たち4. おわりに イメージの力・イメージする力The purpose of this paper is to describe the portraits of draftdodgers in Japan and through them to think about the relationship between the government and their people and the role of newspaper as the agent between them. Since the conscription was introduced in 1872, there were many draft-dodgers in Japan. To escape from conscription, they used various legal and illegal means, but they proposed the same question. That is, could the government force their people to kill or to be killed against their will? In this meaning, the draftdodgers represent the tensions between the government and their people. In this paper, I tried to describe the portraits of draft-dodgers from the articles of YOMIURIin Taisho and Showa era. YOMIURI is one of the most popular newspapers in Taisho and Showa era in Japan. I found 107 articles about draft-dodgers in it. I have already analyzed the changes of their portraits in Meiji era. Through Meiji era, their portraits changed from the men of darkness to HIKOKUMIN as coward and the cunning intelligentsia. In Taisho era, YOMIURI presented two typical portraits of draft-dodgers. They were as cunning intelligentsia and men of darkness and ignorance. However, the conscription was also criticized because of its unfairness and inequality. In Showa era, the experiences of continuous wars changed their portraits to as wrongdoer and offender. They were criticized as obstacles to accomplishment of wars. After the breakout of war against China, the articles about draft-dodgers in Japan faded out from YOMIURI. Instead of them, the articles of draft-dodgers in America, China, England-the portraits of enemies-appeared. The portraits of draft-dodgers reflected the changes of political, social and military situations. They represented the worst category of Japanese at that time. YOMIURI kept showing people the image of "good" Japanese by showing them the portraits of "bad" Japanese, the draft-dodgers.
著者
沢田 允茂
出版者
慶應義塾大学
雑誌
哲學 (ISSN:05632099)
巻号頁・発行日
vol.35, pp.121-139, 1958-11

伝統的論理学では論理学の最高原則又は原理として同一律、矛盾律、排中律等を挙げていることは衆知の事実である。しかし同時に現代の数学的論理学に於いてはこのような原理は唯一の公理の組ではなくて、せいぜい他の多くの論理規則の中の二三のものとして加えられるに止まり、従って論理学の原理とか原則などと云う概念そのものさえ余り用いられていないことも明かなことである。しかし過去の多くの哲学体系の中には明瞭に同一律、矛盾律、排中律等の論理学の原理が哲学の出発点となっている場合が多いし(例えば肯定的な意味ではフィヒテ、否定的な意味ではヘーゲルを挙げることが出来るであろう)、又論理学と対象界との関係が問題になる場合にはある意味に於いて右の原則の解釈が中心的な地置を占める場合が多い。従って右の原則は論理学プロパーの問題に属すると云うよりはむしろ認識論的な議論に属すると見ることが出来る。しかし従来それらがいはゆる論理学の原理と考えられていた所に実は論理学と認識論との、はっきりと区別し難い哲学的問題が指摘され得ることも見逃すことは出来ない。この小論文では(1)これらの原則の論理学内に於ける表現の仕方自身がすでにある哲学的、認識論的立場を先取していること、(2)これらの原則のある特定の解釈から生じている哲学的立場の批判、及び哲学的、認識論的問題として如何にこの問題を解決すべきかについての或る意見を述べることとする。