著者
鹿島 美里
出版者
北海道大学
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2012-04-01

山東京伝の有力な後援者の一人であった松前藩主松前道広の弟、松前文京(俳号泰郷)の俳諧活動を調査・分析し、その俳諧活動を明らかにした。文京(俳号泰郷)は江戸座俳諧宗匠存義を師とし、弟の松前武広(俳号李井)とともに、大名子弟の俳人柳沢米翁・本多清秋・松平雪川・酒井抱一らと俳諧交友を行っていたことを解明した。これによって文京の江戸座俳諧活動が明らかとなり、山東京伝の係わった江戸文化圏の一端を解明することができた。

言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 0 favorites)

松平治郷(不昧)と衍親(雪川)兄弟って、人脈もそら広く繋がりがあるんでネタにしやすいよね。酒井抱一が兄貴の酒井忠以からの繋がりで茶道の弟子で、山東京伝は弟の衍親と吉原通いする仲だったし……つか、そもそも二人そろって大田南畝サロンの… https://t.co/wFPAk1kahf
24720087 研究成果報告書 - KAKEN(pdf) https://t.co/fkBDnvB7a6 さらに弟の松前武広さんもこの分野で関わりがあったのね。波響も含めて、芸術の素養が高いなぁ。
山東京伝の江戸文化圏解明に関する研究ー松前文京の文芸活動について https://t.co/txaQDNwunJ へえ、池田頼完(松前文京)についての研究があったんだ。しかも結構新しい。

収集済み URL リスト