帆船ハッカ (@kotosakikotoko)

投稿一覧(最新100件)

RT @washou3956: PDF公開。『深浦円覚寺所蔵古典籍調査報告書第二集』(弘前大学人文社会科学部地域未来創生センター深浦円覚寺古典籍保存調査プロジェクト、2020年2月)阿部泰郎「深浦円覚寺所蔵の中世真言聖教」は文観「御遺告秘決」の解題・翻刻を載せ、醍醐寺との関連を…
いわて文化ノート「ナマズとコイの東北進出」 https://t.co/lqjbwxDta8 へー、ナマズって江戸後期まで東北に来てなかったんだ。

1 1 0 0 OA 南部叢書

漆戸茂樹の書いた北奥路程記、南部叢書第7巻で見れるな。草書体っぽいから大変だけど。 https://t.co/oDtF8Peamx
盛岡南部藩における東洞門下生処分 https://t.co/EyzZgNX2Lm あ。こっちも公開されてたか。吉益東洞の南部侯往診についての新史料(https://t.co/kEzz6D6BUo)の続編。
盛岡南部藩における東洞門下生処分 https://t.co/EyzZgNX2Lm あ。こっちも公開されてたか。吉益東洞の南部侯往診についての新史料(https://t.co/kEzz6D6BUo)の続編。
RT @Tadashi_Imafuku: 米短・薗部先生の「看聞日記」現代語訳18がアップされました。 https://t.co/fKBmRb9gln
RT @Kozikagami: 三淵藤英の動画。こちらの制作では金子拓先生の論文に助けられました。 藤英の立ち位置について知りたいという方にはオススメです。 (動画は4/3に投稿します) https://t.co/EmdVp1614y https://t.co/YqEB2oxk…
寛永十一年、秋田藩佐竹氏の二つの領知高 https://t.co/kkyVmNS4V7
室町幕府下の出羽国・「奥州」 https://t.co/jPgUSA2DfR
津軽安藤氏研究の一視角 https://t.co/XAk4tUWuE3
『梅津政景日記』にみる能楽と茶の湯、贈答について https://t.co/EopUctzmqG
奥羽大名と越前朝倉氏の通好 https://t.co/llb14Hk8w0
RT @akasaki_198: 現在においてコシャマインの戦いの通説と思われている、だいたいのことは1878年(明治11年)の『松前家記』に依るところがあると言われています。 ▼詳しくはこちらをドゾー つくばリポジトリ | <原著論文>コシャマインの戦いに関する『新羅之…
吉益東洞の南部侯往診についての新史料 https://t.co/kEzz6D6BUo あら、これ公開されてたのね。南部利視の診療記録といってもいいもの。雑書は本当にありがたいありがたい。

246 0 0 0 OA 集古十種

RT @k_nagae_tkac: 画質は良くないけれども全体図が1ページに収まっているのは此方のほう。 『集古十種 刀劔之部』 https://t.co/Ef1rUfLvsa コマ番号8に「鬼丸太刀圖」、コマ番号48に「鬼丸太刀金具圖」 https://t.co/6jAA…
RT @k_nagae_tkac: 特に「鬼丸太刀金具圖」は詳細に描かれていて見応えがあります。以下デジコレのリンク。 『集古十種 兵器・刀劔 巻之一』 https://t.co/1f72UcevNI コマ番号34・35に「鬼丸太刀圖」 『集古十種 兵器・刀劔 巻之三』h…
RT @k_nagae_tkac: 特に「鬼丸太刀金具圖」は詳細に描かれていて見応えがあります。以下デジコレのリンク。 『集古十種 兵器・刀劔 巻之一』 https://t.co/1f72UcevNI コマ番号34・35に「鬼丸太刀圖」 『集古十種 兵器・刀劔 巻之三』h…
修験山伏の世界と三浦命助:脱藩放浪時代の「日記」を中心に https://t.co/vGTVifxbMq
三浦命助「松前」移住論の史的意義--「獄中記」の史料批判を通して https://t.co/hfmhXFfTn6 これ読まなきゃ。
吉益東洞の南部侯往診についての新史料 https://t.co/QaOtUYJFCG 盛岡南部藩における東洞門下生処分 https://t.co/pnmQvD56x9
吉益東洞の南部侯往診についての新史料 https://t.co/QaOtUYJFCG 盛岡南部藩における東洞門下生処分 https://t.co/pnmQvD56x9
津軽地方と南部地方における庭園の特徴とその印象分析 https://t.co/6i3V80zpZd
へ―近衛先生、こんな文書書いてたの、歴史街道か。 伊達、南部、相馬…からくも生き残った東北家臣団 (特集 戦国家臣団 : 負けない組織の条件) https://t.co/VJmjN6ZmVB
盛岡藩の罪と罰雑考(四・完) https://t.co/OUjg8G41Zq
盛岡滞の罪と罰雑考(三) https://t.co/TjolLtnYLj

7 0 0 0 OA 麻酔の歴史

俗説として、応永年間に若狭に来た南蕃船が芥子を伝えた、なんて話もあるらしいけどまあさすがに与太の類。藩庁日記だと1690年にはみられるそうで。 麻酔の歴史 ケシの渡来と津軽一粒金丹 - J-Stage https://t.co/HcwVqeDTGj
RT @kotosakikotoko: 不染斎俊恕書状(根城八戸家宛)の年代比定 https://t.co/U7yMlTVZNO 弘前大学国史研究141号が公開されたので貼る。面白いよぉ。
不染斎俊恕書状(根城八戸家宛)の年代比定 https://t.co/U7yMlTVZNO 弘前大学国史研究141号が公開されたので貼る。面白いよぉ。
RT @genmaysan: ふわぁ!!見つけたよう!!見つけたよう!! 美川秀信さんが朝鮮の水産試験場にいた証拠!! この時はまだ技師だけど。 #いだてん 朝鮮総督府及所属官署職員録. 大正15年 :水産試験場 - 国立国会図書館デジタル https://t.co…
RT @genmaysan: そして享年49歳、没年が1940年:昭和15年とするなら、恐らくはここが終点でしょう。 美川秀信さん。 朝鮮総督府・京畿道・産業部産業課・産業技師。 これが正しい最後の肩書きになるかと。 #いだてん 朝鮮総督府及所属官署職員録.昭和14年 -国…
津軽石の後藤又兵衛伝説ならこれが一番まとまってるかなぁ。各伝説の比較も行っていて、時代ごとに伝説がどう変化してきたかもわかって面白い。 祭祀伝承の正統性--岩手県宮古市の事例から https://t.co/SITbLD7PxW
北海道松前町福山城下町遺跡小松前町地点発掘調査報告 https://t.co/NjokovMdoW
RT @blumentritt1120: 岡 陽一郎「地域認識と幹線道路-いわゆる『あづまかいどう』を材料に-」 東北学院大学東北文化研究所紀要50号 https://t.co/wRNADKP5D9
チャシ跡が示すアイヌ社会の繁栄--沙流川流域 (特集 河川新風土記(7)北海道) -- (民俗) https://t.co/SkdQmzULSW
秋田藩における鉄砲使用と狩人の関連性 https://t.co/zPajq7EU3g
松前藩出身の歴史学者池田晃淵書誌--経歴と事跡 https://t.co/62oYbYV0E2
箱館府の窮地と松前藩正議士接近の目的--正議隊事件の背景 https://t.co/WCvKV5Jf6P
松前藩の五十集--組織的交易の下の庶民交易 (北海道の民俗) https://t.co/gxT5YVaes3
松前藩正議隊政権成立--正議隊の藩政改革 https://t.co/1yTcQQvNxt
松前藩の他国者の足軽召し抱えにみる社会構造の特質 https://t.co/4rWbCUEsny
長崎貿易における南部昆布の歴史的意義 : 松前昆布・津軽昆布との比較から https://t.co/KCYpaoyfaO
絵図から読み解く近年のスギの分布変化 https://t.co/3v3LgdYFoy ※抄録
17~19世紀の森林利用とスギの分布への影響 https://t.co/4OaFyWLcKd ※抄録
松前藩の上乗・目付について:一七・一八世紀におけるアイヌ交易 https://t.co/0fWgqQrFpv お、この論文ウェブ公開になってたのね。松前の蝦夷地交易船に乗っていた上乗・目付という役職についての研究。
RT @nanbubot2: 掘立柱建物跡からみた中世十三湊遺跡における社会構造の可能性(2005) https://t.co/eKq47TLO5s
RT @nanbubot2: ●中世南部氏城館の特異性(2015) https://t.co/BzGvaAwUTM
RT @nanbubot2: ●中世南部氏の建築文化(2016) https://t.co/tlVO5rmw5H
この地図見るたびに思うんだけど、外ヶ浜が南部領、東浜が浪岡北畠領におおよそ対応できるの結構楽しい。 (出典は松前街道の変遷について https://t.co/b1ZEMiSeTi) https://t.co/YYNmJlmZa1
近世における俵物・諸色の研究 : 北奥・蝦夷地を事例に https://t.co/C2HwoX886M 読み読み
津軽藩士から学ぶ珈琲一杯の薬理学 https://t.co/gmhBEND9Aq なんで薬効があったのか薬理学見地から解説してる論文。
<書評と紹介> 北東北古代集落遺跡研究会編『9~11世紀の土器編年構築と集落遺跡の特質からみた、北東北世界の実態的研究』 https://t.co/JgV3bIWSa5
弘前藩の蝦夷地警備と青森妙見堂 : 発見された大星神社の鰐口は何を語るか https://t.co/oHMEPIuohp
近世大名南部家が向き合った「歴史」 : 歴史の捉え方とアーカイブズ政策展開の側面から https://t.co/ObPnys3osk
弘前津軽家の両敬における書札礼 https://t.co/lJzbbhTQ5r
江差町鴎島沖の海揚がり遺物 https://t.co/ytpDI6hcHO
<書評と紹介> 関根達人著『中近世の蝦夷地と北方交易 : アイヌ文化と内国化』 https://t.co/6QVix5sKSK
弘前・黒石津軽家の両敬について https://t.co/PPPqioMFDe
RT @nanbubot2: ●康正二年・長禄元年(コシャマインの戦い)・大永五年のアイヌ蜂起について(2017) https://t.co/69RBA8l52m
RT @RTAF_JSG: そういえば、中尊寺讃衡蔵に特に説明もなく「平泉諸寺参詣曼荼羅」という絵図の複製が展示されていて気になっていたのですが、ググってみたらこんなのがありました。 【門脇佳代子 :静岡市立芹沢銈介美術館所蔵「中尊寺参詣曼荼羅二曲屏風」について】 https:…
RT @kotosakikotoko: 岩手県地方の稲品種の変遷 https://t.co/BCk2gk1Jy3 盛岡藩、『稲作栽培の北限で~』『飢饉凶作を繰り返し~』とはよく言われるけど、具体的にどう稲作栽培の北限であり、飢饉凶作が発生する環境だったのか、その対応策がどう…
岩手県地方の稲品種の変遷 https://t.co/BCk2gk1Jy3 盛岡藩、『稲作栽培の北限で~』『飢饉凶作を繰り返し~』とはよく言われるけど、具体的にどう稲作栽培の北限であり、飢饉凶作が発生する環境だったのか、その対応… https://t.co/FkNXl3awIb
RT @zasetsushirazu: 明治42年3月3日、野辺地尚義が死去。盛岡藩出身で、伊藤博文らに英語を教えたという。明治期に紅葉館(跡地は東京タワー)を経営。孫に、ピアニスト・野辺地勝久(瓜丸)がいる。佐野仁美「日本におけるアルフレッド・コルトー受容」(『表現文化研究』…
RT @nanbubot2: ●北奥大名津軽家の自己認識形成 (特集 「御家」の思想 : 大名家の自己認識)(2013) https://t.co/7lM3cEKo4j
J-STAGE Articles - 17世紀初頭カンボジア-日本往復書簡について https://t.co/s1nEnydy6I ググってみたら引っかかった。後で読んでみよ。
東アジアの歴史世界におけるアイヌの役割 https://t.co/hOe96eeFmS
アイヌのキテ(回転式離頭銛)の諸系列 : 形態分類と編年 https://t.co/xkfa9NcHnC
ヘジェ・フィヤカ・エゾ : 近世における日本と中国の北方民族に対する認識 https://t.co/9nSMHKw1OF
北太平洋沿岸における海獣猟の展開 : 銛・銛頭を指標として https://t.co/9fUqlR4cWa
18,19世紀におけるアムール川下流域の住民の交易活動 https://t.co/so0Iq5axch
近世末期におけるアイヌの毛皮獣狩猟活動について : 毛皮交易の視点から https://t.co/Ye1aMsqBPI
サンタン交易の経済学 https://t.co/zuzUHtTu4E
J-STAGE Articles - 舊八戸藩種市村に於ける「たゝり地」の研究 https://t.co/WquG0iZ9No 面白いなこれ。『たんさいたゝり地』の伝承って有名なのかしら?
南部密銭史は基本的に江戸期から明治最初期の話だけれども、それ以前から既に鋳造してた可能性あったんじゃねえの? って『中世後期日本貨幣史の再構築』で推測されてて夢が広がりんぐ。 https://t.co/fzPH9kLc13
CiNii 論文 -  徳川綱吉政権と盛岡藩 https://t.co/ckIN3HfnKW #CiNii
CiNii 論文 -  盛岡藩領における天明の飢饉 https://t.co/X1R0jtxXrY #CiNii
CiNii 論文 -  奥羽仕置と南部信直 https://t.co/LiDXDbK2V2 #CiNii
北東北の人口史料にみる天明・天保の飢饉 https://t.co/In43ECHTUU 安定の菊池勇夫先生。
イタリア商人ジャーコモ・ファルファラの未刊日誌 https://t.co/NBAvadRtZU おおお、これも面白い。題名通り、戊辰戦争頃に北日本を訪れたイタリア商人の日誌なのだけれども、戊辰降伏後の盛岡藩の状況の一端が垣間見える… https://t.co/c1RfFB6ivi
盛岡藩の罪と罰雑考(一) https://t.co/Ujns3J9Ppj あ、この論文PDF出てたんだ。これ面白かったからオススメお勧め。
RT @nanbubot2: 中世日本の北方社会とラッコ皮交易 : アイヌ民族との関わりで (改訂版)(2013) https://t.co/xwWLW2WhpK
RT @nanbubot2: 戦国期の越前斯波氏について(2000) https://t.co/G081mHVtiZ https://t.co/sCQ1cjUtgY
RT @nanbubot2: 戦国期の越前斯波氏について(上)(2000) https://t.co/ynZczWccvE https://t.co/87UQ0980Dq
RT>面白そう、とググってみたら論文も出てるのね。 「キリシタン能」 再考 : イエズス会日本報告の原本から https://t.co/sGsjC7hduA
RT @nanbubot2: ●中世後期道南十二館館主の出自をめぐって--河野氏・相原(粟飯原)氏の場合(2005) https://t.co/Xqtiq005xk
J-STAGE Articles - 岩手大学図書館宮崎文庫旧蔵本『十和田山本地由来記』の物語舞台 -旧南部氏支配地域における十和田湖創生説話の分布- https://t.co/frzLAoMZcM
『落穂集』(南部家本)の翻刻と解題 ―元禄期江戸雅文壇資料紹介― https://t.co/A1aH2Cnwop 金地院でググったらこんなん出てきた。さらっと南部重信出てる。読も。
RT @TGFOP_kaeka: CiNii 論文 -  『北海道の口碑伝説』とは何か https://t.co/IbsdFo7fDP #CiNii 知りたいわ〜
RT @takekawa_yu: 拙作の『弓の舞(クリムセ)」はこの論文が着想の原点になっています。PDFで誰でも読めるので、興味のある方はぜひ。 https://t.co/QvxOeqevHK https://t.co/vMvFPDO0tg
江戸時代における衣服規制 https://t.co/RxBJERyj9n これの盛岡藩の項、士分に対する衣服規制法例が第1期(慶長~寛文)に集中してるの、『御国風』や藩意識の形成と絡めて考える事が出来そうな事例だなってちょっと思った。
RT @torakare: これおもろかった。幸村誠「漫画でつなぐ、中世北欧と現代日本」 https://t.co/MuIN88DYNJ
歴史研究と連歌研究の絡む話だと、国文学者の島津忠夫先生が、永正期に南部や蝦夷地を訪れた連歌師卜純を紹介した事が、南部氏研究を一歩進める契機になったのは確かなので、論文ぜひ読んで。 北海道に渡った連歌師卜純と中世北方史 https://t.co/48jdfOTixe
幕末期蝦夷地陣屋の立地した気候 https://t.co/CfmO7Ys9oV 前近代の蝦夷地の気候って言うならこういう論文あるね。
RT @nanbubot2: 上杉博物館蔵林泉文庫旧蔵『源姓系図』の特徴について(2016) https://t.co/IObbjoiEaR
南部藩の能楽に関する研究だと青柳有利子先生。ネットで見られる記事だとこれとか 南部藩の能楽 -寛文から元禄まで- https://t.co/IRmcHHFNO5
RT @nanbubot2: 奥羽仕置と稗貫氏―『稗貫家譜』の分析から―(2014) https://t.co/OsbSJCyUDJ
RT @nanbubot2: 川嶋氏所蔵文書中の九戸一揆関係文書について(2009) https://t.co/W3JkciXjx0 (自動DL注意)https://t.co/7yxje8D7uS
RT @nanbubot2: 川嶋氏所蔵文書中の九戸一揆関係文書について(2009) https://t.co/W3JkciXjx0 (自動DL注意)https://t.co/7yxje8D7uS
RT @nanbubot2: 三戸南部氏と糠部「郡中」(1995) https://t.co/B7DgSpSfsz https://t.co/gNUZdRA8sj
RT @nanbubot2: 九戸一揆の一断面(2002) https://t.co/TJJfOZdZOs

お気に入り一覧(最新100件)

PDF公開。『深浦円覚寺所蔵古典籍調査報告書第二集』(弘前大学人文社会科学部地域未来創生センター深浦円覚寺古典籍保存調査プロジェクト、2020年2月)阿部泰郎「深浦円覚寺所蔵の中世真言聖教」は文観「御遺告秘決」の解題・翻刻を載せ、… https://t.co/hCZZ48c9JM
現在においてコシャマインの戦いの通説と思われている、だいたいのことは1878年(明治11年)の『松前家記』に依るところがあると言われています。 ▼詳しくはこちらをドゾー つくばリポジトリ | <原著論文>コシャマインの戦いに… https://t.co/ADQ1sDbyZk
PDF公開。竹中友里代「石清水八幡宮神人家文書にみる連歌師紹巴と細川幽斎」(『京都府立大学学術報告.人文』71、2019年12月)旧石清水八幡宮寺神人の橋本家に伝わる連歌資料を、地域の歴史に位置付ける試み。https://t.co/dkEG0lBFew
岸本直文(考古学者)「330mの巨大前方後円墳でありながら未完成と考えられる河内大塚山古墳が、安閑未完陵であり、安閑殺害の政変を想定できることを論じた」 考古学的論拠があったとは驚きです。継体天皇の死後、末子の欽明天皇が長兄の安… https://t.co/U9gsAfWL2I
CiNii 論文 -  「会津領主加藤明成改易をめぐる諸認識」 会津加藤家改易は明成の自発的な領地返上申し出によるものとの見解 https://t.co/XVEEYkyjST #CiNii

16 0 0 0 OA 寛文御紋鑑

寛文御紋鑑に載ってる諸大名の家紋、なかなかのゆる具合でいい味出てますね! https://t.co/4k7ildPGVK https://t.co/mWr5AyvTYg
本日到着した古書店の目録で知ったが、昭和3年に満鉄調査課が『支那に於ける無尽の慣習』https://t.co/zmHdbjZQVZ を出していた。中国各地の庶民金融の諸形態を調べ上げていて、帝国主義とは本当に大変だな感があらためて。国会デジタルでただで読めます。
最近妹の方が某ゲームに実装されたけれども、戦前にこういう情報は結構入ってきてたんだなぁなどと思う CiNii 論文 - 米國軍艦「レキシントン」の歴史、設明及び受領試験 https://t.co/WkwPwCtdXS https://t.co/6rPtBk1eXT
【資料】CiNiiに、佐藤晃氏の論考「系図を綴る中世武士」(日本文学 47(7) 1998/7/10)がpdfで公開されています。安東(秋田)実季を取り上げ、正史の歴史叙述の行間に自家の存在を滑り込ませ方法。興味のある方はぜひ https://t.co/OsO1kkv2GS
べつにこれは与太話ではなく満蒙開拓青少年義勇軍の研究者たる陳野守正氏が指摘している 言及した論文はこちら https://t.co/l3Cph7OdMY
CiNii 論文 -  伊達政宗漢詩校釈 https://t.co/3TAeBe39sg #CiNii Σ(・ω・o)おっ?、伊達政宗の「漢詩」講釈とな。メモメモ。
同じく天正地震を、宣教師たちの記録から再現した論文です >【資料】J-STAGEに、松浦律子氏の論文「天正地震に関する欧州史料の素性と確実な内容」(地震 第2輯Vol. 65 2012)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/zEGz6Xm3WG
【資料】木下聡氏の調査報告「日本史学研究室寄託の石井進蒐集史料細目録 : 米沢藩関係古文書の中世史料」(東京大学日本史学研究室紀要. 第16号, 2012/3/21)が公開されpdfで読めます。105pありますが興味のある方はぜひ https://t.co/3qOBQtizFI
http://t.co/YaWspz38Fb 「火薬帝国」の観点から見たビルマのタウングー朝とペグー、アユタヤ王国 : 火器の使用とポルトガル人傭兵 http://t.co/Qbe2dGqMNo 火薬帝国試論 : オスマン帝国の火器
http://t.co/YaWspz38Fb 「火薬帝国」の観点から見たビルマのタウングー朝とペグー、アユタヤ王国 : 火器の使用とポルトガル人傭兵 http://t.co/Qbe2dGqMNo 火薬帝国試論 : オスマン帝国の火器

フォロー(253ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @RASENJIN: トールキンが『指輪物語』を各国語に翻訳される際に注意点を書いた「『指輪物語』の名前のための手引き」なるものがあるのですね。へえー(浅いトールキンファン)。そして瀬田貞二がそれを踏まえていたかは不明だが、固有名詞に関してはトールキンの指示通りだったと。…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒川野芽生 「瀬田貞二訳『指輪物語』における地名の訳し分け――中つ国・イングランド・日本――」 『比較文学』59巻 (2017) https://t.co/kDMfaXaxt4
トールキンが『指輪物語』を各国語に翻訳される際に注意点を書いた「『指輪物語』の名前のための手引き」なるものがあるのですね。へえー(浅いトールキンファン)。そして瀬田貞二がそれを踏まえていたかは不明だが、固有名詞に関してはトールキン… https://t.co/eipVvHQxSa
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒川野芽生 「瀬田貞二訳『指輪物語』における地名の訳し分け――中つ国・イングランド・日本――」 『比較文学』59巻 (2017) https://t.co/kDMfaXaxt4
RT @takacello: そう言えば昔、BCG接種したらアトピーがよくなるって話があったよなぁ。いくつか論文を見ると多少は効果あるみたいだよね。 J-STAGE Articles - W72 アトピー性皮膚炎に対するBCGワクチン療法の臨床効果(第1報) https://…
RT @washou3956: PDF公開。『深浦円覚寺所蔵古典籍調査報告書第二集』(弘前大学人文社会科学部地域未来創生センター深浦円覚寺古典籍保存調査プロジェクト、2020年2月)阿部泰郎「深浦円覚寺所蔵の中世真言聖教」は文観「御遺告秘決」の解題・翻刻を載せ、醍醐寺との関連を…
RT @imaikuni: 馬部さんに初めてお会いしいたのは2007年。坂上田村麻呂の墓として京都の西野山古墓が注目された際、大阪にはアテルイの墓があると聞いて取材したところ、その市の嘱託職員だった馬部さんにきっぱり否定されました。最近、その墓を巡る議論についての論文も書かれて…
RT @unowen1848: 今回のお話の内容については、山田康弘先生のこの研究ノートがジャストミートな解説になるかと思う。誰でも見れますぜ。 https://t.co/takb3xNy7m
RT @washou3956: RTした報道、薩摩入来町という単語に反応した(笑)。治癒祈願儀礼である疱瘡踊りの研究は多いらしく、ググったら、たとえば高橋京子「疱瘡治癒祈願としての舞踊」(『スポーツ人類学研究』6、2004年、PDF公開)などがあった。入来町の事例にも言及してい…
RT @washou3956: CiNii 論文 -  戦国期武田家文書での「一統」の語義と機能 https://t.co/82eW4Dbk62 #CiNii
RT @Fransisco1530: ネットで読めるオススメ資料 今後いい感じの資料に出会ったら検索しやすいようにこのツイートのリプに追加していきます。 皆さんもオススメ論文等あればこちらに追加していただけると助かります!! (サンプル) 1 「足利一門再考 : 「足利的秩…
7「中世後期の種子島氏と南九州海域」:屋良 健一郎 https://t.co/OYu3w1oZ5H
6「戦国期大名聞外交と将軍」:山田 康弘 https://t.co/9fbkJesWcD
5「十五・十六世紀大友氏の対外交渉」:鹿毛 敏夫 https://t.co/ZPPPFr4HlC

12 2 2 0 OA 九州探題考

4「九州探題考」:黒嶋 敏 https://t.co/am5RSnf2Du
3「戦国期九州地域における水陸交通の連関 : イエズス会の布教活動と交通ネットワークを中心に」: 中村 知裕 https://t.co/5ncrWcg3jw
2 「初期耶蘇会士の大名国王観と其の效果」: 牧 健二 https://t.co/fQ1Z4qi4ec
ネットで読めるオススメ資料 今後いい感じの資料に出会ったら検索しやすいようにこのツイートのリプに追加していきます。 皆さんもオススメ論文等あればこちらに追加していただけると助かります!! (サンプル) 1 「足利一門再考 :… https://t.co/JTvepaYxSE
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…

フォロワー(506ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @RASENJIN: トールキンが『指輪物語』を各国語に翻訳される際に注意点を書いた「『指輪物語』の名前のための手引き」なるものがあるのですね。へえー(浅いトールキンファン)。そして瀬田貞二がそれを踏まえていたかは不明だが、固有名詞に関してはトールキンの指示通りだったと。…
RT @RASENJIN: トールキンが『指輪物語』を各国語に翻訳される際に注意点を書いた「『指輪物語』の名前のための手引き」なるものがあるのですね。へえー(浅いトールキンファン)。そして瀬田貞二がそれを踏まえていたかは不明だが、固有名詞に関してはトールキンの指示通りだったと。…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒川野芽生 「瀬田貞二訳『指輪物語』における地名の訳し分け――中つ国・イングランド・日本――」 『比較文学』59巻 (2017) https://t.co/kDMfaXaxt4
RT @takacello: そう言えば昔、BCG接種したらアトピーがよくなるって話があったよなぁ。いくつか論文を見ると多少は効果あるみたいだよね。 J-STAGE Articles - W72 アトピー性皮膚炎に対するBCGワクチン療法の臨床効果(第1報) https://…
RT @washou3956: PDF公開。『深浦円覚寺所蔵古典籍調査報告書第二集』(弘前大学人文社会科学部地域未来創生センター深浦円覚寺古典籍保存調査プロジェクト、2020年2月)阿部泰郎「深浦円覚寺所蔵の中世真言聖教」は文観「御遺告秘決」の解題・翻刻を載せ、醍醐寺との関連を…
RT @_SmallAnimal: ここから引用しました。 https://t.co/hDcI4U6YxF
RT @imaikuni: 馬部さんに初めてお会いしいたのは2007年。坂上田村麻呂の墓として京都の西野山古墓が注目された際、大阪にはアテルイの墓があると聞いて取材したところ、その市の嘱託職員だった馬部さんにきっぱり否定されました。最近、その墓を巡る議論についての論文も書かれて…
RT @washou3956: 渡辺麻里子「中世文学研究における寺院資料調査の可能性」(『中世文学』56、2011年、PDF公開)2010年に開催されたシンポジウムの講演録。あらためて読み直す。シンポから10年が過ぎて、寺院資料調査の環境がいかに進展したか。来月の日本宗教文献調…
RT @unowen1848: 今回のお話の内容については、山田康弘先生のこの研究ノートがジャストミートな解説になるかと思う。誰でも見れますぜ。 https://t.co/takb3xNy7m
一応内務省直轄事業ですが、十条通起点で都市計画区域内の路線名が『京阪国道』なので。 https://t.co/cuShIq41hn https://t.co/mKEFfmXXce https://t.co/mm3B3lmkX4
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…
RT @washou3956: CiNii 論文 -  戦国期武田家文書での「一統」の語義と機能 https://t.co/82eW4Dbk62 #CiNii
7「中世後期の種子島氏と南九州海域」:屋良 健一郎 https://t.co/OYu3w1oZ5H
6「戦国期大名聞外交と将軍」:山田 康弘 https://t.co/9fbkJesWcD
5「十五・十六世紀大友氏の対外交渉」:鹿毛 敏夫 https://t.co/ZPPPFr4HlC

12 2 2 0 OA 九州探題考

4「九州探題考」:黒嶋 敏 https://t.co/am5RSnf2Du
3「戦国期九州地域における水陸交通の連関 : イエズス会の布教活動と交通ネットワークを中心に」: 中村 知裕 https://t.co/5ncrWcg3jw
2 「初期耶蘇会士の大名国王観と其の效果」: 牧 健二 https://t.co/fQ1Z4qi4ec
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…
ネットで読めるオススメ資料 今後いい感じの資料に出会ったら検索しやすいようにこのツイートのリプに追加していきます。 皆さんもオススメ論文等あればこちらに追加していただけると助かります!! (サンプル) 1 「足利一門再考 :… https://t.co/JTvepaYxSE
RT @nknatane: RT https://t.co/0vd5HC0qG7 至文堂歴史新書は名著が多く、再刊が望まれる。永島福太郎『応仁の乱』、玉村竹二『五山文学』あたり。ちなみに田中健夫『倭寇と勘合貿易』はちくま学芸文庫。 CiNii 図書 - 日本歴史新書
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…