著者
中根 俊成 樋口 理
出版者
熊本大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2013-04-01

自己免疫性自律神経節障害(AAG)では自律神経節におけるアセチルコリン受容体( gAChR)に対する自己抗体が陽性になることが知られている.自律神経節に存在するAChRはα3サブユニットとβ4サブユニットから構成され,交感神経・副交感神経いずれにおける節前後線維のシナプス伝達を仲介する.われわれはルシフェラーゼ免疫沈降システム(LIPS)による新規の抗gAChR抗体測定系を確立した.臨床像解析では起立性低血圧を初発症状とするものが多く,自律神経障害として頻度の高いものは消化管障害,起立性低血圧・起立不耐,排尿障害である.自律神経系外症状として内分泌障害や精神症状などに注意する必要がある.

言及状況

Twitter (3 users, 4 posts, 0 favorites)

中根 俊成先生 本抗体陽性となった症例(35症例)#AAG 以外にも #ニューロパチー や #重症筋無力症 や #脳症 などで認められた.α3サブユニットに対する #抗gAChR抗体 は全例で陽性であるがβ4サブユニットに対する抗… https://t.co/4n8MI5aals
#抗gAChR抗体測定 #抗gAChR抗体陽性AAG症例 #抗体陽性AAG の臨床像 急性発症例,慢性に経過する症例が存在 中根 俊成先生 臨床症候 #起立性低血圧 #腸管蠕動障害 #発汗障害 #排尿障害 を高率に認めた 一部で… https://t.co/gQQ6COUT5h

収集済み URL リスト