bokemontaro (@hichachu)

投稿一覧(最新100件)

「早気」が最も多かった(のべ35名;85.3%).イップス発症の危険因子として,経験年数が長いことが関与していた.病態は未だ不明なことが多いが,「もたれ」のみ単独で出現し,その特徴からも動作特異性局所ジストニアの関与の可能性が疑われた. https://t.co/pFaBcECH23
https://t.co/skj5eps1cq 弓道における異常な運動(いわゆるイップス)―頻度,分類,危険因子の検討― 西尾 誠一郎, 林 祐一, 加藤 新英, 大野 陽哉, 和座 雅浩, 長尾 洋一郎, 向野 晃弘, 中根 俊成, 下畑 享良 弓道において,弓を放つ際,「早気,もたれ,びく,ゆすり」と呼ばれる4種類の状態が生じ、
J-STAGE Articles - 2.百寿者・超百寿者の脳病理学的特徴 https://t.co/Px7XI0nisC
J-STAGE Articles - 治療につながる中枢病理診断 https://t.co/qQiVoZkj9A
https://t.co/VW4MHegI8W 大脳皮質基底核症候群と大脳皮質基底核変性症の診断 下畑 享良, 饗場 郁子, 西澤 正豊
J-STAGE Articles - 炎症回路とゲートウェイ反射:神経による炎症制御機構 https://t.co/RwMGiw15KH
https://t.co/CUBhnzbH2A 2020年度学術講演会 脳を知り,脳を守る 花川 隆
https://t.co/mNceOsQPKz シリーズ企画「脳と言語」Ⅱ 失語を呈する変性疾患の病理背景 吉田 眞理 キーワード: 失語症, タウ, TDP-43, Pick病, 進行性核上性麻痺, 大脳皮質基底核変性症
郷土歴史資料を利用した過去の豪雨に伴う土石流災害の抽出 https://t.co/w6wtdMhR2B
@Invesdoctor https://t.co/ZiLmxmgqmU EBMを患者に提供するために良質なエビデンスを集めることが必要。特にシステマティックレビュー(SR)や RCTが 重要。SR ではすでに各研究のアウトカムについて評価されているが,RCT については改めて効果推定値の確実性を評価する必要がある。”risk of bias”は必要なポイント
下記の古い論文もあった! 家事と衛生 煖房並に台所用熱源と一酸化炭素の害毒と其の對策 辻元 謙之助 1935 年 11 巻 1 号 p. 25-33 https://t.co/wRMBH9q0sl
https://t.co/G2A2iUNMzm 神 経 内 科 開 設 10周 年 記 念 平 野 朝 雄 教 授 * 講 演 印 象 記 「グリアについて」
「新型コロナウイルス」(67) コロナ後の社会 中村桂子・JT生命誌研究館名誉館長 2021.6.17 https://t.co/qQm4HkSWMm @YouTubeより →中村桂子さん、1987年生命倫理福井セミナーに参加 三菱化成生命科学研究所の 中村桂子部長が 「生命科学の進歩と倫理」 85歳か! https://t.co/xr5qjyCqLg
2008 年 7 月,ワクチン接種後 6 年間の追跡調査の結果が報告され話題を呼んでいる(17).この追跡調査では,AN - 1792 の接種を受けたアルツハイマ ー病患者 8 名の剖検脳を用いて,生前の認知機能や血清中の抗 Aβ抗体価等のデータとあわせて解析が行わ れた.その結果,8 名中 https://t.co/5kkztvW5wy

2 0 0 0 OA 抄録、討論

https://t.co/tcAnheRtBy 脊髄空洞症の病態と治療

1 0 0 0 OA 脊髄空洞症

https://t.co/hrAVnD72Sr 教育講演 脊髄空洞症 矢部 一郎, 佐々木 秀直
J-STAGE Articles - 脳ドックによる脳卒中・認知症の予知 https://t.co/ru3dtfPenW
https://t.co/HDTNngLqPw 部位別に加齢に伴う変化をみると中心前回や島等では加齢とともに直線的に萎縮するのに対し視床や内側前頭前皮 質,前頭極等では,むしろ肥大する(相対的に保存).海馬傍回や上側頭回では加齢とともに逆U字型,U字型の変化を示す等,部位により,萎縮変化に大きな差が見られた。
J-STAGE Articles - 健常コホートからみた脳内神経回路に加齢が及ぼす影響 https://t.co/N2r2HuWzlN
J-STAGE Articles - 中心髄質静脈の血栓化をきたしけいれんで発症したdevelopmental venous anomalyの1例 https://t.co/eJN8wb7ZLg
https://t.co/81BOZJKVVd ワクチン接種後の有害事象の集積はその中に「真の副反応」の可能性を察知するシステムで,多くの有害事象は「因果関係は不明」として報告され不幸にして起きた事象についての因果関係を科学的に検討して副反応か否かを評価するシステムの構築が必要である. 「副反応疑い」は
J-STAGE Articles - https://t.co/o8p7Jbgos8 シンポジウム12:自己免疫性脳炎の診療update 自己免疫性脳症の臨床症候学 ― 心因性にされるメカニズム 髙嶋 博
J-STAGE Articles - https://t.co/PgveZImGZg シンポジウム10:核医学から迫る神経疾患の病態解明 Lewy小体病の概念を変えたMIBG心筋シンチグラフィ 織茂 智之
J-STAGE Articles - https://t.co/rnGLLAtjjw 教育講演 神経疾患と深部静脈血栓症 濱口 浩敏
https://t.co/gBDqW53cM5 教育講演 炎症性筋疾患の治療update 清水 潤
J-STAGE Articles - Progressive Encephalomyelitis with Rigidity and Myoclonus (PERM)-like Symptoms Associated with Anti-ganglionic Acetylcholine Receptor Antibodies https://t.co/OkxSdQ9FKW
Autoimmune Glial Fibrillary Acidic Protein Astrocytopathy Presenting with Slowly Progressive Myelitis and Longitudinally Extensive Spinal Cord Lesions https://t.co/Z3a5LDzL4m
Self-remitting Elevation of Adenosine Deaminase Levels in the Cerebrospinal Fluid with Autoimmune Glial Fibrillary Acidic Protein Astrocytopathy https://t.co/CzvFvzDBpZ
Broca が診た症例 “Leborgne と Lelong”─ 史的展望と今日的課題─ https://t.co/jTf6st0zjW
The risk factors for the wearing-off phenomenon in Parkinson's disease in Japan: a Cross-sectional, multicenter study https://t.co/NwJNSIKfBw
The impact of early morning off in Parkinson's disease on patient quality of life and caregiver burden https://t.co/lGeigtcINs
両側中小脳脚に主病変をもち, JC virus granule cell neuronopathy の合併が示唆された進行性多巣性白質脳症の 1 例. 診断確定上再三の髄液検査の重要性 https://t.co/1omWsmsmm3
J-STAGE Articles - 脆弱X症候群の診断と治療 : updateとレビュー https://t.co/g06oXQBC04
Fragile-X-associated tremor/ataxia syndrome (FXTAS), including exacerbated (increased coarseness and amplitude) tremor in the right arm, ataxic gait, and brain MRI showed lesions in the bilateral middle cerebellar peduncles (MCP). https://t.co/eT8Zrzim49
J-STAGE Articles - Clinical Characteristics of Fragile X Syndrome Patients in Japan https://t.co/j1IHU09ztO
J-STAGE Articles - An Autopsy Case of Familial Neuronal Intranuclear Inclusion Disease with Dementia and Neuropathy https://t.co/VXP0ESk97N
自律神経科学元年の幕開け:今後の動向を考える 黒岩 義之, 平井 利明, 横田 俊平, 藤野 公裕, 山﨑 敏正 https://t.co/isEJRopKtL
JAK 阻害薬のバリシチニブは抗リウマチ薬として用いられている。バリシチニブは,人工呼吸を必要とする COVID-19 の患者等に対して,レムデシビルと の併用使用が 11 月 19 日に FDA より緊急使用が許可された。 https://t.co/NYiIX3cb6e
https://t.co/MYy1hNEgab 抗GT1a抗体陽性であった神経痛性筋萎縮症の1例 抗GT1a抗体は咽頭頸部上腕型のGuillain-Barré症候群との関与が指摘されており,腕神経叢の障害を呈した本症例の臨床所見と一致した.抗GT1a抗体は一次的に病態と関わった可能性と二次的変化である可能性の両者が考えられた.
https://t.co/6zH6nBwHXU 遺伝性出血性毛細血管拡張症(hereditary hemorrhagic telangiectasia:HHT)は皮膚・粘膜の毛細血管拡張や多臓器の動静脈奇形を特徴とし,常染色体優性遺伝をする疾 患である.鼻出血,脳出血,脳梗塞,脳膿瘍,呼吸不全,喀血,胸腔内出血,肝不全,
結論 ChAdOx1 nCov-19によるワクチン接種はPF4に対する血小板活性化抗体を介する免疫性血小板減少症をまれに発症させる可能性があり臨床的には自己免疫性ヘパリン誘発性血小板減少症を模倣している。 →アストラゼネカワクチン PF4;血小板第4因子 ヘパリン起因性血小板減少症 https://t.co/FKZ9EO5z3u
血管炎性ニューロパチーの診断と治療 竹下 幸男, 神田 隆 https://t.co/vD0VohvsX4
教育講演2 ニューロパチーと自律神経障害 https://t.co/EhpDbXFZtp
2)末梢神経障害 神田 隆 https://t.co/fBBTP670Lu
血管炎に伴うニューロパチー 神田 隆 https://t.co/awfIUwWVPF
2.高齢者の手足しびれ感の診断のポイント 吉村 道由, 荒田 仁, 出口 尚寿, 髙嶋 博 https://t.co/wWlvvC99l8
教育総説 脊椎脊髄疾患の電気診断による鑑別 園生 雅弘 https://t.co/30yTtObwYW
特集 脊椎脊髄疾患・末梢神経疾患の課題と展望 末梢神経疾患の鑑別診断と手術適応・将来展望 https://t.co/pBXbVoRQJw
https://t.co/gqTThGMpFb コミュニケーション形式としての物語に関する研究の系譜と公共政策におけるその活用可能
(1)血栓症は、COVID-19入院患者の1.86%に発症し、軽症・中等症患者では0.59%と低い発症率。重症COVID-19患者では13.5%と高い発症率。 (2)D-ダイマーは頻繁に測定され(75.0%の患者からデータが返却された)、3-8倍、8倍以上の増加を示した患者はそれぞれ9.2%、7.6% https://t.co/5VIHSWkzEs
シンポジウム3:神経疾患克服を目指した最新の画像研究 脳のfunctional connectivity networkと神経疾患 https://t.co/YerpXXEyqL
日常診療における難治性疾患への対応とピットフォール 認知症の病態と治療 https://t.co/v6jYWHVmoC
企画/ワクチンのファーマコビジランスの動向 2. 日本における取組み ―ブライトン分類の導入に向けて― 岡田 賢司, 村上 恭子 https://t.co/bezX0tn7PI
経口腸管洗浄剤の含有成分マクロゴール4000によるアナフィラキシーショックの1例 →ポリエチレングリコール https://t.co/wNh1r7sBMD
https://t.co/3YYkZ4Slqr Temporal Changes in Brain Magnetic Resonance Imaging Findings over 16 Years in a Patient with Neuronal Intranuclear Inclusion Disease: A Case Report
https://t.co/yX6UIRAH7O 神経核内封入体病(neuronal intranuclear inclusion disease; NIID) 曽根 淳
antemortem diagnosis of familial NIID with dementia-dominant phenotype that was later confirmed by an autopsy. Our report is the first to document a case of autopsy-confirmed NIID involving both cognitive impairment and sensorimotor neuropathy. https://t.co/u0p7vTZHE4
https://t.co/E0P5FdV0Fv 症例報告 貧血補正によって発症したposterior reversible encephalopathy syndromeの1例
慢性貧血に対する大量輸血後に発症し,PRES を合併したRCVS の1 例 https://t.co/i9nyeDmd4c
https://t.co/WzAxiJy0Am 症例報告 診断に難渋した脊髄梗塞の1例
症例報告 後脊髄動脈症候群の2例 https://t.co/ZOjlxNRpRR
当科で経験した脊髄硬膜外血腫の3例 https://t.co/LzjldwTqLo
脳梗塞との鑑別に苦慮した頸髄硬膜外血腫の1例 https://t.co/MdXmKhbsj3
日本神経学会による災害対策:神経難病リエゾンの役割について 中根俊成, 溝口功一, 阿部康二, 熱田直樹, 井口保之, 池田佳生, 梶龍兒, 亀井 聡, 北川一夫, 木村和美, 鈴木正彦, 髙嶋 博, 寺山靖夫, 西山和利, 古谷博和, 松原 悦朗, 村松慎一, 山村修, 武田篤, 伊東秀文 https://t.co/32AwZeeLtQ
https://t.co/VNRVpXAvwx 12 東日本大震災:あれから一年 東日本大震災:福島県での一年 宇川 義一
@kgkamui_info https://t.co/YgdH1Pf4rL 未破裂脳動脈瘤の自然歴―最新の知識と臨床判断へのフィードバック―
@nr6IQGSswVgxqqz @la_neige_haruki https://t.co/zVicugeK7z 脳動脈瘤破裂の誘因として最も直接的に作用するのは脳動脈瘤に加わる血行力学的圧力であり,その重要な要素として全身血圧を上昇せしめる労作や感情 の興奮,また疲労蓄積や心身消耗状態な どの存在が脳動脈瘤破裂の強力な誘因になり得 ると考えるのが妥当である。
https://t.co/3RuMUu51WU 追悼文 金澤一郎先生を偲ぶ 葛原 茂樹
抗 glycine 受容体抗体陽性の stiff-limb 症候群の 1 例 https://t.co/PJPkFGObRU
進行性核上麻痺診療ガイドライン2020 https://t.co/7zYowK6uGI
RT @hichachu: @jyoukeishibu 一過性では? https://t.co/kzxV0lBbRZ NO作動性神経と勃起障害 海綿体、血管内皮に存在する内皮型NO合成酵素により合成されるNOも勃起機能に一部関与する可能性がある.選択的ホスホジエステラーゼ5型阻…
@jyoukeishibu 一過性では? https://t.co/kzxV0lBbRZ NO作動性神経と勃起障害 海綿体、血管内皮に存在する内皮型NO合成酵素により合成されるNOも勃起機能に一部関与する可能性がある.選択的ホスホジエステラーゼ5型阻害薬であるバイアグラは主として神経由来のNOにより産生されたcGMPの分解を抑制し、EDを改善する
総説 活性酸素種と水素療法 https://t.co/Mfj0sUQYoI
https://t.co/6AkLleAD1Y 総説 一酸化窒素を介する脳血流調節とアルツハイマー病:最近の知見 戸田 昇, 安屋敷 和秀 著者情報 キーワード: アルツハイマー病, 脳循環, 一酸化窒素(NO), 血管内皮機能, ベータ・アミロイド 2010 年 135 巻 1 号 p. 20-24 日本薬理学雑誌
https://t.co/fX9jB4s7DS 書評 医療者のための成功するメンタリングガイド 寺本 美欧
https://t.co/k2RqooB3hW 進行性の認知機能低下と痙攣発作を呈した.頭部MRIにて右前頭側頭葉を中心に広範なT2強調画像の高信号域をみとめた.脳血管造影検査で主要血管は正常であった.Mass effectを呈する画像所見から神経膠腫を鑑別に挙げたが血清,髄液梅毒検査が陽性であり,神経梅毒と診断した.
https://t.co/6anlyXOfRq 進行麻痺のペニシリン單獨療法 安陪光正 医療 8 (11), 695-698, 1954
https://t.co/Gdh3Hz1DGp 進行麻痺は, トレポネーマの感染により脳およびその他の中枢神経系全般にわたり, 炎症性機転と実質組織の変性を来たす髄膜脳炎で, 多彩な精神 ・神経症状 を呈することが知られている. 精神症状では痴呆, 誇大妄想, 抑うつ症状, 神経症状では瞳孔左右不同や対光反射消失など
セレンディピティの構造研究 - 東京理科大学学術リポジトリ https://t.co/Bnc8v68T19
野口英世が留学した大学がペンシルベニア大学であり、僕が1980年にポスドクとした大学でもあるので、彼に親しみを感じていた。 https://t.co/nbL6QGW3SJ 松本歯科大学所蔵の野口英世の伝記 (補遺) https://t.co/FGzpq8uqyx 松本歯科大学所蔵の野口英世の伝記 (第 3 報)
野口英世が留学した大学がペンシルベニア大学であり、僕が1980年にポスドクとした大学でもあるので、彼に親しみを感じていた。 https://t.co/nbL6QGW3SJ 松本歯科大学所蔵の野口英世の伝記 (補遺) https://t.co/FGzpq8uqyx 松本歯科大学所蔵の野口英世の伝記 (第 3 報)

10 0 0 0 OA 13.梅毒

https://t.co/2IsBOuUEHK 特集:内科 一100年のあゆみ(感染症) 梅毒 「野口英世は医学史の教科書に全く出てこない」→どこの教科書を読んでいるのか!全ての医学史の教科書をチェックしての発言か!あり得ない! 日本内科学会雑誌で、野口英世が賞賛されていることを知らない! NHKに抗議メールを送る! https://t.co/fxeyAFEo9q

10 0 0 0 OA 13.梅毒

進行麻痺や脊髄癆の病理は不明であった.1913年野口英世は進行性麻痺で死亡した患者70人の脳の膨大な数のLevaditi染色切片を作製、寝食を惜しんで観察に没頭、12 名の大脳皮質中に梅毒トレポネーマを発見,脊髄癆や進行性麻痺が梅毒の病型であることを証明 後世に残る最大の功績 https://t.co/2IsBOuUEHK
https://t.co/f5LmtjscSR Crow-Fukase症候群の病態解明において 1996 年の患者血清中VEGF高値の発見はブレイクス ルー。治療に関してまず行うべきことは移植療法,サリドマイド療法に対する体系的な治療ガイドラインを作成し,各症例についての治療効果と有用性についての知見を蓄積していくことが必要
病因や病態についてさまざまな議論の ある筋痛性脳脊髄炎・慢性疲労症候群(myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome)や子宮頸癌ワクチン後にみられる中枢神経関連症状」では自己抗体同定の試みが進み,既に一 定の成果が挙げられている。 https://t.co/U2OVDIC055
https://t.co/JpxACktJLU 前大脳動脈解離の治療方針 -6例の検討-
脳神経内科医におけるバーンアウトの現状と対策―第1報― https://t.co/O9kUDJOSYX

3 0 0 0 OA 1.脳動脈解離

脳動脈解離が 454 症例(男性 320 例)集積された. 年齢は13から83歳(中央値54歳)で,若年発 症脳卒中(50 歳以下)の割合は 39% であった. 脳卒中発症は,そのうち 389 例(89%)で認め,虚血性脳卒中234例,出血性脳卒中126例, 両者合併 29 例であった.全454 例の解離部位は https://t.co/m205EWSyRW
前大脳動脈解離 の治療 方針 https://t.co/mH9h8frTs2
前大脳動脈領域は稀である. 前大脳動脈解離性動脈瘤32例のうち22例は男性であった.incidentalにみつかった1例を除くとA1部に発生した11例は全例クモ膜下出血にて発症し, 末梢部に発生した20例中16例は脳梗塞で発症した.女性10例中8例はA1部に発生した. https://t.co/7nqO4qQ1Z2
前大脳動脈解離でくも膜下出血と脳梗塞をほぼ同時にきたす報告例は非常に少ない.本症例ではwrappingにより, 血管病変をわずかに残したものの,急性期は再出血を起こすことなく良好な転帰を得た.しかしながら,手術の際に 術前の脳血管撮影所見より広範囲に解離が認められた. https://t.co/Yb5WFo4lHV
J-STAGE Articles - サルコペニアとフレイル https://t.co/im2ORpCypa
COVID-19を例にとれ ば、「3密回避」、「ソーシャル・ディスタンシング」、あるい は「水際対策」と呼ばれる非製薬的介入 Non-pharmaceutical Intervention(NPI)がそれである。国連世界保健機関はグローバル化するインフルエンザへの NPI として、4 つのス ケール―マスク https://t.co/09Di72mYSQ
J-STAGE Articles - レビー小体病の自律神経障害と病理 https://t.co/lnbrjDaikI
クリプトコッカス髄膜脳炎11 歳女児の剖検例。髄液検査にて軽度の細胞増多、糖の低下蛋白の上昇がみられ,検鏡では厚い黄膜に包 まれ た球形の菌体を認めた。頭部MRI では大脳基底核部にT2強調画像で高信号域を示す点状一結節状の多巣性病変と脳表面における点状線状の造影効果 https://t.co/CRFT1CGvhZ
地域在住高齢者における身体・文化・地域活動の重複実施とフレイルとの関係 https://t.co/IxnqRydic5 日常における身体活動,文化活動,地域活動を実施していないこととフレイルであることが関連していること,また実施していない活動が増えるほどフレイルのリスクが高くなる傾向が示された。
通常のウォーキングではサルコペニ アの進行を食い止めることにはならない。サルコペニアを予防・改善する運動のやり方としてはレジスタンストレーニング, いわゆる筋トレがもっとも効果的。筋トレは高強度でなければ十 分な効果は得られません。 https://t.co/jy0ZswxQE8
サルコペニア予防のための 運動プログラム 町田修一 順天堂大学大学院 スポーツ健康科学研究科 先任准教授 https://t.co/Luf4HVHaDD
2002 年末に中国に突然現れ,約半年間にわたって太平洋を囲む 12 カ国・地域で猛威を奮った SARS は,人間と感染症の戦いについていくつもの教訓を残しました.その教訓から,今回の新 型コロナウイルス感染症 COVID-19 について学ぶことがないか,を考えてみましょう→一読要 https://t.co/hi4FQSod27

お気に入り一覧(最新100件)

HPVワクチン副反応を大したことないと思ってる人は是非読んで欲しい。『記憶障害,失語,性格の異常,視覚障害,意識障害など様々な脳機能の低下があり,長期間学校にも行けずに,地獄の苦しみと表現される症候に陥る患者が数多く存在する』 副反応対策も重要です。 https://t.co/XFn7KEVn7J
@GoodBye_Nuclear 進行性多巣性白質脳症の患者を受け持った時に悪化していく患者を何とか助けたいために文献を検索した。化学療法は副作用が強くて使えない。数人の大学教授に直接質問したが、ダメ。都立駒込病院の先生から投稿中の論文をもらった。有効の論文を発表したが、他の先生も使用。 https://t.co/XA4lE1e311
『検査しなければなかったことにできる作戦』これはHPVワクチン副反応についてもいえます。神経内科の専門医は副反応患者さんに多くの所見を見つけていますが、そういった検査をさせずに心因性と決め付ける悪質な医療関係者がいるようです。 https://t.co/SZWsaBHJBX
J-STAGE Articles - ペスト菌の病原性 https://t.co/wE3NGdSQuj
中央大学学術リポジトリ-トップページ 不可逆的脳死の歴史的普遍性 ―反脳死論の論理破綻― https://t.co/VpbjGlgWcp
感染症は,人にうつり,広がる可能性があるところから,見えざるもの・経験のないもの に対する漠然とした不安に襲われることがあるが,重症で感染が広がりやすいのか(ペストなど),重症で あるが感染の拡がりはそれほどでもないのか(エボラなど) https://t.co/dZsbeCSv6U
世界の感染症とその現況 川崎市健康安全研究所・所長 岡部 信彦 https://t.co/EUWKGQE8y9
平成 30 年度博士学位論文 子宮頸がんワクチン事業を通してみる日本の「第二の近代」化 -サブ政治と個人化の概念を軸に- 北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院 国際広報メディア専攻 市原攝子 https://t.co/OI6irbqd28
J-STAGE Articles - 北里柴三郎によるペスト菌発見とその周辺 https://t.co/nv4xzWJ76Q
J-STAGE Articles - 滿蒙の肺「ペスト」に就て https://t.co/P1dEFmT6Yl
ワクチンのファーマコビジランスにおいてデータベースが果たす役割 宮崎 真 MSD 株式会社 グローバル研究開発本部 ファーマコビジランス&リスクマネジメント領域 →MSDにワクチン副反応の専門家がいるのだが。 https://t.co/YJkLwwgDiR
この声明をよく読んでみると、HPVワクチンを推進する立場で書かれている。 HPVワクチン接種後の自律神経障害を世界で初めて報告した、池田修一先生らの原著論文を引用していない。 https://t.co/D9whFwwHSy https://t.co/mRO5NmsSIL
J-STAGE Articles - 届出の必要な新しい神経感染症「急性弛緩性麻痺(急性灰白髄炎を除く)」の診断と治療 https://t.co/SMApaw8BtQ
J-STAGE Articles - 新しい自己免疫性脳炎2:NINJAとその病態 https://t.co/i6bJ4I4cVD
J-STAGE Articles - 自己免疫性脳症の臨床症候と治療の実際―ヒステリーとの鑑別― https://t.co/KKPWKCULjm
J-STAGE Articles - 筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群の研究の進歩とイメージング https://t.co/YFcgALfxuG
J-STAGE Articles - iPS細胞を用いた脊髄損傷に対する再生医療 https://t.co/npTuyNnMze
J-STAGE Articles - CIDPの病態と治療法の最新情報 https://t.co/R9T2ZdQMmF
J-STAGE Articles - 虫歯・歯周病と脳卒中・認知症の関連(RAMESSES研究) https://t.co/Oj5V9nhWbF
分子状水素による認知症を含む神経疾患予防の可能性 https://t.co/BQvZsOB0Qy 水素水などを似非科学と批判するが、研究は進行中。 分子状水素の治療効果・予防効果:基礎医学から臨床応用まで https://t.co/8HjBtn23Mx International hydrogen molecular medicine summit https://t.co/w9RwTb0j0j
分子状水素による認知症を含む神経疾患予防の可能性 https://t.co/BQvZsOB0Qy 水素水などを似非科学と批判するが、研究は進行中。 分子状水素の治療効果・予防効果:基礎医学から臨床応用まで https://t.co/8HjBtn23Mx International hydrogen molecular medicine summit https://t.co/w9RwTb0j0j
J-STAGE Articles - Anti-Hu Antibody-associated Paraneoplastic Neurological Syndrome Showing Peripheral Neuropathy and Atypical Multifocal Brain Lesions https://t.co/jxGGJcnMVb
A Case of Steroid-responsive Nivolumab-induced Involun- tary Movement with Anti-thyroid Antibodies https://t.co/VXcvF0dkV2
J-STAGE Articles - けいれん発作にともなう急性期MRI 異常信号 https://t.co/vF3CmFIqWv
「子宮頸がんワクチン接種後の副反応: わが国の現状 池田修一」 https://t.co/cNsJdsdUwG
子宮頸がんワクチン関連の神経症候とその病態 https://t.co/ZCjWDY5BJd 超微形態学的には無髄神経線維の減少と残存無髄神経に変性像がみられることが確認された。こうした結果を基 にわれわれは末梢性の交感神経障害が高度な起立性調節障害様の症状である頭痛,全身倦怠感や四肢の慢性疼痛の主な原因
80% benefited from immunotherapy.9 Reports of early- onset SFN after infectious exposures, particularly to human papillomavirus vaccination, suggest potential molecular mimicry.52,53 →small fiber neuropathy 皮膚生検で表皮内神経線維密度低下が報告 https://t.co/FRc7q2s1Ve https://t.co/MCMfpUdghI
臨床試験における多重性の諸問題 Multiplicity Issues in Clinical Trials https://t.co/SwowMFmOXq
#自己免疫性脳炎・脳症 山村隆先生 #精神症状が前景に現われると #統合失調症 #身体表現性表現 #詐病 という診断も 脳MRI画像所見に乏しいことも特徴 #原因不明の脳症 を診たら #橋本脳症 を考えるのが実地診療上の常識になることが望まれる 引用元 https://t.co/y82s1G6DSq https://t.co/nU63rklgJJ
2017年3 月末までに20 歳時の検診データが集積されている症例で解析、ワクチンにより予防可能な HPV–16・18 型感染は非接種群では 4.9%(43 ⁄ 877)、接種群では0%、なお,細胞診異常・組織診異常についても接種群で低率である傾向にあったが, 有意差はなし。 https://t.co/Az4LP5sNUI
@nakamuuuu11 @kibounohoppe @toshi2133 もっともな疑問です。 この文献の310頁に「2015年10月以降[中略]子宮頸がんワクチン接種後の副反応を疑わせる新たな女子学生が出ていない」とあります。接種の有無に関わらず、そのタイプの症状の新規患者が現れなくなったということと読み取れます。 #HPVワクチン https://t.co/WJIsqJRAuI
@junmurot @AVXZ2 @yunohira 室月さん、以下のように、池田先生ご本人が頸癌ワクチン反対ではないと書いています。悪質な虚偽の流布はやめてください。池田先生は副反応の治療と研究をなさっているのです。 https://t.co/Od5xMkvHrW
自然免疫系やT細胞に関する研究はまだ始まったばかりで、今後さらに研究が進めば病原性をもつ新たな自己抗体が発見されるかもしれないと山村氏も述べています。 https://t.co/md3gszvm7a
WS2-3 HPVワクチン副反応発症の臨床症候と中枢神経病巣の考え方 HPVV接種後の様々な症状の責任病巣は、視床下部だと考えられているのに、確定診断のための被害者の方たちの視床下部の病理解剖なんてできるわけない。 https://t.co/Kc7SKqEQtT
サイバニクスで社会課題の解決に挑戦 山海嘉之, 朱疆, 田中秀岳 精密工学会誌 83 (11), 979-982, 2017 https://t.co/7grZjRUNNK
福島小児甲状腺がん問題について、きちんとした疫学専門家の見解はこちらで読むことができます。 福島県でのリスクコミュニケーションと健康対策の欠如 https://t.co/v80s3crZ6K
東京湾への放射性セシウム流入続く 河口付近の泥に集積:https://t.co/qP5VJytHi9  ◆東日本大震災による東京湾の放射能汚染とそれをトレーサーに用いた物質動態の解明:https://t.co/j6htsTcugA  ◆ https://t.co/ZhNEL3ITjA
医学的に説明困難な身体症状 Medically Unexplained Symptoms 医師は謙虚であるべきである。 新規疾患を身体表現性障害と診断していないか?HPVワクチン接種後神経障害は神経内科医にとって挑戦すべき課題である。 https://t.co/jhJmkZBzRX

72 0 0 0 OA Letter to the Editor

@ibaog 村中璃子氏や賛同者へ、お読み下さい。 https://t.co/eaeA1NsP4h 大阪大学産婦人科からの質問。 非常に丁重な質問内容。 https://t.co/epDFa5HfSV 髙嶋博教授のHPVワクチン副反応に関するコメント。 https://t.co/XmjzzfBpnw 北大産婦人科関連社団法人WINDから抗議文書、子宮を掘る。名誉毀損のおそれ
@ibaog 村中璃子氏や賛同者へ、お読み下さい。 https://t.co/eaeA1NsP4h 大阪大学産婦人科からの質問。 非常に丁重な質問内容。 https://t.co/epDFa5HfSV 髙嶋博教授のHPVワクチン副反応に関するコメント。 https://t.co/XmjzzfBpnw 北大産婦人科関連社団法人WINDから抗議文書、子宮を掘る。名誉毀損のおそれ

72 0 0 0 OA Letter to the Editor

@kikko_no_blog 村中璃子氏が誹謗している鹿児島大学教授が下記の質問に正式に返答しています。是非お読み下さい。 https://t.co/eaeA1NsP4h 大阪大学産婦人科からの質問です。 非常に丁重な質問内容です。 https://t.co/epDFa5HfSV 髙嶋博教授のHPVワクチン副反応に関するコメントです。
@kikko_no_blog 村中璃子氏が誹謗している鹿児島大学教授が下記の質問に正式に返答しています。是非お読み下さい。 https://t.co/eaeA1NsP4h 大阪大学産婦人科からの質問です。 非常に丁重な質問内容です。 https://t.co/epDFa5HfSV 髙嶋博教授のHPVワクチン副反応に関するコメントです。
この鹿児島大の高嶋教授のレターに、もしかしたら京大の本庶教授と村中璃子氏の接点が書かれているのかもしれないと思いました。 新規抗がん剤のニボルマブ(オプシーボ)使用の際の注意点について 「これまで違う特殊な筋炎や重症筋無力症などの自己免疫疾患が起こりうる」https://t.co/fWXd5HbpLu
HPVワクチン副反応について。 髙嶋博教授のReplyの内容は全ての関係者に読ん欲しい。ワクチン推進派の方に特に読んで欲しい。 https://t.co/epDFa5HfSV
hpvワクチンの重篤な副反応を気楽に「心因性だ」「少女期に特有の集団ヒステリーだ」「身体表現性障害だ」とか言う、あるいは考える人達はまあ、これでも読んで落ち着いてね。斎藤環とか言う精神科医さんもね。 https://t.co/7ncfm1oVWu
なぜ??? 中山氏の名前が消えている?? 仮説HANSをHPVワクチン副反応とする医学的根拠の欠如 : ワクチン学・疫学的視点から https://t.co/B2MTOniHNs

フォロー(708ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(3069ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)