bokemontaro (@hichachu)

投稿一覧(最新100件)

片側大脳皮質脳炎を生じた抗MOG抗体陽性多相性散在性脳脊髄炎の1例 https://t.co/2Szosagtam
総説 自己免疫性脳炎およびその類縁疾患における最近の進歩 飯塚 高浩 https://t.co/QcNDaEqDdj
村中璃子氏への抗議 PS:あなたの記事で匿名の医師の意見を載せて批判記事を書いていますが、卑怯なやりかたです。マスコミでは常套手段ですが。名前を明らかにしないコメントは引用すべきではないと思います。(中略) 私は「患者から学ぶ」を基本的なスタンスにしています。 https://t.co/KgWcsH0jKg
文部科学省科学技術・学術政策研究所(NISTEP)では科学研究活動の主な成果公表媒体である論文に着目し日本及び主要国の科学研究のベンチマ ーキングを多角的な視点で行いました。本調査研究から明らかになった日本の状況は 以下の通りです。日本の注目度の高い論文数(Top10%) https://t.co/ePKzzsBzjL

95 10 1 0 OA 科学技術指標2020

中国は 2018 年では 58.0 兆円、対前年比は 10.3%増である。主要国中最も伸びており、米国に迫って いる。ドイツ、韓国も長期的に増加傾向が続いている。2018 年ではドイツが 14.8 兆円、韓国は 10.3 兆円 であり、対前年比はそれぞれ 4.4%、8.1%増である。 https://t.co/cvuRdnS0zW
新型コロナウイルスの流行により研究活動に「現時点で既に影響が出ている」と 回答した割合は、博士課程在籍者で 85%、博士課程修了者等で 79%となっていた。また、どのような 面で影響が出ているかについては、「(影響が出ていることに)該当し、研究活動に大きな支障が出て https://t.co/2F27sfiLVA
J-STAGE Articles - 遺伝子診断・ゲノム編集技術の倫理的課題 https://t.co/5mauEZKNlG
地域で在宅難病患者や重度障害者を支えるための世田谷区としての役割 https://t.co/2BTEZJoeDh
世田谷在宅難病患者訪問診療事業を通じて 地域生活支援センターのかかわり https://t.co/WRNEUKss98
「地域における訪問看護の役割と今後の展望」~世田谷区在宅難病患者訪問診療事業への関わりを通して~ https://t.co/NygF9JSYpu
神経疾患の地域連携 世田谷在宅難病患者訪問診療事業を通じて 事業の取り組みと変遷,かかりつけ医の立場から https://t.co/89umxcDZJt
世田谷認知症ネットワーク研究会を通じての地域連携~症例からみる認知症地域連携~ https://t.co/cNwQzC41ZQ
神経疾患の地域連携:世田谷認知症ネットワーク研究会を通じて https://t.co/Z9bQFnZpy7
世田谷区では高齢者・障害者・子育て家庭・生きづらさを抱えた若者・生活困窮者など,誰もが地域で暮らしていく際に必要となる保健・医療・福祉の各分野の基本的考え方を明らかにする計画として世田谷区地域保健医療福祉総合計画を策定している. https://t.co/UmpcV8jrbx
体幹の前傾姿勢は体幹 の固縮に伴う症状と考えられ,上肢は体幹より 前方へ,股関節や膝関節は屈曲位傾向となる. つま先側に重心は傾く.線条体手(striatal hand) は指が特異な変形を来たし,進行期にみられる が初期にも優位側にみられることもある(図 3). https://t.co/J7gmR0xNBA
RT @hichachu: @korimaru0206 初回接種年齢は11 ~ 19 歳(平均14.4 ± 1.7 歳), 症状の発現年齢は 12 ~ 20 歳(平均 14.4 ± 1.7 歳), 接種ワクチンの種類は約 2/3 がサーバリックス,約 1/3 がガーダシルであり…
@korimaru0206 初回接種年齢は11 ~ 19 歳(平均14.4 ± 1.7 歳), 症状の発現年齢は 12 ~ 20 歳(平均 14.4 ± 1.7 歳), 接種ワクチンの種類は約 2/3 がサーバリックス,約 1/3 がガーダシルであり,症状の発現 は 1 回目接種後が 16.7%、2 回目後が 29.2%,3 回目後が 52.8%→高1の患者も含む https://t.co/XGcg4zI0lc
Sensitive in-situ hybridization, detected three JCV-positive cells and the infiltration of CD4+ and CD8+T cells and plasma cells was observed. Immunosuppressants were tapered off and mirtazapine and mefloquine administered, resulting in a favorable outcome https://t.co/ZFPeobQBju
PMID: 7814855 4.能登勝宏ほか. インスリン非依存性糖尿病患者におけるアンジオテン1変換酵素におけるアンジオテン1変換酵素遺伝子多型と合併症の関連.臨床検査 1999; 43:1045-1048. doi: https://t.co/AqhMKPMxH5 5.Bavishi C et al. Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) infection and renin
てんかんと鑑別すべき疾患 https://t.co/iw3oG4pLa0
J-STAGE Articles - 自己免疫性脳炎/脳症 https://t.co/FNm9R9LQX4
J-STAGE Articles - VIII.脳と自律神経の症状を呈する新病態 1.ヒトパピローマウイルス(子宮頸がん)ワクチン接種後にみられる中枢神経系関連症状 https://t.co/0Wpy2BNM3E
J-STAGE Articles - 発症11年経過後に実施したステロイドパルス療法が有効であった,成人発症型Rasmussen脳炎の1例 https://t.co/a69GL486dy 高橋幸利先生の講演会
https://t.co/2B08oMfRyW 疫学入門 疫学的方法論と因果推論 津田 敏秀
https://t.co/hITXCeQUfJ 医学における因果関係の推論 疫学での歴史的流れ 津田 敏秀, 馬場園 明, 三野 善央, 松岡 宏明, 山本 英二 キーワード: 因果関係の推論, 疫学, 基準, ポッパー派, 蓋然性理論派, 水俣病
総説 医学における因果推論 第二部 ―交絡要因の選択とバイアスの整理および仮説の具体化に役立つDirected Acyclic Graph― 鈴木 越治, 小松 裕和, 頼藤 貴志, 山本 英二, 土居 弘幸, 津田 敏秀 https://t.co/S3zhXzpvox
https://t.co/B2PYU9bi8o 総説 医学における因果推論 第一部 ―研究と実践での議論を明瞭にするための反事実モデル― 鈴木 越治, 小松 裕和, 頼藤 貴志, 山本 英二, 土居 弘幸, 津田 敏秀
An Autopsy Case of Familial Neuronal Intranuclear Inclusion Disease with Dementia and Neuropathy https://t.co/zEr0ciPYGZ
https://t.co/9hzZOSq3Sh Simultaneous Development of Acute Disseminated Encephalomyelitis and Guillain-Barré Syndrome Associated with H1N1 09 Influenza Vaccination 36歳の男性がH1N1 09インフルエンザワクチン接種後の尿閉と四肢の筋力低下を理由に当院に入院した. 磁気共鳴画像検査で脳
Acute Transverse Myelitis and Acute Motor Axonal Neuropathy Developed after Vaccinations against Seasonal and 2009 A/H1N1 Influenza https://t.co/gjaVU6Q2KF 急性横断性脊髄炎(ATM)はワクチン接種のまれな合併症として報告されており,炎症性末梢神経障害を伴うこと はまれである. 我々は
RT @sivad: HPVワクチン副反応を大したことないと思ってる人は是非読んで欲しい。『記憶障害,失語,性格の異常,視覚障害,意識障害など様々な脳機能の低下があり,長期間学校にも行けずに,地獄の苦しみと表現される症候に陥る患者が数多く存在する』 副反応対策も重要です。 ht…
https://t.co/p3I8nOJqQr Mefloquine Improved Progressive Multifocal Leukoencephalopathy in a Patient with Systemic Lupus Erythematosus Minako Beppu, Michi Kawamoto, et al 日本でPML患者の治療に抗マラリア薬のメフロキンを使用したのは、岸田修二先生、川本未知先生、そして僕だった。
Epidemiology and quarantine measures during COVID-19 outbreak on the cruise ship Diamond Princess docked at Yokohama, Japan in 2020: a descriptive analysis https://t.co/qwZEy7uffq 横浜に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で発生したコロナウイルス感染症2019(COVID-19)は
RT @hichachu: @influenzer3 慢性疲労症候群 https://t.co/9O4qcVknot 特集 自己免疫性脳症の診断・病態・治療 慢性疲労症候群の病態機序とその治療 渡邊 恭良, 倉恒 弘彦
@influenzer3 https://t.co/jyFmzeE4ew 原著 診断のパラドックス——筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群及び線維筋痛症を患う人々における診断の効果と限界 野島 那津子
@influenzer3 https://t.co/5Hoj23F8j2 [シンポジウム12]自己免疫性脳炎の診療update 筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群の研究の進歩とイメージング 渡辺 恭良
@influenzer3 慢性疲労症候群 https://t.co/9O4qcVknot 特集 自己免疫性脳症の診断・病態・治療 慢性疲労症候群の病態機序とその治療 渡邊 恭良, 倉恒 弘彦
https://t.co/q2jl9hY1fk スポーツと免疫 日常的なスポーツ:運動はその生理的効果としての循環系の活性化、代謝系の活性化、 ストレスの解消を通して、免疫系に対して、1. バリアーシステムの強化、2. 防御系細胞の増加、3. 細胞移動能力の亢進、4. サイトカイン産生能の亢進などにより増強効果を示す
https://t.co/kiKeOUnFOe 日本の地理学は『銃・病原菌・鉄』をいかに語るのか ―英語圏と日本における受容過程の比較検討から―
COVID-19 can suddenly become severe https://t.co/NCTtgcSARC COVID-19の11例すべて相対的徐脈。軽度COVID-19は3例、中等度のCOVID- 19は3例が自然に改善。重症COVID-19患者3例と重篤COVID-19患者2例にロピナビル/リトナビルを投与。重篤COVID-19患者は2例とも機械換気と体外膜酸素療法を必要とした
https://t.co/wO4GBFVhND 19. Early SNS-based monitoring system for the COVID-19 outbreak in Japan: a population-level observational study https://t.co/JFH2yXIGBi 20. Estimation of the incubation period of COVID-19 using viral load data https://t.co/Il6s45yH10
https://t.co/866wvZvGux 17. Epidemiology of COVID-19 Outbreak in Japan, January–March 2020 https://t.co/EGokE4DM43 18. Estimation of the actual incidence of coronavirus disease (COVID-19) in emergent hotspots: The example of Hokkaido, Japan during February-March 2020
教育講演 5 ヒトパピローマウイルスワクチン接種後に生じる副反応の科学的解明 ―自然史,他覚的検査所見,ワクチンの諸問題― 平井 利明, 黒岩 義之 https://t.co/zHMGrwrrgI 初回接種から 3.5~4 年で ADL が最も悪化,以降はわ ずかながら改善に向かう HANS 自然史の全体像が初めて 捉えられた.重症例
https://t.co/ttkS13Va1d 下記の総説も完全に無視! 子宮頸がんワクチン接種後の副反応: わが国の現状 池田 修一 症状の発現 は 1 回目接種後が 16.7%,2 回目後が 29.2%,3 回 目後が 52.8%であった. 1)子宮頸が んワクチンの接種時期と本ワクチンの接種後副反応 と思われる症状が発現している時期が
https://t.co/e0NqKzOBkV 診療Controversy medical decision makingのために インフルエンザの予防とサージカルマスク (A)サージカルマスク着用は個人の感染症予防に有効である (B)サージカルマスク着用は個人の感染症予防に有効ではない 忽那 賢志 、佐田 竜 → 忽那 賢志先生の総説
超過死亡数でみると日本内地において11月だけで約13万人がインフルエンザ,及びインフル エンザを原因とする肺炎・気管支炎によって死亡。関東大震災の死亡者数10万人,日露戦争による戦死者数8万人と比べてみてもいかに大きな影響かがわかる。まさにパンデミック(大流行)。 https://t.co/qzYL0qGW5h
J-STAGE Articles - 新型コロナウイルス感染(SARS-CoV-2)と小児:新生児から思春期まで~抗リウマチ薬治療下にある小児リウマチ性疾患児は治療変更が必要か~ https://t.co/WujriyKrmW 横田俊平先生らの総説 研究会議で数回お会いしたが、温厚で患者さんに対する思いやりに溢れている先生
この報告からは肺には 血液中 T 細胞数と匹敵する数百億の TRM が存在す ることが推測されている.さらに,ヒト肺における CD103 陽性 CD8 T 細胞がインフルエンザ特異的反 応を示すことも報告されている。 マウスとヒトにおける resident memory T 細胞 渡辺 玲 https://t.co/ACyj5BEyjl
https://t.co/NYCvjId9lJ 子宮頸がんワクチン接種後の副反応: わが国の現状 池 田 修 一 初回接種から症状発現までの期間は 1 ~ 1,532 日(平 均 319.7 ± 349.3 日),症状の発現 は 1 回目接種後が 16.7%,2 回目後が 29.2%,3 回 目後が 52.8%であった.
https://t.co/QqpsX98Avx わが国における HPV ワクチン副反応続出の要因に関する研究 ― HPV ワクチン導入期の WHO, FDA, PMDA, 厚生労働省の見解の検討― 岩 谷 澄 香
J-STAGE Articles - 成人予防接種のガイダンス 2016年改訂版 https://t.co/zcWaaXiy1J
J-STAGE Articles - アメリカ合衆国においてワクチン接種が拒否される理由 https://t.co/l79vt9omnT
平成 30 年度博士学位論文 子宮頸がんワクチン事業を通してみる日本の「第二の近代」化 -サブ政治と個人化の概念を軸に- 北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院 国際広報メディア専攻 市原攝子 https://t.co/HnhHBSoa17
2013年総説 子宮頸がんの発生年齢が若年化 していることとともに若年者の検診離れも大きな問題となっています.さらに世界各国の子宮頸がん検診受診率を比較するとわずかに25%足らずであり諸外国に比較するときわめて低いことがわかっています(図-13)→現在は約40%、倍増が必要 https://t.co/aETnTYIyFi
Dr. Masayuki Saijo Department of Virology National Institute of Infectious Diseases, Japan Email: msaijo@nih.go.jp 第 24 回日本神経感染症学会総会・学術大会を終えて 西條 政幸 https://t.co/smRukLwUQJ It is Time to Address Airborne Transmission of COVID-19 https://t.co/ZA183gTnTY
慢性腎不全を基礎に進行性多巣性白質脳症を発症しメフロキン,ミルタザピン併用療法を行い髄液JCウイルス陰性化を認めた1例 https://t.co/8lvkypfUTE
症例報告 髄液JCウイルス(JCV)-DNA PCR陰性で脳生検で診断した,特発性CD4陽性リンパ球減少症が関連した進行性多巣性白質脳症の1例 https://t.co/Lmo2VXKVJB
https://t.co/dooUcc0g6w 会長講演 一人の免疫不全患者から学ぶウイルス感染症学: 薬剤耐性単純ヘルペスウイルス1型感染症 西條 政幸 これらの患者から多くのことを学び、多くの共同研究者に支援をいただいた。本論文では、これまでの私が行ってきた患者から学ぶ HSV-1 感染症研究について紹介する。
https://t.co/JP4d5FR1QR 日本において危惧される新興,再興感染症(SFTS,ジカ,デングなど) 西條 政幸 https://t.co/Dxtd7cvItt
ショートトラックの世界女王、27歳で死去 ISUも悼む(AFP=時事) https://t.co/OUq5G5LSAx 1. 劇症型抗リン脂質抗体症候群(catastrophic APS) https://t.co/WiYuiiI2aI 2. Hyperacute ADEM、Hurst型脳炎、急性出血性白質脳炎 https://t.co/zm60ZsFZ7Z 症例 https://t.co/ds2WRhf2Bx
両側側頭葉に出血を伴った急性散在性脳脊髄炎の 1 例 https://t.co/ds2WRhf2Bx
頭頸部癌の発がん因子として新たに注目されているHPVであるが,本邦においても 中咽頭癌において半数以上が HPV 関連であることがわかってきた.また HPV 関連の中咽頭癌では,治療内容 にかかわらず HPV 非関連の中咽頭癌と比較して予後が 良好であることが報告されている. https://t.co/kQHqVRdeQG
頭頸部癌の発がん因子として新たに注目されているヒト乳頭腫ウイルス(HPV)は,国内外でHPV癌の関連中咽頭癌の頻度は急増している.治療法にかかわらず予後良好であるため,TNM分類もHPV関連の有無で分けられている. →予後は良好! https://t.co/iUQU1GTQLG
RT @hichachu: @mazzaskii 非常に面白い研究をしていますね。 https://t.co/O6tdZ0sjUu 腸管神経系 https://t.co/HN8q7mr5QZ 消化管運動の自律神経支配の特性 https://t.co/iJ17OtFnFx 神経内…
@mazzaskii 非常に面白い研究をしていますね。 https://t.co/O6tdZ0sjUu 腸管神経系 https://t.co/HN8q7mr5QZ 消化管運動の自律神経支配の特性 https://t.co/iJ17OtFnFx 神経内科と消化管症状 ―神経内科的アプローチと診察入門 https://t.co/ik8kTYxUNj 自己免疫性自律神経節障害 https://t.co/MACTAd9OUV
https://t.co/4Deh8Gr1Mo トピックス VIII.脳と自律神経の症状を呈する新病態 1.ヒトパピローマウイルス(子宮頸がん)ワクチン接種後にみられる中枢神経系関連症状 高橋 幸利, 松平 敬史, 笠井 良修
シンポジウム10:脳炎・脳症・脊髄症の新たな展開 ヒトパピローマウイルスワクチン接種後の神経症状は,なぜ心因性疾患と間違われるのか 髙嶋 博 https://t.co/fjyRwk61CY
教育講演 自己免疫性脳症の臨床症候―ヒステリーとの鑑別― 髙嶋 博 https://t.co/rGoIKd6n4G
座談会 内科診療に潜む脳症・脳炎を見落とさないために 髙嶋 博, 桑原 聡, 栗山 勝, 飯塚 高浩 https://t.co/0u8rAqF7JF
https://t.co/eBhbF7WxEL トピックス I.自己免疫性脳症を見極めるための神経徴候 荒田 仁, 髙嶋 博
https://t.co/fsaGMtMWMf 特集 自己免疫性脳症の診断・病態・治療 自己免疫性脳症を見きわめるための新しい神経診察の提案—身体表現性障害との鑑別— 髙畑 克徳, 髙嶋 博
https://t.co/zHMGrwrrgI 教育講演 5 ヒトパピローマウイルスワクチン接種後に生じる副反応の科学的解明 ―自然史,他覚的検査所見,ワクチンの諸問題― 平井 利明, 黒岩 義之
https://t.co/ttkS13Va1d 子宮頸がんワクチン接種後の副反応: わが国の現状 池田 修一
将棋棋士の直観と脳  次の具体手の直観的決定には大脳基底核が、攻めるか守るかの戦略の直観的決定には帯状皮質が重要な働きをする。長い訓練を経てエキスパートになると、普通の人では原始的な行動で働くこれらの進化的に古い脳部位が高度に認知的な問題解決に使われる https://t.co/PlizpOY3vZ
RT @sivad: HPVワクチン副反応を大したことないと思ってる人は是非読んで欲しい。『記憶障害,失語,性格の異常,視覚障害,意識障害など様々な脳機能の低下があり,長期間学校にも行けずに,地獄の苦しみと表現される症候に陥る患者が数多く存在する』 副反応対策も重要です。 ht…
https://t.co/iMRmqV3IQN 連載 感染症実地疫学・6 世界の実地疫学専門家養成コース(FETP) 中島 一敏 1 1国立感染症研究所感染症情報センター 実地疫学専門家養成コース(FETP)
https://t.co/fSWonQv6xO 医学分野における実践疫学教育
感染者の中で無症候性の症例が多いことを特徴とするCOVID-19の分析に基づいた対策がとられている。これらの無症候性の症例のほとんどは感染を広げない→総説を読んでいない! Coronavirus disease 2019 (COVID-19): research progress and clinical practice Satoshi Kutsuna https://t.co/LulcWQZZko
J-STAGE Articles - 頸静脈孔・舌下神経管近傍の臨床解剖 https://t.co/9NK1PXxR5i
COVID-19の感染広がりを防ぐため日本政府が2月下旬に提唱したテレワーク及び学校の休校措置による3密状態を避ける政策の効果を検証及び評価するために感染症数理モデルであるSusceptible-Infected-Removedモデルをベースとして人々が密状態の場所を避ける行動をベースに確率的 https://t.co/xqcqAplFAW
2020年3月末時点でのウイルス学的特徴、伝播様式、臨床症状、検査、治療薬の進展、感染対策などに関する総説。厚生労働省が提示していた「4日間続く発熱」のルールや、日本感染症学会の新型コロナウイルス感染症 治療指針など、特に日本の臨床医の立場から記載 Kutsuna S. https://t.co/EFZ3EuW1pE
Major ongoing clinical trials for COVID-19 treatment and studies currently being conducted or scheduled in Japan https://t.co/RzouCPs64I 2020年4月2日時点において、COVID-19治療に関しての臨床試験につき検索を行った。国外でのCOVID-19治療に関してhttps://t.co/52evMCTHlhに登録された48件
Epidemiology and quarantine measures during COVID-19 outbreak on the cruise ship Diamond Princess docked at Yokohama, Japan in 2020: a descriptive analysis https://t.co/qwZEy7uffq 発熱を生じた合計403人の乗船者に対して観察研究を施行した。403人の発熱者のうちCOVID-19確定例は、
A new challenge of unfractionated heparin anticoagulation treatment for moderate to severe COVID-19 in Japan https://t.co/a72M2SClYj COVID-19において凝固亢進により肺塞栓症や深部静脈血栓症を生じる症例が報告され、抗凝固療法により致命率が低下する可能性も示されている。COVID-19に
A Case of COVID-19 Patient with False-negative for SARS-CoV-2 of Pharyngeal Swab, from a Chinese traveller Returning from Wuhan, Hubei Province, China, January 2020 https://t.co/Uqe82RODP4 中国湖北省武漢市からの旅行者で、入院時の咽頭拭液を使用したPCR検査でSARS-CoV-2 RNAが陰性で
両側中小脳脚に主病変をもち,JC virus granule cell neuronopathyの合併が示唆された進行性多巣性白質脳症の1例.診断確定上再三の髄液検査の重要性 https://t.co/1omWsmsmm3 Mirtazapineとmefloquineの併用治療により長期生存。病初期には髄液検査でJCV-DNAが陰性のことがあり,繰り返し検査する必要
髄液JCウイルス(JCV)-DNA PCR陰性で脳生検で診断した,特発性CD4陽性リンパ球減少症が関連した進行性多巣性白質脳症の1例 https://t.co/1oHqyMv6sh 脳生検、definite PMLと診断。非HIV-PMLとしてメフロキンとミルタザピンの併用療法。髄液JCV-DNA PCR検査が繰り返し陰性でも,脳生検が診断に有用。
https://t.co/IwkdRtPnxg 水痘帯状疱疹ウイルスによる急性下位脳神経麻痺についての検討
水痘帯状疱疹ウイルスによる舌咽・迷走神経麻痺の1例 https://t.co/B3zJjX4h37 ウイルスの再活性化に伴う舌咽・迷走神経麻痺では咽頭や喉頭に粘膜疹を認めないものの咽頭痛を伴うことがある。咽頭痛を伴う舌咽・迷走神経麻痺は, 粘膜疹を認めない場合でも原因として水痘帯状疱疹ウイルス再活性化を疑う
マラソンレクチャー 脊椎脊髄疾患:診断から治療へ 安藤 哲朗 https://t.co/RaVMO9JV9m

1 0 0 0 OA 頸椎症の診療

総説 頸椎症の診療 安藤 哲朗 https://t.co/ZWsr5XDuOR 誤診を防ぐためには画像上の病変の高位と神経症候とを対比することが重要である.とくに頸椎症と筋萎縮性側索硬化症の鑑別診断は臨床上重要な問題である.頸椎症患者の経過や予後は様々なので,予測はかなり困難である.
Cortical Involvement in Marchiafava-Bignami Disease Can Be a Predictor of a Poor Prognosis: A Case Report and Review of the Literature https://t.co/LS5JADZ7h9 MBD is a rare alcohol-associated disorder characterized by demyelination and necrosis of the corpus callosum.
アルコールを中心として, 栄養障害(ビタミン B1 欠乏症等アルコール関連) https://t.co/2WnbD0UP3j
認定医-指導医のためのレビュー・オピニオン 鑑別疾患として知っておきたいCIDP https://t.co/ILiiCT6H0a 神経内科専門医試験に役立つ総説
M蛋白血症を伴った悪性リンパ腫による馬尾症候群の1例 https://t.co/olk7AiQcdM 腰仙髄造影MRIにて馬尾下部領域に造影効果。M蛋白血症、多発性骨髄腫を疑ったが,血清可溶性IL-2受容体が4,490 U/mlと著高で,FDG-PETにて椎体,馬尾の集積増加。L4椎弓根生検にてび漫性大細胞型B細胞性リンパ腫と診断
IV.傍腫瘍性自己免疫性脳炎 https://t.co/Ycb7mpySbp 傍腫瘍性自己免疫性脳炎は腫瘍の遠隔効果として発症する脳炎・脳症。髄液検査や画像検査で異常を認めないこともあり,しばしば診断に難渋し治療開始が遅れることも少なくない.また,様々な精神・神経症状の出現が腫瘍の発見に先立つことも多い。
マラソンレクチャー 自己免疫脳炎と自己抗体に関する豆知識 https://t.co/EGSJBSNWQW
進行期乳がん患者に発症した傍腫瘍性Stiff-person syndromeの1例 https://t.co/gWbB6KJrBl Stiff-person syndrome(SPS)は,特徴的な筋硬直および有痛性痙攣により進行性に四肢軀幹筋の運動障害を引き起こす。抗GAD抗体や抗amphiphysin抗体などの自己抗体。中枢神経系でのGABA作動性ニューロンの障害
自己免疫性脳炎およびその類縁疾患における最近の進歩 https://t.co/QcNDaEqDdj 「自己免疫性脳炎の診断に対する臨床的アプローチ」脳炎・脱髄重複症候群,てんかん,精神症状,異常運動,単純ヘルペス後脳炎,stiff-person症候群あるいは睡眠行動異常症の一部にもこれらの抗体が関与している。
Lambert–Eaton筋無力症候群 非特異的な疲労感、近位筋の筋力低下と腱反射の低下, 口渇を認める場合、LEMSを疑う。診断は手筋のCMAP振幅低下、筋収縮後のCMAP振幅の増大。神経末端のP/Q型電位依存性Caイオンチャンネルに対する抗体の存在が本症候群の原因であり, 陽性率は約90% https://t.co/sx10g0Zlie

お気に入り一覧(最新100件)

HPVワクチン副反応を大したことないと思ってる人は是非読んで欲しい。『記憶障害,失語,性格の異常,視覚障害,意識障害など様々な脳機能の低下があり,長期間学校にも行けずに,地獄の苦しみと表現される症候に陥る患者が数多く存在する』 副反応対策も重要です。 https://t.co/XFn7KEVn7J
@GoodBye_Nuclear 進行性多巣性白質脳症の患者を受け持った時に悪化していく患者を何とか助けたいために文献を検索した。化学療法は副作用が強くて使えない。数人の大学教授に直接質問したが、ダメ。都立駒込病院の先生から投稿中の論文をもらった。有効の論文を発表したが、他の先生も使用。 https://t.co/XA4lE1e311
『検査しなければなかったことにできる作戦』これはHPVワクチン副反応についてもいえます。神経内科の専門医は副反応患者さんに多くの所見を見つけていますが、そういった検査をさせずに心因性と決め付ける悪質な医療関係者がいるようです。 https://t.co/SZWsaBHJBX
@junmurot @AVXZ2 @yunohira 室月さん、以下のように、池田先生ご本人が頸癌ワクチン反対ではないと書いています。悪質な虚偽の流布はやめてください。池田先生は副反応の治療と研究をなさっているのです。 https://t.co/Od5xMkvHrW
WS2-3 HPVワクチン副反応発症の臨床症候と中枢神経病巣の考え方 HPVV接種後の様々な症状の責任病巣は、視床下部だと考えられているのに、確定診断のための被害者の方たちの視床下部の病理解剖なんてできるわけない。 https://t.co/Kc7SKqEQtT
福島小児甲状腺がん問題について、きちんとした疫学専門家の見解はこちらで読むことができます。 福島県でのリスクコミュニケーションと健康対策の欠如 https://t.co/v80s3crZ6K
医学的に説明困難な身体症状 Medically Unexplained Symptoms 医師は謙虚であるべきである。 新規疾患を身体表現性障害と診断していないか?HPVワクチン接種後神経障害は神経内科医にとって挑戦すべき課題である。 https://t.co/jhJmkZBzRX

72 0 0 0 OA Letter to the Editor

@kikko_no_blog 村中璃子氏が誹謗している鹿児島大学教授が下記の質問に正式に返答しています。是非お読み下さい。 https://t.co/eaeA1NsP4h 大阪大学産婦人科からの質問です。 非常に丁重な質問内容です。 https://t.co/epDFa5HfSV 髙嶋博教授のHPVワクチン副反応に関するコメントです。
@kikko_no_blog 村中璃子氏が誹謗している鹿児島大学教授が下記の質問に正式に返答しています。是非お読み下さい。 https://t.co/eaeA1NsP4h 大阪大学産婦人科からの質問です。 非常に丁重な質問内容です。 https://t.co/epDFa5HfSV 髙嶋博教授のHPVワクチン副反応に関するコメントです。
この鹿児島大の高嶋教授のレターに、もしかしたら京大の本庶教授と村中璃子氏の接点が書かれているのかもしれないと思いました。 新規抗がん剤のニボルマブ(オプシーボ)使用の際の注意点について 「これまで違う特殊な筋炎や重症筋無力症などの自己免疫疾患が起こりうる」https://t.co/fWXd5HbpLu
HPVワクチン副反応について。 髙嶋博教授のReplyの内容は全ての関係者に読ん欲しい。ワクチン推進派の方に特に読んで欲しい。 https://t.co/epDFa5HfSV
hpvワクチンの重篤な副反応を気楽に「心因性だ」「少女期に特有の集団ヒステリーだ」「身体表現性障害だ」とか言う、あるいは考える人達はまあ、これでも読んで落ち着いてね。斎藤環とか言う精神科医さんもね。 https://t.co/7ncfm1oVWu
なぜ??? 中山氏の名前が消えている?? 仮説HANSをHPVワクチン副反応とする医学的根拠の欠如 : ワクチン学・疫学的視点から https://t.co/B2MTOniHNs

フォロー(609ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @korimaru0206: 子宮頸がんの大きな特徴は、原因がHPVと解明されていることに加え、前がん病変である異形成 の期間が長く、この段階で検診により発見できることである。このため、精度の高いがん検診を定期的に受診してさえいれば、前がん病変の段階で確実に発見することが…

フォロワー(1847ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @okisayaka: ……というのが、とりあえず次の文献などを参照した上での自分の解釈。 https://t.co/sTYy8kOGTX https://t.co/bU0vb9v8AY
Highly Sensitive Person Scale日本版(HSPS-J19)の作成 https://t.co/N054ZVQL1k
@7964tolotolo 例えば、太陽光発電 十数年前がhttps://t.co/kYS9PctNN8 この頃、一ないし二年で製造等に要した温室効果ガス分を取り戻せる、と算出されていた。 で、今がhttps://t.co/Fe96PbUSzK この界隈、新製品の性能が落ちる、とは考えにくい。 #再生可能エネルギー
RT @mk95_hoc: 「なぜ精度保証付き数値計算の研究を追求したか」 https://t.co/Df0xyD0iH5 自分の研究分野からすると,これがとても参考になります.『電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review』
RT @korimaru0206: 子宮頸がんの大きな特徴は、原因がHPVと解明されていることに加え、前がん病変である異形成 の期間が長く、この段階で検診により発見できることである。このため、精度の高いがん検診を定期的に受診してさえいれば、前がん病変の段階で確実に発見することが…
CiNii 論文 -  医療情報の公開・開示を求める市民の会 (特集 病院における情報開示) -- (医療消費者(患者)からみた病院の情報開示) https://t.co/2YbB58bpNN 日野原 重明で有名な 聖路加国際病院は 胃癌の手術をして 10年後に発覚した 胃潰瘍診断書の説明を 拒否する
@CordwainersCat たしか微生物は黄砂で長距離移動が確認されていたはず。 この文献によるとどうやらウイルスが運ばれる例もあるらしい(口蹄疫ウイルス)  https://t.co/nIoNDJjeSS  中国→日本は長距離で海を越えないといけないからウイルスはあまり考えにくいが、ありえないとは断言できないような
人と野生動物の関わりと感染症-野鳥大量死と餌付けを例に https://t.co/twr3ZlIGGI
RT @miraisyakai: 多変量正規母集団からの不完全標本による母数関数推定 https://t.co/nqiuyOG1iT 「共通関数係数の最犬推定および制限付き最犬推定について扱い」 イヌ……だと……?
RT @narumita: お寺に死んだ人の記録(過去帳データ)が残ってる_φ(・_・ 文久2 (1862)年はコレラだけでなく麻疹も大流行
RT @korimaru0206: 子宮頸がんの大きな特徴は、原因がHPVと解明されていることに加え、前がん病変である異形成 の期間が長く、この段階で検診により発見できることである。このため、精度の高いがん検診を定期的に受診してさえいれば、前がん病変の段階で確実に発見することが…
RT @korimaru0206: 子宮頸がんの大きな特徴は、原因がHPVと解明されていることに加え、前がん病変である異形成 の期間が長く、この段階で検診により発見できることである。このため、精度の高いがん検診を定期的に受診してさえいれば、前がん病変の段階で確実に発見することが…
RT @sosorasora3: 各国の学生への支援 ●国立国会図書館 「新型コロナウイルス感染症と学生支援― 主要国の状況と取組―」 :『調査と情報―ISSUE BRIEF―』No. 1116(10.20) PDF https://t.co/NzYaI54EYC 主要国は、様…