bokemontaro (@hichachu)

投稿一覧(最新100件)

亜鉛と神経疾患 川原 正博 https://t.co/rephiZB0Kl
Onuf-Mannen核の過去・現在・未来 - Neurology 興味を持った「脳神経内科」論文 骨盤括約筋支配ニューロンの局在 ―Onuf-Mannen’s nucleus― 岩田 誠 https://t.co/J1WkZq7mkz Onuf-Mannen’s Nucleus JMAJ 54(1): 47–50, 2011 Makoto IWATA https://t.co/2Hx1uVj6zD https://t.co/PZ7NUn8F6L
総説 ナットクラッカー症候群(左腎静脈捕捉症候群)に対する左腎静脈転位術の手術経験 石橋 宏之, 太田 敬, 杉本 郁夫, 竹内 典之, 永田 昌久, 本多 靖明 →愛知医科大学血管外科、太田敬名誉教授は同級生。 https://t.co/PtIrtQdO0Y
レスベラトロールはオートファジーを促進して加齢による筋萎縮と運動機能障害を抑制する https://t.co/vTCG10NY4l
コミナティ‍®接種後に異常感覚と筋力低下,嚥下障害,高度の深部感覚障害を自覚。抗ガングリオシド抗体陰性、神経伝導速度検査ではF波の出現率の低下。ワクチン接種による自己免疫性の末梢神経障害と考え血漿交換を行ったところ,症状は改善したが深部感覚障害は残存した. https://t.co/iNyp8wjYHp
●見逃しやすいしびれをきたす代表的疾患がある ●しびれをきたす稀な病気:急性間欠性ポルフィリン症,Lyme病などがある ●日常的に遭遇する疾患:胸郭出口症候群,過換気症候群などがある ●最近注目されている疾患:新変異型Creutzfeldt-Jacob病,線維筋痛症などがある https://t.co/V18HgSEqQz
末梢神経障害の基礎と臨床 TN型らいとその鑑別診断 近藤 喜代太郎 →故近藤喜代太郎先生の力作。 懐かしい先生だ。 →現在は非常に稀な疾患であるが、末梢神経障害の鑑別診断として忘れてはならない。 https://t.co/AeSGe6EhoD
ハンセン病の原因病原体である“らい菌”は末梢神経系の Schwann 細胞に好んで寄生するため,この病気は末梢神経の細菌感染症であるといえる.この細菌はヒトの体内において 温度の高いところでは生育しにくく温度の比較的低いとこ ろで増殖するため皮膚表面に分布する末梢神経系 https://t.co/kWra7xQ1K3
背景 この縦断的研究は新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックの初期から中期にかけて個人の生活形態によって心理的苦痛レベルがどのように変化するかを調査することを目的としたものである。 方法 2020年2月から2021年1月にかけて、日本人2,400人を対象にインターネット https://t.co/p3x0x3P0cR
PICTURES IN CLINICAL MEDICINE Pericarditis with Increased Vascular Permeability after COVID-19 Vaccination Tadao Aikawa, Jiro Ogino, Nozomi Aikawa, Noriko Oyama-Manabe https://t.co/QdHjgH3m0E
国立精神・神経医療研究センターでは 2021 年6 月より後遺症外来を開設し、このような PCNS あるいは COVID-19 後遺症の患者さんを積極的に受け入れている。当院でも嗅覚障害、記憶障害、不安、うつ状態、疲労など多彩な症候がみられ、その治療は容易ではない。 https://t.co/4pFb5UzaYG
Fulminant Myocarditis 24 Days after Coronavirus Disease Messenger Ribonucleic Acid Vaccination: A Case Report https://t.co/HWhIf0M4rt 60 歳の日本人女性、COVID-19 BNT162b2 ワクチンの 2 回目接種後 24 日目に心原性ショックで入院した。心内膜生検で心筋炎を指摘され,直ちにインペラCP
On the origin and evolution of the asteroid Ryugu: A comprehensive geochemical perspective →引用論文数は245件と膨大だ! #Ryugu #asteroid https://t.co/3InbhGPn4M
Surgical Masks Do Not Increase the Risk of Heat Stroke during Mild Exercise in Hot and Humid Environment サージカルマスクは、呼吸器感染症の予防のために広く使われています。しかし、高温多湿の環境下での激しい作業や運動時の熱中症リスクが懸念される。 https://t.co/6Ed7EIWSm2
脳の可塑性を高める非侵襲的脳刺激,脳内神経伝達物質に作用する薬剤,迷走神経刺激はリハ訓練と併用されるべきである.ロボット・リハの導入により,リハ訓練の効率向上が期待される.脳卒中後片麻痺に対するニューロフィードバックは運動イメージに対する治療的介入である. https://t.co/I9cg46TUTZ
総説 急性期脳卒中における反復性経頭蓋磁気刺激(rTMS)の有効性と役割 佐々木 信幸 https://t.co/LIq3fr0MP7
恩師の髙橋昭先生が、6月6日にご逝去された。92歳 御冥福をお祈りします。 生前のご厚情を感謝申し上げます。 https://t.co/gJEjG0ZOOq
The opinions of occupational physicians about maintaining healthy workers by means of medical examinations in Japan using the Delphi method https://t.co/0RtUa6tCNp
増大特集 神経症候学は神経学の“魂”である ワルテンベルク 葛原 茂樹 キーワード: ワルテンベルク , ワルテンベルク反射 , 神経学的診察法 , 徴候 , 検査 , Robert Wartenberg , Wartenberg reflex , neurological examination , sign , reflex →故葛原茂樹先生の力作 https://t.co/eR1bMuUfS1
神経学からみた「めまい」 高橋 昭 https://t.co/lLJWZ2PMvU
https://t.co/84Y3cg6qRO 50周年記念シンポジウム―1 ∼神経学・半世紀の進歩∼ 日本神経学会の独立は神経学の発展の原動力となった 荒木 淑郎
Montefiore Medical Centerに1954年 以 来留学さ れた日本人の神経学者(年 代順) 荒本淑郎 豊倉康夫 徳臣晴比古 岩田 誠 厚東篤生 井上聖啓 中野今冶 中村晴臣 塩澤全司 佐々木彰一 岡本幸市 日下博文 村上信之 水澤英洋 小川道子 伊東秀文 三竹重久 高橋牧郎 https://t.co/F2PM3J2NaM
日本の神経学はオランダの軍医Pompeから19世紀中期に長崎に導入された.その門下の司馬凌海は日本最初の神経治療薬を紹介した.その後,ドイツからBaelzが来日,その門弟らが1902年に「日本神經學會」を創設した.当時の日本は国民病の脚気が神経学研究の中心であった. https://t.co/gJEjG0ZOOq
https://t.co/DY9UbqZT48 50周年記念講演 日本神経学会―誕生と発展― 高橋 昭
総説 第59回日本神経学会学術大会特別講演(2018) 日本神經學會創立(1902)から116年―歴史に学び教訓を未来に活かす― 葛原 茂樹 https://t.co/ZoHvSuhU5p
https://t.co/YSn5Digl6j 特集 パンデミックをめぐるメディアと社会――その可能性と困難 コロナ禍がもたらした記者のコミュニケーション危機 現場記者からの聞き取りに基づく3観点の分析 澤 康臣
J-STAGE Articles - 新型コロナウィルスCOVID-19への対応の現状と課題 https://t.co/qPTK1PK88R いわゆる被害軽減、英語ではミティゲーション(mitigation)と言ってますけども、積極的疫学調査も諦めて、被害軽減の時期に移行していくことになります。 #押谷仁
https://t.co/WXmpWaFJ6K 新型コロナウイルスに対する日本の対策,特に積極的疫学調査に基づくクラスター対策は,このウイルスに対して一定の効果をあげてきたと考えられる.しかし,これまでの対応からさまざまな課題も明らかになってきている. #押谷仁
AQP4 抗体のような補体介在性の細胞傷害はまれであり、NMDA 受容体抗体は抗体介在性に内在化させることで病原性を発揮するほか、LGI1 抗体はシナプスにおける蛋白結合を阻害することで、てんかん発作を誘発する。 https://t.co/dYZ5nxe2C1
前向き追跡調査では単純ヘルペス脳炎後 27%に自己免疫性脳炎が続発し全例で神経細胞表面抗体が陽性であることが確認されている。単純ヘルペス脳炎を含めた神経感染症と自己免疫性脳炎の双方をあわせて理解したうえで自己免疫性脳炎の新しい診療アルゴリズムについて考察する https://t.co/dzvA8tTtuJ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、発生初期の報告では脳卒中を増やしたが、その後の各地からの報告では脳卒中患者が減ったとの報告が目立ち、これには受診控えなどの社会的側面が影響するとみられる。 https://t.co/j8II3dewIV
COVID-19感染後に四肢筋力低下をきたし、Guillain-Barre 症候群(GBS)の診断で救命し得た症例を2 症例経験したので報告する。COVID-19 感染症が蔓延し、重症患者を診療する病床が不足するなかにおいても、COVID-19 感染後 GBS は重症であり治療のための病床確保が必要である https://t.co/ouoFhlmUYR
J-STAGE Articles - COVID-19 後神経症候群 https://t.co/scxheB7Dch
自己免疫性自律神経節障害は自律神経系が免疫異常の標的となる比較的新しい疾患概念。本症では抗自律神経節アセチルコリン受容体抗体は病原性自己抗体として病態の鍵となる役割を果たす。自己免疫性自律神経節障害は自律神経系外の症候や膠原病などの併存,小児症例が存在。 https://t.co/jgazCkqt1A
小児~ 若年者の甲状腺癌も一般的に予後良好とされているが成人と比較し癌の自然歴に関する知見に乏しくより慎重な対応が求められている. 関係学会のガイドラインに従い甲状腺癌のリスクに応じた検査を行い2020 年度末時点において 260 例が細胞診診断にて悪性、悪性疑いと診断 https://t.co/lXPyieRj5t
日本病理学会・日本臨床細胞学会の両理事長・理事会の了解のもとに,それぞれの用語委員会・学術 委員会が合同で協議を開始している。筆者らとしては1従来疫学者らが用いてきた過剰診断を過剰検査といいかえること,2過剰診断は病理診断(組織診・細胞診)の誤診に限って用いる https://t.co/tAGu1j23TY
J-STAGE Articles - Lewy小体型認知症との鑑別を要した橋本病の1例 https://t.co/wgMqYboLDg
1)国際的な視野で仕事をする,2)診断に役立つ新しい技術を開発する,3)臨床に直結する基礎研究を展開する,そしてそのすべてを集結して4)患者の治る神経内科をめざすことです.いずれも実現可能な目標ですが,いうはやすく,おこなうは難しの部類です. #木村淳 https://t.co/Qa2EAcgxJC
50周年記念シンポジウム―2 ∼神経学・半世紀の進歩∼ 世界からみた日本神経学会の半世紀 木村 淳 https://t.co/Ma8Ubj7fkA
認知機能障害と不随意運動を呈し,治療で改善しだったCryptococcus neoformans髄膜脳炎の1例 https://t.co/CFT6cgVvSW クリプトコッカス髄膜脳炎で認知機能障害,不随意運動の改善過程を観察した報告は稀であり,貴重な症例であると考えられたため報告する. →我々の論文が引用されている。
平野朝雄先生が 2019 年 7 月 25 日に死去。享年 92 歳 →木村淳先生と共にアメリカで活躍した偉大な先生だった!日本脳腫瘍病理研究会で培養オリゴデンドロサイトの研究を発表した時にお会いした。 「神経病理を学ぶ人のために」のオリゴデンドロサイトの画像を培養で再現 https://t.co/nPbMEUg13M
<50 周年記念シンポジウム―2>~神経学・半世紀の進歩~ 世界からみた日本神経学会の半世紀 木村 淳 →元京都大学神経内科教授、アイオワ大学神経内科教授。 3/3に急死された。御冥福をお祈りします。 https://t.co/9iLdQ4tr9q
J-STAGE Articles - Dramatic Response of Dropped Head Sign to Treatment with Steroid in Parkinson's Disease: Report of Three Cases https://t.co/M3vJn70fxy Tolosa先生に質問したが、このような症例の経験はなし。
King’s Parkinson’s Disease Pain Scale(KPPS)と King’s Parkinson’s Disease Pain Questionnaire(KPPQ)の日本語版の作成と言語的妥当性の検討 https://t.co/rkhURjxpWy
Safinamide Mesilate (Equfina® tablets 50 mg): preclinical and clinical pharmacodynamics, efficacy, and safety https://t.co/LcTErQyuEd
J-STAGE Articles - An Autopsy Case of Familial Neuronal Intranuclear Inclusion Disease with Dementia and Neuropathy https://t.co/VXP0ESk97N
木村淳先生、2022年3月3日 ご逝去 https://t.co/LDKIMzbbR9
J-STAGE Articles - ドパミンアゴニストからゾニサミドへの切り替えによるパーキンソン病患者の精神症状及び運動症状への影響 https://t.co/mzaI6Uvbw2
J-STAGE Articles - Repeated brain Magnetic Resonance Imaging Provides Clues for the Diagnosis of Autoimmune Glial Fibrillary Acid Protein Astrocytopathy https://t.co/0XB1xYx60U
臨床病型は,髄膜脳炎 56%,髄膜脳脊髄炎 41%,脊髄炎 3%の順に多く10),GFAP-A では頭痛や発熱などの髄膜炎症状、認知機能低下やてんかん発作などの脳炎症状,脊髄炎による運動麻痺と病変の部位によって様々な症状で発症し,自律神経障害の合併もしばしば認める2).発症様式と https://t.co/3utYuMwoeQ
Iorio らによる軟髄膜生 検の 1 例報告では,CD8 陽性 T 細胞とマクロファージによる 単核球浸潤を伴う炎症性変化が報告されている。また,中国における 8 例の病理組織所見では,全例で血管周囲にリン パ球浸潤を認め,病変の脳実質で CD8 陽性 T 細胞が優位で あったという https://t.co/weiOI94eYG
https://t.co/kPw1YOCtSE AIDSに合併したクリプトコッカス髄膜脳炎の1剖検例―基底核および小脳病変のMRI画像と病理所見の対応 →進行性の認知症、急性発症の小脳梗塞が出現。生前にクリプトコッカス髄膜脳炎と診断できなかった剖検例。非常に教育的な症例。 #BrainNerve
症例から学ぶ 神経内科診療のピットフォール:誤診症例から学ぶ 平山 幹生 →引用文献あり https://t.co/gWtL2OsxNk
RT @hichachu: @28BE42065gde https://t.co/waYkFhk2UM Two Cases of Acute Disseminated Encephalomyelitis Following Vaccination Against Human P…
@28BE42065gde https://t.co/waYkFhk2UM Two Cases of Acute Disseminated Encephalomyelitis Following Vaccination Against Human Papilloma Virus The annual incidence of ADEM is 0.8 per 100,000 individuals, of which 5% is believed to be post-vaccination ADEM (11).
日本は人口比MRI保有台数が世界一であり,日本人の未破裂脳動脈瘤は欧米人の2.8倍 破裂しやすいため,脳ドックが発展している.近年人工知能による未破裂脳動脈瘤診断もされるよ うになったため,未破裂脳動脈瘤のMRI画像診断,人工知能による画像診断について報告する. https://t.co/kDteMGJhJp

3 0 0 0 OA 脳梗塞の臨床

https://t.co/AzQWFEgxdk locked-in症候群 アメリカ留学から帰国後、国立療養所中部病院に勤務していたが、週に1回、代務に行っていた。病院の神経内科外来は非常に多忙で再来患者の1分間診療を行なわないと新患を含め、午前9時から午後1時までに100人以上の診療はできなかった。
シンポジウム21:神経変性疾患の嚥下障害,あきらめていませんか? Parkinson病の嚥下障害,あきらめていませんか? 山本 敏之 https://t.co/RCyNFb6RUh
シンポジウム20:薬剤性脳・神経障害 免疫チェックポイント阻害薬による神経系免疫関連有害事象 谷口 洋, 坂本 剛, 鈴木 重明 https://t.co/qfDjRBIRXs
https://t.co/K7f3P2tEvZ 神経変性疾患の画像診断トピックス ―おさえるべき神経変性疾患の神経画像の特徴,ピットフォールについて― 德丸 阿耶
https://t.co/qElMFI6RY7 シンポジウム11:神経変性疾患の画像診断トピックス 神経変性疾患の画像診断トピックス ―おさえるべき神経変性疾患の神経画像の特徴,ピットフォールについて― 德丸 阿耶 →この先生の講演は素晴らしい
J-STAGE Articles - めまい:鑑別,治療,最近の話題 https://t.co/kKNGs7tB5U マラソンレクチャー めまい:鑑別,治療,最近の話題 城倉 健
生活習慣・生活習慣病とAlzheimer病 https://t.co/kWWWnQnCaw
視神経脊髄炎関連疾患(NMOSD)と抗ミエリンオリゴデンドロサイト糖蛋白(MOG)抗体関連疾患の病理病態と治療 https://t.co/iIVOT8sowJ
J-STAGE Articles - 感染症の時代に読み直す『ロミオとジュリエット』 https://t.co/5HXTfkeVnK
- 環境過敏症―HANSの症候,自然史,自律神経機能検査等から全体像を考察する― https://t.co/nmyLNIzcAO #HPVワクチン #HPVワクチン副反応 #環境過敏症 #HANS
肥厚性硬膜炎の臨床像とステロイド治療法に関する1考察:自験3症例と文献例66症例からの検討 植田 晃広, 上田 真努香, 三原 貴照, 伊藤 信二, 朝倉 邦彦, 武藤 多津郎 https://t.co/t4oBZcFd0A
https://t.co/KdhhUXKHGA 事故モデルの動向と各産業に適用できる事故モデル WiegmannとShappell(2003)は,スイスチー ズモデルが実際の航空機事故分析に用いる際に限 界があることを認め,同モデルが体系的に使用さ れるためにはホールを明確にする必要があると主張している40)。
https://t.co/7SCsNqdLPL 特集「呼吸器由来エアロゾルとウイルスへの感染」 新型コロナ感染症のエアロゾル感染とマスクの効果 明星 敏彦 , 岡田 祟顧 キーワード: COVID-19, Airborne Transmission, Droplet, Mask, Respiratory Protection, Face Seal Leakage
エアロゾルと飛沫感染・空気感染 https://t.co/dngkkOaU2J SARS-CoV-2 で問題となっている事象の多くは,少なくともエアロゾルの観点からはインフルエンザや SARS-CoV と共通部分が多い. 本稿ではおもに 2019 年以前の査読付論文をレビューし, エアロゾルと飛沫感染・空気感染に関する知見を体系化する
アルツハイマー病疾患修飾薬の現状とプレクリニカル期における 二次予防介入 https://t.co/7s91n3N1uf
A Rapidly Enlarging Nocardial Brain Abscess Mimicking Malignant Glioma https://t.co/dggRZlDbF1
HPV ワクチン論争を再考する ー 推進派の主張の問題点を中心に はじめに 子宮頸癌の原因であるヒトパピロ−マウイルス(HPV)に対するワクチンの接種事業が大々的に行われていた時期があったが、接種後に重篤な副反応の疑いのある症状を呈した症例が多発したため、現在は定期 https://t.co/UfL59HPWpW
https://t.co/e4xtles6Rc 問題のデータ Figure 2. Estimated period prevalence (per 100,000 population) during the period of July to December 2015 among girls with diverse symptoms, according to the number of symptoms. →多数のバイアスがあるため、統計処理は実施しないと明記している。
A Nationwide Epidemiological Survey of Adolescent Patients With Diverse Symptoms Similar to Those Following Human Papillomavirus Vaccination: Background Prevalence and Incidence for Considering Vaccine Safety in Japan https://t.co/sy4cFTdt4O #祖父江班 #HPVワクチン #副反応
1)仮面高血圧 近年最大のエビデンスであるスペイン・ナショナル多施設ABPMレジストリーでは,仮面高血圧の予後が最も悪いという結果であった。仮面高血圧のリスクが長期に亘り放置されていたことで,持続性高血圧よりも高いリスクになったと考えられる。 #仮面高血圧 https://t.co/lGccrT5Gl5
コリン作動性トキシドローム アセリルコリン受容体にはムスカリン受容体とニコチン受容体が存在し全身の臓器に分布。そのためコリン作動薬は両方の受容体に作用するこ とで多彩な臨床症状を示す。縮瞳や鼻汁・唾液分泌 の増加,気管支収縮に伴う呼気の延長と喘鳴,咳嗽など。 https://t.co/nqURFAvXIy
A Novel Risk Stratification System for Ischemic Stroke in Japanese Patients With Non-Valvular Atrial Fibrillation https://t.co/9H0rvtsRXZ
https://t.co/qeNHdef6ma V.アセチルコリン受容体に対する自己抗体と脳炎・脳症 中根 俊成, 安東 由喜雄 2種類のムスカリン性AChR(muscarinic AChR:mAChR)とニコチン性AChR(nicotinic AChR:nAChR)に対する抗体の臨床研究の現況について,脳炎・脳症の視点から触れた.特に後者では,自律神経節
人工的ウイルス様粒子が異物・免疫反応,血管内皮障害のトリガーとなり,視床下部症候群を引き起こすと考えた. https://t.co/B2yf7SGbYp Circumventricular organs dysregulation syndrome (CODS) Yoshiyuki Kuroiwa
ヒトパピローマウイルスワクチン接種後に生じる副反応の科学的解明 ―自然史,他覚的検査所見,ワクチンの諸問題― https://t.co/paMNHu0YBv ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン関連神経免疫異常症候群は概日リズム・エネルギー代謝障害,4大症候(自律神経,情動,感覚,運動),接種から3.5–4年で
症例は84歳女性.無言無動を繰り返し,発話時は体が溶けるとの奇異な妄想があり,体位変換に関連しない著明な血圧変動,尿閉・便秘を認めた.頭部MRI上,特異所見はなく,髄液蛋白は軽度高値,細胞数は正常だった.除外診断で,何らかの自己免疫性脳症を疑い, https://t.co/zLZy4Dq3J2
症例は経過8年の起立不耐を呈した39歳女性である.Head Up Tilt試験で体位性頻脈症候群(postural tachycardia syndrome,以下POTSと略記)と診断した.抗自律神経節アセチルコリン受容体(ganglionic acetylcholine receptor)抗体が強陽性であり,自己免疫性自律神経節障害 https://t.co/FxcS3ulFEt
自己免疫性自律神経節障害(autoimmune autonomic ganglionopathy; AAG)は自律神経系が免疫異常の標的となる比較的新しい疾患概念である.本症では抗自律神経節アセチルコリン受容体抗体は病原性自己抗体として病態の鍵となる役割を果たす.本症は広範な自律神経症状以外に https://t.co/IlRHh0XxdL
https://t.co/3akrOLAjoJ 失語を呈する変性疾患の病理背景 吉田 眞理 臨床的に失語症が記載されている13例の病理像を概説した。意味型失語症を示した6例の背景病理は、TDP-43蛋白蓄積を示す前頭側頭葉変性症(frontotemporal lobar degeneration, FTLD-TDP) type Bが3例、 Pick病が1例、
https://t.co/FCIpYQwYrC 進行性失語の概念と診断について脳前方部に原発性の変性病変を有する認知症の枠組みの中で特徴的な進行性失語症を主症状とする臨床症候群を捉える流れと,Mesulam が当初は全般的認知症を伴わ ない緩徐進行性失語症(slowly progressive aphasia without generalized dementia)
総合診療部門に来院される初診患者の 25~35%は専門診療科が定まらない機能的疾患で心身症に該当する割合が高い.従来の診療では対応に難渋されることも多いが当科では心身医学的な視点で関わることで,早期に診断・治療が行われ終結に至る症例も少なくない. #機能性身体症候群 https://t.co/DBsY33mlet
https://t.co/zdUh01oEFW 脳と自律神経の症状を呈する新病態 1.ヒトパピローマウイルスワクチン接種後にみられる中枢神経系関連症状 →不随意運動を呈する患者の一部は機能性運動障害の可能性が大。発症初期に下畑教授のような優秀な脳神経内科医の診察を受ける必要がある。そうでないと完治は困難。 https://t.co/NUyx3XuCbI
脳機能イメージング研究からは, 臭い負荷時の前頭前皮質領域における活性化状況から, 外的ストレスに対する刺激の認識や記憶と大脳辺縁系を介した作用機序が関与している可能性が考えられた。 また, 5年にわたる追跡研究からは, イライラ感, 疲労感, 不安感, 抑うつ感などの https://t.co/8GwtcUaPLI
@EARL_COVID19_tw https://t.co/pdTfQWvOpY EDITORIALS Acute Disseminated Encephalomyelitis Following Immunization with Human Papillomavirus Vaccines
@EARL_COVID19_tw https://t.co/4EZsehx1JZ Two Cases of Acute Disseminated Encephalomyelitis Following Vaccination Against Human Papilloma Virus It is important to accumulate further data on confirmed cases of ADEM temporally associated with HPV vaccination.
@EARL_COVID19_tw https://t.co/DCb52AblyR Acute Meningoencephalitis after COVID-19 Vaccination in an Adult Patient with Rheumatoid Vasculitis Joe Senda, et al.
COVID-19ワクチンによる心筋炎が世界的に報告されている。本稿ではワクチン関連心筋炎が疑われた日本人2例を報告する。症例は27歳男性,2回目のワクチン接種後4日目に胸痛で入院した。心電図検査では特に異常は認められなかった。2例目の37歳男性は,1回目のワクチン接種後 https://t.co/CLARYTTVVj
長期間の集中治療管理を要したfebrile infection-related epilepsy syndromeの1例:ケタミン持続静注,デキサメタゾン髄腔内投与の試み https://t.co/f3eYiRDBiv
72歳のリウマチ性血管炎の女性が,Pfizer-BioNTech社のmRNA BNT162b COVID-19ワクチンの初回接種後に意識レベルの低下を示し,髄膜脳炎と診断された事例を報告する。確定検査はなかったが,MRI所見と微生物学的および自己免疫学的調査を含む病因評価に基づいて診断された。 https://t.co/696LenmxhE
くも膜下出血の発症年齢 10 歳区切りで分けた年代別の症例数をみると,全国の集計では男性では 50 歳代にピークがあり,60 歳代以降は減少するのに対し,女性では 50 歳代以降も症例数はゆるやかに増加し 70 歳代にピーク →漫画家42歳、脳ドックは40歳で受けるべし #征海美亜 https://t.co/eLygY1rwKh
J-STAGE Articles - 急性に発症し非典型的な病巣分布を示したアトピー性脊髄炎の1例 https://t.co/BrlDYiCFSG
J-STAGE Articles - アトピー性脊髄炎とその周辺 https://t.co/Ddptt30zLH

お気に入り一覧(最新100件)

@hichachu エラーカタストロフの限界を超えたされる今の変異株はこちらでいう準種にあたるのでしょうか? https://t.co/Bi7hs8iWp1 https://t.co/SO2Cs9Fc91
HPVワクチン副反応を大したことないと思ってる人は是非読んで欲しい。『記憶障害,失語,性格の異常,視覚障害,意識障害など様々な脳機能の低下があり,長期間学校にも行けずに,地獄の苦しみと表現される症候に陥る患者が数多く存在する』 副反応対策も重要です。 https://t.co/XFn7KEVn7J
@GoodBye_Nuclear 進行性多巣性白質脳症の患者を受け持った時に悪化していく患者を何とか助けたいために文献を検索した。化学療法は副作用が強くて使えない。数人の大学教授に直接質問したが、ダメ。都立駒込病院の先生から投稿中の論文をもらった。有効の論文を発表したが、他の先生も使用。 https://t.co/XA4lE1e311
『検査しなければなかったことにできる作戦』これはHPVワクチン副反応についてもいえます。神経内科の専門医は副反応患者さんに多くの所見を見つけていますが、そういった検査をさせずに心因性と決め付ける悪質な医療関係者がいるようです。 https://t.co/SZWsaBHJBX
J-STAGE Articles - ペスト菌の病原性 https://t.co/wE3NGdSQuj
中央大学学術リポジトリ-トップページ 不可逆的脳死の歴史的普遍性 ―反脳死論の論理破綻― https://t.co/VpbjGlgWcp
感染症は,人にうつり,広がる可能性があるところから,見えざるもの・経験のないもの に対する漠然とした不安に襲われることがあるが,重症で感染が広がりやすいのか(ペストなど),重症で あるが感染の拡がりはそれほどでもないのか(エボラなど) https://t.co/dZsbeCSv6U
世界の感染症とその現況 川崎市健康安全研究所・所長 岡部 信彦 https://t.co/EUWKGQE8y9
平成 30 年度博士学位論文 子宮頸がんワクチン事業を通してみる日本の「第二の近代」化 -サブ政治と個人化の概念を軸に- 北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院 国際広報メディア専攻 市原攝子 https://t.co/OI6irbqd28
J-STAGE Articles - 北里柴三郎によるペスト菌発見とその周辺 https://t.co/nv4xzWJ76Q
J-STAGE Articles - 滿蒙の肺「ペスト」に就て https://t.co/P1dEFmT6Yl
ワクチンのファーマコビジランスにおいてデータベースが果たす役割 宮崎 真 MSD 株式会社 グローバル研究開発本部 ファーマコビジランス&リスクマネジメント領域 →MSDにワクチン副反応の専門家がいるのだが。 https://t.co/YJkLwwgDiR
この声明をよく読んでみると、HPVワクチンを推進する立場で書かれている。 HPVワクチン接種後の自律神経障害を世界で初めて報告した、池田修一先生らの原著論文を引用していない。 https://t.co/D9whFwwHSy https://t.co/mRO5NmsSIL
J-STAGE Articles - 届出の必要な新しい神経感染症「急性弛緩性麻痺(急性灰白髄炎を除く)」の診断と治療 https://t.co/SMApaw8BtQ
J-STAGE Articles - 新しい自己免疫性脳炎2:NINJAとその病態 https://t.co/i6bJ4I4cVD
J-STAGE Articles - 自己免疫性脳症の臨床症候と治療の実際―ヒステリーとの鑑別― https://t.co/KKPWKCULjm
J-STAGE Articles - 筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群の研究の進歩とイメージング https://t.co/YFcgALfxuG
J-STAGE Articles - iPS細胞を用いた脊髄損傷に対する再生医療 https://t.co/npTuyNnMze
J-STAGE Articles - CIDPの病態と治療法の最新情報 https://t.co/R9T2ZdQMmF
J-STAGE Articles - 虫歯・歯周病と脳卒中・認知症の関連(RAMESSES研究) https://t.co/Oj5V9nhWbF
分子状水素による認知症を含む神経疾患予防の可能性 https://t.co/BQvZsOB0Qy 水素水などを似非科学と批判するが、研究は進行中。 分子状水素の治療効果・予防効果:基礎医学から臨床応用まで https://t.co/8HjBtn23Mx International hydrogen molecular medicine summit https://t.co/w9RwTb0j0j
分子状水素による認知症を含む神経疾患予防の可能性 https://t.co/BQvZsOB0Qy 水素水などを似非科学と批判するが、研究は進行中。 分子状水素の治療効果・予防効果:基礎医学から臨床応用まで https://t.co/8HjBtn23Mx International hydrogen molecular medicine summit https://t.co/w9RwTb0j0j
J-STAGE Articles - Anti-Hu Antibody-associated Paraneoplastic Neurological Syndrome Showing Peripheral Neuropathy and Atypical Multifocal Brain Lesions https://t.co/jxGGJcnMVb
A Case of Steroid-responsive Nivolumab-induced Involun- tary Movement with Anti-thyroid Antibodies https://t.co/VXcvF0dkV2
J-STAGE Articles - けいれん発作にともなう急性期MRI 異常信号 https://t.co/vF3CmFIqWv
「子宮頸がんワクチン接種後の副反応: わが国の現状 池田修一」 https://t.co/cNsJdsdUwG
子宮頸がんワクチン関連の神経症候とその病態 https://t.co/ZCjWDY5BJd 超微形態学的には無髄神経線維の減少と残存無髄神経に変性像がみられることが確認された。こうした結果を基 にわれわれは末梢性の交感神経障害が高度な起立性調節障害様の症状である頭痛,全身倦怠感や四肢の慢性疼痛の主な原因
80% benefited from immunotherapy.9 Reports of early- onset SFN after infectious exposures, particularly to human papillomavirus vaccination, suggest potential molecular mimicry.52,53 →small fiber neuropathy 皮膚生検で表皮内神経線維密度低下が報告 https://t.co/FRc7q2s1Ve https://t.co/MCMfpUdghI
臨床試験における多重性の諸問題 Multiplicity Issues in Clinical Trials https://t.co/SwowMFmOXq
#自己免疫性脳炎・脳症 山村隆先生 #精神症状が前景に現われると #統合失調症 #身体表現性表現 #詐病 という診断も 脳MRI画像所見に乏しいことも特徴 #原因不明の脳症 を診たら #橋本脳症 を考えるのが実地診療上の常識になることが望まれる 引用元 https://t.co/y82s1G6DSq https://t.co/nU63rklgJJ
2017年3 月末までに20 歳時の検診データが集積されている症例で解析、ワクチンにより予防可能な HPV–16・18 型感染は非接種群では 4.9%(43 ⁄ 877)、接種群では0%、なお,細胞診異常・組織診異常についても接種群で低率である傾向にあったが, 有意差はなし。 https://t.co/Az4LP5sNUI
@nakamuuuu11 @kibounohoppe @toshi2133 もっともな疑問です。 この文献の310頁に「2015年10月以降[中略]子宮頸がんワクチン接種後の副反応を疑わせる新たな女子学生が出ていない」とあります。接種の有無に関わらず、そのタイプの症状の新規患者が現れなくなったということと読み取れます。 #HPVワクチン https://t.co/WJIsqJRAuI
@junmurot @AVXZ2 @yunohira 室月さん、以下のように、池田先生ご本人が頸癌ワクチン反対ではないと書いています。悪質な虚偽の流布はやめてください。池田先生は副反応の治療と研究をなさっているのです。 https://t.co/Od5xMkvHrW
自然免疫系やT細胞に関する研究はまだ始まったばかりで、今後さらに研究が進めば病原性をもつ新たな自己抗体が発見されるかもしれないと山村氏も述べています。 https://t.co/md3gszvm7a
WS2-3 HPVワクチン副反応発症の臨床症候と中枢神経病巣の考え方 HPVV接種後の様々な症状の責任病巣は、視床下部だと考えられているのに、確定診断のための被害者の方たちの視床下部の病理解剖なんてできるわけない。 https://t.co/Kc7SKqEQtT
サイバニクスで社会課題の解決に挑戦 山海嘉之, 朱疆, 田中秀岳 精密工学会誌 83 (11), 979-982, 2017 https://t.co/7grZjRUNNK
福島小児甲状腺がん問題について、きちんとした疫学専門家の見解はこちらで読むことができます。 福島県でのリスクコミュニケーションと健康対策の欠如 https://t.co/v80s3crZ6K
東京湾への放射性セシウム流入続く 河口付近の泥に集積:https://t.co/qP5VJytHi9  ◆東日本大震災による東京湾の放射能汚染とそれをトレーサーに用いた物質動態の解明:https://t.co/j6htsTcugA  ◆ https://t.co/ZhNEL3ITjA
医学的に説明困難な身体症状 Medically Unexplained Symptoms 医師は謙虚であるべきである。 新規疾患を身体表現性障害と診断していないか?HPVワクチン接種後神経障害は神経内科医にとって挑戦すべき課題である。 https://t.co/jhJmkZBzRX

73 0 0 0 OA Letter to the Editor

@ibaog 村中璃子氏や賛同者へ、お読み下さい。 https://t.co/eaeA1NsP4h 大阪大学産婦人科からの質問。 非常に丁重な質問内容。 https://t.co/epDFa5HfSV 髙嶋博教授のHPVワクチン副反応に関するコメント。 https://t.co/XmjzzfBpnw 北大産婦人科関連社団法人WINDから抗議文書、子宮を掘る。名誉毀損のおそれ
@ibaog 村中璃子氏や賛同者へ、お読み下さい。 https://t.co/eaeA1NsP4h 大阪大学産婦人科からの質問。 非常に丁重な質問内容。 https://t.co/epDFa5HfSV 髙嶋博教授のHPVワクチン副反応に関するコメント。 https://t.co/XmjzzfBpnw 北大産婦人科関連社団法人WINDから抗議文書、子宮を掘る。名誉毀損のおそれ

73 0 0 0 OA Letter to the Editor

@kikko_no_blog 村中璃子氏が誹謗している鹿児島大学教授が下記の質問に正式に返答しています。是非お読み下さい。 https://t.co/eaeA1NsP4h 大阪大学産婦人科からの質問です。 非常に丁重な質問内容です。 https://t.co/epDFa5HfSV 髙嶋博教授のHPVワクチン副反応に関するコメントです。
@kikko_no_blog 村中璃子氏が誹謗している鹿児島大学教授が下記の質問に正式に返答しています。是非お読み下さい。 https://t.co/eaeA1NsP4h 大阪大学産婦人科からの質問です。 非常に丁重な質問内容です。 https://t.co/epDFa5HfSV 髙嶋博教授のHPVワクチン副反応に関するコメントです。
日本でのHPVワクチンへの危惧だったら下記の鹿児島大神経内科の高嶋教授のは科学的にすごくまっとうで論理的。こういう話が騒々しい雑音でマスクされてるっていうか変な人らが悪目立ちしすぎるんよなあ。ほんと「原発」と全く一緒
この鹿児島大の高嶋教授のレターに、もしかしたら京大の本庶教授と村中璃子氏の接点が書かれているのかもしれないと思いました。 新規抗がん剤のニボルマブ(オプシーボ)使用の際の注意点について 「これまで違う特殊な筋炎や重症筋無力症などの自己免疫疾患が起こりうる」https://t.co/fWXd5HbpLu
HPVワクチン副反応について。 髙嶋博教授のReplyの内容は全ての関係者に読ん欲しい。ワクチン推進派の方に特に読んで欲しい。 https://t.co/epDFa5HfSV
hpvワクチンの重篤な副反応を気楽に「心因性だ」「少女期に特有の集団ヒステリーだ」「身体表現性障害だ」とか言う、あるいは考える人達はまあ、これでも読んで落ち着いてね。斎藤環とか言う精神科医さんもね。 https://t.co/7ncfm1oVWu
BMSA:球脊髄性筋萎縮症、1897年に愛知医学校の川原汎先生が世界で初めて記載し、名古屋大学の向井栄一郎先生が臨床と病理を明確にした。祖父江元先生がその病態と治療法を確立した。治療法が患者に適用されるのに20年以上を要した。 https://t.co/IUZKcPwOsr
なぜ??? 中山氏の名前が消えている?? 仮説HANSをHPVワクチン副反応とする医学的根拠の欠如 : ワクチン学・疫学的視点から https://t.co/B2MTOniHNs

フォロー(1167ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(4096ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)