著者
大庭 伸也
出版者
長崎大学
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2013-04-01

大型ゲンゴロウ類の仲間の多くは絶滅の危機に瀕している。ゲンゴロウとクロゲンゴロウの個体数は減少しているが、それらの近縁種のコガタノゲンゴロウ(コガタノ)は増加傾向にある。諸形質について種間で比較したところ、コガタノは他の2種に比べ、①高温下で幼虫の生存率及び成長速度が高まること、②成虫は活発に飛翔すること、③地域間(本州から南西諸島)で遺伝的変異がほとんどないことが判明した。以上の結果から、近年の地球温暖化の影響でコガタノが増加し、成虫は高い移動分散能力を持つことから、過去に減少または絶滅した地域へと再定着していると考えられた。

言及状況

Twitter (5 users, 5 posts, 0 favorites)

@Coenobita_ted ヒメフチトリは現物見たことがないのですが、コガタノゲンゴロウについては2013-2015の大庭先生の研究目的で"発育ゼロ点などの生活史に関する基礎データがない"とされています。 https://t.co/xBR3pVZTmH
@NekuiH 科研費の報告書によると41都府県で記録されているようですね。具体的にはわかりませんが。 https://t.co/Yq8fMIYRSu
@cy13050091 増加中のコガタノゲンについてはN大学のO先生が生息環境~DNAまで幅広く調査されておられます。ご参考までに…! https://t.co/Wc8htzg90e

Wikipedia (1 pages, 3 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト