著者
安倍 弘 大庭 伸也
出版者
日本ダニ学会
雑誌
日本ダニ学会誌 (ISSN:09181067)
巻号頁・発行日
vol.25, no.1, pp.1-35, 2016-05-25 (Released:2016-06-25)
参考文献数
104
被引用文献数
1

Water mites are known to live in aquatic habitats and larval or post-larval stages are temporarily or habitually parasitic on the body surface of aquatic animals in their life cycle. Associations on the species level have been documented for 25 species, 14 genera, and 11 families in Hydrachnidiae with 44 species, 36 genera, 24 families, and six orders in Arthropoda and seven species, four genera, two families, and two orders in Mollusca. Host-parasite correspondences between mite and host taxa were observed. A large number of water-mite genera containing Hydrodroma, Hydryphantes, Protzia, Thyas, Lebertia, Sperchon, Hygrobates, Atractides, Piona, Pionopsis, Neumania, Arrenurus, and Stygomomonia were parasitic on dipteran insects. Protzia and Stygomomonia were also parasitic on trichopteran hosts, and Hydryphantes, Eylais, and Hydrachna were parasitic on coleopteran hosts. Aquatic hemipterans were infested with Hydrachna and Lebertia. Lebertia, Piona, and Arrenurus also lived on odonates. On the other hand, plecopterans were exclusively infested with Wandesia, Partnunia, and Stygothrombium. Unionicola was uniquely parasitic on freshwater gastropods and bivalves.
著者
大庭 伸也
出版者
長崎大学
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2013-04-01

大型ゲンゴロウ類の仲間の多くは絶滅の危機に瀕している。ゲンゴロウとクロゲンゴロウの個体数は減少しているが、それらの近縁種のコガタノゲンゴロウ(コガタノ)は増加傾向にある。諸形質について種間で比較したところ、コガタノは他の2種に比べ、①高温下で幼虫の生存率及び成長速度が高まること、②成虫は活発に飛翔すること、③地域間(本州から南西諸島)で遺伝的変異がほとんどないことが判明した。以上の結果から、近年の地球温暖化の影響でコガタノが増加し、成虫は高い移動分散能力を持つことから、過去に減少または絶滅した地域へと再定着していると考えられた。
著者
大庭 伸也
出版者
日本昆虫学会
雑誌
昆蟲.ニューシリーズ (ISSN:13438794)
巻号頁・発行日
vol.5, no.4, pp.157-164, 2002
参考文献数
13

孵化の様子を観察した結果,タガメの卵が孵化するとき,卵殻と薄い膜を破って幼虫が出てくる.卵殻を破って出てくることを「卵殻孵化」,透明な膜を破って出てくることを「胚脱皮」と称することとした.卵塊中の全ての卵が卵殻孵化を終えるのに約20分を要するのに対して,それらの卵が胚脱皮を終えるには約5分しかかからない.その後,体を出して前脚を広げた幼虫のうち,1匹の幼虫が中後脚を動かし,卵殻から出て落下しようとすると,その接触刺激が隣接する幼虫へと連鎖的に広がっていき,卵塊レベルで孵化した幼虫が一斉に水中へと落下した.常に湿った状態では,卵殻孵化が胚脱皮よりも時間を要したのに対し,オスが保護してきた,つまり乾燥と給水を繰り返した,孵化直前の卵に水をかけると,全ての卵の卵殻が割れたことから,保護オスが給水により,卵殻孵化のタイミングを調節可能であることが示唆された.胚脱皮は破裂音を伴うので,その振動を感知した他の卵も胚脱皮すると考えられ,1個の卵の胚脱皮が周辺の卵の胚脱皮を誘発し,全ての卵の胚脱皮が短時間で起こる.以上の結果から,タガメの卵塊における一斉孵化のメカニズムには,卵殻孵化については保護オスが,胚脱皮と幼虫の水中への落下については,卵または幼虫のコミュニケーションが関わっていることが明らかになった.
著者
大庭 伸也 松尾 公則 高木 正洋
出版者
日本衛生動物学会
雑誌
日本衛生動物学会全国大会要旨抄録集 第63回日本衛生動物学会大会
巻号頁・発行日
pp.49, 2011 (Released:2014-12-26)

休耕田を利用したビオトープは,水田耕作を辞めたために生息地が失われた水生昆虫や魚類,両生類など様々な水辺の生き物に新たな生息地を提供し,生き物観察会や体験学習など環境教育の場としても注目されている.しかし,ビオトープの造成は水田に類似した環境を創出するため,元来,水田を繁殖地としていた病原媒介蚊類に新たな繁殖地を提供することも意味するが,ビオトープから発生する蚊に関する研究はこれまでに全くなされていない.本講演では,ビオトープとその近隣の水田地帯の蚊類とその他の水生昆虫を中心に比較調査を行い,病原媒介蚊の繁殖地としてのビオトープについて考察する.長崎市相川町の休耕田ビオトープ(以下,ビオトープ)と比較対象として,ビオトープから最も近隣の水田地帯を調査地として選定とした.2009年4月から10月にかけて原則的に月に1度の頻度で調査を実施し,採集されたカ科の幼虫(ボウフラ)とその他の水生生物を可能な限り同定した. 水田地帯にみられるボウフラはビオトープにおいて全種が確認された.これは病原媒介蚊が水田と同じようにビオトープを繁殖地として利用していることを示唆している.しかし,ボウフラは水田よりも明らかにビオトープの方で少なく,低密度で推移することが分かった.その理由として考えられるのがボウフラの天敵水生昆虫(以下,天敵)の密度の違いである.天敵の密度は水田よりもビオトープの方で高く,安定していた.また,天敵の代替餌(カ科以外の双翅目とカゲロウ目の幼虫)の密度もビオトープの方で常に高いことが分かった.ビオトープでは豊富な代替餌が存在するため,ボウフラが少ない時期でもそれらが天敵の餌となり,天敵の密度低下が起こらないと考えられる.以上から,ビオトープは病原媒介蚊の発生源となりうるが,豊富で多様な天敵の存在により,水田よりもボウフラの密度が低く,突発的な密度上昇が起こりにくいことが示唆された.
著者
大庭 伸也
出版者
一般社団法人 日本昆虫学会
雑誌
昆蟲.ニューシリーズ (ISSN:13438794)
巻号頁・発行日
vol.15, no.2, pp.92-93, 2012-04-05 (Released:2018-09-21)

The giant water bug, subfamily Lethocerinae, which has the largest body size among Belostomatidae, is known to be a vertebrate specialist that preys mainly upon fish and amphibians. Here, I report that a giant water bug, Kirkaldyia (=Lethocerus) deyrolli (Heteroptera: Belostomatidae), was catching hold of a Japanese mamushi, Gloydius blomhoffii, in a pond. This is a first report of Lethocerinae eating a Viperid snake.
著者
大庭 伸也
出版者
一般社団法人 日本昆虫学会
雑誌
昆蟲.ニューシリーズ (ISSN:13438794)
巻号頁・発行日
vol.5, no.4, pp.157-164, 2002-12-25 (Released:2018-09-21)
参考文献数
13

孵化の様子を観察した結果,タガメの卵が孵化するとき,卵殻と薄い膜を破って幼虫が出てくる.卵殻を破って出てくることを「卵殻孵化」,透明な膜を破って出てくることを「胚脱皮」と称することとした.卵塊中の全ての卵が卵殻孵化を終えるのに約20分を要するのに対して,それらの卵が胚脱皮を終えるには約5分しかかからない.その後,体を出して前脚を広げた幼虫のうち,1匹の幼虫が中後脚を動かし,卵殻から出て落下しようとすると,その接触刺激が隣接する幼虫へと連鎖的に広がっていき,卵塊レベルで孵化した幼虫が一斉に水中へと落下した.常に湿った状態では,卵殻孵化が胚脱皮よりも時間を要したのに対し,オスが保護してきた,つまり乾燥と給水を繰り返した,孵化直前の卵に水をかけると,全ての卵の卵殻が割れたことから,保護オスが給水により,卵殻孵化のタイミングを調節可能であることが示唆された.胚脱皮は破裂音を伴うので,その振動を感知した他の卵も胚脱皮すると考えられ,1個の卵の胚脱皮が周辺の卵の胚脱皮を誘発し,全ての卵の胚脱皮が短時間で起こる.以上の結果から,タガメの卵塊における一斉孵化のメカニズムには,卵殻孵化については保護オスが,胚脱皮と幼虫の水中への落下については,卵または幼虫のコミュニケーションが関わっていることが明らかになった.
著者
大庭 伸也
出版者
日本昆虫学会
雑誌
昆蟲. ニューシリーズ (ISSN:13438794)
巻号頁・発行日
vol.15, no.2, pp.92-93, 2012-04-05

The giant water bug, subfamily Lethocerinae, which has the largest body size among Belostomatidae, is known to be a vertebrate specialist that preys mainly upon fish and amphibians. Here, I report that a giant water bug, Kirkaldyia (=Lethocerus) deyrolli (Heteroptera: Belostomatidae), was catching hold of a Japanese mamushi, Gloydius blomhoffii, in a pond. This is a first report of Lethocerinae eating a Viperid snake.