著者
荒谷 聡子 中島 利博
出版者
東京医科大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2014-04-01

線維筋痛症 (FM) は全身性の強い慢性疼痛を主訴とする疾患である。発症原因は不明であり、根本的な治療法の確立されていない。我々は FM における小胞体ストレス分解、ミトコンドリア機能に注目してきた。本研究では神経特異的シノビオリン欠損マウス、FMの病態モデルマウスを作製また患者よりリンパ球を分離し、これらを用いて個体内での病因・病態解析を目的としている。臨床において FM 様の病態を引き起こすことが示唆されているワクチンを用いてモデルマウスの作製を試みたところ、尾の緊張および運動協調性低下を示すマウスが得られた。また FM 様の症状に視床下部の機能が関与していることが示唆された。

言及状況

Twitter (10 users, 18 posts, 7 favorites)

#KAKENHI #線維筋痛症 における #小胞体ストレス を介した疼痛制御機構の解析 尾の緊張および運動協調性低下を示すマウスが得られた。また #FM 様の症状に #視床下部の機能 が関与していることが示唆された 引用元 https://t.co/lbOpjTKwfw
研究種目: 基盤研究(C)(一般) 研究期間: 2014~2016 研究課題名 #線維筋痛症 における #小胞体ストレス を介した疼痛制御機構の解析 研究代表者 荒谷 聡子先生 我々は FM における小胞体ストレス分解、… https://t.co/Jl2gxDQIHX
#線維筋痛症 #小胞体ストレス ←続き 臨床でFM 様の病態を引き起こすことが示唆されれるワクチンを用いてモデルマウスの作製を試み尾の緊張および運動協調性 低下を示すマウスが得られた FM 様の症状に #視床下部の機能… https://t.co/rWPzox1fg9
#線維筋痛症 における #小胞体ストレス を介した疼痛制御機構の解析 ←続き 本研究では神経特異的 #シノビオリン 欠損マウス、 #FM の病態モデルマウスを作製また患者より #リンパ球 を分離し、これらを用いて個体内での病因・病… https://t.co/uzdYDskogF
#線維筋痛症 ( #FM) は全身性の強い #慢性疼痛 を主訴とする疾患である。発症原因は不明 であり、根本的な治療法の確立されていない。我々は FM における #小胞体ストレス分解 #ミトコンドリア機能 に注目してきた。… https://t.co/qhoZ9IDHHo
研究種目: 基盤研究 研究期間: 2014~2016 #線維筋痛症 における #小胞体ストレス を介した疼痛制御機構の解析 東京医科大学・医学部・講師 研究代表者 荒谷 聡子先生 https://t.co/lbOpjTKwfw https://t.co/BREq3RZTsp
神経難病 #HAM (HTLV-1関連脊髄症)治療に希望の光 #抗CCR4抗体 がHTLV-1感染細胞を減少させHAMへの治療効果を発揮を証明 #聖マリアンナ医科大学 #AMED https://t.co/QpMU6sKZWB… https://t.co/VS8Ut6GO2g
また撤回された研究は「線維筋痛症」の病態研究のスピンオフの様子(論文のFund情報から)。そのスピンの是非は別にして、ワクチンに反対されている方々のみならず、この話題に関心のない線維筋痛症の患者さんやご家族にとってもこの撤回の話は… https://t.co/h6u552HCG9

収集済み URL リスト