著者
原田 智也
出版者
東京大学
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2014-04-01

伊豆-小笠原海溝沿いの沈み込み帯は,プレート間巨大地震がほとんど発生しないと考えられてきた.しかしながら,石橋・原田(2013),原田・他(2013)は,史料の再検討と津波シミュレーションから,1605年慶長地震が伊豆-小笠原海溝の巨大地震だった可能性を示した.本研究では,この仮説を検討するために,伊豆小笠原諸島での津波痕跡調査を行った.その結果,父島の境浦において3つ以上の津波堆積物が確認された.さらに,父島の八瀬川河口付近においても,複数の津波堆積物が確認できた.年代測定から,これらは17~18世紀に堆積したことが分かった.しかし,1605年慶長地震よる津波堆積物は同定できなかった.

言及状況

Twitter (16 users, 16 posts, 0 favorites)

https://t.co/lV4MhuhJTZ なんの地震による津波だったのかは分からないけど、津波堆積痕が父島の八瀬川の河口付近にはあったよという調査報告か、17~18世紀頃の痕跡らしい
KAKEN — 研究課題をさがす | 伊豆-小笠原海溝の巨大地震発生履歴の解明に向けた小笠原諸島での津波痕跡調査 (KAKENHI-PROJECT-26750129) https://t.co/fN6gTsAQn9
慶長地震で新たな現地調査 シミュレーションで慶長地震小笠原震源とする説を発表した東京大学の原田智也特任助教は補助金で今年度と来年度、八丈島などで津波痕跡調査を実施する。成果が期待される。 http://t.co/NimmI9H57g http://t.co/UiNOd6piFh

収集済み URL リスト