著者
高木 淳 玉井 一
出版者
医学書院
巻号頁・発行日
pp.340-341, 2005-04-01

“原罪”とはアダムとイブに象徴される人間が生涯負わされる罪(sin)のことである.アダムとイブの冒した罪をじっくり考える暇もないほどめまぐるしく移り変わる今の世の中で,免疫学で呼ばれている“抗原原罪”という現象はワクチン研究者にとって大きな重荷になっている.この現象は最初に受けた強い印象がいつまでも記憶されるように,工夫を凝らして作った型の数々のワクチンをいく度接種しても産生される抗体の多くは最初に接種したワクチンの型に対するものである.事実この現象はインフルエンザウイルス,デングウイルス,マラリアなどで認められている.病原体に感染するとナイーブT細胞によって免疫応答が開始され,病原体の排除のためエフェクターT,B細胞(障害性T細胞,形質細胞)が活性化し,病原体が駆逐されると記憶T,B細胞に再度の病原体の感染防御を託し死滅する.同じ病原体が侵入すると記憶T,B細胞はナイーブT細胞の活性化を抑制し,ただちに免疫応答する.しかし,インフルエンザウイルスなど初感染時から変異した病原体が感染すると,記憶T,B細胞は最初に免疫応答するはずのナイーブT細胞の活性化を抑制するので,最初に感染したウイルスの記憶に基づいたエフェクターT,B細胞を活性化させる(図1).その結果,最初のウイルスに存在した共通のエピトープだけに抗体が産生され二度目以降に感染したウイルスの変異したエピトープには抗体はあまり産生されない(図2).最初の記憶は消えないのである.インフルエンザウイルスは毎年少しずつ姿を変えて出現するので,感染するとまず初感染時の免疫記憶がよみがえるため,変異ウイルスは生き延びて新たな流行が拡大するのである. 母の記憶 Rh陰性の母親がRh陽性の胎児を妊娠したとき,胎児赤血球は胎盤を通過して妊娠中,特にほとんどの場合出産時に母親の循環血中に入り抗Rh抗体が産生され,Rh陽性の児の赤血球は破壊される.この現象は新生児溶血性疾患(hemolytic disease of the newborn,HDN)と呼ばれている.これを防止するために,出産後三日以内にRh陰性の母親が子どもの赤血球に反応する前に母親に抗Rh免疫グロブリン(Rh immunoglobulin,RhIg)を投与する.また,頻度は高くないが妊娠期間中の母子間出血も起こるので,それを防ぐために妊娠28週目に投与される.しかし,多くの場合母親はRh抗原に対し記憶B細胞を産生する.記憶B細胞はたとえ残存する抗体があっても抑制されないので,次回の妊娠時に特異性の高い抗Rh抗体が産生(二次免疫応答)されて重いHDNを発症することがある(図3).

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 5 posts, 0 favorites)

免疫記憶細胞(4) 抗原原罪(original antigenic sin) https://t.co/nzxrhnHdsY
@nhk_kabun 同じ粘膜感染だとインフルエンザワクチンのように感染は防止せず、重症化防止という感じになるのかな。 変異が多いようだと、抗体原罪で効かないということはないのだろうか。抗体上昇≠免疫のようだが。 https://t.co/chZFOZxRcG https://t.co/vdDGd5OqpY https://t.co/ruHCOekVzO
免疫記憶細胞(4) 抗原原罪(original antigenic sin) (検査と技術 33巻4号) | 医書.jp https://t.co/q4QvzIy8pM 「免疫学で呼ばれている“抗原原罪”という現象はワクチン研究者にとって大きな重荷になっている」高木 淳 1 , 玉井 一 2 1アボットジャパン(株)器機診断薬事業部 2栄光病院…2005年4月1日
免疫記憶細胞(4) 抗原原罪(original antigenic sin): 検査と技術: Vol 33, No 4 https://t.co/jrCoiRnVW0 1頁にまとまっていて良い♪

収集済み URL リスト