成田伸子/TENKY (@BON_NOB)

投稿一覧(最新100件)

RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
RT @KanoYasuyuki: J-STAGE Articles - 霧島火山,えびの高原周辺における最近15,000年間の活動史 https://t.co/Ij9Vk1d6pW 田島ほか(2014),火山,59巻 明和5年(1768年)の活動について史料の記述などもまと…
RT @sinus_iridium: 世界の地震のうち、M8以上(1600年代以降)204件が調査され、月の位相との関係はなかったというhttps://t.co/A8GiYpSqe4 地震の発生機構によっては、明瞭な相関が存在する場合が https://t.co/Au1IyYL…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 房総半島沿岸における完新世低地の形成とサイスモテクトニクス(宍倉 正展ほか),2001 https://t.co/p9m5SYd70I
「占いと中国古代の社会──発掘された古文献が語る」の書評を見つけた。金 東鎭氏。pdfファイル→愛知大学リポジトリ https://t.co/o4JMcnlUyz
RT @ayano_kova: 恐ろしい。37歳飲酒歴なし女性「インターネットでアルコールを注腸することにより多幸感を得られるという情報を得て」96度のウォッカを500ml、水で薄めて注入。意識障害で発見されて救急搬送、直腸結腸炎で人工肛門増設にいたる。 https://t.c…
RT @usa_hakase: 知床半島付近の大地形の成因については木村学さんだと思って検索したけどあまり明確に書いてない。貝塚さんの論文にあたりたいが月刊地球なので手元にない。またそのうち調べる。https://t.co/lLCzYjDOEL
…置戸町の湖の底で氷河が発見されたという記憶が。先日知り合った置戸町出身のお兄さんは知らないと言ってたけど。たぶんこれ→北海道置戸町鹿ノ子ダム左岸の風穴地における越年性凍土 https://t.co/iGXrUFgSk9
…南北に拡大しつつある沖縄トラフの動きに連動して九州が割けてる?「別府-島原地溝は現在南北張力場の地殻の裂け目(リフトバレー)で, 沖縄トラフの延長部と結論される.」→沖縄トラフの拡大と九州地方の地殻変動/多田尭 (pdf) https://t.co/jEVetnZQrI
九州が南北に裂けている理由として最も納得がいった→「別府-島原地溝は, 地殻の裂け目で, 現在南北に拡大しつつある活動的背弧海盆である沖縄トラフが九州中部地方に上陸し…」 (pdf) 多田堯、沖縄トラフの拡大と九州の地殻変動 https://t.co/jEVetnZQrI
RT @tanakh: ブ ラ ジ ャ ー 着用 時 と非 着用 時 の 運 動 中の 乳房振動特性 / “CiNii 論文 -  ブラジャー着用時と非着用時の運動中の乳房振動特性” https://t.co/y7f0V2Zzt3
RT @rin_chicchi: Aso-4は北海道の稚内まで飛んでいます.(主成分化学組成が測定されていないのが少し気になりますが…) 大井・三浦(2005)北海道北部稚内市恵北における阿蘇4(Aso-4)直下の泥炭層から得られた花粉群:https://t.co/koZgc3…
RT @ogugeo: 今日の #ブラタモリ に出てきた沼田市の河岸段丘は、典型的な段丘の例として教科書等に出てくるが、形成過程は典型的ではない。火山活動で生じた川の堰き止めという局所的な現象により広い平坦地ができ、それが川で削られたという経緯がある。論文 https://t.…
RT @lagucar: 26日夜に有感地震が起きている場所付近で1989年に観測された東京湾のスロースリップについての論文(PDFあり)→「1989年12月東京湾サイレント・アースクェイクの可能性」https://t.co/eLg7sL1Awo

1562 1 0 0 OA さんたくろう

毎年定期拡散したい。 RT @hashimoto_tokyo: 明治33年に描かれた日本初のサンタクロース「さんたくろう(三太九郎)」さん。近代デジタルライブラリーで全ページ読めます。https://t.co/MycRAQYP8r https://t.co/wSXjM5Qpzr
RT @usa_hakase: 2900年前に山体崩壊する前の富士山がツインピークであり、その時おもに崩れたのは東側にあった古富士火山の峰だったというのは日本大学で教鞭をとった宮地直道さんたちの研究成果です。https://t.co/8RczTVhgpn https://t.c…
RT @rin_chicchi: 関東の大まかな地形区分は以下の論文から大きくは変わっていません. 貝塚爽平(1958) 関東平野の地形発達史:https://t.co/TnNPeq7HgC
RT @kaikoen: 論文「標準的なゲームプレイヤにとって自然に見える疑似乱数列の生成法」、めっちゃ面白え! 「数学的に正しく生成された乱数」と「プレイヤーが考える公平な乱数」って結構違うんだぜ!という話を、認知科学や心理学のアプローチで解説してる論文。 https://t…
RT @Y_Suzuki: なんでもCiNiiで調べてみるもんだなぁ。定額アクセスで本文は読めないけれどもabstは読める: 水死体をエビス神として祀る信仰 : その意味と解釈 http://t.co/XA1HHpHStx
RT @ogugeo: 先日の地震で一部が崩落したマレーシア・キナバル山の奇岩「ロバの耳」は一種の氷河地形。熱帯の山だが最終氷期に氷河があり岩を侵食。学術誌の解説(pdf)https://t.co/0PEp0S4prt photo via @MasidiM https://t.…
RT @usa_hakase: 昭和13年屈斜路地震(田中館秀三1938)https://t.co/DxNlYEBpfR
RT @usa_hakase: 弟子屈周辺の地震活動(1926~1968)広田1969 http://t.co/PK8G3y6lwU
RT @usa_hakase: ペルリ提督日本遠征記が全文ネットで読める時代になったか。該当箇所を挙げておく。http://t.co/DgMngW2vap http://t.co/yFtZzdJdg7
RT @kobiwa_net: ちなみに地震直後にTweetした「産総研の高橋さんが仰っていた話し」というのは、地学雑誌で論文になってます。フィリピン海プレートが日本のテクトニクスに与える影響や、今後どうなるのかを書いた興味深い説です。 https://t.co/MBanwUA…
RT @ogugeo: 本日噴火した口永良部島に関する文献二つ。1)気象庁活火山総覧に掲載されている島の地学や近年の噴火史の概要(pdf)http://t.co/OMdgycGbAR 2)地質調査に基づく過去約3万年間の噴火史の論文(pdf で全文閲覧可)http://t.c…
RT @mkatolithos: 俺メモ:羽鳥徳太郎:1984年6月13日鳥島近海地震による特異な津波(震研彙報 1985) http://t.co/DxNYZdEjup
RT @bunkacho_watch: 日本の古星図と東アジアの天文学 http://t.co/SkO0dVnF6U
RT @sky_graph: “札幌市とその周辺の歴史地震と最近の地震活動 : HUSCAP” http://t.co/Bb5bDi48iQ
RT @takeshun1984: 長谷川先生の地学雑誌の論文がこのへんを非常に詳しくレビューしているかと。 https://t.co/pTTx3ufbEb
「第一鹿島海山の地形・地質」東海大学海洋学部第 一鹿島海山調査団 1976.7「地球科学30巻4号」より >> http://t.co/9IxBLDu5KR http://t.co/9IxBLDu5KR
アイスランドにおける日本人火山学者ら3名遭難事故のレポート。pdf。 http://t.co/gdF9iSOWLU'
RT @study2007: 【参考】わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の 長期モニタリングと変動解析http://t.co/3nzBFqv0oJ ⇨チェルノブイリの時の「麦」。穂が出る時期と重なったとかで「100倍近い」?みたいな調査 http://t…

71 0 0 0 OA 世界遊戯法大全

RT @yakumoizuru: 本日の「ゲーム学I」(東京工芸大学)でご紹介した松浦政泰編『世界遊戯法大全』(博文館、明治40年)の近代デジタルライブラリー版はこちら☞ http://t.co/wdFUFCFTyl

118 0 0 0 OA たんぽぽの目

RT @ayagonmail: ま、それでも本日の #花子とアン ではなが書いていた童話「たんぽぽの目」は、近代デジタルライブラリーで読むことができます。http://t.co/K8InxPC9l3
RT @cactus4460: 中央構造線沿いに湧出する高塩分泉の起源 —プレート脱水流体起源の可能性についての水文化学的検討—(網田他) http://t.co/fVx57gWO1A
コマ割が。明治24年10月。十文字信介 著[他] RT @matuda: 明治漫画ぽいの、興味持たれた方が多かったので貼っておきます。続きはないですよ。銃猟新書 : 傍訓図解 http://t.co/BKQ95Sw85C
RT @ajgeog: もうすぐ参院選の投票日。  日本地理学会の学会誌には、こんな論文があります。  阿部康久・高木彰彦(2005)「選挙制度の変更に伴う国会議員の対応と政治組織の空間的変化」。  https://t.co/tZmGQVYE0x  みなさん、投票に行きましょ…
ええもん見つけた。1~3巻目までが国会図書館で読める。3巻目だと吉祥寺あたり(武蔵野町)の歴史も。同名の小説家の方とは別人です→近代デジタルライブラリー「武蔵野歴史地理. 第3冊」(高橋源一郎 編/昭和3-5) http://t.co/QOuzvUcciL
RT @rin_chicchi: 山崎晴雄(1978): 立川断層とその第四紀後期の運動 https://t.co/Hv3GdbhU61 鈴木毅彦ほか(2008): テフラ編年による立川断層活動史の復元 https://t.co/iBUFDVZZRU 立川断層に関する地形 ...
RT @rin_chicchi: 山崎晴雄(1978): 立川断層とその第四紀後期の運動 https://t.co/Hv3GdbhU61 鈴木毅彦ほか(2008): テフラ編年による立川断層活動史の復元 https://t.co/iBUFDVZZRU 立川断層に関する地形 ...
RT @usa_hakase: そのころ古文書の研究者養成のことも含めてさんざん文句を書いたのだが、結局だめだった。「日本の史料地震学研究の問題点と展望」(PDF)https://t.co/ykIbGfRV

18 0 0 0 OA 活断層

RT @ogugeo: 活断層に関する古典的解説論文(1968年,pdf)http://t.co/WHpSWKd9 当時から,いつ動いた断層を活断層と呼ぶかが人により異なっていたことがわかる。原子力規制委が活断層の定義を見直す方針を示したことと関連。いずれにせよ日本には将 ...
RT @tokok: メモ: 総説「キノコと放射性セシウム」 (1997年) 国内のキノコ124種のうち、フウセンタケ科ワカフサタケ属でCs-137が1250 Bq/kg(生)、その他チリメンチチタケ,ハナホウキタケ,キシメジ,コウタケなどが高かった。 http://t. ...
後読。 RT @meguru_: これだったかなぁ。北海道付近の深発地震と海溝での地震の関係の文書。>2003年十勝沖地震および1952年十勝沖地震に先行した深発地震活動[ https://t.co/LyLegVeh ]
とか思って検索してみたら…2007年時点の論文発見。2007年時点では十分な対処をしてないっぽいゾ;;;→「023 北海道の地震環境を考慮した歴史的建築物保存のための構造的検討 : その2. 北海道庁旧本庁舎の耐震性能評価」 http://t.co/JdYLLwXF
補足。「モネロン島地震」というのは1971年。この南側が空白域。→「2007年サハリン西方沖の地震 (Mw 6.2) の震源特性」前田, 宜浩; 笠原, 稔 http://t.co/1RzNHH5i
icequake って、日本語では氷震というのか→南極・昭和基地で観測された氷震 Icequakes around Syowa Station, Antarctica http://t.co/iKpYVi1f
あと、森谷武男氏の研究について何らコメントできる立場ではありませんが、北海道大学教授として一部拡散してるようですが、「元助教授」で、既に定年退職されているのでは?今はセンターの研究員のお立場かと。 →(pdf) http://t.co/RA21sGVl
RT @freezedeer: 北海道大学 地震火山観測センター 森谷武男研究員(元北海道大学教授) pdf http://t.co/dSAQbmCu
成田秀雄論文集(2) 飼料用大麦新品種「あおみのり」の育成について http://t.co/JS2LXOyE ビールオオムギにおける穀皮歩合のダイアレル分析 http://t.co/W4qKvygQ …とりあえず以上。じゃがいもやリンゴの研究をしてたはずだがそれは見あたらず。
成田秀雄論文集(1) ビール麦における栽培の現状と育種上の問題点 http://t.co/ZgInntFm二条大麦新品種「ほしまさり」の育成について http://t.co/O0ysAH8g エンドウ新品種"豊緑"の育成について http://t.co/KYAavvyv
成田秀雄論文集(1) ビール麦における栽培の現状と育種上の問題点 http://t.co/ZgInntFm二条大麦新品種「ほしまさり」の育成について http://t.co/O0ysAH8g エンドウ新品種"豊緑"の育成について http://t.co/KYAavvyv
成田秀雄論文集(1) ビール麦における栽培の現状と育種上の問題点 http://t.co/ZgInntFm二条大麦新品種「ほしまさり」の育成について http://t.co/O0ysAH8g エンドウ新品種"豊緑"の育成について http://t.co/KYAavvyv
「下北半島地域における重力異常と浅部地殻構造」(pdf注意) http://t.co/kYElgONB
読みたいなー。 RT @bojan_intl: Web で本文は読めないんでしたっけ? QT @gervillaria: 私は自然観察指導員の講習でこの話を。中身存じませんがciniiで検索掛けたらこんなのが>http://t.co/ejGCsx8H @BON_NOB
RT @reijikan: 1998年に南極の海域でM8.0の地震が起きたことがあったけれど、人間社会が近くになかったので、ほとんど被害はなかった。(たとえば→ http://t.co/CQsXSdMv)
RT @HYamaguchi: RT @kakentter: こんな研究ありました:伊勢・伊賀・志摩を中心とした近世被差別部落の歴史(和田 勉) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/03904035
RT @kakentter: こんな研究ありました:日本列島と大陸との人の交流に関する人類学的研究(中橋 孝博) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/20255007
RT @kakentter: こんな研究ありました:異民族支配におけるコミュニケ-ション-日本軍占領下の東南アジアの場合-(倉沢 愛子) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/06610338
RT @kakentter: こんな研究ありました:「大東亜共栄圏」における文化の生成―大衆文化によるアジア共同体建設をめぐる葛藤(藤原 花) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/08J40129
RT @kakentter: こんな研究ありました:阪神・淡路大震災による北淡町の地域社会と住民生活の変容(岡元 行雄) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/12610187

お気に入り一覧(最新100件)

南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日… https://t.co/l5gFXrHFTO
カッコいいじゃん!俺も「カルトグラファー」になりたい! https://t.co/j39qtJ2OGh "いま地図調製業界で最も要望されている技術者は、測量全般に通じ、しかも地図調製の企画、設計、製作のできるカルトグラファーであろう。
J-STAGE Articles - 霧島火山,えびの高原周辺における最近15,000年間の活動史 https://t.co/Ij9Vk1d6pW 田島ほか(2014),火山,59巻 明和5年(1768年)の活動について史料の記述などもまとめられています.
すげー. 日本地球惑星科学連合2018年大会/<strong>霧島・えびの高原周辺に湧出する地下水の時系列変化(続報)</strong> https://t.co/4rM3znZsQI
地震が発生したのは7年前の14:46ですが、津波によって多くの方が亡くなったのは15:30~16:00頃が多い。そんなことを考えながら、黙祷。 →画像出典:牛山・横幕(2012、自然災害科学)… https://t.co/ze7e411xzE
世界の地震のうち、M8以上(1600年代以降)204件が調査され、月の位相との関係はなかったというhttps://t.co/A8GiYpSqe4 地震の発生機構によっては、明瞭な相関が存在する場合が… https://t.co/ZbnOiyenmF
地震波形の最初の数秒を見れば震源の情報が分かるよという緊急地震速報の実現の大きなきっかけになった研究成果。いわば地震波形のイントロ当てクイズだけど、この論文は今読んでもワクワクする。 束田進也・他「P波エンベロープ形状を用いた早… https://t.co/zmvqXjJEwb
南九州の巨大噴火と環境変化(日本生態学会誌) https://t.co/APqhkoe12n
こんな論文どうですか? 房総半島沿岸における完新世低地の形成とサイスモテクトニクス(宍倉 正展ほか),2001 https://t.co/p9m5SYd70I
東日本大震災の津波被害における神社の祭神とその空間的配置に関する研究(土木学会論文集)https://t.co/c8jxU6ab3M「スサノオノミコトを祀る神社,熊野系神社,八幡系神社の多くが津波被害を免れている」「スサノオを祀った神社のほとんどが津波の被害を免れていた.その背景
TLに流れてきた「東日本大震災の津波被害における神社の祭神とその空間的配置に関する研究」の内容の粗さに驚く。民俗学や中世〜近代史の人はどう思うのか。これで査読が通るとは...... https://t.co/2gnt8WVnoo

91 0 0 0 OA 鼠族図譜

江戸時代の図鑑『鼠族図譜』 水戸藩の本草学者、佐藤中陵が著したもの。ネズミやリスのほか、テンやイタチなども当時は「鼠族」と考えられていたようです。 https://t.co/q4HLtt0tvR https://t.co/7v6BGg7Ea2
知床半島付近の大地形の成因については木村学さんだと思って検索したけどあまり明確に書いてない。貝塚さんの論文にあたりたいが月刊地球なので手元にない。またそのうち調べる。https://t.co/lLCzYjDOEL
大川小学校のあった釜谷地区は地形的な理由から突出して死亡者・行方不明者の比率が高い地域で、ここにお住まいになられていた方々の4割近い命が奪われました。 図の出展はこちら → https://t.co/4EUOYVSu9U… https://t.co/rspg1tDC1u
人工地震で盛り上がっている人たちは例えばこの論文は読んでいるのでしょうか 吉井敏尅「人工地震による日本列島の地殻構造」地震 第2輯 46巻P479 https://t.co/oLStLizpXo
京大火山研のある丘は流紋岩の溶岩ドームで、ボーリング調査結果によると、火山研のある頂上部の土壌の厚さは3~4mらしい。宮縁ほか(2004)より。これに亀裂が入っているのかな。https://t.co/zeNUIsO626
@geoign 元の重力異常解釈論文: 阿蘇火山の重力解析と解釈 https://t.co/0hOO0jUUrl
熊本の被災地で、地震で緩んだ斜面に雨が降って生じる土砂災害が心配されている。兵庫県南部地震の後には、六甲山系の断層沿いの斜面が以前の半分以下の雨量でも崩れたという論文がある。 https://t.co/lYKvm4ENaI 要警戒。 https://t.co/gmwWiROyAP
ブ ラ ジ ャ ー 着用 時 と非 着用 時 の 運 動 中の 乳房振動特性 / “CiNii 論文 -  ブラジャー着用時と非着用時の運動中の乳房振動特性” https://t.co/y7f0V2Zzt3
Aso-4は北海道の稚内まで飛んでいます.(主成分化学組成が測定されていないのが少し気になりますが…) 大井・三浦(2005)北海道北部稚内市恵北における阿蘇4(Aso-4)直下の泥炭層から得られた花粉群:https://t.co/koZgc3DEGi
「乳牛で地震予知」の論文 https://t.co/orsHVU2Ui1 …Fig.19。地震発生日の前(lag<0)だけではなく発生後(lag>0)も相関係数がだいぶ振れていて、「地震前に搾乳量が減少!」とはとても言えないように見えるんですが、誤解なんでしょうか。
今日の #ブラタモリ に出てきた沼田市の河岸段丘は、典型的な段丘の例として教科書等に出てくるが、形成過程は典型的ではない。火山活動で生じた川の堰き止めという局所的な現象により広い平坦地ができ、それが川で削られたという経緯がある。論文 https://t.co/OEHWoL2Bfo

1562 1 0 0 OA さんたくろう

明治33年に描かれた日本初のサンタクロース「さんたくろう(三太九郎)」さん。近代デジタルライブラリーで全ページ読めます。https://t.co/fXhxSzHkoG https://t.co/Tw8WD5ILLp
横須賀総武快速線の東京地下駅付近は,揚水規制による地下水位上昇(回復)による影響がよく言われていますが https://t.co/ax8KXycSr9 それだけにコントロールが効かなくなるとこういう影響が出るのですね. https://t.co/UMPn2q6TxH
2900年前に山体崩壊する前の富士山がツインピークであり、その時おもに崩れたのは東側にあった古富士火山の峰だったというのは日本大学で教鞭をとった宮地直道さんたちの研究成果です。https://t.co/8RczTVhgpn https://t.co/VY1XujvX3u

9 0 0 0 OA 地形図の読方

千島列島に凄い形のカルデラ湖がある。『地形図の読方』地理教育研究会編 中興館 1932年 http://t.co/7e3ZS1y5Dw http://t.co/eLQPlthc4e
関東の大まかな地形区分は以下の論文から大きくは変わっていません. 貝塚爽平(1958) 関東平野の地形発達史:https://t.co/TnNPeq7HgC
論文「標準的なゲームプレイヤにとって自然に見える疑似乱数列の生成法」、めっちゃ面白え! 「数学的に正しく生成された乱数」と「プレイヤーが考える公平な乱数」って結構違うんだぜ!という話を、認知科学や心理学のアプローチで解説してる論文。 https://t.co/cO5CzTeaWz
例えば阿蘇の場合、現在のカルデラ縁より5km近く内側により本質的なカルデラ縁が埋没していることをボーリングの結果が示していたりするので、単純に地形だけ見てカルデラのサイズを図ることには意味がないと思っています。 http://t.co/lScdFczww7
なんでもCiNiiで調べてみるもんだなぁ。定額アクセスで本文は読めないけれどもabstは読める: 水死体をエビス神として祀る信仰 : その意味と解釈 http://t.co/XA1HHpHStx
浅間山が小噴火。浅間山で火砕流が発生した際にどのように避難すべきかを、地理情報システムを活用して検討した高阪宏行氏の論文。http://t.co/ZhYQ5Wy0VA 2000年に日本地理学会の機関誌に掲載され、通常のハザードマップよりも高度な試みとして朝日新聞でも紹介された。
先日の地震で一部が崩落したマレーシア・キナバル山の奇岩「ロバの耳」は一種の氷河地形。熱帯の山だが最終氷期に氷河があり岩を侵食。学術誌の解説(pdf)https://t.co/0PEp0S4prt photo via @MasidiM https://t.co/TZ9Hl2mXf6
北海道東部,阿寒カルデラ周辺の前-中期更新世火砕堆積物の層序(長谷川・中川2007)https://t.co/s3C1rOZJWa
ペルリ提督日本遠征記が全文ネットで読める時代になったか。該当箇所を挙げておく。http://t.co/DgMngW2vap http://t.co/yFtZzdJdg7
この論文の図みると小笠原付近では深さ500kmこえる地震がふつうに起きてるから沈み込んだ太平洋プレートあるじゃん http://t.co/SB4lVc9vlN http://t.co/Ag94IRNIzS
参考になる論文→ 日本列島とその周辺地域の深発地震の震源分布 : 和達・ベニオフ面の検討 http://t.co/VDcJTFzNCy
本日噴火した口永良部島に関する文献二つ。1)気象庁活火山総覧に掲載されている島の地学や近年の噴火史の概要(pdf)http://t.co/OMdgycGbAR 2)地質調査に基づく過去約3万年間の噴火史の論文(pdf で全文閲覧可)http://t.co/HZs7gVQTxH
箱根火山の活動が活発化。箱根は約6.6万年前に大噴火を起こし、東京にも多量の軽石が降下したが、その後は相対的に平穏。このような東京周辺に影響を与えた火山噴火の歴史と今後の展望を、首都大の鈴木毅彦氏が二年前にまとめている。論文の pdf http://t.co/tCx7DfX7B8
2006年鳥島近海の地震に関しては、あまり論文が見つからず。津波に関して。→CiNii 論文 -  1996年,2006年鳥島近海地震津波の規模と波源 http://t.co/DQ16V4m0U3 #CiNii
http://t.co/UX39aKFwg3 「1984年6月13日鳥島近海地震による特異な津波」 『鳥島近海地震(M=5.9)によって,(略)八丈島の八重根漁港では,最大波の全振幅130~150cmの津波が目撃された』(抄録より) ええっ。そんなに
俺メモ:羽鳥徳太郎:1984年6月13日鳥島近海地震による特異な津波(震研彙報 1985) http://t.co/DxNYZdEjup
今日読んで面白かった論文 小川武廣 2014  きのこの世界へ招待(第1話) 山林(1556):30-37。主に古典文学の中のキノコに絡む話を紹介。農学部がある大学などでは読めると思う。 http://t.co/jNWcBvCryB
日本の古星図と東アジアの天文学 http://t.co/SkO0dVnF6U
俺メモ:鈴木雄治郎「火山噴煙挙動の数値的研究」数理解析研究所講究録、2012 http://t.co/I8txtqZg4L 鈴木雄治郎・小屋口剛博「降灰の3次元シミュレーション」 http://t.co/rDJ1qyFTUI
イグ・ノーベル賞のバナナ論文これだ。 / “Frictional Coefficient under Banana Skin” http://t.co/kD4MOahZ39
日本の史料地震学研究の問題点と展望―次世代の地震史研究に向けて―https://t.co/jaxQeYgrbl これ書いてからもう15年か。
これかな? CiNiiにはこれしかないようですな。それは就職も厳しい気が。。 (時代が違うのかなぁ) →『カント実践哲学における演繹の構造』 待兼山論叢 27(哲学), p15-27, 1993 大阪大学文学部 http://t.co/xXToWXOLjz
このような竜蛇の存在が昔の日本の地図、行基図のうちに見えることは以前にも紹介したが(https://t.co/0GxaTfCHHn:や、黒田日出男『龍の棲む日本』:http://t.co/mRYBcMBq61:など参照)、どうも大鰻が一枚かんでくるようだ。
【参考】わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の 長期モニタリングと変動解析http://t.co/3nzBFqv0oJ ⇨チェルノブイリの時の「麦」。穂が出る時期と重なったとかで「100倍近い」?みたいな調査 http://t.co/uE0biN5Ays

71 0 0 0 OA 世界遊戯法大全

本日の「ゲーム学I」(東京工芸大学)でご紹介した松浦政泰編『世界遊戯法大全』(博文館、明治40年)の近代デジタルライブラリー版はこちら☞ http://t.co/wdFUFCFTyl

118 0 0 0 OA たんぽぽの目

#花子とアン 改めて「タンポポの目」を読んでみると、最初は、父親:周造、娘:ふじ、たんぽぽ:吉平、と読める。 (コマ番号18/136)http://t.co/chGmWfPHIR

118 0 0 0 OA たんぽぽの目

「たんぽぽの目」、とても短いお話だけど、ここに登場する百合子の感性は、アンと同じ。「たんぽぽは金色の目をあけて、靑いお空や、飛んでゐる蟲や、はってゐる蟲や、歌ってゐる鳥に、お早うをいふのよ」#花子とアン http://t.co/1Dgma8HV7l

118 0 0 0 OA たんぽぽの目

ま、それでも本日の #花子とアン ではなが書いていた童話「たんぽぽの目」は、近代デジタルライブラリーで読むことができます。http://t.co/K8InxPC9l3
西南日本におけるスラブ起源深部流体の分布と特徴 (風早他) http://t.co/bSFTu14bfo

406 0 0 0 OA 村岡花子童話集

#花子とアン で花子が書いた童話「みみずの女王」所収の『村岡花子童話集』(金の星社, 1938)を、国会図書館近代デジタルライブラリーではスキャンされた当時の本で読める。表紙や挿し絵等、かわいい。 / “近代デジタルライブラリー …” http://t.co/T1oLDSSmaO
霧島火山群新燃岳の最近300年間の噴火活動.火山,1991年,36,135-148(http://t.co/oT3JLb7SWg)が,私が筆頭の初めての学術論文.修士論文のごく一部.2011年に新燃岳自身に検証された.間違いも多々あったが,大枠は間違ってなかった.
@_Marubashi @IWKRterter https://t.co/pUu4xipUVJ ?
膵臓の膵という字は国字だそうだ。中国の五臓六腑思想にはなかった器官であり、様々な日本人が訳そうと頑張ったらしい。 https://t.co/OdKcE0DgXG
影山三郎編『レイテ島捕虜新聞―絶望から文化創造へ』http://t.co/pb0Vh2jJmD にある、日本兵捕虜の間の女装流行は興味深い。大多数の中の「求められる」少数派(女性として男性性を逆に支配する意味で)になりたがる。『寄り添うことを求める動物』としての人間感情って複雑な
もうすぐ参院選の投票日。  日本地理学会の学会誌には、こんな論文があります。  阿部康久・高木彰彦(2005)「選挙制度の変更に伴う国会議員の対応と政治組織の空間的変化」。  https://t.co/tZmGQVYE0x  みなさん、投票に行きましょう!!
尖閣諸島だって、黄尾嶼なんかはK-Arで「非常に若く」「最も古く見積もっても20万年前程度」ということから第四紀火山と言われている(新城ほか, 1991) https://t.co/rPfpyEwais
山崎晴雄(1978): 立川断層とその第四紀後期の運動 https://t.co/Hv3GdbhU61 鈴木毅彦ほか(2008): テフラ編年による立川断層活動史の復元 https://t.co/iBUFDVZZRU 立川断層に関する地形・地質の研究は,この2つがまだ最先端かと.
山崎晴雄(1978): 立川断層とその第四紀後期の運動 https://t.co/Hv3GdbhU61 鈴木毅彦ほか(2008): テフラ編年による立川断層活動史の復元 https://t.co/iBUFDVZZRU 立川断層に関する地形・地質の研究は,この2つがまだ最先端かと.
三雲先生の"大地震,津波,火山大爆発などから発生した気圧波"という地震のレビュー論文も勉強になりました。特に古い文献のコンパイルは非常にありがたかったです。 http://t.co/888plywlMd
こんな論文どうですか? ブルーノ・タウトの1934年3月5日付文書の翻訳と検討 : 「仙台の工芸指導所のための私のこれまでの仕事に関する報告」について(庄子 晃子),1997 http://t.co/j5q5y8Jk95
中国山地の山砂利や海成層が古第三系って言ってる論文を再発見。論文と言うより、地質学会の巡検かぁ。この巡検、行ってみたかったなぁ。 (PDF直リンク) https://t.co/vhkTokY5
大河ドラマとの関係で,1888年の噴火以前の磐梯山の形に関心が集まっているようだ。この問題を研究していた米地文夫氏の1988年の論文。http://t.co/YBslJXK6 東西南北から見た噴火前後の地形の鳥瞰図を掲載。網目を使う今となっては古い表現法だが,当時は先端的だった。
こんな論文どうですか? スケーラブルVRシステムを用いた教育用コンテンツの試作 : マヤ文明コパン遺跡における歴史学習(<特集>ネットワークとVR)(安藤 真ほか),2003 http://t.co/prROV0Ym
そのころ古文書の研究者養成のことも含めてさんざん文句を書いたのだが、結局だめだった。「日本の史料地震学研究の問題点と展望」(PDF)https://t.co/ykIbGfRV

18 0 0 0 OA 活断層

活断層に関する古典的解説論文(1968年,pdf)http://t.co/WHpSWKd9 当時から,いつ動いた断層を活断層と呼ぶかが人により異なっていたことがわかる。原子力規制委が活断層の定義を見直す方針を示したことと関連。いずれにせよ日本には将来動く可能性がある断層が多数。
メモ: 総説「キノコと放射性セシウム」 (1997年) 国内のキノコ124種のうち、フウセンタケ科ワカフサタケ属でCs-137が1250 Bq/kg(生)、その他チリメンチチタケ,ハナホウキタケ,キシメジ,コウタケなどが高かった。 http://t.co/NAP5Bkqr
筆者の住所が「御所」だ RT: @y_mat2009: 日本で一番名の知られている生物学者の一人。家業が忙しいのが残念なくらい。 / “CiNii 論文 -  皇居におけるタヌキの食性とその季節変動 ” http://t.co/YFGIVsGk
集落の地形と地名と「環境のセット」に関する論文を漁っていたら、30年前の後藤先生の論文にブチ当たった。。。しかも手書き。ダイアグラムすげえ。 http://t.co/dUMeSE6R
研究室にソファを入れるべきかどうか迷っているので最新の研究を参照しようと思いました。ありました。 真境名 達哉 、上松 謙太 「研究室内におけるソファの使われ方とその意味に関する研究」、2003年。  http://t.co/0daaumB0
昨年書いた論文が、PDFの形で公開されました! 無料で読めます。 ぜひご覧ください。 何かのお役に立てればうれしいです。 → 「ジオツーリズムと地理学発『地域多様性』概念 ―『ジオ』の視点を持続的地域社会づくりに生かすために―」 http://t.co/gZ7f9kN2
ちなみに、日本に住むゴキブリの耐低温性については、『耐低温性に関連したクロゴキブリの発育』 http://t.co/WthGCiEa という論文があって、これによると、あらかじめ低温で育てれば、5.5℃にまでは90日以上耐えられるらしい。
北海道大学 地震火山観測センター 森谷武男研究員(元北海道大学教授) pdf http://t.co/dSAQbmCu
津波警報とハザードマップの連携、いろんなところで言われているけど、具体案が出てこない。拙著ですが、2年前にこんなものを考えました。 http://t.co/ZMd1fgmv この考えがもっと広がることを期待しているのですが、世間はなかなかそういう方向にはならないようです。
@goyou @t_ota また、チベット学界における山口瑞鳳氏の研究全般の評価についての例として、1994年に書かれた批判論文をひとつご紹介します。福田洋一「日本のチベット学10年、−山口瑞鳳博士の研究を中心に−」『佛教學』36号 http://t.co/ZpMgFe41
1998年に南極の海域でM8.0の地震が起きたことがあったけれど、人間社会が近くになかったので、ほとんど被害はなかった。(たとえば→ http://t.co/CQsXSdMv)
memo: フラクタル震源モデルを用いた広帯域強震動の確率統計的評価 : ノースリッジ地震と鳥取県西部地震を対象として http://ci.nii.ac.jp/naid/110004304088 / 河野 允宏, 円 幸史朗
「発達障害児(者)における社会技能訓練の現状と課題 : 重症心身障害児(者)への応用の可能性」 http://ci.nii.ac.jp/naid/110006966390 #ysemi
RT @kakentter: こんな研究ありました:伊勢・伊賀・志摩を中心とした近世被差別部落の歴史(和田 勉) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/03904035
こんな研究ありました:異民族支配におけるコミュニケ-ション-日本軍占領下の東南アジアの場合-(倉沢 愛子) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/06610338
こんな研究ありました:阪神・淡路大震災による北淡町の地域社会と住民生活の変容(岡元 行雄) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/12610187
こんな研究ありました:浙江・江蘇地域の道教・民俗信仰に関する廟宇・祭神・儀礼調査(二階堂 善弘) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/17083038

フォロー(5699ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

115 115 115 115 OA 艱難目異志

RT @hakubutu: そういえば、慶長伏見地震(1596)ではないけれど、浅井了意の仮名草子『かなめいし(艱難目異志)』に、寛文2年(1662)近江・若狭地震(日向断層・花折断層)での洛中の様子が挿絵とともに記されている。地震による都市部の被害を細かく描いた史料としては最…
志村五郎氏は,1960年代の頃の,示唆に満ちた論説『保型函数と整数論』の中で,「整数論いたる所 ゼータ関数あり」という言葉で,整数論におけるゼータ関数の重要性,ゼータ関数を中心にして整数論を見ることの重要性を述べられた. https://t.co/K6FJuFnfnT
@masuda_ko_1 BAIUについては(少し古いですが)こちらの文献もありますね:Murakami and Matsumoto (1994) https://t.co/gt8qQCpAC6

115 115 115 115 OA 艱難目異志

RT @hakubutu: そういえば、慶長伏見地震(1596)ではないけれど、浅井了意の仮名草子『かなめいし(艱難目異志)』に、寛文2年(1662)近江・若狭地震(日向断層・花折断層)での洛中の様子が挿絵とともに記されている。地震による都市部の被害を細かく描いた史料としては最…

115 115 115 115 OA 艱難目異志

そういえば、慶長伏見地震(1596)ではないけれど、浅井了意の仮名草子『かなめいし(艱難目異志)』に、寛文2年(1662)近江・若狭地震(日向断層・花折断層)での洛中の様子が挿絵とともに記されている。地震による都市部の被害を細かく… https://t.co/7n0YxXKNux
RT @kurok_yuu: きょうのPDF。 「和服着装における帯位置が重心動揺, 筋電図, 唾液アミラーゼ活性に及ぼす影響:―姿勢と伝統的所作に着目して―」佐藤真理子・田村照子 https://t.co/4UufXbSumz https://t.co/xXKd8lNIis
RT @biochem_fan: さきほど RT した geminivirus の構造論文 https://t.co/BjKrCQjt5U、冒頭で万葉集の孝謙天皇の歌が紹介されており、世界最古(752)の植物ウィルスの記載とある。この歌とは「この里は継ぎて霜や置く夏の野に我が見…
高度方位暦 資料  https://t.co/7830ka2tEI (研究成果報告書) https://t.co/r8M3xMPgUG 関連:https://t.co/Fr2LqN52DS
RT @biochem_fan: さきほど RT した geminivirus の構造論文 https://t.co/BjKrCQjt5U、冒頭で万葉集の孝謙天皇の歌が紹介されており、世界最古(752)の植物ウィルスの記載とある。この歌とは「この里は継ぎて霜や置く夏の野に我が見…
RT @ogugeo: 今朝の大阪府北部の地震は、右横ずれと逆断層型の断層変位が複合して生じたようだ。右横ずれを主体する断層の動きが大阪湾周辺の大地形の形成に寄与したという論文。 https://t.co/PadRW4YhnZ 今回の地震も数百万年の時間スケールで続いてきた現象…
@kazooooya 放医研の酒井氏ではなく、福島県立医大の坂井氏なら、浪江町のこどもの染色体検査をやっている弘前大学の吉田教授と組んでこんな研究をhttps://t.co/4oyQtRW0p6 1回CTスキャンを受けた成人(被曝線量は数十mGy)の染色体異常を検出する試み
@F1_ABS @kazooooya はい、弘前大学の吉田光明教授が科研費をとって関係しているこの2件の研究https://t.co/4pd0X2CAeO https://t.co/4oyQtRW0p6 はどちらもFISH法の併用により二動原体の検出限界を下げようという試みです。
@F1_ABS @kazooooya はい、弘前大学の吉田光明教授が科研費をとって関係しているこの2件の研究https://t.co/4pd0X2CAeO https://t.co/4oyQtRW0p6 はどちらもFISH法の併用により二動原体の検出限界を下げようという試みです。
RT @biochem_fan: さきほど RT した geminivirus の構造論文 https://t.co/BjKrCQjt5U、冒頭で万葉集の孝謙天皇の歌が紹介されており、世界最古(752)の植物ウィルスの記載とある。この歌とは「この里は継ぎて霜や置く夏の野に我が見…
@monji_crest @it_a0908krkr 実装方式によるが普通国内はmsas搭載型。カーナビ自身がひまわり(静止衛星)との差分を測っているとのこと。 https://t.co/Qy7THVwnJW
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
RT @dellganov: くろこつねおの1978年の「図書館にマンガはあります 」を読んだら、文庫とマンガは公共図書館では幻の資料と呼ばれたりもするが、あるよという内容。https://t.co/OsEXO2J5jS 文庫はその後、かなり図書館に入るようになったが、マンガは…
RT @morita11: "CiNii 論文 -  ロシアの映画・テレビドラマの中の旧満洲像(1933-2013年)" https://t.co/qtpjshpEx2
RT @morita11: "CiNii 論文 -  戦時期日本における長編アニメーション映画製作事業の推移とその特質 : 国際比較と未完成作の分析から" https://t.co/NHmKzWcsgz ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  ディズニー映画の歌詞吹き替えに見るインド文化" https://t.co/vA1NsMjgze ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  日本人形表象文化と、着ぐるみ/ギニョールとしてのゴジラ" https://t.co/prLbRUw22P
RT @morita11: "CiNii 論文 -  <論文>ゾンビはいかに眼差すか" https://t.co/O25EiYs8Xw ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  呑み込む「顎(ジョーズ)」と戦う男たち : スティーヴン・スピルバーグの『ジョーズ』を観る" https://t.co/zbXGKaCdIv ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  寅さんと戦争と抵抗と : 渥美清主演戦争映画における戦後抗日映画の一形態の考察" https://t.co/U1p63L5sO6 ※本文リンクあり
RT @morita11: "CiNii 論文 -  '風の谷のナウシカ'にみる、登場人物の話体 : 対人間関係における言語行動" https://t.co/FiNJ1a32hz ※本文リンクあり
RT @ogugeo: 今朝の大阪府北部の地震は、右横ずれと逆断層型の断層変位が複合して生じたようだ。右横ずれを主体する断層の動きが大阪湾周辺の大地形の形成に寄与したという論文。 https://t.co/PadRW4YhnZ 今回の地震も数百万年の時間スケールで続いてきた現象…
今回の大阪北部の地震の震央の北側の山間部の地質の論文。破砕帯はいくつか確認していますが、全ての断層を表現できていません。 https://t.co/c7eVXS89f4 のが続いて申し訳ない。
RT @oritako: リンク先間違えてたので再掲。今月の情報処理学会誌に掲載されました。ページの背景にちょっと驚き。特集には納骨堂僧侶の方、住職の方の記事もあります。「弔いと技術革新:2.死後のデータとプライバシ」情報処理, Vol.59, No.7, pp.606-609…
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
J-STAGE+Articles+-+口絵3:奄美群島,喜界島のジオサイトとジオストーリー https://t.co/UeGXZ7USTI
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
RT @oritako: リンク先間違えてたので再掲。今月の情報処理学会誌に掲載されました。ページの背景にちょっと驚き。特集には納骨堂僧侶の方、住職の方の記事もあります。「弔いと技術革新:2.死後のデータとプライバシ」情報処理, Vol.59, No.7, pp.606-609…
太閤殿下以来の大坂大震。今日は幸い伏見の揺れはさほどでなかったようだが、(適役皆無ながら)私のいま最も見たい芝居の一つ〈地震加藤〉的なエピソードも今次まれまれありはせまいか。「斯る折には誰よりか、力量勝れし正清がお傍にあつた事なら… https://t.co/Yq512ggcpl
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日… https://t.co/l5gFXrHFTO
RT @ogugeo: 今朝の大阪府北部の地震は、右横ずれと逆断層型の断層変位が複合して生じたようだ。右横ずれを主体する断層の動きが大阪湾周辺の大地形の形成に寄与したという論文。 https://t.co/PadRW4YhnZ 今回の地震も数百万年の時間スケールで続いてきた現象…
RT @ogugeo: 今朝の大阪府北部の地震は、右横ずれと逆断層型の断層変位が複合して生じたようだ。右横ずれを主体する断層の動きが大阪湾周辺の大地形の形成に寄与したという論文。 https://t.co/PadRW4YhnZ 今回の地震も数百万年の時間スケールで続いてきた現象…
RT @ogugeo: 今朝の大阪府北部の地震は、右横ずれと逆断層型の断層変位が複合して生じたようだ。右横ずれを主体する断層の動きが大阪湾周辺の大地形の形成に寄与したという論文。 https://t.co/PadRW4YhnZ 今回の地震も数百万年の時間スケールで続いてきた現象…
RT @ogugeo: 今朝の大阪府北部の地震は、右横ずれと逆断層型の断層変位が複合して生じたようだ。右横ずれを主体する断層の動きが大阪湾周辺の大地形の形成に寄与したという論文。 https://t.co/PadRW4YhnZ 今回の地震も数百万年の時間スケールで続いてきた現象…
今朝の大阪府北部の地震は、右横ずれと逆断層型の断層変位が複合して生じたようだ。右横ずれを主体する断層の動きが大阪湾周辺の大地形の形成に寄与したという論文。 https://t.co/PadRW4YhnZ 今回の地震も数百万年の時間… https://t.co/Hna380VBwU
RT @mkatolithos: Japanese version of ShakeMap J-RISQ by NIED (Note: JMA intensity) https://t.co/LGKs0eF789 Pls refer Fig4. of Kunugi(2000)…
RT @mkatolithos: Japanese version of ShakeMap J-RISQ by NIED (Note: JMA intensity) https://t.co/LGKs0eF789 Pls refer Fig4. of Kunugi(2000)…
Japanese version of ShakeMap J-RISQ by NIED (Note: JMA intensity) https://t.co/LGKs0eF789 Pls refer Fig4. of Kunug… https://t.co/wQ3ZqufPBQ
RT @yaskohi: あれ?と思ったのとRTされてるようなので一応確認結果をば。28年度末で京都府立図書館は962,958冊(https://t.co/8WNBCWqakD)、関西館は供用資料数が14,010,905点、京都府立図書館の記載にあわせて?図書だけにしても3,8…
一応,あげといてあげよう. 生駒断層帯周辺における露頭規模での脆性変形構造 https://t.co/luaWIjWk6w
RT @naota344: より詳しくは、鎮目 征樹 「ソフトウェアの無断インストールと不正指令電磁的記録に関する罪」を見るのがよさそうです https://t.co/rqH6Ia2Rl8
RT @Aquioux: 東京堂書店『水木しげるのあの世の事典』の参考資料に『ダンテ神曲画集』中山昌樹編 新生堂 昭17 が挙げられています。デジコレにありました。今回の元絵のページへのリンクはコチラ。 https://t.co/dTBxN2mtNJ
RT @Aquioux: 東京堂書店『水木しげるのあの世の事典』の参考資料に『ダンテ神曲画集』中山昌樹編 新生堂 昭17 が挙げられています。デジコレにありました。今回の元絵のページへのリンクはコチラ。 https://t.co/dTBxN2mtNJ

14 11 8 0 OA 夭怪着到牒 2巻

RT @IaKoy13: 『夭怪着到牒』に載っている妖怪です。 アダム・カバット氏の江戸化物草子や、ネットのデジタルアーカイブなどで見ることができます。 https://t.co/1osIpDkKoG https://t.co/ObQWnyNOhc
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 2004年東海道沖地震における四国東部自治体の津波防災対応(中野 晋ほか),2005 https://t.co/A3Vo4TEnGf
RT @narumita: 社会の理解がすすみますように【心因性で表現される機能障害/症状】 感情表現の難しさhttps://t.co/JNZnSnFClR 視力障害 https://t.co/Z3DkhsRl9s 歩行障害、麻痺、運動障害  https://t.co/IJWk…

14 3 3 0 OA 嬉遊笑覧

RT @mitasuki: 嬉遊笑覧のベカコウとガゴジは隣にあるけど混じってはない https://t.co/ZBAq8vgXes
RT @narumita: 社会の理解がすすみますように【心因性で表現される機能障害/症状】 感情表現の難しさhttps://t.co/JNZnSnFClR 視力障害 https://t.co/Z3DkhsRl9s 歩行障害、麻痺、運動障害  https://t.co/IJWk…
【E-journal GEO掲載論文】長谷川 均・鈴木厚志 2018.日本地理学会におけるアウトリーチ―資格認定事業を中心に―,E-journal GEO 13(1),164-169.https://t.co/kl378MzVL4
【E-journal GEO掲載論文】氷見山幸夫 2018.環境地図展を通じたアウトリーチの推進,E-journal GEO 13(1),158-163.https://t.co/CP3M56K6fv
RT @narumita: 社会の理解がすすみますように【心因性で表現される機能障害/症状】 感情表現の難しさhttps://t.co/JNZnSnFClR 視力障害 https://t.co/Z3DkhsRl9s 歩行障害、麻痺、運動障害  https://t.co/IJWk…
RT @narumita: 社会の理解がすすみますように【心因性で表現される機能障害/症状】 感情表現の難しさhttps://t.co/JNZnSnFClR 視力障害 https://t.co/Z3DkhsRl9s 歩行障害、麻痺、運動障害  https://t.co/IJWk…
RT @narumita: 社会の理解がすすみますように【心因性で表現される機能障害/症状】 感情表現の難しさhttps://t.co/JNZnSnFClR 視力障害 https://t.co/Z3DkhsRl9s 歩行障害、麻痺、運動障害  https://t.co/IJWk…
RT @adhara_mathphys: 水素原子の数理に詳しそうな先生と言うと国場先生なのですが、駒場の先生です。 ラプラス-ルンゲ-レンツベクトル--Gruppen Pestの始祖的例題 (特集 代数的物理観--現代物理はいかに表現されているか) https://t.co…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 19世紀のパロディ・バラッド詩 (2) : II. Morgan O'Doherty という詩人(宮原 牧子),2014 https://t.co/1uWZUtGQvc

14 3 3 0 OA 嬉遊笑覧

嬉遊笑覧のベカコウとガゴジは隣にあるけど混じってはない https://t.co/ZBAq8vgXes
@hutai 古い企業の資産は本当に資産ですからねぇ。特殊鋼といえば豆知識。割と知られていないと思いますが、自動車用の鋼板は塗装が乗りやすいようになっています。圧延ロールの表面に微小な凹凸を付けてあります。https://t.co/fBQl3i0Fif

46 46 46 0 IR 公共心と愛国心

RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  公共心と愛国心 https://t.co/8LdM6MHoFN #CiNii

46 46 46 0 IR 公共心と愛国心

RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  公共心と愛国心 https://t.co/8LdM6MHoFN #CiNii

46 46 46 0 IR 公共心と愛国心

RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  公共心と愛国心 https://t.co/8LdM6MHoFN #CiNii

4 2 2 0 OA 草枕

ユリシーズもだが、こんなのも読んでる https://t.co/sGs3DOF8CX
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? <論文>ラッキーセブン : アメリカにおける数にまつわる話 : アメリカ(数と数え方の世界誌)(吉川 寛),1996 https://t.co/15k7jcxLGh
The 32nd Annual Conference of the Japanese Society for Artificial Intelligence, 2018 深層学習法による源氏絵の流派推定 https://t.co/p7rkLddzhM
RT @NIJL_collectors: 今だから言える、展示初日の朝(?)3時か5時頃に出来上がった図録。今もあの頃も変わらず猫好きなのでこんな仕上がり(一太郎で作成)。原稿が書けてない人を含めて、確か5人くらいで泊まり込みしたなー。 高精細PDFは、こちらからDLできます!…
国内から絶滅したと考えられていたキイロナメクジは奈良公園に生息しているのか。奈良公園にいたら大阪にもいてもいいかも。気をつけないと。 https://t.co/0CcSxl05q1...
RT @koujikozaki: 私も,「シビックテックとLOD -関西での活動を中心として-」というタイトルで解説記事を書かせていただいてました. あれから,もう2年か...と思うと,早いもの.  https://t.co/YKPbbXpfEc https://t.co/uV…
RT @shinjiyamane: 『コンピュータ新人類の研究』の元になったのはコンピュータ中毒の学生(ハッカー)が増えているというスタンフォード大学の研究です.そしてハッカーは精神異常であり犯罪者予備軍だという描写が広まりましたが、近年ようやくハッカーのまともな描写が増えてき…
コレ自体は地形が違うがリファレンス拾いに使えるかも https://t.co/j1OrDlC8rS
@kensyou_jikenbo 「自然由来の砒素」と言葉を使われると、何やら「植物的なネイチャー的なやむを得ないところで派生するのかな?」という誤印象をもたらしています。が、鉱床から溶出し河川や地下水を汚染します。生物には非常に… https://t.co/b1uIcTje1A
RT @yayamamo: 「リンクト・オープン・データの利活用」特集、2年間のアクセス制限期間を経て本日オープンになりました。2016年当時の状況を振り返る良い機会になると思います。 情報処理 Vol.57 No.7 https://t.co/EYSOxHklcc
RT @yayamamo: 「リンクト・オープン・データの利活用」特集、2年間のアクセス制限期間を経て本日オープンになりました。2016年当時の状況を振り返る良い機会になると思います。 情報処理 Vol.57 No.7 https://t.co/EYSOxHklcc
トロント大 「AI人材」育成で頭角:日本経済新聞 https://t.co/6Pf5V6kxtm AI人材といってもそれぞれの州が独自の強みをもっており、たとえばゲームAIの研究に関してはトロント大ではなくアルバータ大が世界的な研… https://t.co/8Wvj7s8R2w
RT @shinjiyamane: 『コンピュータ新人類の研究』の元になったのはコンピュータ中毒の学生(ハッカー)が増えているというスタンフォード大学の研究です.そしてハッカーは精神異常であり犯罪者予備軍だという描写が広まりましたが、近年ようやくハッカーのまともな描写が増えてき…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 杉本好伸「平成《稲生物怪録》事情――かくして説話は変貌する」 『日本文学』62巻(2013) 6号 https://t.co/zmXgCIpD8Y
PDFあり。 杉本好伸「平成《稲生物怪録》事情――かくして説話は変貌する」 『日本文学』62巻(2013) 6号 https://t.co/zmXgCIpD8Y
PDFあり。 五嶋千夏「もの足りない農本主義――宮沢賢治「ポラーノの広場」における産業組合と『家の光』――」 『日本文学』62巻(2013) 6号 https://t.co/EWCvNYozMn
p進Hodge理論と多様体のL関数の特殊値のp進的性質については,加藤和也氏による数学的にも文学的にも価値の高い論説があるので興味のある方は是非それ等を参照されたい.(斎藤秀司) https://t.co/vv4KJ8caUH https://t.co/K3euqhLrh0
RT @animemitarou: @kurubushi_rm 私はこんなふうに本を探します♪ 「資料のえじき ーゾンビな文献収集」。下記URLからダウンロードしてご覧くださいませ!! https://t.co/pquTgA4ni4
RT @shinjiyamane: 『コンピュータ新人類の研究』の元になったのはコンピュータ中毒の学生(ハッカー)が増えているというスタンフォード大学の研究です.そしてハッカーは精神異常であり犯罪者予備軍だという描写が広まりましたが、近年ようやくハッカーのまともな描写が増えてき…
@complex_cat キーワード検索で見つけたレビュー論文ですが: 永尾 一平, 2012: 海洋生物起源硫黄化合物の硫化ジメチル(DMS)による気候調節。エアロゾル研究。PDF… https://t.co/90CNgESpBF
↓に書いた. 史料からみた桜島火山安永噴火の推移 https://t.co/F9xhLhQQ2s
RT @shinjiyamane: 『コンピュータ新人類の研究』の元になったのはコンピュータ中毒の学生(ハッカー)が増えているというスタンフォード大学の研究です.そしてハッカーは精神異常であり犯罪者予備軍だという描写が広まりましたが、近年ようやくハッカーのまともな描写が増えてき…
『コンピュータ新人類の研究』の元になったのはコンピュータ中毒の学生(ハッカー)が増えているというスタンフォード大学の研究です.そしてハッカーは精神異常であり犯罪者予備軍だという描写が広まりましたが、近年ようやくハッカーのまともな描… https://t.co/J76WzuWytp
RT @sivad: 低線量被曝ではDNAが修復されるから影響がない、というのは基本的な誤りです。DNA修復にはエラーがあり、これによってできた変異は元には戻りません。ですから閾値なしが妥当なのです。 https://t.co/oQPPE16dDU
RT @quiriu_pino: ただこの書誌、史料的な状況がわからないのが残念。こっちの論文は、研究のトレンドと史料状況の展開がよく分かり、興味深い&ありがたいです。 小澤 実「中世アイスランド史学の新展開」 https://t.co/fOGBr6xDYr
RT @quiriu_pino: ただこの書誌、史料的な状況がわからないのが残念。こっちの論文は、研究のトレンドと史料状況の展開がよく分かり、興味深い&ありがたいです。 小澤 実「中世アイスランド史学の新展開」 https://t.co/fOGBr6xDYr

フォロワー(6036ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

115 115 115 115 OA 艱難目異志

RT @hakubutu: そういえば、慶長伏見地震(1596)ではないけれど、浅井了意の仮名草子『かなめいし(艱難目異志)』に、寛文2年(1662)近江・若狭地震(日向断層・花折断層)での洛中の様子が挿絵とともに記されている。地震による都市部の被害を細かく描いた史料としては最…
志村五郎氏は,1960年代の頃の,示唆に満ちた論説『保型函数と整数論』の中で,「整数論いたる所 ゼータ関数あり」という言葉で,整数論におけるゼータ関数の重要性,ゼータ関数を中心にして整数論を見ることの重要性を述べられた. https://t.co/K6FJuFnfnT

115 115 115 115 OA 艱難目異志

RT @hakubutu: そういえば、慶長伏見地震(1596)ではないけれど、浅井了意の仮名草子『かなめいし(艱難目異志)』に、寛文2年(1662)近江・若狭地震(日向断層・花折断層)での洛中の様子が挿絵とともに記されている。地震による都市部の被害を細かく描いた史料としては最…
RT @kurok_yuu: きょうのPDF。 「和服着装における帯位置が重心動揺, 筋電図, 唾液アミラーゼ活性に及ぼす影響:―姿勢と伝統的所作に着目して―」佐藤真理子・田村照子 https://t.co/4UufXbSumz https://t.co/xXKd8lNIis
RT @biochem_fan: さきほど RT した geminivirus の構造論文 https://t.co/BjKrCQjt5U、冒頭で万葉集の孝謙天皇の歌が紹介されており、世界最古(752)の植物ウィルスの記載とある。この歌とは「この里は継ぎて霜や置く夏の野に我が見…
RT @kawai_kanyu: 秋田屋太右衞門等刊 春秋左氏傳校本 https://t.co/PKkEWi9cEo 24-25コマ
RT @biochem_fan: さきほど RT した geminivirus の構造論文 https://t.co/BjKrCQjt5U、冒頭で万葉集の孝謙天皇の歌が紹介されており、世界最古(752)の植物ウィルスの記載とある。この歌とは「この里は継ぎて霜や置く夏の野に我が見…
適当に検索しただけだけど、鼇頭評註春秋左氏伝校本. 9,10 https://t.co/AhnxkHp4s4 コマ番号22 これけっこう似てない?これそのものじゃないけど、この本の別バージョンかも? https://t.co/lbjbtf3eRU
RT @ogugeo: 今朝の大阪府北部の地震は、右横ずれと逆断層型の断層変位が複合して生じたようだ。右横ずれを主体する断層の動きが大阪湾周辺の大地形の形成に寄与したという論文。 https://t.co/PadRW4YhnZ 今回の地震も数百万年の時間スケールで続いてきた現象…
RT @biochem_fan: さきほど RT した geminivirus の構造論文 https://t.co/BjKrCQjt5U、冒頭で万葉集の孝謙天皇の歌が紹介されており、世界最古(752)の植物ウィルスの記載とある。この歌とは「この里は継ぎて霜や置く夏の野に我が見…
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
RT @ogugeo: 今朝の大阪府北部の地震は、右横ずれと逆断層型の断層変位が複合して生じたようだ。右横ずれを主体する断層の動きが大阪湾周辺の大地形の形成に寄与したという論文。 https://t.co/PadRW4YhnZ 今回の地震も数百万年の時間スケールで続いてきた現象…
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
RT @oritako: リンク先間違えてたので再掲。今月の情報処理学会誌に掲載されました。ページの背景にちょっと驚き。特集には納骨堂僧侶の方、住職の方の記事もあります。「弔いと技術革新:2.死後のデータとプライバシ」情報処理, Vol.59, No.7, pp.606-609…
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
RT @ogugeo: 今朝の大阪府北部の地震は、右横ずれと逆断層型の断層変位が複合して生じたようだ。右横ずれを主体する断層の動きが大阪湾周辺の大地形の形成に寄与したという論文。 https://t.co/PadRW4YhnZ 今回の地震も数百万年の時間スケールで続いてきた現象…
今朝の大阪府北部の地震は、右横ずれと逆断層型の断層変位が複合して生じたようだ。右横ずれを主体する断層の動きが大阪湾周辺の大地形の形成に寄与したという論文。 https://t.co/PadRW4YhnZ 今回の地震も数百万年の時間… https://t.co/Hna380VBwU
RT @Aquioux: 東京堂書店『水木しげるのあの世の事典』の参考資料に『ダンテ神曲画集』中山昌樹編 新生堂 昭17 が挙げられています。デジコレにありました。今回の元絵のページへのリンクはコチラ。 https://t.co/dTBxN2mtNJ
CiNii 図書 - 図案化せる実用文字 ; 絵を配した図案文字 https://t.co/MSsY7Rr6OK
国立国会図書館デジタルコレクション - 絵を配した図案文字 藤原太一 著https://t.co/UaeB6DIHMX
RT @narumita: 社会の理解がすすみますように【心因性で表現される機能障害/症状】 感情表現の難しさhttps://t.co/JNZnSnFClR 視力障害 https://t.co/Z3DkhsRl9s 歩行障害、麻痺、運動障害  https://t.co/IJWk…

14 3 3 0 OA 嬉遊笑覧

RT @mitasuki: 嬉遊笑覧のベカコウとガゴジは隣にあるけど混じってはない https://t.co/ZBAq8vgXes
【E-journal GEO掲載論文】長谷川 均・鈴木厚志 2018.日本地理学会におけるアウトリーチ―資格認定事業を中心に―,E-journal GEO 13(1),164-169.https://t.co/kl378MzVL4
【E-journal GEO掲載論文】氷見山幸夫 2018.環境地図展を通じたアウトリーチの推進,E-journal GEO 13(1),158-163.https://t.co/CP3M56K6fv
RT @narumita: 社会の理解がすすみますように【心因性で表現される機能障害/症状】 感情表現の難しさhttps://t.co/JNZnSnFClR 視力障害 https://t.co/Z3DkhsRl9s 歩行障害、麻痺、運動障害  https://t.co/IJWk…
RT @adhara_mathphys: 水素原子の数理に詳しそうな先生と言うと国場先生なのですが、駒場の先生です。 ラプラス-ルンゲ-レンツベクトル--Gruppen Pestの始祖的例題 (特集 代数的物理観--現代物理はいかに表現されているか) https://t.co…
RT @yuiseki: この研究、10年以上続いていて論文も大量にあるんだけど、総まとめ的なものが2016年の情報処理学会誌第57巻(特集:かわいい)に載っています。学会の会員じゃなくてもなぜか以下のURLからタダでPDFが読めるので、「かわいい」感性工学に関心があるのなら読…

46 46 46 0 IR 公共心と愛国心

RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  公共心と愛国心 https://t.co/8LdM6MHoFN #CiNii
町田瑞男『火山灰中の鉱物検索・鑑定図鑑 : プレパラートで知る火山灰の不思議』 火山灰中の鉱物1種類ごとに実体顕微鏡・偏光顕微鏡で観察した写真の図鑑。火山灰や火山の研究をする人はもちろん、ジルコンなどの重鉱物分離の研究をする人にも… https://t.co/oHUVOpi7gU
The 32nd Annual Conference of the Japanese Society for Artificial Intelligence, 2018 深層学習法による源氏絵の流派推定 https://t.co/p7rkLddzhM
RT @nkzsdy: https://t.co/AGwEINgj86 子どもの死のイメージがたくさん載っています https://t.co/g3hs8Vfcq3
RT @Keikolein: このことは、みな薄々思っていたのですが、2009年に、派遣法の生みの親ともいえる高梨昌という方が、論文で「告白」(自白?)しました。https://t.co/WZsZ1C4xRD 驚かれたのももっともなことだと思います。それは「例外」でした。そし…
RT @wadat1117: 国内から絶滅したと考えられていたキイロナメクジは奈良公園に生息しているのか。奈良公園にいたら大阪にもいてもいいかも。気をつけないと。 https://t.co/0CcSxl05q1...
国会図書館デジタルコレクションに夫のちんぽが入らないが点字データで入ってた https://t.co/JcdTjWlgTV
RT @gishigaku: ちょっと調べてみると日本での成人年齢引き下げ議論は保守側からの少年法適用年齢を引き下げたいという要求からのものが主流だったけど1970年代には欧州諸国で学生運動の影響もあって引き下げが進み、日本でもその流れで別の方向からの議論が https://t…
@kensyou_jikenbo 「自然由来の砒素」と言葉を使われると、何やら「植物的なネイチャー的なやむを得ないところで派生するのかな?」という誤印象をもたらしています。が、鉱床から溶出し河川や地下水を汚染します。生物には非常に… https://t.co/b1uIcTje1A
RT @nekonoizumi: PDFあり。 杉本好伸「平成《稲生物怪録》事情――かくして説話は変貌する」 『日本文学』62巻(2013) 6号 https://t.co/zmXgCIpD8Y
RT @animemitarou: @kurubushi_rm 私はこんなふうに本を探します♪ 「資料のえじき ーゾンビな文献収集」。下記URLからダウンロードしてご覧くださいませ!! https://t.co/pquTgA4ni4
p進Hodge理論と多様体のL関数の特殊値のp進的性質については,加藤和也氏による数学的にも文学的にも価値の高い論説があるので興味のある方は是非それ等を参照されたい.(斎藤秀司) https://t.co/vv4KJ8caUH https://t.co/K3euqhLrh0
↓に書いた. 史料からみた桜島火山安永噴火の推移 https://t.co/F9xhLhQQ2s
RT @quiriu_pino: ただこの書誌、史料的な状況がわからないのが残念。こっちの論文は、研究のトレンドと史料状況の展開がよく分かり、興味深い&ありがたいです。 小澤 実「中世アイスランド史学の新展開」 https://t.co/fOGBr6xDYr
RT @kurubushi_rm: あとは次の論文など、どうでしょうか。 小瀬航, & 鈴木栄幸. (2016). 大学生を対象とした説明的文章の読解能力を高める手法に関する実証的研究. 日本科学教育学会研究会研究報告, 31(4), 91-94. https://t.co/X…
しかもなんやら当然のように先行研究あるわな。。。 https://t.co/TD993oKdJk
岩澤理論は,岩澤健吉さんの「代数体と,有限体上の一変数関数体は,どこまでも似ていると信じてよい」というロマンから生じたという色彩の強さで際立っている.このロマンは,論説として述べられており,数学界に大きな影響に与えた.(加藤和也) https://t.co/CgWDof15UQ
RT @Naga_Kyoto: 岡田 俊裕「敗戦前の日本における「景観」概念と「景観」学論」 https://t.co/wnFWtzfm5W Landschaft(landscape, paysage)の和訳、定義、学問上の位置づけに関する議論について https://t.co…