著者
沢村 正義 鈴木 悟 小原 典子 佐藤 美夢 東谷 望史
出版者
公益社団法人 日本アロマ環境協会
雑誌
アロマテラピー学雑誌 (ISSN:13463748)
巻号頁・発行日
vol.17, no.1, pp.39-47, 2016-09-30 (Released:2016-09-30)
参考文献数
44

本研究は,精油の安全使用に関するアロマテラピー情報を提供することを目的として,光毒性をもつフロクマリンの定量分析を行ったものである。ガスクロマトグラフィー-質量分析(GC-MS)において,内部標準としてp-クロロベンゾフェノンを使用し,また選択イオンモニタリング(SIM)モードで分析を行った。光毒性をもつソラレン,キサントトキシン,ベルガプテン,イソピムピネリン,そしてクマリン類の一種で光毒性のないオーラプテンの正確な一括分析法を確立するために9種類の質量イオンを選択した。分析した116種類の市販精油のうち,フロクマリンはセリ科およびミカン科の精油試料で,それぞれ4種類,9種類検出された。一方,オーラプテンは6種類のミカン科精油で検出された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 1 favorites)

@7uvulite https://t.co/6LKw7lX9fa ポピ?
@_hni @sala031201 なるほど。 たしかに文献見てみたらその2つは問題とされる成分の一つであるベルガプテンの量多いや(精油)。 https://t.co/cUbCYjREpb
精油中のフロクマリン類分析 https://t.co/loNMbreyV7 この辺の化合物に光毒性があることは、知ってる人は知ってるお話のようである。
J-STAGE Articles - 精油中のフロクマリン類分析 https://t.co/BuJrvkBMPm

収集済み URL リスト