エビ (@ebi_j9)

投稿一覧(最新100件)

RT @somebodyssin: 低アレルゲンコチニールでアナフィラキシーを起こした8歳男児の症例 https://t.co/VIzIbP2YVm コメントのとおり、「天然物」から不純物のリスクを除くのがいかに難しいか。もっと言えば、リスクのある成分を特定すること自体が難しい…
また、妊婦の場合が特に深刻で、子宮の強い収縮のため流産・早産を引き起こす。 流通している食品が汚染されていることはないですが、麦角アルカロイドについては甘く見てはいけない。 詳しくはこちらの後半部分を。 https://t.co/xZE1Xmwb21
あと、食品衛生法の成り立ちを考えると、明治時代の緑青(唐緑青(=亜ヒ酸銅))を使ったダンゴ中毒にも触れてほしい気がしないでもないが、古すぎるため記事スペース的には没になりそうな話題でもある。 https://t.co/Uq9CpoSQkX
RT @bikitan6464: 資料みると分かるけど、皮の剥きやすさってのも大事になってくるのよ 男爵は給食向きでないと言えちゃうし、メークインはもともと含有量が高い… 品種別を知りたいならこちらを https://t.co/bXIx5v75jR https://t.co/…
検索したら論文出てきたので、詳しくはそちらを参照あれ。 日本食品標準成分表の改訂に伴う野菜中のビタミンC収載値の変動に対する分析法の影響 https://t.co/dhtz73VpJg
マイタケα- グルカンのインフルエンザ治療効果 https://t.co/z3sH8vyvBd この論文自体は大きな問題はない。ただし、まだ動物実験の段階で、実際に臨床的に使える話ではない。 また、マイタケを食べたからといって、効… https://t.co/IZ5exmLDpG
これがすべてというわけではないですが、論文になっているリンク先を。 https://t.co/kI8Rfhc2qL https://t.co/mJ0r1opKBx https://t.co/Xvsy8qnjJ9
@namikeneiyo とりあえず一例。 https://t.co/HiLZsr8n2R にんじんのβカロテンのように、品種差が大きいのもある。ほうれん草のビタミンCは私的にはあまり品種差はないってこの論文からは読む。 また、… https://t.co/qXm0obKuLB
RT @ebi_j9: また、麦角アルカロイドの一部は医薬品として活用されていることも書いている。(エルゴメトリン等) そして、産婦人科診療の実際の現場からみた対応となると、EBMだけからの対応とはやや異なることも書いてある。 このPDFは長いけど、一度じっくり読むことをおすす…
また、麦角アルカロイドの一部は医薬品として活用されていることも書いている。(エルゴメトリン等) そして、産婦人科診療の実際の現場からみた対応となると、EBMだけからの対応とはやや異なることも書いてある。 このPDFは長いけど、一度… https://t.co/swPEfq7QPC
RT @ebi_j9: 妊娠中のハトムギ使用について 著者: 鈴木信孝 · 2018 https://t.co/xZE1Xmwb21 教育講演の内容がほぼ書かれている。 この先生は、マスコミの取材は出張中なこともありお断りして、後日まともな文書を書いて対応することにしたそうな。
妊娠中のハトムギ使用について 著者: 鈴木信孝 · 2018 https://t.co/xZE1Xmwb21 教育講演の内容がほぼ書かれている。 この先生は、マスコミの取材は出張中なこともありお断りして、後日まともな文書を書いて対応することにしたそうな。
健康食品の新たな機能性表示と健康食品の品質 https://t.co/dxTi2uJydc 国立医薬品食品衛生研究所の合田先生が、崩壊試験等の健康食品・機能性表示食品の問題点について指摘している。
RT @somebodyssin: URLが変わってました。 反時代的医療としてのホメオパシー|佐藤朋之 https://t.co/fUriWrSUN2 これホントにおもしろい。 現在の標準医療に至る医療の歴史が、決して直線的な進歩の過程ではないこと。(もちろんハーネマン/ホメ…
バレンタインが近いので、チョコレートのとある情報をこのタイミングで流すという(爆) 国内流通するチョコレートとココア粉末製品中のカドミウム濃度の実態調査 https://t.co/PsySvvP8Uo 論文は学会誌か学会員じゃな… https://t.co/ZEaHhS1JIF
なお、調べてたら論文も見つかったので、置いておく。 日本人のカドミウム曝露の現状 ―特に米中カドミウム濃度の基準値及び農家の自家産米摂取による曝露と その近位尿細管機能への影響― https://t.co/YwdyZIZcxX
RT @y_tambe: ヒガンバナの赤と白の関係 https://t.co/hJYW2oWseX ・祖先型マンジュシャゲ(2n=22) → コヒガンバナ(2n=22)→ヒガンバナ(2n=33、3倍体、不稔) ・祖先型マンジュシャゲ(2n=22) × ショウキズイセン(2n=…
@YAKUTATAZU360 @namikeneiyo @doramao @haruschi というか、単に味噌の ・塩分豊富 ・アルコールも若干含有 ・熟成時の温度 ・水分活性 等々の諸条件により菌が生育しないってだけだと思いま… https://t.co/85sKlBL0wK
なんか別のものの検索で、資料っぽいものがみつかった。 我国における着色料取締りの歴史 : 歴史的経緯からみた着色料の存在意義 https://t.co/elN1v7oIjo
ちょっと戦前の食品添加物について書くかな。 問題は、ネット上に情報がほとんどないこと。 まあ、これだけでも結構な内容書けるけど。 日本の食品衛生史 特に食品衛生法以前の食品添加物について 食品衛生学雑誌、1980年21巻5… https://t.co/2lHTw1gZAl
RT @SciCafeShizuoka: カンボジア井戸水のヒ素問題。ぎょっとしたのだが、さすがに対策もしているようで、調べたらいくつか出てきた。一例⬇︎ https://t.co/9ZFqEY7Stn https://t.co/r3XHzAwkFT
@_hni @sala031201 なるほど。 たしかに文献見てみたらその2つは問題とされる成分の一つであるベルガプテンの量多いや(精油)。 https://t.co/cUbCYjREpb
精油中のフロクマリン類分析 https://t.co/loNMbreyV7 この辺の化合物に光毒性があることは、知ってる人は知ってるお話のようである。
トリフルラリンの毒性試験の概要 日本農薬学会誌 16, 557-561 (1991) https://t.co/k5Nw13NsJm
@hayabusa_ippei @utchie とりあえず資料。 食品中のニコチン酸による食中毒 https://t.co/ucRNUlX9V2
RT @y_tambe: 生豆の残留農薬は焙煎によりほとんど無くなる。 | コーヒー豆の焙煎工程における農薬の挙動 - https://t.co/O3u8RIQOkL
豆腐の食味に及ぼす大豆リポキシゲナーゼの影響 日本食品科学工学会誌 第45巻 第2号 https://t.co/iwRy8mmJDB 豆腐のこく味を示す成分の一つはリポキシゲナーゼによる脂質酸化生成物であると推察された.
RT @y_tambe: 魚のアラについての直接的な論文は見当たらなかったけど、筋肉部と内臓での違いをみたものなら見つかった。 https://t.co/yiJZgsJMKP 肉より内臓の方がグルタミン酸の寄与が大きいっぽいが、肉部にしても内臓にしても、どれだけ成分を濃く出すか…
高圧調理による鶏骨スープストックの調製 日本調理科学会誌 Vol13 No4(1998) https://t.co/JxwC6fB8Hx
これも古いし、脳油ではないけど関連して。 マッコウ鯨脊髄の脂質:第I報 ロウとグリセライドとの分別 https://t.co/fCvvrhQdKS 黄色の固体を含む分画があるとの記載があるから、見せてもらった褐色ワックスの方は、脊髄由来かも?と勝手に推測。  #まさかな質問箱
脳油の成分が気になり、ちょっと検索してみた。(ワックスよりも詳細な情報があればと思って) …ちょっと文献が古すぎる気がするが、見つかった。 マッコウ鯨脳油の溶出クロマトグラフィーによるロウとグリセリドの分別 https://t.co/zvQlJjzrFm  #まさかな質問箱
RT @kubohashi: 高橋 ひとみ/衞藤 隆「幼児の視力検査に関する一考察─3歳児からできる近見視力検査」 https://t.co/HvGj9US8Op 「たべたのだあれ?」に関する論文。"幼児が「ランドルト環の切れ目」を「答える」のは困難" そうそうそうそうそうなん…
生コーヒー豆のオクラトキシン検出状況について 厚生労働省 https://t.co/Ij5JkTkQlP 農林水産省 https://t.co/C6OitBtUBO 論文 https://t.co/oWCNwIbKb4 検出率は25%前後。ただし濃度は低い。(1ppb未満)
RT @sakumad2003: わが国における自然毒による食中毒事例の傾向(平成元年~22年)登田 美桜, 畝山 智香子, 豊福 肇, 森川 馨 2012 食品衛生学雑誌 https://t.co/eDTfR9hxVQ
@fluor_doublet 誰も改訂しようとしない、ただそれだけです(爆) まあ、国立医薬品食品研究所の方がトルエン抽出→GC/MSでの測定法を英語の論文で出したので、今後変わる可能性はありますが。 https://t.co/2BHxgPgj5A
RT @tarabagani: 後でゆっくり読もう。低線量低線量率放射線の発がんリスク。 https://t.co/JgfxUXixcB

4932 0 0 0 OA 海老の世界

RT @vv_bluebird_vv: 国立国会図書館デジタルコレクション - 海老の世界 https://t.co/pQ6akE71ch なんて吸引力のある表紙なんだ https://t.co/jzG5XVQFtH
RT @hayano: (日本生活協同組合連合会による論文)陰膳方式によるトータルダイエット試料中放射性セシウムおよび放射性カリウム摂取量推定および経年変化(2011~2014年度)https://t.co/UXrJoj00qH
RT @loquat_priest: 今日、https://t.co/LiDagDrhzR コレを読んで、大きな誤解をしていたことに気がつきました。11ページ「取材後から記事掲載までに行われる情報交換に対する考え」。メディアの人々が“ゲラのチェック”をどう考えてるかがわかって、…
@fluor_doublet 過去と現在の緑青は別という説があります。 https://t.co/PhWOjSNhdr この方は、精製不十分によるヒ素化合物が真の中毒成分と推測しています。
例えば、こんな方法。 ジャガイモ中のα-ソラニン,α-チャコニンの含有量および貯蔵中の経時変化、食品衛生学雑誌 Vol. 45(2004) No. 5 、P277-282 https://t.co/YwapiAY6wS
RT @pletwobine: 昔甥っ子と盛り上がった「インスタントコーヒー混ぜてるとスプーンとカップがぶつかる音がどんどん高くなる不思議」を急に思い出しぐぐったら何と論文が!アイツが犯人だったかぁぁぁぁ! https://t.co/M7chjEOWPp https://t.c…
もし亜硫酸が体調不良の原因だとしたら、ワインよりもネギ類に気をつけた方がいい。 生鮮食品及び加工食品中の天然由来の亜硫酸含有量|食品衛生学雑誌 Vol. 34 (1993) No. 4 P 303-313_1 https://t.co/Q9XOn4lV2T
RT @dojin_tw: 専門家にはよく知られた話なのか>小栗・吉永(2014)「日本人の無機ヒ素摂取量の確率論的手法による推計」日衛誌 http://t.co/TGkIgbVtOu 「日本人の日常食からの無機ヒ素摂取レベルは,発がんという点から無視できないレベルであることを…
RT @ogugeo: 1981年8月に茨城県で小貝川が破堤して生じた水害に関する論文。http://t.co/lehH4bsQEe 日本地理学会の機関誌に掲載。河川沿いの堤防が決壊した際に途中で水勢を弱めるための「内堤防」が江戸時代に築かれており、それを残していた場所では被害…
RT @miakiza20100906: 論文(無料): 福島第一原子力発電所事故後の食品中のストロンチウム90濃度実態の調査 https://t.co/R3XXTGphiV  2015年、鍋師(国立医薬品食品衛生研究所)ら。要旨のみ日本語版あり。本文は英語。調査品目は海水魚…
RT @y_tambe: @Butayama3 @naokororin2 @shima_usa96 論文あった。これか。 https://t.co/5dm62SoGZp
RT @parasite2006: なるほど、これはちょっとちゃんと読んでみよう:134Cs/137Cs放射能比を指標とした福島第一原子力発電所事故に由来する放射性核種の放出原子炉別汚染評価(分析化学 2013;62:475-483)http://t.co/Xr7dRh76Y3
RT @ttymd: @imait @ebi_j9 ホントだ。よく分かってないんだ。へー。https://t.co/qhIDSfvjTS
食品中の残留農薬―残留農薬は調理加工により減少するか|日本調理科学会誌 Vol.42 https://t.co/4gdDIgW02v 部位による差、調理等による減少についての総説。 「いろいろな農産物を広く食べることは,農薬の摂取を考えても偏りが無くなることとなる。」
RT @hayano: (福島民報)【3年連続で未検出 三春の小中学生内部被ばく検査】 http://t.co/HhtBRdXt9m 論文はこれ http://t.co/AeBoogq6Rt 和訳はここ http://t.co/ir7J4BcjyT http://t.co/eV…
RT @hayano: (本日公開された査読付き英文論文)早野・坪倉・宮崎ほか 「福島第一原子力発電所事故後、4 年間連続して行われた三春町児童生徒のホールボ ディカウンター検査について」http://t.co/AeBoogHIg3 (和訳はここ http://t.co/ir7…
RT @kojima_sakura: 「恵方巻」については以前も触れたのですが、テレビで何度も取り上げられているのを見ると、沓沢博行さんのこちらの論文を読んでほしいな、とまた思ってしまった。→https://t.co/gCRZTsTQFA 豆まきと違って、中世来の伝統、とかでは…
鰹節とカビ毒に関しては… オクラトキシン検出の報告事例あるのよね(^◇^;) http://t.co/kejepln0lP もっとも… ヨーロッパのワイン検査すると大抵出るから、EUはそっちの対策に取り組んだ方がよりオクラトキシンの低減化につながるってことも言っておこう。
@kitamurakenji では、これ?https://t.co/Qd0ebtxaoj それともこっち?http://t.co/qNOZkErW3r おまけでこれ?http://t.co/xRcxjsoEd6 参考まとめ http://t.co/N4vQbod3Qf
@miburou3 RTでツイートが見えましたので、失礼します。 キノコは、大震災以前からCsの濃度が高いのです。(核実験由来) https://t.co/Qd0ebtxaoj 他にも資料がありますので、よろしければこちらもどうぞ。 http://t.co/N4vQbod3Qf
RT @muimi: これだよね?飛べなかったからリンク貼っとくね。 血液型と性格の無関連性――日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠―― https://t.co/x4LEF4aaem
@y_tambe とりあえず比較的最近の調査報告(コーヒー以外もあるけど) 各種市販食品中のオクラトキシン A, B およびシトリニンの汚染実態調査 https://t.co/5CuRiqlnFj
ツツジ科植物の成分グラヤノトキシンによる中毒の最近の話題(論文) 生活衛生(Seikatsu Eisei) 37, 237 -247 (1993) https://t.co/fcpmVVYMyT 
高速液体クロマトグラフィーによる杏仁中のアミグダリンの測定とその調理過程における消長 https://t.co/u4I0ifgFNu 最終製品では原材料に対し0.3% (5.07ppm) に減少した. 市販杏仁豆腐及び杏仁製品からはアミグダリンは検出されなかった.
食品衛生学雑誌 アルミニウム含有食品添加物を使用した食品中のアルミニウム含有量 http://t.co/hgfCt7DwXm この論文では、体重16kgの3~5歳児がAlの多い食品を週1回喫食すると1.34mg/kg/週になると書いてある。
@muimi ここの情報で、明確に否定されてるのですけどねぇ。http://t.co/CLQ2PvCg3r 元論文はこちら。ジャガイモ中のα-チャコニン及びα-ソラニンの加熱調理による影響 http://t.co/loGZm8eeyL 
RT @hayano: ↓早野・足立論文 の現物.オープンアクセス,誰でも読めます(この論文もUNSCEARのレポートに間に合った)→ http://t.co/BJsT1faugQ
RT @hietaro: 「日本の食品衛生史」おもしろそうだ。後で読もう。 / “_pdf” http://t.co/d4aIRU8aIr
昇汞(しょうこう、塩化水銀(II))とかフッ化水素類とか塩素酸類とかホルムアルデヒド。正直、今の化学常識じゃあり得ないもの。http://t.co/MrPqIReuYD  (表9参照) RT @hietaro: なるほど。ありがとうございます。毒物防腐剤、気になるなあ。w
RT @ohira_y: “わが国における自然毒による食中毒事例の傾向(平成元年~22年)” http://t.co/EsgLXPuxa0
RT @hayano: [World Nuclear News - Fukushima internal exposures low, study finds] http://t.co/GcRsRycu3u (summary of our paper http://t.c ...
RT @ohira_y: “CiNii 論文 -  農薬に対する一般人の不安” http://t.co/mxTFYvYCnt
食品衛生学雑誌Vol. 54 (2013) No. 1 p. 65-70  乾しいたけの水戻しおよび牛肉の加熱調理による放射性セシウム量の変化 http://t.co/1ETplXX4zt
食品衛生学雑誌Vol. 54 (2013) No. 1 p. 7-13  マーケットバスケット方式による放射性セシウムおよび放射性カリウムの預託実効線量推定  http://t.co/52E2mJzMf0
食品衛生学雑誌Vol. 53 (2012) No. 4 p. 177-182  ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる牛肉中の放射性セシウム分析 http://t.co/R46LeelRRr 
@ohira_y @usg_ringo ちなみに、このときの東京都健康安全研究センターの調査結果は、論文になってます。 アルミニウム含有食品添加物を使用した食品中のアルミニウム含有量 http://t.co/hgfCt7DwXm  食品衛生学雑誌 53(1), 2012
@ebi_j9 で、探して1966年の資料を見つけた。 微生物による貯蔵米穀の被害に関する研究 (31) 食糧研究所研究報告  http://t.co/pXEScjB8  ・・・あれ?1965年だった。
RT @mototchen: @ebi_j9 食品添加物の実被害まとめに敬意を表します 追加以下です。コチニール色素不純物でのアレルギーについてgoogle scholar検索結果と緑青 http://t.co/cB7dKp6l 明治の緑青を着色料に使用し被害例 ht ...
RT @tokok: メモ: 総説「キノコと放射性セシウム」 (1997年) 国内のキノコ124種のうち、フウセンタケ科ワカフサタケ属でCs-137が1250 Bq/kg(生)、その他チリメンチチタケ,ハナホウキタケ,キシメジ,コウタケなどが高かった。 http://t. ...
RT @ohira_y: “EU の新しい食品表示規則.pdf” http://t.co/8IzTe0Yw
RT @hayano: 長崎原爆プルトニウムの測定.PDFへのリンクが開けない方は,ここからたどって下さい → http://t.co/kq5LByF6
RT @ohira_y: “CiNii 論文 -  L-トリプトファン製品による好酸球増多筋痛症候群(EMS)および変性ナタネ油による有毒油症候群(TOS) : —EMSの大発生から20年—” http://t.co/IruLI7O5

お気に入り一覧(最新100件)

なるほど、これはちょっとちゃんと読んでみよう:134Cs/137Cs放射能比を指標とした福島第一原子力発電所事故に由来する放射性核種の放出原子炉別汚染評価(分析化学 2013;62:475-483)http://t.co/Xr7dRh76Y3
永田靖: 多重比較法の実際, 応用統計学 27: 93-108, 1998. http://t.co/eaDSNnqd6G 統計的多重比較法の適用において実務家から寄せられた疑問点を材料に、「多重比較法に関する誤解・誤用」、「多重比較法を用いる際の注意点」などについて検討した論文

フォロー(585ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @wsary: 日本はICUについては「外れ値」。人口比の病床数は多いのにICUの数は非常に少ない。集中治療専門医の数も少ない。病床数は少なくICUが多いアメリカとは対照的。 また日本のICU利用は術後管理が多く、救急救命を一般急性期で管理する傾向がある。 https:…
RT @RASENJIN: トールキンが『指輪物語』を各国語に翻訳される際に注意点を書いた「『指輪物語』の名前のための手引き」なるものがあるのですね。へえー(浅いトールキンファン)。そして瀬田貞二がそれを踏まえていたかは不明だが、固有名詞に関してはトールキンの指示通りだったと。…
RT @tcv2catnap: https://t.co/oWxE6MbL4q 昭和初期までの公衆衛生行政です。阿鼻叫喚ですよ。 https://t.co/sxXgEcQ6L1
RT @valet_de_coupe: 古書に見られるおみくじ本来の作法。身を清め香を焚き、観音経や真言を誦して一心に観音に祈る。奉請や奉送の文(=いわば「召喚」と「退去」の呪文)も紹介してあって興味深い。元三大師の二つの図はまるで悪魔札と法王札。 https://t.co/O…
RT @_uranus238: ヒラヨシノボリが新種記載されたようです! 驚くことに、石垣&西表の集団と沖縄島以北の集団は別種で、それぞれヤイマヒラヨシノボリ(Rhinogobius yaima)とケンムンヒラヨシノボリ(Rhinogobius yonezawai)の2新種とし…
RT @takusansu: #超算数 アクティブ・ラーニング型の授業に向けた教師による児童の社会情緒面への働きかけとその機能 : 小学校二年生の算数授業のディスコースに焦点を当てて 茂野 賢治 2018年02月 立命館教職教育研究 https://t.co/QxUV24tAM…
RT @JapanContrarian: @sendaitribune 日本語ならこちらにありました。 https://t.co/KSDIUvmxJ5
RT @sendaitribune: @JapanContrarian ありがとうございます! とりあえず総説を見つけました。https://t.co/XpSE0ZNoAH
RT @sendaitribune: BCGの肺炎に対する効果について、#東北大学 老年内科の大類孝先生という方が、2003年に日本呼吸器学会で発表していた。その内容の総説が東北ジャーナルに掲載されていた>>>J-STAGE Articles - Preventive Stra…
RT @sendaitribune: BCGの肺炎に対する効果について、#東北大学 老年内科の大類孝先生という方が、2003年に日本呼吸器学会で発表していた。その内容の総説が東北ジャーナルに掲載されていた>>>J-STAGE Articles - Preventive Stra…
RT @sendaitribune: BCGの肺炎に対する効果について、#東北大学 老年内科の大類孝先生という方が、2003年に日本呼吸器学会で発表していた。その内容の総説が東北ジャーナルに掲載されていた>>>J-STAGE Articles - Preventive Stra…
RT @takusansu: #超算数 分数概念の習得過程に関する発達的研究 栗山 和広,吉田 甫 https://t.co/MPUzxcKzNv こういう文献を見ていると、通分なしで簡単な分数の大小比較の訓練をした方がいいような気がします。 量感を育てて割合の下地にもなりそう…
RT @ryu_: イタリアは憲法77条2項に基づく暫定措置令というのがあって、行政が定めて議会の追認を受ける仕組みらしく、どうもさっきの在外大ページにあった緊急政令とか首相令とかがそれに該当するっぽい。非常時とはいえ政府が実質立法できるのか。凄いな。https://t.co/…
イタリアは憲法77条2項に基づく暫定措置令というのがあって、行政が定めて議会の追認を受ける仕組みらしく、どうもさっきの在外大ページにあった緊急政令とか首相令とかがそれに該当するっぽい。非常時とはいえ政府が実質立法できるのか。凄いな… https://t.co/dvuSOd13Qa
世界のBCGワクチン接種について日本語でまとめていらっしゃる報告書見つけた。(日本BCG研究所) Tokyo 172株は50か国に輸出されていて、タイはそれを使用して自国でワクチン製造。 でも各国でどの株tを使用しているかまで… https://t.co/USDxgtH9zt
RT @makoto0218ne56: これ読んで長岡フェロー勉強した。https://t.co/AeD2vXtjpE
RT @hinatanococo: It's not the first time #ChinaLied. CCP tries to rewrite history again. The same old propaganda. #Unit731 #FalsePropagand…

フォロワー(1632ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @RASENJIN: トールキンが『指輪物語』を各国語に翻訳される際に注意点を書いた「『指輪物語』の名前のための手引き」なるものがあるのですね。へえー(浅いトールキンファン)。そして瀬田貞二がそれを踏まえていたかは不明だが、固有名詞に関してはトールキンの指示通りだったと。…
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  昭和初期の公衆衛生について:―衛生行政機構,結核予防および花柳病予防― https://t.co/TAMSLWaFwz #CiNii 明治からの公衆衛生史必読。自己責任社会になるわこれ。
RT @wsary: 日本はICUについては「外れ値」。人口比の病床数は多いのにICUの数は非常に少ない。集中治療専門医の数も少ない。病床数は少なくICUが多いアメリカとは対照的。 また日本のICU利用は術後管理が多く、救急救命を一般急性期で管理する傾向がある。 https:…
RT @wsary: 日本はICUについては「外れ値」。人口比の病床数は多いのにICUの数は非常に少ない。集中治療専門医の数も少ない。病床数は少なくICUが多いアメリカとは対照的。 また日本のICU利用は術後管理が多く、救急救命を一般急性期で管理する傾向がある。 https:…
RT @_uranus238: ヒラヨシノボリが新種記載されたようです! 驚くことに、石垣&西表の集団と沖縄島以北の集団は別種で、それぞれヤイマヒラヨシノボリ(Rhinogobius yaima)とケンムンヒラヨシノボリ(Rhinogobius yonezawai)の2新種とし…
RT @konamih: SARS-covに対する消毒薬の効果を調べた論文,56℃,50分でほぼ完全に不活化すると。ちょっと楽勝すぎのような気もするので他の研究ももう少し調べてみないと https://t.co/4hZo7qTe3v
RT @takusansu: #超算数 アクティブ・ラーニング型の授業に向けた教師による児童の社会情緒面への働きかけとその機能 : 小学校二年生の算数授業のディスコースに焦点を当てて 茂野 賢治 2018年02月 立命館教職教育研究 https://t.co/QxUV24tAM…
RT @SciKotz: 原著はこちらのようです。 #生物多様性 #交雑 https://t.co/iEMUlKwnc8
RT @asarin: これとか. 繁桝算男 (1976). ベイズ統計学の心理学的データへの適用 https://t.co/oP1mlzNLio
RT @Pontama314: へぇ。面白い論文見つけた。東京オリンピック1964を機に、「根性」の意味が変容したらしい。 https://t.co/n6H1ddkSOg
RT @sendaitribune: BCGの肺炎に対する効果について、#東北大学 老年内科の大類孝先生という方が、2003年に日本呼吸器学会で発表していた。その内容の総説が東北ジャーナルに掲載されていた>>>J-STAGE Articles - Preventive Stra…
古代国語の音韻に就いて - 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/mgUxkYPRV5
RT @yamato2ko2to2ba: 【『古代國語の音韻に就いて』】 橋本進吉著。https://t.co/1DDR56ylTR
RT @sendaitribune: BCGの肺炎に対する効果について、#東北大学 老年内科の大類孝先生という方が、2003年に日本呼吸器学会で発表していた。その内容の総説が東北ジャーナルに掲載されていた>>>J-STAGE Articles - Preventive Stra…
RT @takusansu: #超算数 分数概念の習得過程に関する発達的研究 栗山 和広,吉田 甫 https://t.co/MPUzxcKzNv こういう文献を見ていると、通分なしで簡単な分数の大小比較の訓練をした方がいいような気がします。 量感を育てて割合の下地にもなりそう…
RT @ryu_: イタリアは憲法77条2項に基づく暫定措置令というのがあって、行政が定めて議会の追認を受ける仕組みらしく、どうもさっきの在外大ページにあった緊急政令とか首相令とかがそれに該当するっぽい。非常時とはいえ政府が実質立法できるのか。凄いな。https://t.co/…
(メモ) 「低濃度二酸化塩素による空中浮遊インフルエンザウイルスの制御 ―ウイルス失活効果の湿度依存性―」 西村秀一 他 環境感染誌 Vol. 32 no. 5, 2017 https://t.co/sPgeYJ24ij
@cQ_Q こちらで上水樽力さんの博士論文が読めます。 「スコット・ブラッドリーの映像音楽における描写的技法」 https://t.co/Llb6X5YiLA
RT @ryu_: イタリアは憲法77条2項に基づく暫定措置令というのがあって、行政が定めて議会の追認を受ける仕組みらしく、どうもさっきの在外大ページにあった緊急政令とか首相令とかがそれに該当するっぽい。非常時とはいえ政府が実質立法できるのか。凄いな。https://t.co/…
RT @ryu_: イタリアは憲法77条2項に基づく暫定措置令というのがあって、行政が定めて議会の追認を受ける仕組みらしく、どうもさっきの在外大ページにあった緊急政令とか首相令とかがそれに該当するっぽい。非常時とはいえ政府が実質立法できるのか。凄いな。https://t.co/…
RT @ryu_: イタリアは憲法77条2項に基づく暫定措置令というのがあって、行政が定めて議会の追認を受ける仕組みらしく、どうもさっきの在外大ページにあった緊急政令とか首相令とかがそれに該当するっぽい。非常時とはいえ政府が実質立法できるのか。凄いな。https://t.co/…
イタリアは憲法77条2項に基づく暫定措置令というのがあって、行政が定めて議会の追認を受ける仕組みらしく、どうもさっきの在外大ページにあった緊急政令とか首相令とかがそれに該当するっぽい。非常時とはいえ政府が実質立法できるのか。凄いな… https://t.co/dvuSOd13Qa
RT @lr_ishy: BCGに俄然興味を持った方は戸井田一郎先生の名前でググるといろいろな資料が出てきます。多分一番知りたい情報満載のこれも無料で読めます。ありがたい! https://t.co/4MI4I9l2wT
RT @lr_ishy: BCGに俄然興味を持った方は戸井田一郎先生の名前でググるといろいろな資料が出てきます。多分一番知りたい情報満載のこれも無料で読めます。ありがたい! https://t.co/4MI4I9l2wT
RT @VlrzN56VcOb0Uv4: @383donotshut 性暴力を見る影響力の恐ろしい内容。【米連邦刑務局のBourke & Hernadez(2009)は、 ネットを利用した児童ポルノ13の所持・受領・配布 で逮捕された受刑者のうち、実に85%もの受刑者が、 実在…
RT @hinatanococo: It's not the first time #ChinaLied. CCP tries to rewrite history again. The same old propaganda. #Unit731 #FalsePropagand…
RT @manju1635: 「1970年代には中国の各時代を研究する必須条件として「秦漢=才能、魏晋南北朝=センス、唐宋=常識、明清=体力、近代=イデオロギー」という学説?がまことしやかに囁かれていた」(山本英史「中国明清史料収集活動史」) https://t.co/OyGw…