著者
小林 健一 筧 淳夫 伊藤 昭 糸山 剛 河口 豊 郡 明宏 辻 吉隆 森本 正一 柳 宇
出版者
一般社団法人 日本建築学会
雑誌
日本建築学会技術報告集 (ISSN:13419463)
巻号頁・発行日
vol.16, no.34, pp.1099-1104, 2010-10-20 (Released:2010-10-20)
参考文献数
8

In the current laws and ordinances, the matter to accommodate the tuberculosis patient who is an airborne infectious disease is not exhibited. In this study, we discussed the building standard of the medical institution which accommodate tuberculosis patient, for the purpose of showing recommendations. The medical institution to accommodate tuberculosis patients needs to keep building facilities corresponding to the airborne infection, and it is necessary to perform use based on the latest scientific evidences.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 2 favorites)

@owata23 結局「二類相当が…」という話に戻るんですよね。 「二類感染症の施設基準は第一種病室に準ずる」ですが、こんなに厳しい基準だと開業医は受け入れられないと。。 https://t.co/bNWDx3QKd3 https://t.co/JnDfmmBSVz
@mph_for_doctors 分散入院になっているのは「二類感染症の施設基準は第一種病室に準ずる」ということで、病室にも厳しい基準が設けられていて、大病院でもそんなに多くの病室を設けることはできないからですよね。 五類に下げろとは言いませんが、もう少し簡易な対応で良いように思います。 https://t.co/bNWDx3QKd3 https://t.co/wqGVXFzLZ2
J-STAGE Articles - 結核患者を収容する医療機関の施設基準に関する検討 https://t.co/aY0ztzKQcO

収集済み URL リスト