著者
高橋 伸夫
出版者
特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター
雑誌
赤門マネジメント・レビュー (ISSN:13485504)
巻号頁・発行日
pp.0200515a, (Released:2020-05-30)
参考文献数
92

1990年代以降、日本でも経営・組織のシミュレーション研究が行われるようになってきた。本稿は、研究者間の関係も重ね合わせて、1990年代以降の日本の経営・組織のシミュレーション研究をレビューする。世界の研究の潮流は、シミュレーションの結果だけを、多くはメタファーとして引用するというものである。しかし、日本の一連の研究は、それとは異なる次のようなユニークな研究群である:(1) 既存モデルを批判的に検証した上で、(2) 自分でもシミュレーションを実施し、(3) シミュレーションの結果が実際に存在するのか現実の調査データで検証する。こうした研究がシミュレーション研究の可能性を切り開く。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (11 users, 13 posts, 18 favorites)

19巻3号<研究ノート>日本における組織のシミュレーション研究, 高橋伸夫 https://t.co/bljhiReGQ8
日本(と、ときどき世界)におけるコンピュータ・シミュレーションを使用した経営組織論・経営戦略論の研究潮流&ウラ話満載の論文が出てました。無料で全部読めます。日本における構造計画研究所の存在感についても記載してあります。https://t.co/qlf2puCBtG
『赤門マネジメント・レビュー』新規コンテンツをJ-STAGEにて早期公開いたしました! <研究ノート>日本における組織のシミュレーション研究, 高橋伸夫 https://t.co/bljhiReGQ8

収集済み URL リスト