田代弘治/Tashiro Kouji (@tashirokouji)

投稿一覧(最新100件)

@BOHE_BABE 川西・田村(2019)による論文も同様でした(固定思考ではなく成長思考のマインドセットが生産性を改善する)。 川西諭・田村輝之(2019)「グリット研究とマインドセット研究の行動経済学的な含意―労働生産性向上の議論への新しい視点―」『行動経済学』12, pp.87-104. https://t.co/dqvj2T2u3y
守口剛(2012)「課金方式のバリエーション」『マーケティングジャーナル』32(2):4-19. https://t.co/8wZnn0VPah / テック系新興企業で進む「サブスクリプション課金」からの転換 (Forbes JAPAN) #NewsPicks https://t.co/aMT3XJhpzk
川西諭・田村輝之(2019)「グリット研究とマインドセット研究の行動経済学的な含意―労働生産性向上の議論への新しい視点―」『行動経済学』12, pp.87-104. https://t.co/dqvj2T2u3y ■抄録 本稿では,グリット(Grit)とマインド... #NewsPicks https://t.co/cgnd0CfGeE
RT @tashirokouji: 行動経済学を活用した利得フレーム・メッセージと損失フレーム・メッセージで予防接種率が変わる効果も考えられそう。 https://t.co/9wIY8qcp3k
伴正隆(2019)「マーケティング効果の測定と実践—計量経済モデリング・アプローチ」『日本統計学会誌』48(2):239-243. https://t.co/UAAGfJ3woX
鈴木大慈(2021)「深層学習の統計理論」『日本統計学会誌』50(2):229-256. https://t.co/3iHyTEaHA9
黒川博文・佐々木周作・大竹文雄(2017)「長時間労働者の特性と働き方改革の効果」『行動経済学』10:50-66. https://t.co/Y79XCZh3Dj / 「働き方改革」の具体的な取り組み 3位「長時間労働の是正」、2位「残業の削減」、1位は? (ITmedia ビジネスオンライン) #NewsPicks https://t.co/Hrbk7aRT43
大竹文雄・加藤大貴・重岡伶奈・吉内一浩・樋田紫子・黒澤彩子・福田隆浩(2019)「骨髄バンク登録者・幹細胞提供者の行動経済学的特性」『行動経済学』13:32-52. https://t.co/DdtWgp8eEw
CiNii 論文 -  企業内コミュニケーション・ネットワークが生産性に及ぼす影響 : ウェアラブルセンサを用いた定量的評価 (小特集 人事と組織の経済学のフロンティア) https://t.co/6WLhHRb2Zk #CiNii
川西諭・田村輝之(2019)「グリット研究とマインドセット研究の行動経済学的な含意―労働生産性向上の議論への新しい視点―」『行動経済学』12, pp.87-104. https://t.co/dqvj2T2u3y ■抄録 本稿では,グリット(Grit)とマインド... #NewsPicks https://t.co/wlJuxI9i4A
守口剛(2012)「課金方式のバリエーション」『マーケティングジャーナル』32(2):4-19. https://t.co/8wZnn0VPah 経済学における二部料金制なのですかね。 / コストコが年4840円の会費を取る本質的な理由 (東洋経済オンライン) #NewsPicks https://t.co/QjO3PBBCXs
岡田章(2007)「ゲーム理論の歴史と現在:人間行動の解明を目指して」『経済学史研究』49(1):137-154. https://t.co/tV8ciM70TA #NewsPicks https://t.co/yJ7JL29iCY
盛本晶子(2018)「時間選好率および現在バイアス性がオンラインゲーム内コンテンツへの課金行動に与える影響」『行動経済学』11:1-13. https://t.co/1cfiFgeCRU
RT @tashirokouji: 岡田章(2007)「ゲーム理論の歴史と現在」『経済学史研究』49(1):137-154. https://t.co/tV8ciM70TA
星野崇宏・竹内真登(2019)「マーケティングと行動経済学―二重過程理論と文脈効果に関するレビューと購買履歴データからの実証分析―」『行動経済学』12:51-61. https://t.co/THNMgyGsq6
RT @tashirokouji: J-STAGE Articles - 日本企業復活とダイナミック・ケイパビリティ https://t.co/kfue5KbSqa
J-STAGE Articles - 日本企業復活とダイナミック・ケイパビリティ https://t.co/kfue5KbSqa
佐々木周作・大竹文雄(2018)「医療現場の行動経済学:意思決定のバイアスとナッジ」『行動経済学』11,pp.110-120. https://t.co/uEBXRueHfd
依田高典・石原卓典(2018)「金銭的インセンティブとナッジが健康増進に及ぼす効果:フィールド実験によるエビデンス」『行動経済学』11,pp.132-142 https://t.co/Wc63OSIHwF 佐々木周作・大竹文雄(2018)「医療現場の行動経... #NewsPicks https://t.co/9CLc8JYmjJ
大久保将貴(2019)「因果推論の道具箱」『理論と方法』34(1):20-34. https://t.co/9QW9hhEJmv
川西諭・田村輝之(2019)「グリット研究とマインドセット研究の行動経済学的な含意―労働生産性向上の議論への新しい視点―」『行動経済学』12, pp.87-104. https://t.co/dqvj2T2u3y 「大多数は学んでいない、時間ができても学... #NewsPicks https://t.co/SKD9O3JRw0
川西諭・田村輝之(2019)「グリット研究とマインドセット研究の行動経済学的な含意―労働生産性向上の議論への新しい視点―」『行動経済学』12, pp.87-104. https://t.co/dqvj2T2u3y ■抄録 本稿では,グリット(Grit)とマインド... #NewsPicks https://t.co/K7x5i1OVnv
川崎賢太郎(2020)「農業政策の効果測定手法:回帰不連続デザイン」『農林水産政策研究』33号、pp.63-75。https://t.co/j4lo7OOMZ8
岡田章(2007)「ゲーム理論の歴史と現在」『経済学史研究』49(1):137-154. https://t.co/tV8ciM70TA
岩崎学(2021)「統計的因果推論の視点による重回帰分析」『日本統計学会誌』50(2):363-379. https://t.co/JRB0O8CMSc
川西諭・田村輝之(2019)「グリット研究とマインドセット研究の行動経済学的な含意―労働生産性向上の議論への新しい視点―」『行動経済学』12, pp.87-104. https://t.co/dqvj2T2u3y
佐々木周作・大竹文雄(2018)「医療現場の行動経済学:意思決定のバイアスとナッジ」『行動経済学』11,pp.110-120. https://t.co/uEBXRueHfd
RT @tashirokouji: 久米功一・鶴光太郎・佐野晋平・安井健悟(2018)「社会保障の給付負担に対する選択を決定する要因は何か―個人の意識の役割」『行動経済学』11:54-74. https://t.co/RV8Y4qmSFG
佐々木周作・大竹文雄(2018)「医療現場の行動経済学:意思決定のバイアスとナッジ」『行動経済学』11,pp.110-120. https://t.co/uEBXRueHfd
西脇雅人・松本直幸(2018)「ポケモンGOのプレイが日常歩数に及ぼす影響−日本人男子大学生を対象とした後ろ向き観察研究−」『体力科学』67(3),pp.237-243 https://t.co/BJkRwg58CW 佐々木周作・大竹文雄(2018)「医療現場の行動経... #NewsPicks https://t.co/QCHbAe33Um
久米功一・鶴光太郎・佐野晋平・安井健悟(2018)「社会保障の給付負担に対する選択を決定する要因は何か―個人の意識の役割」『行動経済学』11:54-74. https://t.co/RV8Y4qmSFG
黒川博文・佐々木周作・大竹文雄(2017)「長時間労働者の特性と働き方改革の効果」『行動経済学』10:50-66. https://t.co/Y79XCZh3Dj / リクルート、休日を週平均3日に 国内主要事業の統合会社で―リモート勤務上限撤廃 (時事ドットコム) #NewsPicks https://t.co/boGGdoeqp3
藤本隆宏・前川諒樹・岩尾俊兵(2019)「産業競争力と「緩やかな淘汰」」『赤門マネジメント・レビュー』18(1):5-40. https://t.co/iKnVDDdc3m
CiNii 論文 -  花王の競争戦略 : PPM分析を超えて https://t.co/eiDRcUZw9r #CiNii
本記事とはちょっと違いますが、 川西諭・田村輝之(2019)「グリット研究とマインドセット研究の行動経済学的な含意―労働生産性向上の議論への新しい視点―」『行動経済学』12, pp.87-104. https://t.co/dqvj2T2u3y ■抄録 本稿では... #NewsPicks https://t.co/wRQbxQF9Gc
川西諭・田村輝之(2019)「グリット研究とマインドセット研究の行動経済学的な含意―労働生産性向上の議論への新しい視点―」『行動経済学』12, pp.87-104. https://t.co/dqvj2T2u3y ■抄録 本稿では,グリット(Grit)とマインド... #NewsPicks https://t.co/miimihoUZN
RT @kurodotty: @w_toyokeizai 黒川・佐々木・大竹(2017)「長時間労働者の特性と働き方改革の効果」https://t.co/Cu5HtmQqjU の話題を中心に取り上げました。コロナ禍での在宅勤務によるパフォーマンスの低下はこちら→Künn, S.…
岡田床生(2020)「ユーザー創造製品の情報表示と制御焦点理論―オンライン実験による媒介分析―」『マーケティングレビュー』1(1):40-47. https://t.co/vUDjCkhAi4
持田弥・岩尾俊兵(2015)「ダイナミック・ケイパビリティと組織学習への投資」『赤門マネジメント・レビュー』14(8):433-450. https://t.co/fsJvHFXFJf
岩尾俊兵・菊地宏樹(2016)「ダイナミック・ケイパビリティ論からペンローズへ」『赤門マネジメント・レビュー』15(2):99-108. https://t.co/r44EEDoxtD
黒川博文・佐々木周作・大竹文雄(2017)「長時間労働者の特性と働き方改革の効果」『行動経済学』10:50-66。 https://t.co/Y79XCZh3Dj
野澤智行(2000)「タレント・キャラクターがテレビCM認知および評価に及ぼす影響」『広告科学』40:93-99。 https://t.co/ztw9VVnm68
川西諭・田村輝之(2019)「グリット研究とマインドセット研究の行動経済学的な含意―労働生産性向上の議論への新しい視点―」『行動経済学』12, pp.87-104. https://t.co/dqvj2T2u3y ■抄録 本稿では,グリット(Grit)とマインド... #NewsPicks https://t.co/ndo0u4HgeE
沖本竜義(2014)「マルコフスイッチングモデルのマクロ経済・ファイナンスへの応用」『日本統計学会誌』44(1):137-157. https://t.co/RnYSAoYuRi
石田浩(2012)「社会科学における因果推論の可能性」『理論と方法』27巻1号:1-18。https://t.co/Lwd17zNlNi
日本型年功制は、ポストは報酬であるという考え方に基づいていますね。https://t.co/Wu6jiNCJ6t https://t.co/q8i1vkkwCr
博報堂ブランド・イノベーションデザイン局の岡田庄生氏による論文。 J-STAGE Articles - ユーザー創造製品の発案者効果 https://t.co/8Dob5Uvu3q https://t.co/11FLelwcv4
川西諭・田村輝之(2019)「グリット研究とマインドセット研究の行動経済学的な含意―労働生産性向上の議論への新しい視点―」『行動経済学』12, pp.87-104. https://t.co/dqvj2T2u3y ■抄録 本稿では,グリット(Grit)とマインド... #NewsPicks https://t.co/hOsSw59kB9
J-STAGE Articles - 両利きの経営を可能にする組織学習メカニズム https://t.co/83EiJG6Sxx
J-STAGE Articles - 日本企業復活とダイナミック・ケイパビリティ https://t.co/kfue5KbSqa https://t.co/oR1SAqKcT2
中川宏道・星野崇宏(2017)「ポイント付与と値引きはどちらが効果的か?:マグニチュード効果を導入したプロモーション効果の推定」『流通研究』20(2):1-15。 https://t.co/7C66syMa81 値引きとポイント付与とでは,... #NewsPicks https://t.co/i1HEUHOFYW
J-STAGE Articles - 寄付金控除vsマッチング寄付:日本の寄付税制の行動経済学的実験研究(プログレス・レポート) https://t.co/QSkgNaxyLE
RT @tashirokouji: 中川宏道・星野崇宏(2017)「ポイント付与と値引きはどちらが効果的か?:マグニチュード効果を導入したプロモーション効果の推定」『流通研究』20(2):1-15。https://t.co/7C66syMa81 https://t.co/IQb…
中川宏道・星野崇宏(2017)「ポイント付与と値引きはどちらが効果的か?:マグニチュード効果を導入したプロモーション効果の推定」『流通研究』20(2):1-15。 https://t.co/7C66syMa81
昔であればビックリマンチョコのシールのキラなども同じようなものだったのかもしれないですね。 盛本晶子(2018)「時間選好率および現在バイアス性がオンラインゲーム内コンテンツへの課金行動に与える影響」『行動経済学』11, pp.1-13 https://t.co/1cfiFgeCRU #NewsPicks https://t.co/x4Oqf0ao6X
保原伸弘(2009)「ヒット曲は景気を語る(唄う)か?」『行動経済学』2, pp.141-144. https://t.co/r2Ez8erQK7 / YOASOBI、瑛人、NiziUはなぜヒット? Spotifyの視聴データから見えた「2020年の音楽トレンド」 (DIAMOND SIGNAL) #NewsPicks https://t.co/isy2Q7Jyqo
盛本晶子(2018)「時間選好率および現在バイアス性がオンラインゲーム内コンテンツへの課金行動に与える影響」『行動経済学』11, pp.1-13. https://t.co/1cfiFgeCRU https://t.co/M1GJyBmrtF
大前敦巳(1992)「P・ブルデューの「対抗文化」論 P・ウィリス「野郎ども」研究との対比を通して」『ソシオロジ』36(3), pp.37-52,146. https://t.co/LkWq557fyl #NewsPicks https://t.co/gAduS1puZU
RT @tashirokouji: J-STAGE Articles - ポケモンGOのプレイが日常歩数に及ぼす影響 −日本人男子大学生を対象とした後ろ向き観察研究− https://t.co/vnSdPs6q2I
J-STAGE Articles - 産業競争力と「緩やかな淘汰」 https://t.co/2vCuCiZ3Md
中川宏道・星野崇宏(2017)「ポイント付与と値引きはどちらが効果的か?:マグニチュード効果を導入したプロモーション効果の推定」『流通研究』20(2):1-15。 https://t.co/7C66syMa81
川西諭・田村輝之(2019)「グリット研究とマインドセット研究の行動経済学的な含意―労働生産性向上の議論への新しい視点―」『行動経済学』12, pp.87-104 https://t.co/dqvj2T2u3y https://t.co/ipgjFcgN3H
盛本晶子(2018)「時間選好率および現在バイアス性がオンラインゲーム内コンテンツへの課金行動に与える影響」『行動経済学』11, pp.1-13 https://t.co/1cfiFgeCRU #NewsPicks https://t.co/dodrk7n0yo
RT @tashirokouji: 川西諭、田村輝之(2019)「グリット研究とマインドセット研究の行動経済学的な含意―労働生産性向上の議論への新しい視点―」『行動経済学』12, pp.87-104 https://t.co/5jy9MzAE6V https://t.co/EX…
保原伸弘(2009)「ヒット曲は景気を語る(唄う)か?」『行動経済学』2, pp.141-144 https://t.co/r2Ez8erQK7 / 【ビルボード 2020年年間HOT 100】YOASOBI「夜に駆ける」史上初のCDリリースなしで年間総合首位を獲得 (Billboard JAPAN) #NewsPicks https://t.co/1hqNcLOCfm
中川宏道・星野崇宏(2017)「ポイント付与と値引きはどちらが効果的か?:マグニチュード効果を導入したプロモーション効果の推定」『流通研究』20(2):1-15。 https://t.co/7C66syMa81
J-STAGE Articles - ポケモンGOのプレイが日常歩数に及ぼす影響 −日本人男子大学生を対象とした後ろ向き観察研究− https://t.co/vnSdPs6q2I
RT @genkuroki: #統計 「仮説が正しい確率がわかる」と思っている人達の他の例 https://t.co/3ddF5dTr24 マーケティング・サイエンス Vol. 24, No. 1, 2016, pp. 1-5 『統計的因果推論の新しいトレンド─ 検定力…
RT @Shusaku_SASAKI: 2年前のワークショップの内容は、下記リンク先にまとめてあります。 - 『"行動経済学は実務に活用できる"とはどういうことか?』 https://t.co/K8KHv4EvDx
中野暁・近藤文代(2019)「消費者のオンライン購買に関する時系列変化とその要因—購買特性およびEC 利用デバイスの観点—」『行動計量学』46(1), pp.19-31 https://t.co/IGqTx91RuG https://t.co/wEj8CW7272
沖本竜義(2014)「マルコフスイッチングモデルのマクロ経済・ファイナンスへの応用」『日本統計学会誌』44(1), pp.137-157 https://t.co/RnYSAoYuRi https://t.co/9rPKyL7B4i
佐々木周作・黒川博文・大竹文雄(2019)「寄付金控除vsマッチング寄付:日本の寄付税制の行動経済学的実験研究(プログレス・レポート)」『行動経済学』第12巻 Special_issue 号, pp.18-21 https://t.co/7NynHltvLS #NewsPicks https://t.co/q46mkr2jkH
森岡渉・岡部篤行・貞広幸雄(2019)「ジニ係数を活用した店舗立地の時空間分析」『日本統計学会誌』49(1), pp.115-131 https://t.co/0FAjC5kP7E https://t.co/YI4SL7TrjY
星野崇宏・竹内真登(2019)「マーケティングと行動経済学―二重過程理論と文脈効果に関するレビューと購買履歴データからの実証分析―」『行動経済学』12, pp.51-61 https://t.co/5eOBGdGaxH https://t.co/i79aA409hX
川西諭、田村輝之(2019)「グリット研究とマインドセット研究の行動経済学的な含意―労働生産性向上の議論への新しい視点―」『行動経済学』12, pp.87-104 https://t.co/5jy9MzAE6V https://t.co/EXb2ejtcAa
スポーツアプリにも分類できそうですが(マーケティング等のビジネスもでしょうか)、 西脇雅人・松本直幸(2018)「ポケモンGOのプレイが日常歩数に及ぼす影響−日本人男子大学生を対象とした後ろ向き観察研究−」『体力科学』67(3),pp.237-243 https://t.co/BJkRwgmK1w
本記事とは関係ありませんが、 盛本晶子(2018)「時間選好率および現在バイアス性がオンラインゲーム内コンテンツへの課金行動に与える影響」『行動経済学』11, pp.1-13 https://t.co/1cfiFgeCRU #NewsPicks https://t.co/wG1kzIhufD
RT @kurodotty: @w_toyokeizai 黒川・佐々木・大竹(2017)「長時間労働者の特性と働き方改革の効果」https://t.co/Cu5HtmQqjU の話題を中心に取り上げました。コロナ禍での在宅勤務によるパフォーマンスの低下はこちら→Künn, S.…
星野崇宏・繁桝算男(2004)「傾向スコア解析法による因果効果の推定と調査データの調整について」『行動計量学』31(1), pp.43-61 https://t.co/lH0s2xbMXz https://t.co/6nNxYLc4bv
本記事からはちょっと逸れますが、 中川宏道(2015)「ポイントと値引きはどちらが得か?:ポイントに関するメンタル・アカウンティング理論の検証」『行動経済学』8, pp.16-29 https://t.co/RBpulNiKqb #NewsPicks https://t.co/38AqZIKsxM
永井恵子(2019)「勤務間インターバルの状況とその健康状態に与える影響〜社会生活基本調査ミクロデータによる分析〜」『日本統計学会誌』49(1),pp.23-60 https://t.co/pZ8xfBPKMn https://t.co/oQk88t14kg
本記事とは関係ありませんが、 中川宏道・星野崇宏(2017)「ポイント付与と値引きはどちらが効果的か?:マグニチュード効果を導入したプロモーション効果の推定」『流通研究』20(2):1-15。 https://t.co/7C66syMa81 #NewsPicks https://t.co/ZZxhPX3x8O
宮津和弘・佐藤忠彦(2019)「心理会計の影響を考慮した来店間隔の統計モデル」『日本統計学会誌』48(2),pp.113-146 https://t.co/CPCXT6JyUR https://t.co/v2FIxNeg6N
近藤恵介(2015)「高失業率に対する人口移動の反応:日本の市区町村データを用いた空間計量経済分析」『日本統計学会誌』45(1),pp.69-98 https://t.co/UIgR6EQ5Jo https://t.co/3wtk5mhjV0
RT @iwaoshumpei: 知識・イノベーションの探索と活用(深耕・深化)を両立する「両利きの経営」の源流であるマーチのシミュレーション研究は実は数理的にもシミュレーション的にも再現性がない。ただ後続の実証研究やメタアナリシスでは両利きの利益寄与が確認されているから不思議…
依田高典・石原卓典(2018)「金銭的インセンティブとナッジが健康増進に及ぼす効果:フィールド実験によるエビデンス」『行動経済学』11,pp.132-142 https://t.co/Wc63OSIHwF 佐々木周作・大竹文雄(2018)「医療現場の行動経... #NewsPicks https://t.co/jCByF8vWBZ
黒川博文・佐々木周作・大竹文雄(2017)「長時間労働者の特性と働き方改革の効果」『行動経済学』10,pp.50-66 https://t.co/Y79XCZh3Dj / 長時間労働者は承認欲求モンスターに憑かれているーー (<PR>ログミーBiz) #NewsPicks https://t.co/RHLDGvWCkm
中川宏道(2015)「ポイントと値引きはどちらが得か?:ポイントに関するメンタル・アカウンティング理論の検証」『行動経済学』8,pp.16-29 https://t.co/0G2ffYEPPK https://t.co/8EILoKGmoe
久米功一・鶴光太郎・佐野晋平・安井健悟(2018)「社会保障の給付負担に対する選択を決定する要因は何か―個人の意識の役割」『行動経済学』11,pp.54-74 https://t.co/RV8Y4qmSFG https://t.co/cjuFBXOvMY
依田高典・石原卓典(2018)「金銭的インセンティブとナッジが健康増進に及ぼす効果:フィールド実験によるエビデンス」『行動経済学』11,pp.132-142 https://t.co/Wc63OSIHwF
佐々木周作・大竹文雄(2018)「医療現場の行動経済学:意思決定のバイアスとナッジ」『行動経済学』11,pp.110-120. https://t.co/uEBXRueHfd 依田高典・石原卓典(2018)「金銭的インセンティブとナッジが健康増進に及ぼす効... #NewsPicks https://t.co/MhaeR1XIvY
八木匡・瓜生原葉子(2018)「行動変容のメカニズムと政策的含意」『行動経済学』12、pp.26-36 https://t.co/ixgz7hNP3c https://t.co/ICd3SLLsQ5
RT @tashirokouji: 西脇雅人・松本直幸(2018)「ポケモンGOのプレイが日常歩数に及ぼす影響−日本人男子大学生を対象とした後ろ向き観察研究−」『体力科学』67(3),pp.237-243 https://t.co/BJkRwg58CW 佐々木周作・大竹文雄(2…
佐々木周作・大竹文雄(2018)「医療現場の行動経済学:意思決定のバイアスとナッジ」『行動経済学』11,pp.110-120. https://t.co/uEBXRueHfd
西脇雅人・松本直幸(2018)「ポケモンGOのプレイが日常歩数に及ぼす影響−日本人男子大学生を対象とした後ろ向き観察研究−」『体力科学』67(3),pp.237-243 https://t.co/BJkRwg58CW 佐々木周作・大竹文雄(2018)「医療現場の行動経... #NewsPicks https://t.co/ifR0o9hoHg
青柳恵太郎(2010)「開発援助分野におけるRCT導入に見られる旧くて新しい課題—理論なきRCTから理論検証のRCTへ—」『日本評価研究』10(1)、pp.53-62 https://t.co/t1HXFwUifG https://t.co/EDM0mzJFkK
佐々木周作・大竹文雄(2018)「医療現場の行動経済学:意思決定のバイアスとナッジ」『行動経済学』11,pp.110-120. https://t.co/uEBXRueHfd / 喫煙率 男女合わせて16.7% 調査開始以降最低に (NHKニュース) #NewsPicks https://t.co/ZwKSI6uAL4
宮崎慧・星野崇宏(2016)「商品カテゴリー購買と複数ブランド購買の段階型同時分析モデル」『行動計量学』43(2),pp.167-180. https://t.co/5xF6DGkWbh https://t.co/Ba6denSRrq
西脇雅人・松本直幸(2018)「ポケモンGOのプレイが日常歩数に及ぼす影響−日本人男子大学生を対象とした後ろ向き観察研究−」『体力科学』67(3),pp.237-243 https://t.co/BJkRwg58CW / 男性の肥満、増加傾向 食・運動習慣改善に課題―厚労省調査 (時事ドットコム) #NewsPicks https://t.co/ELpcnPt1He

お気に入り一覧(最新100件)

「オンライン・サーベイ実験の方法」 理論編: https://t.co/W3J1aIIv6O 実践編: https://t.co/Vag5bsYcop
「オンライン・サーベイ実験の方法」 理論編: https://t.co/W3J1aIIv6O 実践編: https://t.co/Vag5bsYcop
前田豊・鎌田拓馬「Synthetic Control Methodを用いた個別事例の因果効果の識別」、面白そうで読んでみよう。 https://t.co/15DZUyihJm
2年前のワークショップの内容は、下記リンク先にまとめてあります。 - 『"行動経済学は実務に活用できる"とはどういうことか?』 https://t.co/K8KHv4EvDx https://t.co/o5HOgtGALY
知識・イノベーションの探索と活用(深耕・深化)を両立する「両利きの経営」の源流であるマーチのシミュレーション研究は実は数理的にもシミュレーション的にも再現性がない。ただ後続の実証研究やメタアナリシスでは両利きの利益寄与が確認されているから不思議。図はhttps://t.co/RUsUVhNhik https://t.co/BGK4Ccvi8x
CiNii 論文 -  因果推論の道具箱 https://t.co/itPpueCZcU #CiNii これもまたお友達(?)の社会学者の東大の大久保将貴さんの論文。大久保さんの論文はガイドライン的なものもよく書かれているので理論的にも実践的にもよいですね。
続橋孝行 (1983)『民主政治と財政政策』成城大學經濟研究 https://t.co/jvpni4VQNr ケインズ理論に基づくラーナーの機能的財政論から、ブキャナン=ワグナーによる批判など、財政論の変遷が分かりやすくまとめられており、最近のネットの財政議論の論点はほとんどここに出尽くしているように思う。
@w_toyokeizai 黒川・佐々木・大竹(2017)「長時間労働者の特性と働き方改革の効果」https://t.co/Cu5HtmQqjU の話題を中心に取り上げました。コロナ禍での在宅勤務によるパフォーマンスの低下はこちら→Künn, S., Seel, C., & Zegners, D. (2020IZADP) https://t.co/99ijMWe3iD
国会図書館の小池拓自さんによる論考。英国のEBPM推進機関であるWhat Works Centre(WWC)のうち、地域経済政策を担っているWWC for Local Economic Growthの詳細な解説。文献を丁寧にレビューされていて参考になります。 「エビデンス仲介機関としての英国 WWCLEG の取組」 https://t.co/rHXcErpU2M
黒川・佐々木・大竹(2017)の長時間労働と行動経済学的特性に関する研究を取り上げてもらっています。https://t.co/Cu5HtmQqjU https://t.co/VIqlpEqYKk
日本(と、ときどき世界)におけるコンピュータ・シミュレーションを使用した経営組織論・経営戦略論の研究潮流&ウラ話満載の論文が出てました。無料で全部読めます。日本における構造計画研究所の存在感についても記載してあります。https://t.co/qlf2puCBtG
関西大学法学研究所地方議会研究班で昨年度まで行っていた共同研究の成果が関西大学リポジトリに登録され、フリーでダウンロードして読めるようになりました。『地方議会の審議過程 : テキスト分析による定量化の試み』です。https://t.co/ZqhQdhjXLs
自治体と分析者の出会いの例: 足立区:https://t.co/hWchyzlG3q @Koichi_U 尼崎市:https://t.co/2OcriDn6Xn @fohtake 政府や自治体の行政データ開放運動:https://t.co/D3kVH6LVng @masanork
佐々木さん、大竹先生との共著論文「長時間労働者の特性と働き方改革の効果」、アサヒビール最優秀論文賞に選んでいただきました!ありがとうございます
行動経済学会創立10周年記念書籍が届いていました。 https://t.co/329h3AiKmZ 「医療現場の行動経済学:意思決定のバイアスとナッジ」が第1部・第2章に収録されています。 https://t.co/dUJLsTyQF9 https://t.co/6UGBY6Oia6
軽減税率は、①資源配分のゆがみを生じる、②逆進性対策にならない、③徴税コストを増大させるという論点に続く論点として、④税の誤解や誤認を議論されています。その中で、消費税を正しく計算できないということを示した黒川・森・大竹論文を紹介していただきました。https://t.co/ZI5d9Z2CY9 https://t.co/uj0cmOzz8L
柴田章久「内生的経済成長理論」The Economic Studies Quarterly 1993 https://t.co/xGDTcbeMyQ あるいは岩本大竹齊藤二神『経済政策とマクロ経済学―改革への新しい提言』1999の二神先生の章が80年代後半90年代のローマーの仕事と内生的成長理論を知るのにいいと思います。 https://t.co/ioQI8Bsff4
黒川・佐々木・大竹(2017)をもとに、佐々木さんがインタビューを受けてくださった記事が、無料公開となりました。論文はこちら https://t.co/Cu5HtmQqjU https://t.co/GFt6KHlP2m

フォロー(1630ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @ryusukematsuo: 土井美徳「フランス革命に関するバークの最初期の思索(中)――革命勃発直後の諸書簡から「軍事予算演説」に至るまで」『創価法学』50巻3号,33-58頁,2021年3月 https://t.co/WemI9mzT5O
RT @ryusukematsuo: 土井美徳「フランス革命に関するバークの最初期の思索(上)――革命勃発後の諸書簡から「軍事予算演説」に至るまで」『創価法学』50巻2号,1-26頁,2020年12月 https://t.co/2bx5IAquWX
RT @7142857: Elon MuskのTwitterでBitcoinの価格が荒れていますが、「実はソーシャルメディアが仮想通貨市場を動かしているんじゃない?」という仮説をベースに分析した研究を昨年していました。 まあ、そうなっていますよね 原著論文↓ https:/…
@tkshhysh 国会図書館デジタルコレクションで検索したら3件だけ、すべて2001年以降、例えばこの冒頭ページ3分担課題(2)「橋本教授:数量経済学手法を用いた西オーストラリアの経済成長の要因分析」とか https://t.co/8r8GipkSfw
もっと古い伝統と格式ですね(゚∀゚)「倉廩実つれば則ち礼節を知り、衣食足れば則ち栄辱を知る」(管子牧民) https://t.co/PfF7Ghe7gX https://t.co/yuVO8qV8oT
神戸大学の井上弘貴さんの科研も採択された。これはこれまでやってきた盟友同士の「アメリカ政治思想史」研究。これは井上さんの超人的業績が手繰り寄せた科研で、今年は分担者一同、井上さんに恩返しをしなければ。「西欧政治思想史とは異なる「アメリカ政治思想史」の構築。 https://t.co/IFE8lKmOkc
昨年採択されて今年度も継続しているのが、大谷さん代表のこちら。こちらは本郷の哲学者がずらり。これに盟友の片山さんとやはり「怖い時には一人より二人」と、手を携えて食らいつこう。いや、ここも極限まで頭良い人々の集まり。 https://t.co/7Ct0bEOj9h
RT @NakazawaTatsuya: 4月に採択された代表を務める基盤研究(A)「共和政の再検討:近代史の総合的再構築をめざして」2021~25年度(https://t.co/qZ3rF6JoWh)の第1回会合を先々週開催しました。大きな手応えがありました。研究成果は随時公…

フォロワー(512ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)