出版者
公益社団法人 日本薬学会
雑誌
ファルマシア (ISSN:00148601)
巻号頁・発行日
vol.52, no.9, pp.818-819, 2016 (Released:2016-09-02)

特集にあたって:近年,様々な分野で「大麻・カンナビノイド」が注目を浴びつつある.大麻はもちろん大麻取締法で規制される依存性薬物であるが,医療用大麻は日本以外では鎮痛や食欲増進,吐き気の緩和などを目的に使われているのも事実である.そこで本特集号では大麻草や内因性カンナビノイドシステムの現況をより深く知り,米国での医療用大麻使用や社会問題化した危険ドラッグの実情に迫るとともに,創薬標的としてカンナビノイドCB1,CB2受容体に焦点を当て,化学系・生物系・医療系など多分野の先生方にご執筆いただき,分野横断的な特集とした.表紙の説明:近年,大麻草(右下)に注目(一筋の光り)が集まりつつある.医療用大麻は世界では欠かせない医薬品になりつつあり,大麻の主要成分であるΔ9-THC(左手上の化合物)が特異的に作用するカンナビノイドCB1,CB2受容体(イラスト)は新たな創薬標的として研究が進むが,カンナビノイド受容体は危険ドラッグ(右手)の作用点でもあり,影の部分があることも否めない.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

@VJ0SwioEnAThZxP 医療用大麻を全面的に禁止する理由もエビデンスもありません。大麻よりはるかに危険な副作用のあるモルヒネでさえも医療使用が認められています。 日本薬学会機関紙ファルマシア(2016 年52巻9号)で… https://t.co/n3ubwLjV77

収集済み URL リスト