著者
菅谷 佑樹 狩野 方伸
出版者
公益社団法人 日本薬学会
雑誌
ファルマシア (ISSN:00148601)
巻号頁・発行日
vol.52, no.9, pp.840-844, 2016 (Released:2016-09-02)
参考文献数
18

内因性カンナビノイドはシナプス後部の神経細胞で作られ、シナプス前終末に“逆向きに“働く。シナプス前終末ではCB1受容体を介して、グルタミン酸やGABA等の神経伝達物質の放出を抑える。2001年にこの“逆行性伝達物質”としての働きが発見されてから、その産生や分解の経路やシナプス伝達調節のメカニズムに関する数多くの研究が行われてきた。本稿ではこれまでに明らかになっている内因性カンナビノイドによる逆行性シナプス伝達抑圧のメカニズムを解説する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

東大の先生の論文を初めて見た。 内因性カンナビノイドとシナプス伝達調節 https://t.co/Kbyv51OYrm

収集済み URL リスト