著者
橋詰 美里 大杉 義征
出版者
公益社団法人 日本薬理学会
雑誌
日本薬理学雑誌 (ISSN:00155691)
巻号頁・発行日
vol.144, no.4, pp.172-177, 2014 (Released:2014-10-10)
参考文献数
88

インターロイキン- 6(IL- 6)は1986 年に活性化B 細胞を抗体産生細胞に分化させるサイトカインとして見出された.その後の研究によりIL- 6 は多彩な生物活性を有することが明らかとなっており,炎症反応においても中心的な役割を果たしていることが示されている.また,IL- 6 は関節リウマチ(RA)患者の血流中や滑液中に高濃度に存在し,IL- 6 濃度と病態の活動性が相関すること,IL- 6 の生物活性でRA 患者に見られる多くの症状(急性期タンパク産生,パンヌス形成,関節破壊,貧血など)が説明できることから,IL- 6 がRA の病態において中心的な役割を果たしている可能性が示唆された.本論文では,自己免疫性疾患および炎症疾患におけるIL- 6 の役割を概説する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 7 posts, 8 favorites)

#インターロイキン6 #自己免疫疾患 #炎症性疾患 #サイトカイン #関節リウマチ #IL6 過剰産生は一部の #慢性炎症性疾患 やがん等の疾患の発症に関与を示唆、分子的機序解明と #IL6シグナル伝達阻害薬 の応用試験で、各… https://t.co/uckspP7amO
#インターロイキン6 #IL6 #活性化B細胞 を #抗体産生細胞に分化させるサイトカイン 炎症反応においても中心的な役割 #関節リウマチ 患者の血流中や滑液中に高濃度に存在し #IL6濃度 と病態の活動 性が相関, #RA 病… https://t.co/glHsavIr62
https://t.co/25IdcvA4nU

収集済み URL リスト