著者
大沢 愛子 前島 伸一郎
出版者
一般社団法人 日本老年医学会
雑誌
日本老年医学会雑誌 (ISSN:03009173)
巻号頁・発行日
vol.57, no.1, pp.40-44, 2020-01-25 (Released:2020-02-18)
参考文献数
27

認知症に対する非薬物療法は,薬物療法と対をなし,MCIから重度の状態まで,様々な病期において実施可能な治療法である.また,非薬物療法では,患者本人へのアプローチのみならず家族へのアプローチも可能であり,家族にとっても意義のある治療法である.本稿では認知症に対する非薬物療法の原則を述べ,その後,代表的な非薬物療法を紹介しながら,そのエビデンスについて説明を加える.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 1 favorites)

認知症に対する薬を使わない治療方法に関するエビデンスを紹介した記事。 運動療法、音楽療法など、家族含めたQOL改善の事例が記載されており、非常に勉強になる。 https://t.co/IIVz1bbRYY
5.認知症に対する非薬物的療法とそのエビデンス https://t.co/aNAaeTrauP
ここに回想法があるけれど、メモリーブックもすばらしい手法だと思います https://t.co/UgAzieUasZ

収集済み URL リスト