著者
山部 一実 西田 隆宏 井手 芳彦 本田 純久
出版者
一般社団法人 日本老年医学会
雑誌
日本老年医学会雑誌 (ISSN:03009173)
巻号頁・発行日
vol.57, no.3, pp.327-329, 2020-07-25 (Released:2020-09-04)
参考文献数
5

地域在住の後期高齢者233人を対象に100 mL水飲みテストのスクリーニング精度を検証した.嚥下障害の質問紙EAT-10を外的基準とした時の嚥下時間の最適カットオフ値は10/11秒であった.100 mL水飲みテストのムセの徴候と嚥下時間の2指標を組み合わせたスクリーニングの感度と特異度は74%,61%と良好であった.地域介護予防事業で100 mL水飲みテストを用いたスクリーニングの有用性が示唆された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 52 favorites)

100ml-wstそういうのもあるのか!30mlよりより自然な飲水様式かもね 原法を調べてみよう 地域在住後期高齢者における 100 mL 水飲みテストによる 嚥下障害スクリーニングの精度https://t.co/9I8rusDikx

収集済み URL リスト